*

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server


 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。
 いつぞや紹介した機器に関して、興味深いレビューを見つけたので再度紹介。

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server – Audio Stream


 Nimitra Computer Audio Server(以下Nimitra)はAsset UPnPとJPLAYStreamerとRoonが動くことで、サーバーにもプレーヤーにもミュージックサーバーにもなるオーディオPCである。

 で、リンク先のレビューの肝は「RoonReadyプレーヤーとして使うよりも、本機にUSBストレージを接続してミュージックサーバー(Asset UPnP/JPLAYStreamer)として使う方が音が良かった」という点。


 この一文だけを見れば「なるほどRoonよりもJPLAYの方が高音質なのか」と思ってしまいそうなものだが、実際はそう単純なものではない。

 Asset UPnP/JPLAYStreamerの組み合わせでは、Nimitraが一台でサーバー(ライブラリ管理)とプレーヤー(再生機能)の役割を担っている。ファンレス筐体やFidelizerの存在など、あくまでオーディオ機器たるべく作られたNimitraの能力が最も発揮される使い方と言える。
 ところがどっこい、RoonReadyプレーヤーとして使った時、Nimitraはサーバーでもプレーヤーでもなく、単なる「ネットワーク接続のUSB DDC」でしかない。それではライブラリ管理と再生機能を担当するRoon Serverに何を使ったかと言えば、どこで何をどう間違えたのか、ディスクリートのGPUを積んだゲーミングノートである。ちょっと意味がわからない。そんなもんにRoon Server――サーバーとプレーヤーを任せておいて「Nimitra単体でJPLAYStreamerで使った方が音が良かった」なんて言ったって、「そりゃそうだろ」としか思わん。

 「RoonReadyプレーヤーとして使った時の音質」を相対的に評価することは難しいというだけで、別にRoonを擁護する気もなければJPLAYStreamerを貶めるつもりもない。Roon Serverの存在なくしてRoonReadyプレーヤーは意味を持たないということを踏まえた書き方をしてもらいたかったと思う。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第117回『トレインスポッティング』

画質:7 音質:8 映像はAVCでビットレートは30台以上で高めに安定。 音声はドルビー

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ⑤

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブルワイヤレスストリーマー」。

記事を読む

【BDレビュー】第298回『ヒート』

画質:8 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

Denon Hi-Fi Remote

デノン、ハイファイオーディオ機器向けの新操作アプリ「Denon Hi-Fi Remote」 - Ph

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JRiver Media Centerのコントロールアプリ 『JRemote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

EPSON EH-LS10000の機能やら設定やら何やら

EPSON EH-LS10000を見てきた EPSON EH-LS10000がやってきた

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 3

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑