*

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 オーディオ・ビジュアル全般, ゲーム

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology – Gamespark

調査会社のIHS Technologyはインフォグラフィックを公開し、世界のゲーム産業が2015年には920億ドルに到達し、映画産業(620億ドル)と音楽産業(180億ドル、ただし録音された音楽に限る)を合算よりも大きい最大のエンターテイメント市場となると明らかにしました。


 だそうだ。


 私が小さかった頃から、日本においてゲームは「堕落した子供の遊び」、もっと言ってしまえば「低俗かつ気色悪いコンテンツ」として扱われてきた。「ゲームが好き」と言うだけで顔をしかめられるくらいには。
 実際のところゲームに芸術的・文化的にどのような価値があるかはさておいて、ゲームがコンテンツとして世界的に受け入れられ、巨大な規模の産業に成長したということだけは確かである。
 これは常々感じることだが、得てしてオーディオという領域は自らを「高尚な趣味」として扱われること自体に心血を注いでいるようだ。それゆえに、ゲームなどという「低俗なコンテンツ」を自らの内に入れまいと排斥し続けてきたのだろう。
 ところが、その低俗なコンテンツ=ゲームは映像表現でも音響効果でもストーリーテリングでも進化と深化を続け、さらに今となっては「高尚なコンテンツ」であるはずの映画・音楽を産業規模において上回ってしまった。ゲームが単なる児戯でしかなかったのは遠い過去の話だ。
 他ならぬコンテンツの楽しみの増幅を担う側が、自らにあてがわれるコンテンツを選り好みするような状況が健全だとはとても思えない。コンテンツはなにもゲームに限った話ではないが、こんな姿勢でオーディオ業界の発展など望むべくもない。
 オーディオとゲーム。オーディオ機器でゲーム。いいじゃないか。

 920億ドルの市場の中でいわゆる「スマホゲー」が占める割合は定かではない。
 しかし、PCやPS4やXBOX ONEなど、いわゆる据え置きでじっくり遊ぶスタイルのゲームも相当に多かろう。となれば、いくらでもオーディオ機器に繋げて楽しめる。
 ゲームはプレーヤーが介入できる音と映像であり、オーディオ機器による再生品質の向上で著しい恩恵を受ける。「映画を見るためにホームシアターを始めたが、ついでにゲームにも使っている」というだけではなく、「ゲームを愉しみたくてホームシアターを構築した」というケースがもっとたくさんあってもいいくらいだ。
 また、ゲームは映画やアニメと同様「サントラ」という強力な音楽コンテンツも伴う。ゲーマーはゲームへの強烈な愛着があるからこそサントラを購入する。そしてより鮮やかにゲームの感動を追体験したいと願い、音質の向上に可能性を見出す。
 ゲームをきっかけにしてオーディオの門戸を叩いた人々に、オーディオという領域はどう応えるのか?

 ゲームは別に高尚なコンテンツになる必要はないし、ゲームを高尚な趣味として認める必要もない。
 貴も賎もなく、立派なコンテンツのひとつであると認めるだけでいい。
 あとはただ、好きなものを好きなように楽しめばいい。

 というわけで、ホームシアターでゲームをしよう

スポンサーリンク


関連記事

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入

<音展>アイ・オー、“ハイレゾのため究極設計”のオーディオNAS参考出展 - 20万円以下予定

記事を読む

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は、単に「CD以上のスペックであ

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです ●イントロダクション 『So

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

LUMIN L1来たる

 ちょっと来すぎじゃないですかね……  L1とは、LUMINが自前で作ったミュージックサー

記事を読む

【BDレビュー】第285回『ベイマックス』

画質:10 音質:8 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑