*

【レビュー】LUMIN T1 & D1

2015020620


LUMIN T1 & D1 来たる
LUMIN T1 & D1 ハード編
LUMIN T1 & D1 運用編
LUMIN T1 音質編
LUMIN D1 音質編



 ところで、ネットワークオーディオプレーヤーを買う理由とはいったい何だろうか。

 高音質が欲しいから、だろうか?

 それとも、『ネットワークオーディオ』という方法論に魅力を感じたから、だろうか?



 物凄くざっくり言うと、T1はA1の基板そのままに筐体コストを下げたモデルで、D1はT1の筐体デザインそのままに基板コストを下げたモデルである。
 音は両者それなり。
 「上位機種に肉薄する」「クラスを越えた音質」「価格帯を考えれば素晴らしいサウンド」とかなんとか、今後その手の文言が色んな場所で乱れ飛ぶような気がしないでもないが、残念ながら私はそんな甘言を吐けるほど器用ではない。
 LUMINファミリーにあって、音質は順当にA1>T1>D1である。
 価格差は音質差である。
 現実は非情である。


 一方で、T1/D1を含む、LUMINのプレーヤーはすべて同一のユーザビリティを有する。
 ネットワークオーディオというジャンルにおいて巨大な問題であり続ける「ユーザビリティにおける製品間・世代間断絶」は、少なくともLUMINのプレーヤーには存在しない。
 これは『LUMINというプラットフォーム』が確立していることのまたとない証左と言える。

 この点で、私は俄然D1に注目する。
 35万でLUMINのプラットフォームが手に入るのである。
 音? そりゃ35万相当の音はするでしょ。世の中の35万する他のプレーヤーがどんな音なのかは知らないが。

 ちなみにT1/D1ともに、やっぱりL1と組み合わせると著しい音質向上を果たす。
 もはや公式チートである。


 5年ほど前、私はMAJIK DS-Iを買った。
 45万だった。
 音にも満足した。
 上を見れば、300万近いKLIMAXに100万近いAKURATEもあった。
 音の良さは分かり切っていたが、もちろん当時の私に(今もそうだが)そんな資金力はなかった。
 ただ、私がやりたかったのは『ネットワークオーディオ』だった。
 本当に欲しかったのは『ネットワークオーディオの真価を発揮し得るシステム』だった。
 そしてMAJIKも、AKURATEも、KLIMAXも、同一のユーザビリティを有する。
 すなわち、私が真に手に入れたのは『LINN DSというプラットフォーム』だった。


 T1とD1の登場をもって、『LUMINというプラットフォーム』は完成した。
 この意義はとてつもなく大きい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / frasco

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / frasco ・購入元 OTO

記事を読む

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Mayer / The Search

記事を読む

“ハイレゾ対応機器”の定義が発表されたので

 自前の機材がどれだけ“ハイレゾ対応”なのかちょっと調べてみた。 日本オーディオ協会、“ハ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・追記】

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー 音や

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  10月10

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『コントロール』する

 「ここにさえ来ればネットワークオーディオがまとめてわかる!」を目指し、ひたすら書いてきた【音源管理

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPhone版)

コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)  今度はiPhone版。

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    >T1とD1の登場をもって、『LUMINというプラットフォーム』は完成した。
    やったぜ

    あとは、L1が、サーバーソフトの機能の拡充と、無線で音源をやりとりすることが出来るようになれば、LUMINファミリーだけで文句無しの快適性が実現できそうですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑