*

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に対して、「逃げ道を用意する暇があったらあくまでネットワークオーディオプレーヤーとして勝負せい!」との思いを抱いていた。その意味で、SFORZATOの素晴らしさといったらない。

 そして気が付けばいつの間にか、ネットワークオーディオの実践のために必ずしも単体プレーヤーは必要ではなくなっていた

 一昔前なら「狭義のネットワークオーディオ」、すなわち単体ネットワークオーディオプレーヤーのためのコントロールアプリがユーザビリティにおいて一歩先を行っていたことは確かである。しかし、JRiver Media Centerと組み合わせて極めて優れた操作感を実現するJRemote、PCそのものをOpenHome対応プレーヤーと化して優れた汎用アプリを総取りできるJPLAYStreamer、音楽鑑賞の新たな地平を切り開くRoon、こういったソフトの登場により、今ではそんな差など消し飛んでしまった。
 長らく続いた「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という無意味な対立の構図はもはや完全に崩れ去っている。空虚な幻想はまだ残っているようだが。とにかく、ひとえにユーザビリティ、すなわち「快適な音楽再生」をどれだけ実現できるかという同一の土俵で、個々の機器やソフトの完成度が評価されるべき時代である。
 音質? そりゃオーディオなんだから良くて当たり前だ。いったい誰が好き好んで音の悪いオーディオ機器を買うものか。


 ネットワークオーディオの本質はコントロールである。
 プレーヤー、すなわち再生機器に何を使うかは大きな問題ではない。

 メーカーは「単体ネットワークオーディオプレーヤー」なんか作らずとも、真面目に誠実にUSB DACを作れば、再生ソフトと組み合わせることで立派に「プレーヤー」の役目を果たし、ユーザーは紛れもないネットワークオーディオを実践できる。

 極論を言ってしまえば、「JRiver Media CenterとJRemoteの組み合わせ」・「OpenHome対応プレーヤーとBubbleUPnPの組み合わせ」・「Roonを用いた音楽鑑賞環境」、これらのレベルに匹敵するユーザビリティを自前のコントロールアプリとの組み合わせで実現できないのなら、もはや単体プレーヤーである意味がない

 メーカーによっては、あくまで「外部の再生ソフトに頼らない“単体プレーヤー”を作ってこそのオーディオメーカー」と思っているのかもしれない。
 しかし申し訳ないが、まともなプレーヤーもまともなコントロールアプリも作れないなら、LANポートを設けたところで単なるコストの無駄である。誰も得しない。
 他にやりようはいくらでもあるはずだ。

 単体ネットワークオーディオプレーヤーであることを諦めることで、メーカーはUSB DACとしての設計に専念できるようになる。ユーザーは「メーカー純正」の売り文句のままにおぞましいアプリを使うこともなくなり、再生ソフトとの組み合わせによって真にネットワークオーディオの妙味を手に入れられる。誰も損をしない。誇りは大切だが、大切にしようと思うあまり逆に泥を塗り続けたのでは本末転倒である。
 

 「どっちでも使ってほしい」という言葉があまりにも便利に使われている。
 本当にそう思うなら、せめてUSBとネットワークで同じ水準のユーザビリティを実現できるように作り込んでから、その言葉を使ってほしい。

 今となっては、別に無理して「プレーヤー」にしなくても、誰も困らない。


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第17回『バイオハザード2』

真面目で高尚な映画は他の方々に丸投げして、私はひたすら御馬鹿で下品で愉快な映画。 ところで先日

記事を読む

Leema Acoustics Sirius audiophile music server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Leema A

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【BDレビュー】第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤 【Dolby Atmos導入記】

GOWが映画化するならクレイトスさん役はドウェイン・ジョンソンかな? 画質:11 音

記事を読む

NA7004、完了か?

逸品館の商品ページより ついにか…… 日本におけるネットワークオーディオの分野を切り開い

記事を読む

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信

ヱヴァ新劇場版のサントラ3作が11月5日からハイレゾ配信。e-onkyo musicとmoraで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

リファレンスBD10選・画質編

 オーディオ・ビジュアルの領域において、ハードの画質音質を評価するためにはソフトが必要になり、ソフト

記事を読む

SOUND SPHEREでルームチューニングをしてみる

 オーディオを初めてかれこれ8年になるが、恥ずかしながら今の今まで「ルームチューニング」なるものを、

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑