*

【音源管理の精髄・応用編】 サーバーソフトの複数同時運用 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフトの複数同時運用。
 今までに何度も言及してきたことだが、具体的にどんなメリットがあるのか。
 応用編の他の記事とも関連するので、あわせて読んでいただきたい。


 とりあえず、これが可能なのはPCやQNAP製品といった、「サーバーソフトが複数走るサーバー機器」に限られる。
 物理的にサーバー機器を買い足せば結局同じことが可能なのだが、サーバーソフトの複数同時運用は機器を買い足す必要がないという点で優れている。
 そして、幸いにしてサーバーソフトによって音質差は生じないため、純粋に使い勝手の向上のための活用が可能となる。


 活用方法の一例を紹介する。


 これは手持ちの全音源をサーバーソフトで読み込むことで得られる、見飽きた感のあるジャンル一覧。
 こんな具合に全ジャンルの音源を扱うサーバーソフトを「サーバーA」とする。
20150525サムネiPad01

 同じ機器内で、別のサーバーソフトを走らせる。これを「サーバーB」とする。

 サーバーAに読み込ませる音源とは異なるルールに基づくライブラリ構築を行ったジャンル――例えばクラシックの音源を別途用意しておき、そのフォルダをサーバーBで読み込む。
 この時、サーバーAにはクラシックの音源を読み込ませないこと。つまり、サーバーAが扱うのは「クラシック以外の全ジャンルの音源」となる。
 さすがに異なるルールに基づくライブラリが一つのサーバーに同居するのはよくない。

 この時、サーバーBが提供するライブラリは「最初からクラシックしか入っていない」状態となる。そのため、本来必要となる「ジャンル」のタグを別の情報の受け皿として使えるようになる。
 もっと平たく言えば、「完全なクラシック専用サーバー」が出来上がるのである。

 あとは自分がクラシックの選曲にどのような作法を望むかに応じて、空いた「ジャンル」のスペースに情報を入力すればいい。
 レコードレーベルを入れるというのも面白いだろう。
 生年とともに作曲家の名前を入れれば、工夫次第で「かつて見た音楽室の風景」を再現することだってできる。
20150525サムネiPad06

 クラシックに限らず、アイデア次第で活用方法は大きく広がる。

 サーバーC、サーバーDと運用するサーバーを増やしていけば可能性はさらに高まる。少なくともTwonky ServerとAsset UPnPとMinimServerとKazoo Serverの四種類が使えるし、PCならば再生ソフトのサーバー化によってさらに選択肢が増える。
 「クラシック専用サーバー」・「プログレ専用サーバー」・「ゲーム音楽専用サーバー」・「同人音楽専用サーバー」といったように、ジャンルによってサーバーを一つの機器の中で使い分けるということも可能となる。
 あるいは、「真面目な音源フォルダ」と「趣味丸出し音源フォルダ」を二つ用意しておき、普段はその両方を読み込んだサーバーを使い、来客時には真面目な音源だけを読み込んだ別のサーバーを使う……なんてこともできる。これについてはその都度読み込むフォルダを変えるというのも手だが。

 なお、サーバーソフトを複数同時運用するといったところで、機器そのものは一つだけなのでシステムが煩雑になる心配もない。
 アプリにもよるが、使用するサーバーはほんの数秒で切り替えられる。
 すべての音源を一つのルールと一つのサーバーでまかなうよりも、意図に応じて複数のサーバーに分散したほうがきめ細かい運用が可能になることは想像に難くない。
 ライブラリが分断する寸前にまで踏み込んだ運用なのは確かだが、ユーザーの明確な意図と設計に基づいてコントロールできるのならばメリットは少なくないはずだ。

 特に、クラシック音源の管理運用を突き詰めたいと考えているユーザーには是非試してもらいたい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第110回『アイアンマン』

○高画質ソフトの条件 実写の撮影時点で高画質→CGIとの合成時点で高画質→諸々ポスプロの時点で高画

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択

 Dolby Atmosの肝となる天井スピーカーは一体どのようなものを使えばいいのか。  というこ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Going For The One

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Going For The One ・購入

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第77回『ラストサムライ』

画質:7 音質:6 映像はVC-1のワーナー仕様。 音声はドルデジのみ。 画質につ

記事を読む

【BDレビュー】 第238回『エクスペンダブルズ』 エクステンデッド・ディレクターズ・カット

ジェット・リーの扱いが酷いのがちょっとなぁ…… 画質:8 音質:11 映像はAV

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑