*

LUMIN A1、導入1周年!

 近景
20150321LUMIN A101
20150321LUMIN A102

 見栄えを重視して? なんとなくシンメトリーにしてみた。
 L1のHDDの振動を考えれば本来近くに置くべきではないのだろうが……
 早いとこL1の中身をSSDに換えたい。


 というわけで、LUMIN A1の導入からちょうど1年が経った。
 既に完全な上位機であるS1が発表されていたこともあり、導入した時点でA1の立ち位置が微妙になっていた気もしないではないが、それはそれ。
 私はDSDを聴くためにオーディオをやっているのではないし、ネットワークオーディオプレーヤーに求めるものはそんなハイスペック対応ではない。
 後にS1も聴いてみたが、音質的な魅力という点でA1も決して劣っていない。歌を聴く者として、今も昔もA1は最上の選択だった。

 1年間付き合ってみて、LUMIN A1はハードとソフトの両面から間違いなく非常に優れたネットワークオーディオプレーヤーだと言える。A1に限らず、S1・T1・D1もすべてそうだ。
 LUMIN Appは相変わらず最強だし、バージョン3.0になってさらに隙なしになった。LUMIN Appだけで軽く数百万円の価値があると言っても過言ではない。ネットワークオーディオの本質たる「コントロール」における究極的な完成度は何物にも代え難い。
 そして気付けばL1まで導入してしまった。製品の性格上LUMIN専用に近いとはいえ、サーバーでこれだけ音が良くなるなんて公式チートもいいところだ。
 いい音で音楽を聴きまくった、実に楽しい1年間だった。

 A1の導入後、一定期間MAJIK DS-Iと併用したおかげで、ネットワークオーディオ全般に関する知見がさらに深まったことも事実である。
 特にネットワークオーディオのシステムにおいてプレーヤーがどのような役割を果たすのかについて、はじめて「LINN DS以外のまともなプレーヤー」に出会ったことで得られた知見はあまりにも大きかった。LINNとLUMIN、両者の比較を通して、私の中で「ネットワークオーディオの目指すべき理想」がより明確になったように思う。
 やはり色々と使ってみることは大事だ。


 S1、A1、T1、D1、L1、LUMIN App。
 ラインナップを完成させ、「サーバー」・「プレーヤー」・「コントロール」というネットワークオーディオにおける三要素を完璧に揃えた今、LUMINの次なる一手は何なのだろうか。やはりストリーミングサービス系だろうか。個人的にはL1をもう少し何とかしてもらいたいところだが。
 なんにせよ、Dynaudio以外で、LUMINがこんなにも動向が気になるブランドになるとは思いもしなかった。

 今後のA1の進化が楽しみだ。



【レビュー】LUMIN A1

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

コントロールアプリの検証 2014 『LUMIN App』

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」なんて狂気の沙汰にまで踏み込ん

記事を読む

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第5回『スターシップ・トゥルーパーズ』

Kill ! Kill Them ! Kill Them All !!! という怒号が飛び交う

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第48回『デジャヴ』

カッとなってカッたソフトのひとつ。 予約買いじゃねーからたけーでやんの。 発売はディズニー。コー

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編  本機のUSB入力はAmanero C

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Springsteen / Born

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

→もっと見る

PAGE TOP ↑