*

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編

 sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪欲に新機能を追加し続ける製品で使うSpotifyの感触はどんなもんかと。


 まずはsMS-200でSpotifyを使えるようにする。
 画像は拡大して見てね。

 SOtMのセットアップ画面。
 Logitech Media Serverをアクティブにし、操作画面を開く。
 アップデートを経て色々と機能が増えている。
201612030101

※sMS-200本体のアップデートにより、RoonReady・Logitech Media Server・MPD&DLNAの各機能を同時にアクティブにすることが不可能になった。いちいちこのセットアップ画面から切り替える必要があり死ぬほど面倒なのだが、各機能が競合して破局を迎える事態を避けるための安全策と思えばそれも致し方なしか。スマホまたはタブレットのブラウザに設定画面をブックマークしておけばいくらか楽か。


 Logitech Media Serverの操作画面。
 こういう画面に慣れてしまっているので、なんとも殺風景というかなんというか……
201612030102

 右下の「Settings」からLogitech Media Serverの設定画面へ。

 「Plugins」タブ、「Active plugins」の「Spotify(v1.0)」のチェックを外す。
 Logitechによる公式プラグインのはずなのだが、こいつは機能しない。
201612030103

 下にある「3rd party plugins」から「3rd Party Spotify Plugin」にチェックを入れ、右下の「Apply」。
201612030104

 Enableにチェック。
201612030105

 さらなる設定階層へ。
201612030106

 はいはい。
201612030107

 Logitech Media ServerにおけるSpotifyの設定画面。
 この画面でアカウントを入力し、配信品質やら何やらを選択する。
 そしてテスト。
201612030108

 これでsMS-200……の中で動くLogitech Media Serverの中でSpotifyを使えるようになる。
201612030109


 で、実際に使おうと思ったのだが……

 ナビゲーションはたったこれだけか。ジャンルでのソートすらないのか。
 RoonやTIDALやApple Musicの洗礼を受けた後でこれはあまりにも辛い。
201612030113

 まぁ、それでも音源を選んで聴けないことはない。
201612030110

 とりあえずレスポンスはローカルの音源を再生するのと同じくらい良好だし、不安定さは微塵も感じない。


 日本で正式サービスが始まっているだけあって、邦楽もそれなりに用意されている。
 アウイエー!
201612030111

 でも選択基準は謎。
201612030112


 とにかくブラウザでの操作画面はあまりにも前時代的と言わざるを得ない。スキップやら早送りやら何やらかんやら、見た目の寂しさに目を瞑れば、操作そのものは必要な要素がきちんと揃い、機能することは確かではある。しかし、正直2016年も終わるって時に今さらこんなので使えと言われても困る。
 Logitech Media Server用の素敵なコントロールアプリとしてiPengやOrange Squeezeがあるのだが、あくまでプラグインであるSpotifyはそれらのアプリできちんと操作できるのだろうか。それを確かめるだけのやる気は……


 いずれにせよ、使う人は使うのだろう。某潮と違ってSpotifyは日本で正式サービスが始まっているし、邦楽だってラインナップされている。
 アップデートで次々機能を追加できるということもsMS-200のような製品の強みなのだし、使いたい、使ってみたいと思う時に機能として用意されているということは決して無駄にはなるまい。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

理想のオーディオ用PCを求めて ミュージックサーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。 ①アナログ

記事を読む

【システム】 Dynaudio Focus200C

 映画のサラウンド再生において、センタースピーカーは必要か不要かという議論がある。  非常に難しい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

【BDレビュー】第265回『THE RAID 2 / ザ・レイド GOKUDO』 北米盤

突撃死亡塔 黒金任務 2購入記念。 画質:8 音質:8 映像:AV

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭2017・第二回デジ研(日程・内容の

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑