*

【レビュー】LUMIN L1 ― 未完の高音質Network “Audio” Storage

 実際に導入したのでインプレッションからレビューに昇格。


LUMIN L1来たる
導入!
ハード編
サーバーソフト編
運用編
続・運用&サーバーソフト編
音質編
続・音質編
激突! DELA N1Z vs LUMIN L1
LUMIN L1をSSDに換装してみた
LUMIN L1のSSDを1TBに換装した



 オーディオマインドに溢れた筐体。
 外部電源は汎用品のようで拍子抜け。本国HPのあの写真はずるい。
 サーバーソフトは極めてシンプル、拡張性は皆無。
 LUMIN Appとの組み合わせを前提にしている印象。
 USB経由でなければファイルを保存できない謎仕様。
 サーバーとして機能するが、NASではない。
 そして、色々なツッコミどころをいとも容易く吹き飛ばす驚きの高音質。

 やはり、音質編の最後で使った

『未完の高音質NAS』

 という表現が相応しい。
 そしてこの場合、NASとはNetwork Attached Storageのことではなく、Network “Audio” Storageとでも言うべきだろう。

 機能的にはあまりにも貧弱、というより未完成そのもの。運用面に関して言えば、製品コンセプト自体が迷走していると言わざるを得ない。
 USBでしかデータのやり取りができないというのは納得がいかない。
 そしてサーバーソフトはいくらなんでもシンプルすぎて、「LUMIN Appとの併用が前提」感が出すぎ。実際にそうなのかもしれないが、この音を聴いてしまうと、それだけではもったいないと思ってしまうのである。残念ながら現状では、厳密なタグ管理と、目的に沿ったサーバーソフトとの組み合わせによるライブラリ運用をしている人にはとてもではないがすすめられない。
 しかし、“高音質NAS”というものの可能性に興味がある人は是非聴いてみることをおすすめする。
 もしかしたら、シンプルさに起因する問題よりも高音質という価値が勝るかもしれない。

 とにかく、シンプルということだけは確かである。
 「高音質が目的でネットワークオーディオを始めたい。ネットワークやNASのことなんてさっぱり分からないが、とにかく高音質のNASが欲しい」という人にならすすめられる。はたしてそんな人が本当にいるのかどうかは知らないが。


 今後サーバーソフトの機能を拡充すれば、“LUMIN用の超豪華な高音質化アイテム”と言われても仕方がない現状から脱皮できるはず。そして“高音質サーバー”の魅力的な一角を成すだろう。
 汎用UPnPサーバーとして機能することは確かなので、LUMIN以外のプレーヤーと組み合わせることはいくらでも可能である。正直な話、ナビゲーションツリーが多様になったところで結局大して使わんでしょ?


 L1は完全に音楽のことしか考えていない、従来のNAS――機能を絞ったPC的な要素を廃した、純然たるネットワークオーディオ用ストレージである。
 LUMIN L1にせよ、DELAにせよ、このような製品は今までありそうでなかった。
 新しい発想の製品が出ることはよいことだ。そのたびに新たな波が生まれてネットワークオーディオという領域が活性化する。

 高音質サーバーという製品ジャンル、大いにあり。
 ネットワークオーディオ、ただ便利なだけでもないぞ。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Fragile

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Fragile ・購入元 HDtrack

記事を読む

LUMIN A1を試す・音質編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編  LUMIN THE

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第143回『鴉 -KARAS-』

言いたいことは腐るほどある。 そもそもモデリング解像度が足りてねーとか、 なんでラストバトル

記事を読む

【UHD BDレビュー】第27回『マリアンヌ / Allied』 英国盤

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【音源管理の精髄】 Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 本題である。  前々から言っているとおり、正直なところ私はDSD音源にあまり興味がない。

記事を読む

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第96回『鉄コン筋クリート』 北米盤

日本じゃ全く出る気配が無いね、仕方ないね…… うーん、面白さはさすがにマインドゲームには及ばず

記事を読む

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - avwatch  この

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑