*

LUMIN D1 音質編

 そしてD1。
2015020623


○再生/比較環境

LUMIN A1
LUMIN L1(HDD 2TB)
Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire


 T1、D1ともにケーブル等可能な限りA1と環境を揃えて聴いた。
 アンプとはバランス接続。
 D1をA1と比べても仕方がないので、主にT1との比較が念頭にある。

 例によってLUMINファミリーはプレイリストを共有できるので、音質比較も著しく快適に行える。
2015020626

 とりあえずこんな感じで。
2015021101

 ……

 …

 価格は下がれど高いS/N、「オーディオ的な静寂」は堅持している。
 音調はT1と同じくS1の系譜。
 静けさと清廉さ。
 闇を聴くオーディオ的快楽。

 空間はT1からさらに縮んだ。
 A1からの切り替えた際は「こじんまり」という言葉が脳裏に浮かんだほど。
 音の広がりは遠い記憶の中のMAJIK DS-Iと同程度くらいだろうか?
 奥行方面への展開はそれなりにあるが、困ったことに、声も含めて全体的に音が後ろに引っ込んでしまった感がある。
 ハイエンドならではの卓越した空間表現! ……と言うにはさすがに厳しいか。

 ただ、空間が小型化したのは確かだが、情報量的には不足を感じない。
 まさしく筐体の見た目そのままというか、妙に空間の広大さを追い求めて中抜けするようなことはなく、コンパクトかつ小奇麗にまとめているという印象を受ける。
 「基板を一枚にまとめ、HDMI出力を省略するといった設計のシンプル化が、そのまま音に表れているようだ」……とでも言えばいいのかな?

 全体として、A1とT1の差に比べると、T1とD1の差は不思議とそれほど大きくは感じられなかった。音調が共通だからだろうか。
 オーディオ的な静寂というLUMINの美点をしっかりと備えているのは紛れもない美点である。
 A1/T1には音質的に及ばないとは言っても、少なくとも音楽を聴いていて明らかな不満を感じるようなことはない。

 ちなみに、D1の電源部はS1/A1/T1の豪華なそれと異なり、L1と同じくそっけない電源アダプタである。
 すなわち、D1の音には大きな伸びしろがあるということだ。



○参考

【レビュー】LUMIN A1

LUMIN T1 音質編



【インプレッション】LUMIN T1 & D1


スポンサーリンク


関連記事

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

【BDレビュー】第308回『セッション』

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

LUMIN A1・初回起動編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編① 開梱編 外観編

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第131回『フェイクシティ ~ある男のルール~』

画質:8 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につい

記事を読む

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 北米盤 【DTS:X】

 記念すべき初UHD BD、2本の内の1本。  邦題はキングだが原題はゴッド。 画質

記事を読む

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭2017・第二回デジ研(日程・内容の

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第94回『マトリックス・リローデッド』

昔々、高校生の頃、PS2でDVDを再生していましたとさ。 リローデッドを見ていて、101匹スミ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. いしい より:

    はじめまして。
    記事をよく読ませていただき、参考になっています。

    私は以前dCSのフルセットを持っていましたが、手放しました。
    何故ならばデジタルオーディオは日進月歩で、新しい機材が圧倒的に高価な装置より音が良いことが分かったからです。
    それに気づかせてくれたのがワディアのiTransportでした。
    どんなCDトランスポートより音が良かった。

    その後いろいろと変遷があり今はD1を購入対象にしています。
    特に驚いたのがAirPlayでの音でした。
    AirPlayでは嚆矢であったデビアレの音を軽く追い越す音で、本当に驚きました。
    多分数ヶ月以内にD1をAudio QuestのForestと共に購入することになるでしょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑