*

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server


 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。
 いつぞや紹介した機器に関して、興味深いレビューを見つけたので再度紹介。

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server – Audio Stream


 Nimitra Computer Audio Server(以下Nimitra)はAsset UPnPとJPLAYStreamerとRoonが動くことで、サーバーにもプレーヤーにもミュージックサーバーにもなるオーディオPCである。

 で、リンク先のレビューの肝は「RoonReadyプレーヤーとして使うよりも、本機にUSBストレージを接続してミュージックサーバー(Asset UPnP/JPLAYStreamer)として使う方が音が良かった」という点。


 この一文だけを見れば「なるほどRoonよりもJPLAYの方が高音質なのか」と思ってしまいそうなものだが、実際はそう単純なものではない。

 Asset UPnP/JPLAYStreamerの組み合わせでは、Nimitraが一台でサーバー(ライブラリ管理)とプレーヤー(再生機能)の役割を担っている。ファンレス筐体やFidelizerの存在など、あくまでオーディオ機器たるべく作られたNimitraの能力が最も発揮される使い方と言える。
 ところがどっこい、RoonReadyプレーヤーとして使った時、Nimitraはサーバーでもプレーヤーでもなく、単なる「ネットワーク接続のUSB DDC」でしかない。それではライブラリ管理と再生機能を担当するRoon Serverに何を使ったかと言えば、どこで何をどう間違えたのか、ディスクリートのGPUを積んだゲーミングノートである。ちょっと意味がわからない。そんなもんにRoon Server――サーバーとプレーヤーを任せておいて「Nimitra単体でJPLAYStreamerで使った方が音が良かった」なんて言ったって、「そりゃそうだろ」としか思わん。

 「RoonReadyプレーヤーとして使った時の音質」を相対的に評価することは難しいというだけで、別にRoonを擁護する気もなければJPLAYStreamerを貶めるつもりもない。Roon Serverの存在なくしてRoonReadyプレーヤーは意味を持たないということを踏まえた書き方をしてもらいたかったと思う。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第148回『攻殻機動隊S.A.C 2nd GIG』

画質:13 音質:10 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【音源管理の精髄】 『NAS』の正体――そもそも 『サーバー』とは何か 【ネットワークオーディオTips】

 さて、最大限の情熱を傾けてライブラリを構築した。  次はサーバーだ。  ところでサーバーっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMの

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ハード編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編 理想のオ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / For Long Tomorrow

・アーティスト / アルバムタイトル toe / For Long Tomorrow ・購入

記事を読む

【BDレビュー】第302回『マチェーテ キルズ』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【レビュー】 BENCHMARK DAC2 HGC 外観・機能編

 導入&写真はコチラ。  とある理由(後述)により詳細な音質評価はまた後日。 ・

記事を読む

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。  fidata HFAS1の音。  比較対象

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑