*

【音源管理の精髄・応用編】 サーバーソフトの複数同時運用 【ネットワークオーディオTips】

 サーバーソフトの複数同時運用。
 今までに何度も言及してきたことだが、具体的にどんなメリットがあるのか。
 応用編の他の記事とも関連するので、あわせて読んでいただきたい。


 とりあえず、これが可能なのはPCやQNAP製品といった、「サーバーソフトが複数走るサーバー機器」に限られる。
 物理的にサーバー機器を買い足せば結局同じことが可能なのだが、サーバーソフトの複数同時運用は機器を買い足す必要がないという点で優れている。
 そして、幸いにしてサーバーソフトによって音質差は生じないため、純粋に使い勝手の向上のための活用が可能となる。


 活用方法の一例を紹介する。


 これは手持ちの全音源をサーバーソフトで読み込むことで得られる、見飽きた感のあるジャンル一覧。
 こんな具合に全ジャンルの音源を扱うサーバーソフトを「サーバーA」とする。
20150525サムネiPad01

 同じ機器内で、別のサーバーソフトを走らせる。これを「サーバーB」とする。

 サーバーAに読み込ませる音源とは異なるルールに基づくライブラリ構築を行ったジャンル――例えばクラシックの音源を別途用意しておき、そのフォルダをサーバーBで読み込む。
 この時、サーバーAにはクラシックの音源を読み込ませないこと。つまり、サーバーAが扱うのは「クラシック以外の全ジャンルの音源」となる。
 さすがに異なるルールに基づくライブラリが一つのサーバーに同居するのはよくない。

 この時、サーバーBが提供するライブラリは「最初からクラシックしか入っていない」状態となる。そのため、本来必要となる「ジャンル」のタグを別の情報の受け皿として使えるようになる。
 もっと平たく言えば、「完全なクラシック専用サーバー」が出来上がるのである。

 あとは自分がクラシックの選曲にどのような作法を望むかに応じて、空いた「ジャンル」のスペースに情報を入力すればいい。
 レコードレーベルを入れるというのも面白いだろう。
 生年とともに作曲家の名前を入れれば、工夫次第で「かつて見た音楽室の風景」を再現することだってできる。
20150525サムネiPad06

 クラシックに限らず、アイデア次第で活用方法は大きく広がる。

 サーバーC、サーバーDと運用するサーバーを増やしていけば可能性はさらに高まる。少なくともTwonky ServerとAsset UPnPとMinimServerとKazoo Serverの四種類が使えるし、PCならば再生ソフトのサーバー化によってさらに選択肢が増える。
 「クラシック専用サーバー」・「プログレ専用サーバー」・「ゲーム音楽専用サーバー」・「同人音楽専用サーバー」といったように、ジャンルによってサーバーを一つの機器の中で使い分けるということも可能となる。
 あるいは、「真面目な音源フォルダ」と「趣味丸出し音源フォルダ」を二つ用意しておき、普段はその両方を読み込んだサーバーを使い、来客時には真面目な音源だけを読み込んだ別のサーバーを使う……なんてこともできる。これについてはその都度読み込むフォルダを変えるというのも手だが。

 なお、サーバーソフトを複数同時運用するといったところで、機器そのものは一つだけなのでシステムが煩雑になる心配もない。
 アプリにもよるが、使用するサーバーはほんの数秒で切り替えられる。
 すべての音源を一つのルールと一つのサーバーでまかなうよりも、意図に応じて複数のサーバーに分散したほうがきめ細かい運用が可能になることは想像に難くない。
 ライブラリが分断する寸前にまで踏み込んだ運用なのは確かだが、ユーザーの明確な意図と設計に基づいてコントロールできるのならばメリットは少なくないはずだ。

 特に、クラシック音源の管理運用を突き詰めたいと考えているユーザーには是非試してもらいたい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第16回『X-MEN3』

どうして欧米人の女の子は年取ると劣化するのかな!! ちくしょおおおーっ!! ローグがビッチに

記事を読む

【BDレビュー】 第246回『エリジウム』

『第9地区』の監督の新作だってんなら……もう見るしかないでしょうよ 画質:13 音質

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第29回『劇場版 カウボーイ・ビバップ 天国の扉』

画質:8 音質:10 映像はAVCでビットレートは30台で安定。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気付けば2015年になってしまった。  このままでは永遠に

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第209回『コマンドー』

おまえは最後まで買わないと言ったな、あれは嘘だ 画質:6 音質:9 映像はMPE

記事を読む

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況  今までLUMIN Ap

記事を読む

【レビュー】Roon ― 音楽鑑賞の新たな可能性

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体 Roon 設定

記事を読む

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解と御支援を頂きまして、早速続き

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑