*

続・別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 NetAudio vol.24を読んでいると、とあるメーカーの非常に気合いの入ったDACの紹介記事の中に、興味深い記述があった。
 かいつまんでまとめるとこんなことが書いてある。

(DAC搭載型の)ネットワークオーディオプレーヤーは便利だが、新たな伝送形式やファイル形式に対応させていくのは困難。よって、現時点でネットワークオーディオプレーヤーを製品化しても、ソフトウェアの更新だけで長い製品寿命を持たせられるかは甚だ疑問である。
ただしDACを積まず「プレーヤー」の機能のみを備えた機器(このメーカーは「ネットワーク・ブリッジ」と呼称しているが、要はネットワークオーディオトランスポートのこと)が存在しているので、再生機能をそちらに任せれば、単体DACの製品寿命は大きく伸びる。


 例えばSFORZATOのように、プラットフォーム化によってその困難を可能にしているメーカーもあるので、「作る前からそんなこと言ってもなあ」と思わなくもない。それならばネットワークブリッジを自前で作るかというと、その様子もないし。

 とはいえ、現にリリースされているネットワークオーディオプレーヤーの大勢――新たな伝送形式やファイル形式への対応どころか、そもそもまともな音楽再生機器とはとても呼べない――を見る限り、実際に困難であることは否定できないのだろう。
 JRiver Media Center/JRemoteもJPLAYStreamer/Kazoo/BubbleUPnPもRoonも存在する現状で、まともなユーザビリティも担保できないまま「無理してプレーヤーにした」ところで、誰も得をしない。

 さらに、国産製品に多い「USB DACとしてもネットワークオーディオプレーヤーとしても使えます」という製品を作ったとしても、USB入力とネットワーク入力で対応フォーマットに明らかな差――大抵ネットワークの方がしょぼい――がある場合、本当に「どちらも使える」ことが製品価値の向上に繋がるかは甚だ疑問である。OPPO Sonica DACのように、(→/(^o^)\)USBとネットワークで同等のスペックを実現できないのなら、「ユーザーにより多くの選択肢を与える」なんて言ったところで、実際は使い方に制限をかけているに等しい。


 以上のことから、「プレーヤー」に関するリソースがないのなら、潔くそこは他所に任せて、自らはひたすら高品質な単体DACを作ろうという姿勢は理に適っている。
 あれもこれもと欲張った挙句要領を得ない製品を出されるくらいなら、あくまでも得意分野で存分に強みを発揮してもらった方が、オーディオファンとしても満足なのである。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 北米盤 【Dolby Atmos】

画質:15 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫定評価) 音質:13 (評価の詳細につ

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

【Roon & RoonReady】Merging NADAC 【Munich HIGH END 2016】

Merging Technologies demo NADAC with Roon Ready, C

記事を読む

MonkeyMote Version1.6でアプリのアイコンが変わった

 コレから、  コレに。  MonkeyMote 4 foobar2000も同様

記事を読む

【音源管理の精髄】 NASとサーバーに関するありがちな誤解 【ネットワークオーディオTips】

 前回の内容を頭に叩き込んたうえで読んでほしい。  以下、サーバーに関するありがちな誤解である。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

アニソンオーディオ Vol.2

 とりあえず、 ・ギャルゲ ・エロゲ ・アイドル声優  方向性はこの三本柱で

記事を読む

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

【イベントレポート】音展2015

 昨年の音展はあくまでLUMINのユーザー代表? としてネットワークオーディオの魅力を語りました。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

→もっと見る

PAGE TOP ↑