*

SOtM sMS-200でSpotifyを使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編

 sMS-200が再び手元にやってきたので、この手の貪欲に新機能を追加し続ける製品で使うSpotifyの感触はどんなもんかと。


 まずはsMS-200でSpotifyを使えるようにする。
 画像は拡大して見てね。

 SOtMのセットアップ画面。
 Logitech Media Serverをアクティブにし、操作画面を開く。
 アップデートを経て色々と機能が増えている。
201612030101

※sMS-200本体のアップデートにより、RoonReady・Logitech Media Server・MPD&DLNAの各機能を同時にアクティブにすることが不可能になった。いちいちこのセットアップ画面から切り替える必要があり死ぬほど面倒なのだが、各機能が競合して破局を迎える事態を避けるための安全策と思えばそれも致し方なしか。スマホまたはタブレットのブラウザに設定画面をブックマークしておけばいくらか楽か。


 Logitech Media Serverの操作画面。
 こういう画面に慣れてしまっているので、なんとも殺風景というかなんというか……
201612030102

 右下の「Settings」からLogitech Media Serverの設定画面へ。

 「Plugins」タブ、「Active plugins」の「Spotify(v1.0)」のチェックを外す。
 Logitechによる公式プラグインのはずなのだが、こいつは機能しない。
201612030103

 下にある「3rd party plugins」から「3rd Party Spotify Plugin」にチェックを入れ、右下の「Apply」。
201612030104

 Enableにチェック。
201612030105

 さらなる設定階層へ。
201612030106

 はいはい。
201612030107

 Logitech Media ServerにおけるSpotifyの設定画面。
 この画面でアカウントを入力し、配信品質やら何やらを選択する。
 そしてテスト。
201612030108

 これでsMS-200……の中で動くLogitech Media Serverの中でSpotifyを使えるようになる。
201612030109


 で、実際に使おうと思ったのだが……

 ナビゲーションはたったこれだけか。ジャンルでのソートすらないのか。
 RoonやTIDALやApple Musicの洗礼を受けた後でこれはあまりにも辛い。
201612030113

 まぁ、それでも音源を選んで聴けないことはない。
201612030110

 とりあえずレスポンスはローカルの音源を再生するのと同じくらい良好だし、不安定さは微塵も感じない。


 日本で正式サービスが始まっているだけあって、邦楽もそれなりに用意されている。
 アウイエー!
201612030111

 でも選択基準は謎。
201612030112


 とにかくブラウザでの操作画面はあまりにも前時代的と言わざるを得ない。スキップやら早送りやら何やらかんやら、見た目の寂しさに目を瞑れば、操作そのものは必要な要素がきちんと揃い、機能することは確かではある。しかし、正直2016年も終わるって時に今さらこんなので使えと言われても困る。
 Logitech Media Server用の素敵なコントロールアプリとしてiPengやOrange Squeezeがあるのだが、あくまでプラグインであるSpotifyはそれらのアプリできちんと操作できるのだろうか。それを確かめるだけのやる気は……


 いずれにせよ、使う人は使うのだろう。某潮と違ってSpotifyは日本で正式サービスが始まっているし、邦楽だってラインナップされている。
 アップデートで次々機能を追加できるということもsMS-200のような製品の強みなのだし、使いたい、使ってみたいと思う時に機能として用意されているということは決して無駄にはなるまい。



Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤 画質:12 

記事を読む

【BDレビュー】 第248回『千年女優』

 チヨコさんこんなに可愛かったっけ…… 画質:8 音質:10 映像:AVC M

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 KOKIA / Where to go my love?

・アーティスト / アルバムタイトル KOKIA / Where to go my love?

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。  というこ

記事を読む

【BDレビュー】 第246回『エリジウム』

『第9地区』の監督の新作だってんなら……もう見るしかないでしょうよ 画質:13 音質

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Dan Arborise / Of Tide & Trail

・アーティスト / アルバムタイトル Dan Arborise / Of Tide & Trail

記事を読む

Roonでクラシックの大洋に漕ぎ出す

Roonの「音楽の海」がもたらすもの  前回の続き。  音楽の海の中でもひときわ巨大

記事を読む

さらば、ChorusDS

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』 コントロールアプリの検証 2014 『C

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / Continuum

記事を読む

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑