*

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

 実際に導入したのでインプレッションからレビューに昇格。


LUMIN L1来たる
導入!
ハード編
サーバーソフト編
運用編
続・運用&サーバーソフト編
音質編
続・音質編
激突! DELA N1Z vs LUMIN L1
LUMIN L1をSSDに換装してみた
LUMIN L1のSSDを1TBに換装した



 オーディオマインドに溢れた筐体。
 外部電源は汎用品のようで拍子抜け。本国HPのあの写真はずるい。
 サーバーソフトは極めてシンプル、拡張性は皆無。
 LUMIN Appとの組み合わせを前提にしている印象。
 USB経由でなければファイルを保存できない謎仕様。
 サーバーとして機能するが、NASではない。
 そして、色々なツッコミどころをいとも容易く吹き飛ばす驚きの高音質。

 やはり、音質編の最後で使った

『未完の高音質NAS』

 という表現が相応しい。
 そしてこの場合、NASとはNetwork Attached Storageのことではなく、Network “Audio” Storageとでも言うべきだろう。

 機能的にはあまりにも貧弱、というより未完成そのもの。運用面に関して言えば、製品コンセプト自体が迷走していると言わざるを得ない。
 USBでしかデータのやり取りができないというのは納得がいかない。
 そしてサーバーソフトはいくらなんでもシンプルすぎて、「LUMIN Appとの併用が前提」感が出すぎ。実際にそうなのかもしれないが、この音を聴いてしまうと、それだけではもったいないと思ってしまうのである。残念ながら現状では、厳密なタグ管理と、目的に沿ったサーバーソフトとの組み合わせによるライブラリ運用をしている人にはとてもではないがすすめられない。
 しかし、“高音質NAS”というものの可能性に興味がある人は是非聴いてみることをおすすめする。
 もしかしたら、シンプルさに起因する問題よりも高音質という価値が勝るかもしれない。

 とにかく、シンプルということだけは確かである。
 「高音質が目的でネットワークオーディオを始めたい。ネットワークやNASのことなんてさっぱり分からないが、とにかく高音質のNASが欲しい」という人にならすすめられる。はたしてそんな人が本当にいるのかどうかは知らないが。


 今後サーバーソフトの機能を拡充すれば、“LUMIN用の超豪華な高音質化アイテム”と言われても仕方がない現状から脱皮できるはず。そして“高音質サーバー”の魅力的な一角を成すだろう。
 汎用UPnPサーバーとして機能することは確かなので、LUMIN以外のプレーヤーと組み合わせることはいくらでも可能である。正直な話、ナビゲーションツリーが多様になったところで結局大して使わんでしょ?


 L1は完全に音楽のことしか考えていない、従来のNAS――機能を絞ったPC的な要素を廃した、純然たるネットワークオーディオ用ストレージである。
 LUMIN L1にせよ、DELAにせよ、このような製品は今までありそうでなかった。
 新しい発想の製品が出ることはよいことだ。そのたびに新たな波が生まれてネットワークオーディオという領域が活性化する。

 高音質サーバーという製品ジャンル、大いにあり。
 ネットワークオーディオ、ただ便利なだけでもないぞ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

AURALiC ARIES MINI その2

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。  こないだ紹

記事を読む

【システム】 OPPO BDP-103

 以前に使っていたBDPはパナソニックのDMP-BDT900。  特に画質音質で不満があるわけでは

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第84回『バンテージ・ポイント』

画質:10 音質:10 映像はAVCでビットレートはストレスなく変動。 音声はドルビーT

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Introduci

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 『音源』/『ライブラリ』を作る

 とにかく音源がないことには何も始まらない。  ハイレゾだDSDだと大騒ぎするよりもまず、手持ちの

記事を読む

canarino Fils ― ついにデジタル・ファイル再生の原器を手に入れたぞ

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

言いたいことは腐るほどある。 そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、 なんでラストバトル

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

→もっと見る

PAGE TOP ↑