*

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

公開日: : 創作, 地元ネタ, 湯沢市, 秋田, 菅江真澄

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

※この記事はFAN AKITAプロジェクトページ「活動報告」への投稿と同内容です


小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト – FAN AKITA


 江戸時代の紀行家・菅江真澄(すがえますみ)が残した文章と絵をもとに、秋田県雄勝郡を歩いた彼の足跡を辿り、その行程を綴った紀行文を本にするプロジェクトです。



菅江真澄と歩く
二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡

第七章
「風渡る山姫の幽谷」



 湯沢市の最たる観光地はどこだろうと考えると、真っ先に浮かぶのは皆瀬の「小安峡」でしょうか。



 長い時をかけて刻まれた落差60メートルのV字谷の底には、熱湯が岩の割れ目から勢いよく噴き出すその名もずばり「大噴湯」があり、地球の息吹を直に感じられる場所です。
 小安峡は真澄の関心も大いに引いたようで、大噴湯を含め、複数の絵が残されています。






 小安峡には能恵姫の物語にも登場する「不動滝」をはじめ、数々の滝があります。
 その中のひとつ、小安峡で最大の落差を誇る「女滝」について、真澄は『雪の出羽路 雄勝郡』の中で以下のように記述し、歌を詠んでいます。


「女瀧あり、裡(うら)見瀧ともいう。高さは三十尋(約55メートル)、糸雨のようにはらはらと落ちるしぶきに、紅葉が散りまじる様は言いようもなく見事である」

山姫の 織りや掛(かく)らし 一反(ひとむら)の 滝の錦の うらをこそ見れ








 小安峡は紅葉の名所としても有名で、真澄が訪れた時も紅葉の盛りでした。絵からもその様子が見て取れます。
 もちろん、私も紅葉のタイミングを狙いました。






 真澄は小安峡だけでなく、皆瀬の奥宮山や奥宮神社といった今に残る信仰の地や、点在する湖沼についても絵に描き、伝承を記しました。
 ともすれば有名な観光地である小安峡が注目されがちですが、真澄の足跡を丹念に追うことで、より深く地域の実装に触れることが可能になります。


 是非、完成した本の中でお確かめください。

スポンサーリンク


関連記事

【地元探訪・小野小町編】岩屋堂(湯沢市小野字別水林) その2

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承 岩屋堂 その1  前回の続き。

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】小町の郷公園

 道の駅おがち「小町の郷」から道を挟んだ側、物産館「菜菜こまち」に隣接する形で、「小町の郷公園」が広

記事を読む

【地元探訪】正一位おさんこ稲荷大明神(湯沢市関口聖ケ沢)

 生まれてこのかた何百回何千回と通っている道の脇に、この柱は立っている。  電柱との位置関係はもう

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】磯前神社・小町泉(湯沢市桑崎字堂ノ前)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  深草少将に百夜通いという条件を吹っ掛けた小野小

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪】泉光院稲荷(湯沢市古館山)

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた  上の記

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA マスミスタイルの

記事を読む

言の葉の穴は「神様セカンドライフ」を応援しています

神様セカンドライフ - ヤマノス  LV3氏による、秋田が舞台の愉快痛快めんこい神様漫画。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑