*

LUMIN T1 & D1 ハード編

○参考

【レビュー】LUMIN A1

LUMIN T1(公式HP)

LUMIN D1(公式HP)



○T1

 T1&外部電源
 外部電源はA1と同じもの。
2015020603

 T1正面
 A1/S1に比べるとヘアラインが強く出ているような? 
2015020604

 フロントパネルを斜めから
 厚い。
2015020605

 ディスプレイ周辺部
2015020606

 背面①
2015020607

 背面②
2015020608

 筐体の厚みはそれなりで、さすがにA1のような存在感は無い。
2015020609

 ひっくり返す
2015020610

 足①
 インシュレーターはA1と同じものに見える。
2015020611

 足②・フロント側
2015020612

○T1所感

 外部電源を含め、付属するケーブル類はA1と同じ。
 A1と比べると圧倒的に軽い。(A1が8kgなのに対してT1は3kg)
 でかけりゃいい、重けりゃいいなんて思考とはとうに袂を分かったつもりだが、同じメーカーのシリーズならば話は別。エクステリアの洗練度はさておいて、やはり存在感はA1と比べて軽い。
 筐体強度はそれなり。決してペラペラではないが強靭という感じでもない。ただしフロントパネルは重厚。
 A1に比べてサイズが小型化しているが、これはA1のアルミ削り出しの分厚い外壁分がそのまんま縮んだと考えればいい。T1にまでひさしを付ける意味があったのかどうかは不明。
 T1はコンセプト的に「筐体のコストを下げたA1」なので、中身の回路や外部電源はA1と同等。搭載する端子も同じ。内部の写真はググれば見つかる。T1でも頑張って回路天吊りをしているようだ。



○D1

 D1正面
 諸事情につき外部電源の写真は無いが、L1のACアダプターと同じものが付属する。
2015020613

 フロントパネルを斜めから
 T1と同じ。
2015020614

 ディスプレイ周辺部
 こちらもT1と同じ。
2015020615

 背面端子
 HDMIが省略される、電源スイッチがあるなど、端子のレイアウトを含めて他機種と異なる。端子類のパーツそのものは上位機種と同じものが使われているようだ。
2015020616

 ひっくり返す
2015020617

 足①
 この辺に色々と集中している。
2015020618

 足②・フロント側
 インシュレーターは上位機種と同じ(ように見える)。
2015020619

○D1所感

 「廉価版A1」だったT1とは異なり、D1は完全に「LUMINのエントリークラス」という立ち位置になっている。
 筐体の作りそのものはT1と同様で、それなりに高級感はある。T1に比べてさらに軽くなった(2kg)が、それ以上にサイズが小さくなったため無闇に軽いという印象はない。ちなみに上位機種の外部電源はそれだけで2kgある。トロイダルトランスを積んで、なおかつデザイン的にも優れた外部電源は上位機種の大きな強みになっていた(ような気がする)だけに、電源がL1同様のACアダプターになったことは、単にサイズが小さくなった以上の外観的・構造的変化と言える。
 小さくなったおかげか、相対的にT1より剛性感に優れる印象。
 回路もA1/T1とは異なり、1枚基板に集約、出力トランスの省略など明確な差が存在する。基板の様子はググれば出てくる。出力トランスが省略されたとはいえ、単に無くしただけというわけではないようだ。
 DACチップとしてWM8741のデュアル使用、フルバランス回路構成といったオーディオ的な強みは死守しており、特にバランス出力の搭載は様々な局面で活きるはず。



○サイズ比較等

 正面
 D1はぎりぎりハーフラックサイズと言っていいサイズではなかろうか。
2015020620

 側面
 正面以上にD1の小ささが際立つ。
2015020621

 背面
 ひさし……
2015020622

 LUMIN3兄弟 & Nmode X-PM7
2015020623

 ちなみにディスプレイは全機種で同じようだ。
2015020624



【インプレッション】LUMIN T1 & D1


スポンサーリンク


関連記事

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観るのが正解!UHDブルーレイ『

記事を読む

【BDレビュー】第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤 【Dolby Atmos導入記】

GOWが映画化するならクレイトスさん役はドウェイン・ジョンソンかな? 画質:11 音

記事を読む

【KOKIA】 『Where to go my love?』 ハイレゾ音源配信中!

 96kHz/24bit!  ここでKOKIAのアルバムが売れれば、いずれ『Where t

記事を読む

LUMIN L1 導入!

 あの音が忘れられず……  写真左上がL1。  暫定的にX-PW10の外部電源の上に置い

記事を読む

ネットワークオーディオの未来

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。 色々思うことはありますが、それはおま

記事を読む

【システム】 Pioneer SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

【BDレビュー】第344回『ももへの手紙』

画質:10 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    私にも、LUMIN製品をLUMIN Appで操作するというハードル(値段)を越えるチャンスが、ついに来た!
    私だけじゃない。どれだけの人がこのチャンスを待ち望んだことか・・・・・・。

    D1は、値段と、バランス出力の搭載から考えると、需要がかなり高そうですね。ほんとに、面白い位置にいる。
    D1とT1の登場が、ネットワーク・オーディオ業界に一大旋風を巻き起こすのか。
    実に楽しみ。

    • sakakihajime より:

      00Qさん

      いやあ、ネットワークオーディオプレーヤーという領域に“まともな”製品が増えるってだけで嬉しいもんですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑