*

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編


 本機のUSB入力はAmanero Combo384を使用している。
 私の場合Windowsと組み合わせるのでドライバをインストール。DSD256までの再生を確認した。AKIRAのハイレゾも問題なく再生できた。
 いつものノートPC、SOtM sMS-1000SQ Windows Editionで共に接続は問題なし。

 使用中は結構な発熱がある。


 というわけで聴く。
 フィルターやら何やらはすべて推奨設定のまま。

 まずはフルボリュームで、純粋なDACとして聴く。
 例によってスピーカーはDynaudio Sapphire、アンプはNmode X-PM7。

 せっかくなので、同時期に聴いたCHORD DAVEと比較しつつ。


 ……

 …


 素直に素晴らしい音だ、と思った。
 色々と表現のしようはあるが、総じて生気に満ちた音と言うべきか。

 一聴して最も印象的なのは全帯域に横溢するエネルギー感。特に低音の厚みと量感は素晴らしい。公式曰く「DACとしては大容量のトランスを搭載し安定感のある低音を実現」とのことだが、その言葉に偽りはない。だからと言って不必要に膨らむ低音ではなく、制動はびしっと利き、輪郭もしっかりしている。
 安定した低音の支えのおかげで、中高音は悪目立ちすることもなく、実に伸び伸びとしている。ことさらに存在感を主張するような音色ではないが、それでもごく自然に、意識して聴こうとせずとも耳に入ってくる。

 解像感と音の分離も非常に優秀。
 この二点はさすがにDAVEの次元には及んでいない(特に低域の見通しの良さ)ものの、価格差を考えれば大大大健闘であることは間違いない。

 空間の広さとS/NはDAVEを凌駕する。
 音そのものの情報量で言えばDAVEに分があるが、DAVEがややこぢんまりした超精密オブジェめいた空間を描くのに対し、本機は音場が広く展開する。そのため、スピーカーで聴く空間表現を含めた「体感する情報量」という点では、同等の絶対値を持つと言える。

 そして何より、空間表現以上に素晴らしいのが、静寂の表現。
 音の間隙がきちんと黒い。
 私が欲してやまない闇が聴こえる。

 X-PM7のボリュームをフルにして本機をDACプリとして使うと、ごく僅かの繊細さと引き換えにごく僅かの力感の向上が得られた。ボリュームの操作感も悪くないので、システムによっては本機をDACプリとして使うというのも悪くない。
 アナログ入力……いや、なんでもないです……


 本機の音はDAVEのような「異次元の音」ではなく、良い意味で「今までのオーディオ機器の範疇」にあるとも感じる。耳馴染みの良い自然さ、それが良いのである。DAVEと逢瀬の試作DACのどちらの音が好きかと問われれば、私は逢瀬を選ぶだろう。

 実にいいものを聴いた。
 本機はあくまでも試作機で、きたるべきAK4497搭載機への布石という立ち位置だが、この音を聴く限り、完成品の仕上がりにも大きな期待を抱かずにはいられない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第169回『プレデターズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

激突! DELA N1Z vs LUMIN L1

 サーバー同士の音質対決。  一昔前には思いもよらなかった展開だ。  が、サーバーで音が

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第220回『リアル・スティール』

わたしは映画通になりたいわけではない。 深淵な映画全般の知識も無ければ、作品の衒学的文学的な評論な

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第87回『ゴッドファーザー PART2』

画質:4、条件付7 音質:7 映像はAVC、クソ長いためビットレートは25Mbps付近で頭

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

リッピングソフトで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  いよいよ魔境

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第99回『アイランド』

画質:12 音質:8 映像はVC-1でビットレートは頭打ち気味。 音声はドルデジのみ。

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑