*

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編

 sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪欲に新機能を追加し続ける製品で使うSpotifyの感触はどんなもんかと。


 まずはsMS-200でSpotifyを使えるようにする。
 画像は拡大して見てね。

 SOtMのセットアップ画面。
 Logitech Media Serverをアクティブにし、操作画面を開く。
 アップデートを経て色々と機能が増えている。
201612030101

※sMS-200本体のアップデートにより、RoonReady・Logitech Media Server・MPD&DLNAの各機能を同時にアクティブにすることが不可能になった。いちいちこのセットアップ画面から切り替える必要があり死ぬほど面倒なのだが、各機能が競合して破局を迎える事態を避けるための安全策と思えばそれも致し方なしか。スマホまたはタブレットのブラウザに設定画面をブックマークしておけばいくらか楽か。


 Logitech Media Serverの操作画面。
 こういう画面に慣れてしまっているので、なんとも殺風景というかなんというか……
201612030102

 右下の「Settings」からLogitech Media Serverの設定画面へ。

 「Plugins」タブ、「Active plugins」の「Spotify(v1.0)」のチェックを外す。
 Logitechによる公式プラグインのはずなのだが、こいつは機能しない。
201612030103

 下にある「3rd party plugins」から「3rd Party Spotify Plugin」にチェックを入れ、右下の「Apply」。
201612030104

 Enableにチェック。
201612030105

 さらなる設定階層へ。
201612030106

 はいはい。
201612030107

 Logitech Media ServerにおけるSpotifyの設定画面。
 この画面でアカウントを入力し、配信品質やら何やらを選択する。
 そしてテスト。
201612030108

 これでsMS-200……の中で動くLogitech Media Serverの中でSpotifyを使えるようになる。
201612030109


 で、実際に使おうと思ったのだが……

 ナビゲーションはたったこれだけか。ジャンルでのソートすらないのか。
 RoonやTIDALやApple Musicの洗礼を受けた後でこれはあまりにも辛い。
201612030113

 まぁ、それでも音源を選んで聴けないことはない。
201612030110

 とりあえずレスポンスはローカルの音源を再生するのと同じくらい良好だし、不安定さは微塵も感じない。


 日本で正式サービスが始まっているだけあって、邦楽もそれなりに用意されている。
 アウイエー!
201612030111

 でも選択基準は謎。
201612030112


 とにかくブラウザでの操作画面はあまりにも前時代的と言わざるを得ない。スキップやら早送りやら何やらかんやら、見た目の寂しさに目を瞑れば、操作そのものは必要な要素がきちんと揃い、機能することは確かではある。しかし、正直2016年も終わるって時に今さらこんなので使えと言われても困る。
 Logitech Media Server用の素敵なコントロールアプリとしてiPengやOrange Squeezeがあるのだが、あくまでプラグインであるSpotifyはそれらのアプリできちんと操作できるのだろうか。それを確かめるだけのやる気は……


 いずれにせよ、使う人は使うのだろう。某潮と違ってSpotifyは日本で正式サービスが始まっているし、邦楽だってラインナップされている。
 アップデートで次々機能を追加できるということもsMS-200のような製品の強みなのだし、使いたい、使ってみたいと思う時に機能として用意されているということは決して無駄にはなるまい。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

【音源管理の精髄】DSDIFFからDSFへの変換

 DSDのファイルには大きくDSDIFFとDSFがある。WSDというのもあるが、一般ユーザーにとって

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオのコントロールアプリ

 ネットワークオーディオの本質は「コントロール」である。  そして、コントロールを担うのがこの

記事を読む

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第175回『レッド・ドラゴン』

画質:8 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第15回『スーパーマン・リターンズ』

実は12月5日の海賊3発売まで購入予定のBDが無いんです…… そんなわけで、せっかく蜘蛛男を3

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑