・アーティスト / アルバムタイトル
Yes / The Steven Wilson Remixes


・購入元
e-onkyo


・スペック&コーデック
96kHz/24bit FLAC


・音源情報(ダウンロードした時点)




・アルバムアート
600×600で最初から埋め込み
345×345の用途不明の画像が付属


・その他諸々
下画像のように、「The Yes Album」から「Relayer」にいたるアルバム5枚の音源が連番で同一アルバム「The Steven Wilson Remixes」となっている。

よって、あくまでも「The Yes Album」・「Fragile」・「Close To The Edge」・「Tales from Topographic Oceans」・「Relayer」それぞれのリマスター・アルバムとして扱いたければ、ファイル名とタグ両方の大規模な書き換えが必要になる。
私はそうしたかったので、やった。
こういう作業は「たしかに面倒だが面白い」のだ。


・音質所感
スティーヴン・ウィルソンによるリマスター・ハイレゾ音源。何枚こわれものと危機を買えばいいのだろう。
既存のハイレゾ版(備忘録・目次参照)と比べてもS/Nがかなり上がり(といっても背景のノイズをばっさり落としているのは賛否がありそう)、一音一音が強烈に磨き込まれ、ずいぶんとハイファイめいた音になっている。
一聴して「綺麗になったがなんとも大人しい音になっちまったもんだ」と思ったが、ボリュームをちょいと上げるとかつてないメリハリのきいたYesが現れた。昨今の切れ味鋭い音源と比べても遜色なく、これでRoundaboutがますますリファレンスになる。
ハマる人にはハマりそう。少なくとも私は気に入った。




なぜハイレゾ音源を買うのか

【ハイレゾ音源備忘録】 目次


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答



新サイト「Game Sounds Fun」が発足しました

【コラム】ゲームの音はここが凄い!