*

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

公開日: : 創作, 地元ネタ, 湯沢市, 秋田, 菅江真澄

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

※この記事はFAN AKITAプロジェクトページ「活動報告」への投稿と同内容です




菅江真澄と歩く
二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡

第四章
「湯澤の山の上と下」



 第一章から第三章まで栗駒山・栩湯・川原毛地獄と見てきましたが、真澄が描いたものはなにも景勝地だけではありません。特定の景観をピンポイントに描くだけではなく、より広い範囲を俯瞰したような絵も多く描いています。
 ただ、それらの絵は広範囲を扱っているだけに「どこから、どのように」描いたのか特定するのが難しく、真澄の足跡を辿るのがかえって難しいという側面もあります。

 第四章では『勝地臨毫 出羽国雄勝郡』一巻から湯沢市の山谷~稲川地域~宇留院内峠の一帯を描いた絵を取り上げ、当時の面影を探しに行きます。



 まずはこの絵から。




 そのものずばり「湯澤」と題された絵ですが、実はどこから描かれた絵なのかいきなり定かではありません。
  平野、川、遠方の山々。一応、湯沢市役所の隣にある「お城山」――湯沢城址の高台から眺めた景色が雰囲気的には似ているものの、確証はありません。




 湯沢城址の麓には日本名水百選に選ばれた「力水」が湧いており、隣接する公園内には真澄の歌碑が立てられています。



 たのしさよ 千代もかはらず くみかはす
 湯澤の里の 春の盞


 なんとも和やかな雰囲気の歌ですが、実際は『小野のふるさと』の中で真澄が湯沢の新年の酒席に顔を出した際、酒を強くすすめられて断った際に「俺の酒が飲めないなら即興で歌でも詠め」と言われ、出来上がった歌です。
 湯沢人の酒癖は二百年以上も前から…………うーむ。


 湯沢から山谷峠を越えて稲川に入ります。
 ここでも何枚か絵を描いていますが、ハイライトはやはりこの絵でしょうか。






 ちなみに稲川といえば、日本三大うどんとして名高い「稲庭うどん」の産地でもあります。
 そして真澄もまた、『雪の出羽路 雄勝郡』の中で稲庭うどんに言及しています。
 稲庭うどんは当時から全国的に有名だったようで、真澄は当時知られていたこのような歌を紹介しています。


どなたでも いなにはあらぬ このうどん



 うーん、うまい!


 その後は稲川から宇留院内峠を越えて、湯沢の須川地域にやってきます。
 広範囲を描いた絵が多く、描かれた場所や事物を辿るのは大変でしたが、やはり実際に歩いてみると新たな発見が数多ありました。






 第四章で扱う絵はどれも派手さはありませんが、地誌『雪の出羽路 雄勝郡』や日記『小野のふるさと』の記述も丁寧に追うことで、足取りの中に当時の面影はじゅうぶんに感じられます。


 是非、完成した本の中でお確かめください。

スポンサーリンク


関連記事

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です 小町ゆかりの地

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA マスミスタイルの

記事を読む

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年は当ブログにお越しいただきあり

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】御返事橋(湯沢市桑崎字御返事)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  さて、なんやかんやあって、小野小町は生まれ故郷

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】姥子石(湯沢市小野字桐木田)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  姥子石。「ばっこいし」と読む。  小野小町の

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この

記事を読む

聖剣の森

 一応オーディオだけでなくて、創作ネタも……  というわけで、年末に届いた宝物、画集の紹介。

記事を読む

【地元探訪】村境の仁王像(湯沢市関口)

 湯沢市関口、厳密な意味での関口村の南北の境には仁王像が立っている。  南側の仁王像。  こ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑