*

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。
2015020623


○再生/比較環境

LUMIN A1
LUMIN L1(HDD 2TB)
Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire


 T1、D1ともにケーブル等可能な限りA1と環境を揃えて聴いた。
 アンプとはバランス接続。
 D1をA1と比べても仕方がないので、主にT1との比較が念頭にある。

 例によってLUMINファミリーはプレイリストを共有できるので、音質比較も著しく快適に行える。
2015020626

 とりあえずこんな感じで。
2015021101

 ……

 …

 価格は下がれど高いS/N、「オーディオ的な静寂」は堅持している。
 音調はT1と同じくS1の系譜。
 静けさと清廉さ。
 闇を聴くオーディオ的快楽。

 空間はT1からさらに縮んだ。
 A1からの切り替えた際は「こじんまり」という言葉が脳裏に浮かんだほど。
 音の広がりは遠い記憶の中のMAJIK DS-Iと同程度くらいだろうか?
 奥行方面への展開はそれなりにあるが、困ったことに、声も含めて全体的に音が後ろに引っ込んでしまった感がある。
 ハイエンドならではの卓越した空間表現! ……と言うにはさすがに厳しいか。

 ただ、空間が小型化したのは確かだが、情報量的には不足を感じない。
 まさしく筐体の見た目そのままというか、妙に空間の広大さを追い求めて中抜けするようなことはなく、コンパクトかつ小奇麗にまとめているという印象を受ける。
 「基板を一枚にまとめ、HDMI出力を省略するといった設計のシンプル化が、そのまま音に表れているようだ」……とでも言えばいいのかな?

 全体として、A1とT1の差に比べると、T1とD1の差は不思議とそれほど大きくは感じられなかった。音調が共通だからだろうか。
 オーディオ的な静寂というLUMINの美点をしっかりと備えているのは紛れもない美点である。
 A1/T1には音質的に及ばないとは言っても、少なくとも音楽を聴いていて明らかな不満を感じるようなことはない。

 ちなみに、D1の電源部はS1/A1/T1の豪華なそれと異なり、L1と同じくそっけない電源アダプタである。
 すなわち、D1の音には大きな伸びしろがあるということだ。



○参考

【レビュー】LUMIN A1

LUMIN T1 音質編



【インプレッション】LUMIN T1 & D1


スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールしたので設定パネルを開きたいのだ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第111回『インクレディブル・ハルク』

画質:9 音質:7 映像はAVCでSPEの手堅いエンコード。 音声はドルビーTRUEHD

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1 半年経過して見えてきた諸々編

【レビュー】LUMIN A1  LUMIN A1を導入して半年が経過した。  上記レビュ

記事を読む

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

『アニソンオーディオ』を買ってみた

 しかし、こんな企画がきちんと通るようになったとはたまげたなぁ……  まぁ、ハイレゾ音

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook’11 UPnP iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月26日のものです ●イントロダクション

記事を読む

【BDレビュー】第276回『エクスペンダブルズ 3』 北米盤 【Dolby Atmos】

家族のような安心感 画質:9 音質:14 映像:AVC 音声:Dolby

記事を読む

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第97回『ダークシティ』 北米盤

※日本盤は買ってはいけない。画も音も劣化した挙句ディレクターズカット版ではない※ 画質

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. いしい より:

    はじめまして。
    記事をよく読ませていただき、参考になっています。

    私は以前dCSのフルセットを持っていましたが、手放しました。
    何故ならばデジタルオーディオは日進月歩で、新しい機材が圧倒的に高価な装置より音が良いことが分かったからです。
    それに気づかせてくれたのがワディアのiTransportでした。
    どんなCDトランスポートより音が良かった。

    その後いろいろと変遷があり今はD1を購入対象にしています。
    特に驚いたのがAirPlayでの音でした。
    AirPlayでは嚆矢であったデビアレの音を軽く追い越す音で、本当に驚きました。
    多分数ヶ月以内にD1をAudio QuestのForestと共に購入することになるでしょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑