*

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編


 本機のUSB入力はAmanero Combo384を使用している。
 私の場合Windowsと組み合わせるのでドライバをインストール。DSD256までの再生を確認した。AKIRAのハイレゾも問題なく再生できた。
 いつものノートPC、SOtM sMS-1000SQ Windows Editionで共に接続は問題なし。

 使用中は結構な発熱がある。


 というわけで聴く。
 フィルターやら何やらはすべて推奨設定のまま。

 まずはフルボリュームで、純粋なDACとして聴く。
 例によってスピーカーはDynaudio Sapphire、アンプはNmode X-PM7。

 せっかくなので、同時期に聴いたCHORD DAVEと比較しつつ。


 ……

 …


 素直に素晴らしい音だ、と思った。
 色々と表現のしようはあるが、総じて生気に満ちた音と言うべきか。

 一聴して最も印象的なのは全帯域に横溢するエネルギー感。特に低音の厚みと量感は素晴らしい。公式曰く「DACとしては大容量のトランスを搭載し安定感のある低音を実現」とのことだが、その言葉に偽りはない。だからと言って不必要に膨らむ低音ではなく、制動はびしっと利き、輪郭もしっかりしている。
 安定した低音の支えのおかげで、中高音は悪目立ちすることもなく、実に伸び伸びとしている。ことさらに存在感を主張するような音色ではないが、それでもごく自然に、意識して聴こうとせずとも耳に入ってくる。

 解像感と音の分離も非常に優秀。
 この二点はさすがにDAVEの次元には及んでいない(特に低域の見通しの良さ)ものの、価格差を考えれば大大大健闘であることは間違いない。

 空間の広さとS/NはDAVEを凌駕する。
 音そのものの情報量で言えばDAVEに分があるが、DAVEがややこぢんまりした超精密オブジェめいた空間を描くのに対し、本機は音場が広く展開する。そのため、スピーカーで聴く空間表現を含めた「体感する情報量」という点では、同等の絶対値を持つと言える。

 そして何より、空間表現以上に素晴らしいのが、静寂の表現。
 音の間隙がきちんと黒い。
 私が欲してやまない闇が聴こえる。

 X-PM7のボリュームをフルにして本機をDACプリとして使うと、ごく僅かの繊細さと引き換えにごく僅かの力感の向上が得られた。ボリュームの操作感も悪くないので、システムによっては本機をDACプリとして使うというのも悪くない。
 アナログ入力……いや、なんでもないです……


 本機の音はDAVEのような「異次元の音」ではなく、良い意味で「今までのオーディオ機器の範疇」にあるとも感じる。耳馴染みの良い自然さ、それが良いのである。DAVEと逢瀬の試作DACのどちらの音が好きかと問われれば、私は逢瀬を選ぶだろう。

 実にいいものを聴いた。
 本機はあくまでも試作機で、きたるべきAK4497搭載機への布石という立ち位置だが、この音を聴く限り、完成品の仕上がりにも大きな期待を抱かずにはいられない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

Primareの新フラグシップ・PRE60 & A60は今春発売! の予定

 公式HP  本気でそのパンダみたいなデザインのまま発売するのか……  純シルバー(プラ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

【BDレビュー】第297回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

 完結がいつになるのかまったくわからなくなった記念。 画質:9 音質:9

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Linn Kazooがアップデート

コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』  それなりに大きな変化なので

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第74回『リーピング』

画質:6 音質:8 映像はVC-1ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2014 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル 各曲それぞれ / HDtracks 2014 S

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Physical Graffiti (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Physical

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑