*

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 運用・音質編

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編


 本機のUSB入力はAmanero Combo384を使用している。
 私の場合Windowsと組み合わせるのでドライバをインストール。DSD256までの再生を確認した。AKIRAのハイレゾも問題なく再生できた。
 いつものノートPC、SOtM sMS-1000SQ Windows Editionで共に接続は問題なし。

 使用中は結構な発熱がある。


 というわけで聴く。
 フィルターやら何やらはすべて推奨設定のまま。

 まずはフルボリュームで、純粋なDACとして聴く。
 例によってスピーカーはDynaudio Sapphire、アンプはNmode X-PM7。

 せっかくなので、同時期に聴いたCHORD DAVEと比較しつつ。


 ……

 …


 素直に素晴らしい音だ、と思った。
 色々と表現のしようはあるが、総じて生気に満ちた音と言うべきか。

 一聴して最も印象的なのは全帯域に横溢するエネルギー感。特に低音の厚みと量感は素晴らしい。公式曰く「DACとしては大容量のトランスを搭載し安定感のある低音を実現」とのことだが、その言葉に偽りはない。だからと言って不必要に膨らむ低音ではなく、制動はびしっと利き、輪郭もしっかりしている。
 安定した低音の支えのおかげで、中高音は悪目立ちすることもなく、実に伸び伸びとしている。ことさらに存在感を主張するような音色ではないが、それでもごく自然に、意識して聴こうとせずとも耳に入ってくる。

 解像感と音の分離も非常に優秀。
 この二点はさすがにDAVEの次元には及んでいない(特に低域の見通しの良さ)ものの、価格差を考えれば大大大健闘であることは間違いない。

 空間の広さとS/NはDAVEを凌駕する。
 音そのものの情報量で言えばDAVEに分があるが、DAVEがややこぢんまりした超精密オブジェめいた空間を描くのに対し、本機は音場が広く展開する。そのため、スピーカーで聴く空間表現を含めた「体感する情報量」という点では、同等の絶対値を持つと言える。

 そして何より、空間表現以上に素晴らしいのが、静寂の表現。
 音の間隙がきちんと黒い。
 私が欲してやまない闇が聴こえる。

 X-PM7のボリュームをフルにして本機をDACプリとして使うと、ごく僅かの繊細さと引き換えにごく僅かの力感の向上が得られた。ボリュームの操作感も悪くないので、システムによっては本機をDACプリとして使うというのも悪くない。
 アナログ入力……いや、なんでもないです……


 本機の音はDAVEのような「異次元の音」ではなく、良い意味で「今までのオーディオ機器の範疇」にあるとも感じる。耳馴染みの良い自然さ、それが良いのである。DAVEと逢瀬の試作DACのどちらの音が好きかと問われれば、私は逢瀬を選ぶだろう。

 実にいいものを聴いた。
 本機はあくまでも試作機で、きたるべきAK4497搭載機への布石という立ち位置だが、この音を聴く限り、完成品の仕上がりにも大きな期待を抱かずにはいられない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1・開梱編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編①  ネッ

記事を読む

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々 LUMIN S1、T1、D1、さらにL1 C

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第164回『LE GRAND BLEU』

画質:10☆ 音質:10 映像はAVC、音声はリニアPCMステレオの16bit 画質

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』はなぜ重要か 【ネットワークオーディオTips】

 前回の記事において、「タグとは何か」「何がタグなのか」を示した。  そして今回の記事では、「

記事を読む

【BDレビュー】第328回『ワールド・ウォーZ』

 夏、熱すぎて無性にホラー映画が見たくなって買った。 画質:8 音質:8 (評価の詳細につ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JRiver Media Centerのコントロールアプリ 『JRemote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Justin Bieber / Purpose

・アーティスト / アルバムタイトル Justin Bieber / Purpose

記事を読む

ECLIPSE TD307MK2Aで音楽を聴く

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2

記事を読む

Technics ST-G30 / SU-G30

テクニクス、SSD内蔵リッピングサーバー「ST-G30」。SSDレスモデルも用意 - Phile-w

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編  まずは、純粋なサーバーとしての音を聴く。

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

【レビュー】fidata HFAS1 fidata HFAS1-

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「神杉の座はかく語りき」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー・更新】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

→もっと見る

PAGE TOP ↑