*

【レビュー】LUMIN T1 & D1

2015020620


LUMIN T1 & D1 来たる
LUMIN T1 & D1 ハード編
LUMIN T1 & D1 運用編
LUMIN T1 音質編
LUMIN D1 音質編



 ところで、ネットワークオーディオプレーヤーを買う理由とはいったい何だろうか。

 高音質が欲しいから、だろうか?

 それとも、『ネットワークオーディオ』という方法論に魅力を感じたから、だろうか?



 物凄くざっくり言うと、T1はA1の基板そのままに筐体コストを下げたモデルで、D1はT1の筐体デザインそのままに基板コストを下げたモデルである。
 音は両者それなり。
 「上位機種に肉薄する」「クラスを越えた音質」「価格帯を考えれば素晴らしいサウンド」とかなんとか、今後その手の文言が色んな場所で乱れ飛ぶような気がしないでもないが、残念ながら私はそんな甘言を吐けるほど器用ではない。
 LUMINファミリーにあって、音質は順当にA1>T1>D1である。
 価格差は音質差である。
 現実は非情である。


 一方で、T1/D1を含む、LUMINのプレーヤーはすべて同一のユーザビリティを有する。
 ネットワークオーディオというジャンルにおいて巨大な問題であり続ける「ユーザビリティにおける製品間・世代間断絶」は、少なくともLUMINのプレーヤーには存在しない。
 これは『LUMINというプラットフォーム』が確立していることのまたとない証左と言える。

 この点で、私は俄然D1に注目する。
 35万でLUMINのプラットフォームが手に入るのである。
 音? そりゃ35万相当の音はするでしょ。世の中の35万する他のプレーヤーがどんな音なのかは知らないが。

 ちなみにT1/D1ともに、やっぱりL1と組み合わせると著しい音質向上を果たす。
 もはや公式チートである。


 5年ほど前、私はMAJIK DS-Iを買った。
 45万だった。
 音にも満足した。
 上を見れば、300万近いKLIMAXに100万近いAKURATEもあった。
 音の良さは分かり切っていたが、もちろん当時の私に(今もそうだが)そんな資金力はなかった。
 ただ、私がやりたかったのは『ネットワークオーディオ』だった。
 本当に欲しかったのは『ネットワークオーディオの真価を発揮し得るシステム』だった。
 そしてMAJIKも、AKURATEも、KLIMAXも、同一のユーザビリティを有する。
 すなわち、私が真に手に入れたのは『LINN DSというプラットフォーム』だった。


 T1とD1の登場をもって、『LUMINというプラットフォーム』は完成した。
 この意義はとてつもなく大きい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【CES2016】個人的ハイライトと記事まとめ

 CES2016の個人的なハイライトは、先行逃げ切りで RoonReady  …

記事を読む

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃Fun  やったぜ!

記事を読む

【音源管理の精髄】 再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 【ネットワークオーディオTips】

 NASとサーバーに関するありがちな誤解に関する記事の中で、「NASがなくてもネットワークオーディオ

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて ソフト編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

センタースピーカーの次はサブウーファーか!

 ホームシアターのマルチチャンネル・サラウンド再生においてセンタースピーカーは極めて重要である。「台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第169回『プレデターズ』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / UNDER

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】MinimServer 導入・設定・運用編

サーバーソフトの紹介 『MinimServer』 ・使用したサーバー機器 PC(Wind

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第45回『アンダーワールド』

3月はBDソフトを8枚カッとなってカッた。後悔はしていない。 一年以上の時を経てリリースされた

記事を読む

TIDALがもたらすもの

 TIDAL。  ドイツの高級スピーカーメーカーのことではなく、音楽配信サービスのTIDALである

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    >T1とD1の登場をもって、『LUMINというプラットフォーム』は完成した。
    やったぜ

    あとは、L1が、サーバーソフトの機能の拡充と、無線で音源をやりとりすることが出来るようになれば、LUMINファミリーだけで文句無しの快適性が実現できそうですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑