*

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server


 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。
 いつぞや紹介した機器に関して、興味深いレビューを見つけたので再度紹介。

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server – Audio Stream


 Nimitra Computer Audio Server(以下Nimitra)はAsset UPnPとJPLAYStreamerとRoonが動くことで、サーバーにもプレーヤーにもミュージックサーバーにもなるオーディオPCである。

 で、リンク先のレビューの肝は「RoonReadyプレーヤーとして使うよりも、本機にUSBストレージを接続してミュージックサーバー(Asset UPnP/JPLAYStreamer)として使う方が音が良かった」という点。


 この一文だけを見れば「なるほどRoonよりもJPLAYの方が高音質なのか」と思ってしまいそうなものだが、実際はそう単純なものではない。

 Asset UPnP/JPLAYStreamerの組み合わせでは、Nimitraが一台でサーバー(ライブラリ管理)とプレーヤー(再生機能)の役割を担っている。ファンレス筐体やFidelizerの存在など、あくまでオーディオ機器たるべく作られたNimitraの能力が最も発揮される使い方と言える。
 ところがどっこい、RoonReadyプレーヤーとして使った時、Nimitraはサーバーでもプレーヤーでもなく、単なる「ネットワーク接続のUSB DDC」でしかない。それではライブラリ管理と再生機能を担当するRoon Serverに何を使ったかと言えば、どこで何をどう間違えたのか、ディスクリートのGPUを積んだゲーミングノートである。ちょっと意味がわからない。そんなもんにRoon Server――サーバーとプレーヤーを任せておいて「Nimitra単体でJPLAYStreamerで使った方が音が良かった」なんて言ったって、「そりゃそうだろ」としか思わん。

 「RoonReadyプレーヤーとして使った時の音質」を相対的に評価することは難しいというだけで、別にRoonを擁護する気もなければJPLAYStreamerを貶めるつもりもない。Roon Serverの存在なくしてRoonReadyプレーヤーは意味を持たないということを踏まえた書き方をしてもらいたかったと思う。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Nmode X-DP10

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第26回『インデペンデンス・デイ』

画質:9 音質:11→12 映像はAVCでビットレートは30前後でうろうろ。 音声はDT

記事を読む

【CES2016】個人的ハイライトと記事まとめ

 CES2016の個人的なハイライトは、先行逃げ切りで RoonReady  …

記事を読む

LUMIN A1を試す・音質編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編  LUMIN THE

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2015に参加します

フジヤエービック 春のヘッドホン祭り2015 新製品発表会 日時:5/17(日) 14:00~

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第82回『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』

画質:6 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

PRIMAREからフラグシップセパレート

http://www.stereophile.com/content/primare-perfect

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第73回『ベオウルフ』

画質:8 音質:7 映像はVC-1で10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑