*

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に対して、「逃げ道を用意する暇があったらあくまでネットワークオーディオプレーヤーとして勝負せい!」との思いを抱いていた。その意味で、SFORZATOの素晴らしさといったらない。

 そして気が付けばいつの間にか、ネットワークオーディオの実践のために必ずしも単体プレーヤーは必要ではなくなっていた

 一昔前なら「狭義のネットワークオーディオ」、すなわち単体ネットワークオーディオプレーヤーのためのコントロールアプリがユーザビリティにおいて一歩先を行っていたことは確かである。しかし、JRiver Media Centerと組み合わせて極めて優れた操作感を実現するJRemote、PCそのものをOpenHome対応プレーヤーと化して優れた汎用アプリを総取りできるJPLAYStreamer、音楽鑑賞の新たな地平を切り開くRoon、こういったソフトの登場により、今ではそんな差など消し飛んでしまった。
 長らく続いた「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という無意味な対立の構図はもはや完全に崩れ去っている。空虚な幻想はまだ残っているようだが。とにかく、ひとえにユーザビリティ、すなわち「快適な音楽再生」をどれだけ実現できるかという同一の土俵で、個々の機器やソフトの完成度が評価されるべき時代である。
 音質? そりゃオーディオなんだから良くて当たり前だ。いったい誰が好き好んで音の悪いオーディオ機器を買うものか。


 ネットワークオーディオの本質はコントロールである。
 プレーヤー、すなわち再生機器に何を使うかは大きな問題ではない。

 メーカーは「単体ネットワークオーディオプレーヤー」なんか作らずとも、真面目に誠実にUSB DACを作れば、再生ソフトと組み合わせることで立派に「プレーヤー」の役目を果たし、ユーザーは紛れもないネットワークオーディオを実践できる。

 極論を言ってしまえば、「JRiver Media CenterとJRemoteの組み合わせ」・「OpenHome対応プレーヤーとBubbleUPnPの組み合わせ」・「Roonを用いた音楽鑑賞環境」、これらのレベルに匹敵するユーザビリティを自前のコントロールアプリとの組み合わせで実現できないのなら、もはや単体プレーヤーである意味がない

 メーカーによっては、あくまで「外部の再生ソフトに頼らない“単体プレーヤー”を作ってこそのオーディオメーカー」と思っているのかもしれない。
 しかし申し訳ないが、まともなプレーヤーもまともなコントロールアプリも作れないなら、LANポートを設けたところで単なるコストの無駄である。誰も得しない。
 他にやりようはいくらでもあるはずだ。

 単体ネットワークオーディオプレーヤーであることを諦めることで、メーカーはUSB DACとしての設計に専念できるようになる。ユーザーは「メーカー純正」の売り文句のままにおぞましいアプリを使うこともなくなり、再生ソフトとの組み合わせによって真にネットワークオーディオの妙味を手に入れられる。誰も損をしない。誇りは大切だが、大切にしようと思うあまり逆に泥を塗り続けたのでは本末転倒である。
 

 「どっちでも使ってほしい」という言葉があまりにも便利に使われている。
 本当にそう思うなら、せめてUSBとネットワークで同じ水準のユーザビリティを実現できるように作り込んでから、その言葉を使ってほしい。

 今となっては、別に無理して「プレーヤー」にしなくても、誰も困らない。


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

記事を読む

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート機能を使ってみた OPP

記事を読む

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった…… 画質:9 音質:9

記事を読む

aria music serverが日本上陸

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch  海外では「ストレージ

記事を読む

THXをRazerが買収

THXをゲーミング機器大手のRazerが買収。ヘッドホンなどにもTHX認証拡大 - Phile-we

記事を読む

UHD BDを買った

 UHD BDプレーヤーどころか4Kディスプレイもないけどな!  記念すべき初UHD BDはな

記事を読む

【CES2016】AKM VERITA AK4497

"VERITA" AKM 歴代最高音質・性能の新フラグシップ プレミアムD/Aコンバーター AK44

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑