*

ゲーム産業は映画産業+音楽産業よりも大きくなったらしい

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 オーディオ・ビジュアル全般, ゲーム

ゲーム産業は「映画+音楽」よりも大きくなった―調査会社IHS Technology – Gamespark

調査会社のIHS Technologyはインフォグラフィックを公開し、世界のゲーム産業が2015年には920億ドルに到達し、映画産業(620億ドル)と音楽産業(180億ドル、ただし録音された音楽に限る)を合算よりも大きい最大のエンターテイメント市場となると明らかにしました。


 だそうだ。


 私が小さかった頃から、日本においてゲームは「堕落した子供の遊び」、もっと言ってしまえば「低俗かつ気色悪いコンテンツ」として扱われてきた。「ゲームが好き」と言うだけで顔をしかめられるくらいには。
 実際のところゲームに芸術的・文化的にどのような価値があるかはさておいて、ゲームがコンテンツとして世界的に受け入れられ、巨大な規模の産業に成長したということだけは確かである。
 これは常々感じることだが、得てしてオーディオという領域は自らを「高尚な趣味」として扱われること自体に心血を注いでいるようだ。それゆえに、ゲームなどという「低俗なコンテンツ」を自らの内に入れまいと排斥し続けてきたのだろう。
 ところが、その低俗なコンテンツ=ゲームは映像表現でも音響効果でもストーリーテリングでも進化と深化を続け、さらに今となっては「高尚なコンテンツ」であるはずの映画・音楽を産業規模において上回ってしまった。ゲームが単なる児戯でしかなかったのは遠い過去の話だ。
 他ならぬコンテンツの楽しみの増幅を担う側が、自らにあてがわれるコンテンツを選り好みするような状況が健全だとはとても思えない。コンテンツはなにもゲームに限った話ではないが、こんな姿勢でオーディオ業界の発展など望むべくもない。
 オーディオとゲーム。オーディオ機器でゲーム。いいじゃないか。

 920億ドルの市場の中でいわゆる「スマホゲー」が占める割合は定かではない。
 しかし、PCやPS4やXBOX ONEなど、いわゆる据え置きでじっくり遊ぶスタイルのゲームも相当に多かろう。となれば、いくらでもオーディオ機器に繋げて楽しめる。
 ゲームはプレーヤーが介入できる音と映像であり、オーディオ機器による再生品質の向上で著しい恩恵を受ける。「映画を見るためにホームシアターを始めたが、ついでにゲームにも使っている」というだけではなく、「ゲームを愉しみたくてホームシアターを構築した」というケースがもっとたくさんあってもいいくらいだ。
 また、ゲームは映画やアニメと同様「サントラ」という強力な音楽コンテンツも伴う。ゲーマーはゲームへの強烈な愛着があるからこそサントラを購入する。そしてより鮮やかにゲームの感動を追体験したいと願い、音質の向上に可能性を見出す。
 ゲームをきっかけにしてオーディオの門戸を叩いた人々に、オーディオという領域はどう応えるのか?

 ゲームは別に高尚なコンテンツになる必要はないし、ゲームを高尚な趣味として認める必要もない。
 貴も賎もなく、立派なコンテンツのひとつであると認めるだけでいい。
 あとはただ、好きなものを好きなように楽しめばいい。

 というわけで、ホームシアターでゲームをしよう

スポンサーリンク


関連記事

【KOKIA】 『Where to go my love?』 ハイレゾ音源配信中!

 96kHz/24bit!  ここでKOKIAのアルバムが売れれば、いずれ『Where t

記事を読む

マランツ、「NA7004」が24bit/192kHz WAV/FLACに対応

http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130527_6

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

【音源管理の精髄】 サーバーソフトとナビゲーションツリー 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフト。  サーバーをサーバーたらしめているものの正体。  単にサーバーソフトと言

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭2017・第二回デジ研(日程・内容の

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターが完成して思うこと

 Dolby AtmosやDTS:Xといったオブジェクトベースオーディオ規格。  トップスピーカー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第213回『スカーフェイス』

画質:9 音質:11 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

→もっと見る

PAGE TOP ↑