*

LUMIN A1、導入1周年!

 近景
20150321LUMIN A101
20150321LUMIN A102

 見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。
 L1のHDDの振動を考えれば本来近くに置くべきではないのだろうが……
 早いとこL1の中身をSSDに換えたい。


 というわけで、LUMIN A1の導入からちょうど1年が経った。
 既に完全な上位機であるS1が発表されていたこともあり、導入した時点でA1の立ち位置が微妙になっていた気もしないではないが、それはそれ。
 私はDSDを聴くためにオーディオをやっているのではないし、ネットワークオーディオプレーヤーに求めるものはそんなハイスペック対応ではない。
 後にS1も聴いてみたが、音質的な魅力という点でA1も決して劣っていない。歌を聴く者として、今も昔もA1は最上の選択だった。

 1年間付き合ってみて、LUMIN A1はハードとソフトの両面から間違いなく非常に優れたネットワークオーディオプレーヤーだと言える。A1に限らず、S1・T1・D1もすべてそうだ。
 LUMIN Appは相変わらず最強だし、バージョン3.0になってさらに隙なしになった。LUMIN Appだけで軽く数百万円の価値があると言っても過言ではない。ネットワークオーディオの本質たる「コントロール」における究極的な完成度は何物にも代え難い。
 そして気付けばL1まで導入してしまった。製品の性格上LUMIN専用に近いとはいえ、サーバーでこれだけ音が良くなるなんて公式チートもいいところだ。
 いい音で音楽を聴きまくった、実に楽しい1年間だった。

 A1の導入後、一定期間MAJIK DS-Iと併用したおかげで、ネットワークオーディオ全般に関する知見がさらに深まったことも事実である。
 特にネットワークオーディオのシステムにおいてプレーヤーがどのような役割を果たすのかについて、はじめて「LINN DS以外のまともなプレーヤー」に出会ったことで得られた知見はあまりにも大きかった。LINNとLUMIN、両者の比較を通して、私の中で「ネットワークオーディオの目指すべき理想」がより明確になったように思う。
 やはり色々と使ってみることは大事だ。


 S1、A1、T1、D1、L1、LUMIN App。
 ラインナップを完成させ、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」というネットワークオーディオにおける三要素を完璧に揃えた今、LUMINの次なる一手は何なのだろうか。やはりストリーミングサービス系だろうか。個人的にはL1をもう少し何とかしてもらいたいところだが。
 なんにせよ、Dynaudio以外で、LUMINがこんなにも動向が気になるブランドになるとは思いもしなかった。

 今後のA1の進化が楽しみだ。



【レビュー】LUMIN A1

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

コントロールアプリの検証 2014 『LUMIN App』

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第157回『第9地区』 北米盤

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION III

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / NEON GENESIS EVANGELION

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第103回『ランボー 最後の戦場』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは高めに推移。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

Asset UPnP for QNAP Test8

 Test7からTest8に更新されたようだ。  といいつつどこがどう変わったのかいまいちよく

記事を読む

LUMIN S1でDSDを聴く

 LUMINファミリーの中でS1にのみ許された「DSD 5.6MHzを聴く」という特権。  せっか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択②――Pioneer SC-LX59

【Dolby Atmos導入記】AVアンプの選択  上の記事を書いてから既に2年近く、ようやく

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

→もっと見る

PAGE TOP ↑