*

LUMIN T1 & D1 ハード編

○参考

【レビュー】LUMIN A1

LUMIN T1(公式HP)

LUMIN D1(公式HP)



○T1

 T1&外部電源
 外部電源はA1と同じもの。
2015020603

 T1正面
 A1/S1に比べるとヘアラインが強く出ているような? 
2015020604

 フロントパネルを斜めから
 厚い。
2015020605

 ディスプレイ周辺部
2015020606

 背面①
2015020607

 背面②
2015020608

 筐体の厚みはそれなりで、さすがにA1のような存在感は無い。
2015020609

 ひっくり返す
2015020610

 足①
 インシュレーターはA1と同じものに見える。
2015020611

 足②・フロント側
2015020612

○T1所感

 外部電源を含め、付属するケーブル類はA1と同じ。
 A1と比べると圧倒的に軽い。(A1が8kgなのに対してT1は3kg)
 でかけりゃいい、重けりゃいいなんて思考とはとうに袂を分かったつもりだが、同じメーカーのシリーズならば話は別。エクステリアの洗練度はさておいて、やはり存在感はA1と比べて軽い。
 筐体強度はそれなり。決してペラペラではないが強靭という感じでもない。ただしフロントパネルは重厚。
 A1に比べてサイズが小型化しているが、これはA1のアルミ削り出しの分厚い外壁分がそのまんま縮んだと考えればいい。T1にまでひさしを付ける意味があったのかどうかは不明。
 T1はコンセプト的に「筐体のコストを下げたA1」なので、中身の回路や外部電源はA1と同等。搭載する端子も同じ。内部の写真はググれば見つかる。T1でも頑張って回路天吊りをしているようだ。



○D1

 D1正面
 諸事情につき外部電源の写真は無いが、L1のACアダプターと同じものが付属する。
2015020613

 フロントパネルを斜めから
 T1と同じ。
2015020614

 ディスプレイ周辺部
 こちらもT1と同じ。
2015020615

 背面端子
 HDMIが省略される、電源スイッチがあるなど、端子のレイアウトを含めて他機種と異なる。端子類のパーツそのものは上位機種と同じものが使われているようだ。
2015020616

 ひっくり返す
2015020617

 足①
 この辺に色々と集中している。
2015020618

 足②・フロント側
 インシュレーターは上位機種と同じ(ように見える)。
2015020619

○D1所感

 「廉価版A1」だったT1とは異なり、D1は完全に「LUMINのエントリークラス」という立ち位置になっている。
 筐体の作りそのものはT1と同様で、それなりに高級感はある。T1に比べてさらに軽くなった(2kg)が、それ以上にサイズが小さくなったため無闇に軽いという印象はない。ちなみに上位機種の外部電源はそれだけで2kgある。トロイダルトランスを積んで、なおかつデザイン的にも優れた外部電源は上位機種の大きな強みになっていた(ような気がする)だけに、電源がL1同様のACアダプターになったことは、単にサイズが小さくなった以上の外観的・構造的変化と言える。
 小さくなったおかげか、相対的にT1より剛性感に優れる印象。
 回路もA1/T1とは異なり、1枚基板に集約、出力トランスの省略など明確な差が存在する。基板の様子はググれば出てくる。出力トランスが省略されたとはいえ、単に無くしただけというわけではないようだ。
 DACチップとしてWM8741のデュアル使用、フルバランス回路構成といったオーディオ的な強みは死守しており、特にバランス出力の搭載は様々な局面で活きるはず。



○サイズ比較等

 正面
 D1はぎりぎりハーフラックサイズと言っていいサイズではなかろうか。
2015020620

 側面
 正面以上にD1の小ささが際立つ。
2015020621

 背面
 ひさし……
2015020622

 LUMIN3兄弟 & Nmode X-PM7
2015020623

 ちなみにディスプレイは全機種で同じようだ。
2015020624



【インプレッション】LUMIN T1 & D1


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声は

記事を読む

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製のケースが届けられた。

記事を読む

Roonの「音楽の海」がもたらすもの

 いわゆるPCオーディオにせよ、いわゆるネットワークオーディオにせよ、両者の根幹には共通して、デジタ

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】iTunesのコントロールアプリ 『Remote』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  要は、オーディオ部屋で椅子に座った瞬間、PCの

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

【Roon & RoonReady】Merging NADAC 【Munich HIGH END 2016】

Merging Technologies demo NADAC with Roon Ready, C

記事を読む

no image

【BDレビュー】第219回『電脳コイル』

この時代において攻殻機動隊を再解釈して再構築したとも言える傑作 画質:9 音質:10

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証2014 『LUMIN App』

 このアプリがなければ、DSからLUMINに乗り換えることはなかった。  あらかじめ言っておく

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. 00Q より:

    私にも、LUMIN製品をLUMIN Appで操作するというハードル(値段)を越えるチャンスが、ついに来た!
    私だけじゃない。どれだけの人がこのチャンスを待ち望んだことか・・・・・・。

    D1は、値段と、バランス出力の搭載から考えると、需要がかなり高そうですね。ほんとに、面白い位置にいる。
    D1とT1の登場が、ネットワーク・オーディオ業界に一大旋風を巻き起こすのか。
    実に楽しみ。

    • sakakihajime より:

      00Qさん

      いやあ、ネットワークオーディオプレーヤーという領域に“まともな”製品が増えるってだけで嬉しいもんですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細については

→もっと見る

PAGE TOP ↑