*

【インプレッション】LUMIN T1 & D1

2015020620


LUMIN T1 & D1 来たる
LUMIN T1 & D1 ハード編
LUMIN T1 & D1 運用編
LUMIN T1 音質編
LUMIN D1 音質編



 ところで、ネットワークオーディオプレーヤーを買う理由とはいったい何だろうか。

 高音質が欲しいから、だろうか?

 それとも、『ネットワークオーディオ』という方法論に魅力を感じたから、だろうか?



 物凄くざっくり言うと、T1はA1の基板そのままに筐体コストを下げたモデルで、D1はT1の筐体デザインそのままに基板コストを下げたモデルである。
 音は両者それなり。
 「上位機種に肉薄する」「クラスを越えた音質」「価格帯を考えれば素晴らしいサウンド」とかなんとか、今後その手の文言が色んな場所で乱れ飛ぶような気がしないでもないが、残念ながら私はそんな甘言を吐けるほど器用ではない。
 LUMINファミリーにあって、音質は順当にA1>T1>D1である。
 価格差は音質差である。
 現実は非情である。


 一方で、T1/D1を含む、LUMINのプレーヤーはすべて同一のユーザビリティを有する。
 ネットワークオーディオというジャンルにおいて巨大な問題であり続ける「ユーザビリティにおける製品間・世代間断絶」は、少なくともLUMINのプレーヤーには存在しない。
 これは『LUMINというプラットフォーム』が確立していることのまたとない証左と言える。

 この点で、私は俄然D1に注目する。
 35万でLUMINのプラットフォームが手に入るのである。
 音? そりゃ35万相当の音はするでしょ。世の中の35万する他のプレーヤーがどんな音なのかは知らないが。

 ちなみにT1/D1ともに、やっぱりL1と組み合わせると著しい音質向上を果たす。
 もはや公式チートである。


 5年ほど前、私はMAJIK DS-Iを買った。
 45万だった。
 音にも満足した。
 上を見れば、300万近いKLIMAXに100万近いAKURATEもあった。
 音の良さは分かり切っていたが、もちろん当時の私に(今もそうだが)そんな資金力はなかった。
 ただ、私がやりたかったのは『ネットワークオーディオ』だった。
 本当に欲しかったのは『ネットワークオーディオの真価を発揮し得るシステム』だった。
 そしてMAJIKも、AKURATEも、KLIMAXも、同一のユーザビリティを有する。
 すなわち、私が真に手に入れたのは『LINN DSというプラットフォーム』だった。


 T1とD1の登場をもって、『LUMINというプラットフォーム』は完成した。
 この意義はとてつもなく大きい。


スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第312回『鑑定士と顔のない依頼人』

画質:15 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

【BDレビュー】総まとめ

 映画の内容を評価するページは数あれど、いわゆるオーディオ雑誌以外で、BDの画質・音質がとことん追求

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】アナと雪の女王 オリジナル・サウンドトラック -デラックス・エディション-

・アーティスト / アルバムタイトル V.A. / アナと雪の女王 オリジナル・サウンドト

記事を読む

【BDレビュー】第290回『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

 ケビン・ベーコン繋がりで『トレマーズ』も見よう! 画質:10 音質:11 映

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

WaversaSystems WSmartHub

WaversaSystems WSmartHub オリオスペックとzionote、超低ノイズ設

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置③――劇場の実際から考える

 TOHOシネマズ日本橋のスクリーン8では、2ウェイの本格的な天井スピーカーが8~10ペア程度設置さ

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 文字コードを活用したサムネイルの改変 【ネットワークオーディオTips】

 これはLUMIN Appのブラウズ領域に表示された、何の変哲もないTwonky Serverの「ジ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMの

記事を読む

【BDレビュー】第251回『蟲師 特別篇 日蝕む翳』

画質:8 音質:8 映像:AVC 音声:リニアPCM ステレオ 24bit

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    >T1とD1の登場をもって、『LUMINというプラットフォーム』は完成した。
    やったぜ

    あとは、L1が、サーバーソフトの機能の拡充と、無線で音源をやりとりすることが出来るようになれば、LUMINファミリーだけで文句無しの快適性が実現できそうですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑