*

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編


 本機のUSB入力はAmanero Combo384を使用している。
 私の場合Windowsと組み合わせるのでドライバをインストール。DSD256までの再生を確認した。AKIRAのハイレゾも問題なく再生できた。
 いつものノートPC、SOtM sMS-1000SQ Windows Editionで共に接続は問題なし。

 使用中は結構な発熱がある。


 というわけで聴く。
 フィルターやら何やらはすべて推奨設定のまま。

 まずはフルボリュームで、純粋なDACとして聴く。
 例によってスピーカーはDynaudio Sapphire、アンプはNmode X-PM7。

 せっかくなので、同時期に聴いたCHORD DAVEと比較しつつ。


 ……

 …


 素直に素晴らしい音だ、と思った。
 色々と表現のしようはあるが、総じて生気に満ちた音と言うべきか。

 一聴して最も印象的なのは全帯域に横溢するエネルギー感。特に低音の厚みと量感は素晴らしい。公式曰く「DACとしては大容量のトランスを搭載し安定感のある低音を実現」とのことだが、その言葉に偽りはない。だからと言って不必要に膨らむ低音ではなく、制動はびしっと利き、輪郭もしっかりしている。
 安定した低音の支えのおかげで、中高音は悪目立ちすることもなく、実に伸び伸びとしている。ことさらに存在感を主張するような音色ではないが、それでもごく自然に、意識して聴こうとせずとも耳に入ってくる。

 解像感と音の分離も非常に優秀。
 この二点はさすがにDAVEの次元には及んでいない(特に低域の見通しの良さ)ものの、価格差を考えれば大大大健闘であることは間違いない。

 空間の広さとS/NはDAVEを凌駕する。
 音そのものの情報量で言えばDAVEに分があるが、DAVEがややこぢんまりした超精密オブジェめいた空間を描くのに対し、本機は音場が広く展開する。そのため、スピーカーで聴く空間表現を含めた「体感する情報量」という点では、同等の絶対値を持つと言える。

 そして何より、空間表現以上に素晴らしいのが、静寂の表現。
 音の間隙がきちんと黒い。
 私が欲してやまない闇が聴こえる。

 X-PM7のボリュームをフルにして本機をDACプリとして使うと、ごく僅かの繊細さと引き換えにごく僅かの力感の向上が得られた。ボリュームの操作感も悪くないので、システムによっては本機をDACプリとして使うというのも悪くない。
 アナログ入力……いや、なんでもないです……


 本機の音はDAVEのような「異次元の音」ではなく、良い意味で「今までのオーディオ機器の範疇」にあるとも感じる。耳馴染みの良い自然さ、それが良いのである。DAVEと逢瀬の試作DACのどちらの音が好きかと問われれば、私は逢瀬を選ぶだろう。

 実にいいものを聴いた。
 本機はあくまでも試作機で、きたるべきAK4497搭載機への布石という立ち位置だが、この音を聴く限り、完成品の仕上がりにも大きな期待を抱かずにはいられない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第191回『GHOST IN THE SHELL 2.0』 北米盤

国内版の価格は甚だ疑問だったので輸入。 国ごとに違うマスターを使い分けるなんて面倒をバンダイビジュ

記事を読む

【BDレビュー】第338回『ズートピア』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】LINN DS

 オーディオ業界に「ネットワークオーディオ」という領域を作り出したのはLINN DSであると言って間

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ハイレゾ音源をライブラリに含める

 どのサイトから何を買ってもいいのだが、今回はmoraからYesの『Tormato』を買った。  

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のネットワークオーディオプレーヤーとは何か。  ……正直なところ、「音楽を快適に聴く」と

記事を読む

fidata HFAS1-XS20

fidata、オーディオサーバー最上位機「HFAS1-XS20」。2TB SSDを搭載し音質強化 -

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

Asset UPnP Release 5 BETAでDSDを配信可能なことに今さら気が付いた

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑