*

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 オーディオ・ビジュアル全般, ゲーム

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology – Gamespark

調査会社のIHS Technologyはインフォグラフィックを公開し、世界のゲーム産業が2015年には920億ドルに到達し、映画産業(620億ドル)と音楽産業(180億ドル、ただし録音された音楽に限る)を合算よりも大きい最大のエンターテイメント市場となると明らかにしました。


 だそうだ。


 私が小さかった頃から、日本においてゲームは「堕落した子供の遊び」、もっと言ってしまえば「低俗かつ気色悪いコンテンツ」として扱われてきた。「ゲームが好き」と言うだけで顔をしかめられるくらいには。
 実際のところゲームに芸術的・文化的にどのような価値があるかはさておいて、ゲームがコンテンツとして世界的に受け入れられ、巨大な規模の産業に成長したということだけは確かである。
 これは常々感じることだが、得てしてオーディオという領域は自らを「高尚な趣味」として扱われること自体に心血を注いでいるようだ。それゆえに、ゲームなどという「低俗なコンテンツ」を自らの内に入れまいと排斥し続けてきたのだろう。
 ところが、その低俗なコンテンツ=ゲームは映像表現でも音響効果でもストーリーテリングでも進化と深化を続け、さらに今となっては「高尚なコンテンツ」であるはずの映画・音楽を産業規模において上回ってしまった。ゲームが単なる児戯でしかなかったのは遠い過去の話だ。
 他ならぬコンテンツの楽しみの増幅を担う側が、自らにあてがわれるコンテンツを選り好みするような状況が健全だとはとても思えない。コンテンツはなにもゲームに限った話ではないが、こんな姿勢でオーディオ業界の発展など望むべくもない。
 オーディオとゲーム。オーディオ機器でゲーム。いいじゃないか。

 920億ドルの市場の中でいわゆる「スマホゲー」が占める割合は定かではない。
 しかし、PCやPS4やXBOX ONEなど、いわゆる据え置きでじっくり遊ぶスタイルのゲームも相当に多かろう。となれば、いくらでもオーディオ機器に繋げて楽しめる。
 ゲームはプレーヤーが介入できる音と映像であり、オーディオ機器による再生品質の向上で著しい恩恵を受ける。「映画を見るためにホームシアターを始めたが、ついでにゲームにも使っている」というだけではなく、「ゲームを愉しみたくてホームシアターを構築した」というケースがもっとたくさんあってもいいくらいだ。
 また、ゲームは映画やアニメと同様「サントラ」という強力な音楽コンテンツも伴う。ゲーマーはゲームへの強烈な愛着があるからこそサントラを購入する。そしてより鮮やかにゲームの感動を追体験したいと願い、音質の向上に可能性を見出す。
 ゲームをきっかけにしてオーディオの門戸を叩いた人々に、オーディオという領域はどう応えるのか?

 ゲームは別に高尚なコンテンツになる必要はないし、ゲームを高尚な趣味として認める必要もない。
 貴も賎もなく、立派なコンテンツのひとつであると認めるだけでいい。
 あとはただ、好きなものを好きなように楽しめばいい。

 というわけで、ホームシアターでゲームをしよう

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第194回『ワイルド・スピード クアドリロジー』

『ワイルド・スピード』 画質:7 音質:8 『ワイルド・スピード X2』 画質:7 音質:8 『

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第113回『ゴーストライダー』

画質:12 音質:13 映像はAVC、SPEらしい手慣れたエンコード。 音声はリニアPC

記事を読む

【BDレビュー】第296回『バンパイアハンターD』 北米版

 妖獣都市、獣兵衛忍風帖と並ぶ川尻善昭監督の大傑作。ちなみに英語版がオリジナル。日本語版を待

記事を読む

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と偏見とノリと勢いで選ぶ2016

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS PC Audio NH100

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑