*

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に対して、「逃げ道を用意する暇があったらあくまでネットワークオーディオプレーヤーとして勝負せい!」との思いを抱いていた。その意味で、SFORZATOの素晴らしさといったらない。

 そして気が付けばいつの間にか、ネットワークオーディオの実践のために必ずしも単体プレーヤーは必要ではなくなっていた

 一昔前なら「狭義のネットワークオーディオ」、すなわち単体ネットワークオーディオプレーヤーのためのコントロールアプリがユーザビリティにおいて一歩先を行っていたことは確かである。しかし、JRiver Media Centerと組み合わせて極めて優れた操作感を実現するJRemote、PCそのものをOpenHome対応プレーヤーと化して優れた汎用アプリを総取りできるJPLAYStreamer、音楽鑑賞の新たな地平を切り開くRoon、こういったソフトの登場により、今ではそんな差など消し飛んでしまった。
 長らく続いた「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という無意味な対立の構図はもはや完全に崩れ去っている。空虚な幻想はまだ残っているようだが。とにかく、ひとえにユーザビリティ、すなわち「快適な音楽再生」をどれだけ実現できるかという同一の土俵で、個々の機器やソフトの完成度が評価されるべき時代である。
 音質? そりゃオーディオなんだから良くて当たり前だ。いったい誰が好き好んで音の悪いオーディオ機器を買うものか。


 ネットワークオーディオの本質はコントロールである。
 プレーヤー、すなわち再生機器に何を使うかは大きな問題ではない。

 メーカーは「単体ネットワークオーディオプレーヤー」なんか作らずとも、真面目に誠実にUSB DACを作れば、再生ソフトと組み合わせることで立派に「プレーヤー」の役目を果たし、ユーザーは紛れもないネットワークオーディオを実践できる。

 極論を言ってしまえば、「JRiver Media CenterとJRemoteの組み合わせ」・「OpenHome対応プレーヤーとBubbleUPnPの組み合わせ」・「Roonを用いた音楽鑑賞環境」、これらのレベルに匹敵するユーザビリティを自前のコントロールアプリとの組み合わせで実現できないのなら、もはや単体プレーヤーである意味がない

 メーカーによっては、あくまで「外部の再生ソフトに頼らない“単体プレーヤー”を作ってこそのオーディオメーカー」と思っているのかもしれない。
 しかし申し訳ないが、まともなプレーヤーもまともなコントロールアプリも作れないなら、LANポートを設けたところで単なるコストの無駄である。誰も得しない。
 他にやりようはいくらでもあるはずだ。

 単体ネットワークオーディオプレーヤーであることを諦めることで、メーカーはUSB DACとしての設計に専念できるようになる。ユーザーは「メーカー純正」の売り文句のままにおぞましいアプリを使うこともなくなり、再生ソフトとの組み合わせによって真にネットワークオーディオの妙味を手に入れられる。誰も損をしない。誇りは大切だが、大切にしようと思うあまり逆に泥を塗り続けたのでは本末転倒である。
 

 「どっちでも使ってほしい」という言葉があまりにも便利に使われている。
 本当にそう思うなら、せめてUSBとネットワークで同じ水準のユーザビリティを実現できるように作り込んでから、その言葉を使ってほしい。

 今となっては、別に無理して「プレーヤー」にしなくても、誰も困らない。


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第12回『スパイダーマン』

怪奇蜘蛛男    VS. 恐怖翠悪鬼 ホントは17日発売のはずが16日に届いたのでフラ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第130回『スカイクロラ』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはかなり高め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【Roon Server】Antipodes DX Music Server

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Antip

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力! そうそう、馬鹿映画はこうじ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第49回『パフューム ある人殺しの物語』

これはえろい!!!!!!!!!!!!!!! 画質:13 音質:11 映像はAVC

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑