*

ホームシアターでゲームをしよう!

アイコンホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ


 「高価かつ難解な趣味」というイメージ(もはやレッテルに近い)や、「クラシックやジャズを聴かない自分には意味がない」という誤解など、オーディオの領域(オーディオ・ビジュアルも含む)を取り巻く状況は相変わらず厳しい。

 音質などどうでもよく、「聴ければそれでいい」、という意識も重々承知している。
 それでもなお、私が心の底から伝えたいのは、

 いい音で聴けばもっと楽しい

 ということだ。

 オーディオとは機材や装置のクオリティをもってそれを実現するものだと思っている。
 何を聴いてもいいし、何を見てもいい。
 クラシックを聴いてもアニソンを聴いてもいいし、映画を見てもアニメを見てもいい。
 個々の音質差や画質差はあるにせよ、コンテンツそれ自体に貴賎はない。
 ただ好きなコンテンツを楽しめばいいのだ。
 大切なのは感動することや楽しむことであって、「コンテンツが何か」ではない。
 そしてコンテンツから得られる感動を深めるために、コンテンツをもっと楽しむためにこそ、オーディオはある。
 すなわちオーディオの魅力とは、自分の好きなコンテンツからより深い感動とより大きな楽しさを得られることだ。
 少なくとも私はそう信じている。


 オーディオ(いわゆるオーディオ・ビジュアルも含む)の魅力を伝えたい。
 10年前に初めてオーディオの領域に足を踏み入れた時から、常にそう考え続けてきた。

 残念ながらこの試みは未だ成功しているとは言い難く、道のりは果てしなく遠い。
 しかし、オーディオの価値を確信した身として、何もしないではいられない。
 繰り返しになるが、「いい音で聴けばもっと楽しい」ということを伝えたい。
 このブログがあるのも結局はそこに行き着く。



 さて、素晴らしい記事があるので紹介する。


オーディオ機器でホラーはどれだけ怖くなる? 傑作ホラーゲーム『零 ~紅い蝶~』で実践! – Phile-web


 「オーディオ機器を使えば、好きなコンテンツをもっと楽しめる」ということが端的に伝わってくる。(好きか嫌いかはさておき)ホラーゲームの怖さは面白さに直結する部分なのも間違いない。

 いきなりプロジェクターを導入するとか、スピーカーを5本も7本も置くとか、最初からそんな風に気構える必要はない。
 まずは、ほんの少しでもゲームの音にこだわってみてほしい。
 スピーカーは2本(ステレオ)で構わない。
 お気に入りのヘッドホンがあるなら、それをテレビに繋いでみるだけでいい。
 音の良さがいかにゲームの面白さに直結するか分かってもらえるはずだ。
 テレビの大画面化と低価格化が猛烈に進んだ結果、昨今では高画質と大画面をある程度容易に手に入れられるようになった。
 だからこそ、残るは音の問題である。

 私自身、オーディオを始めた頃は音の出る機械は何でもアンプに繋いでいちいち感動していたわけだが、その中でもゲーム機(PS2)の存在は大きかった。
 ホームシアターの体裁を整えてPS3を迎え入れた時、BDだけでなく、ゲームのクオリティにも衝撃を受けたことを覚えている。

 具体的なソフトは「RESISTANCE〜人類没落の日〜」。
 奇しくも初めてプレイしたFPSで、私はゲームとホームシアターの親和性を思い知ることになった。
 サラウンド環境を導入すれば、音響効果による素晴らしい臨場感や没入感を味わうことができ、映画やアニメを見る楽しみは著しく増大する。
 一方で、ゲームは映像作品とは異なり、プレイ中はリアルタイムである。
 右から撃たれれば右から銃声がし、敵が回り込めば後ろから足音がし、すぐ脇を掠めたグレネードが左後方に着弾して炸裂する。それらすべてが、プレーヤーの視点や操作と完全に連動し、なおかつリアルタイムに展開する。
 その臨場感や没入感たるや、生半可な映像作品を完全に凌駕していると言っても過言ではない。(映画でも『●REC』などは、視点と音響を完全に一致させて凄まじい臨場感を生み出している)
 ゲームはホームシアターにとって間違いなく素晴らしいコンテンツである。
 32インチの液晶テレビと5本のブックシェルフスピーカーに囲まれて、私はそう確信した。

 特にFPSやTPSなど、ある程度プレーヤーの視点と展開が一致しているゲームほど、音響面で大きな恩恵を受けられることは確かだ。
 正直なところゲームのジャンルによってはホームシアターに向き不向きがあると思う。画面サイズや表示機器の遅延次第では、一瞬の判断が要求されるシビアなゲームプレイには適さないかもしれない。
 それでも、大きな画面で、そしていい音でゲームをプレイすることは純粋に楽しい。
 やってみるだけの価値はある。


Blu-ray.com – Community


 上のページを見る限り、海外(米国)のホームシアターは何らかのゲーム機が置かれているものが多い。
 一方、日本には少なくとも数百万人規模のゲーマーがいるはずなのだが、ゲームをホームシアターで楽しんでいるという声はあまり聞こえてこない。

 日本では「オーディオは音楽を聴くためのもの」「ホームシアターは映画を見るためのもの」というイメージが強すぎるのかもしれない。
 しかしそのせいで、ゲームを楽しんでいる人々がオーディオやホームシアターを敬遠している、あるいは興味を持つ機会さえ失っているのだとしたら、これほど悲しいことはない。

 オーディオは何を聴いてもいいし、何を見てもいい。
 もちろんゲームを繋いでもいい。コンテンツは自由だ。
 ゲームという切り口で、オーディオやホームシアターの魅力を伝えられないものか。

 昨今のゲームは映像的にも音響的にも、ほとんど映画と遜色ないクオリティを持つようになった。そういった映画的な感覚を持つゲームをホームシアターでプレイした際の相乗効果は計り知れない。
 GOW3なんてプレイ中の感覚はもはや神秘体験の領域だし、Bloodborneなんて神経が焼き切れるほど興奮する。THE LAST OF USは泣く。
 また、映画的というよりは純粋にゲームプレイを志向するゲームであっても、画面の大きさと音の良さはゲームの楽しさを大きく増幅する。
 スーファミのマリオカートなんてきっと最高だ。

 ホームシアターで遊ぶゲームは死ぬほど楽しい。
 ゲームを愛するすべての人々にこの楽しさを味わってもらいたい。

 ホームシアターでゲームをしよう!


【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ


20150613ゲーム03

スポンサーリンク


関連記事

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。 ホームシアターでゲームをしよ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第6回『ステルス』

今回はステルスを取り上げます。卑怯臭い性能のステルス戦闘機がギュオンギュオン飛び回る映画です。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】BDと歩んだ7年半

 最初に、一番最初に再生したBDはたしか『ステルス』だったような気がする。  発売からあまり間を置

記事を読む

【Dynaudio】 Sapphireの足元 その2

 というわけで、ボードである。  選択肢は二つあった。  Audience122同様にトラバ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Going For The One

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Going For The One ・購入

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第169回『プレデターズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

心の底からすすめたいBD10選

 BDのローンチから9年。次世代たるUHD BDがローンチした今日この頃。  しかし未だに「BDと

記事を読む

【BDレビュー】第308回『セッション』

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑