*

LUMIN T1 & D1 来たる

【CES2014】 LUMINに新製品色々

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

CES2015雑感



 二度のCESを経て。
 またまた幸いにも真っ先に試用する機会に恵まれた。

2015020601

 A1とL1の箱も引っ張り出してきてLUMINタワーを作ろうとしたが眠かったので断念した。
 T1の箱のサイズはA1とほぼ同じ(厳密に測ったわけではない)で、D1は流石にコンパクトである。
 D1の箱も開けるとLUMINシリーズらしい梱包となっている。
2015020602

 開梱の様子等の諸々はLUMIN A1のレビューを参照。


 一時は本国のHPからも姿を消したD1がついに登場したことで、L1を含むLUMINのラインナップは上から下まで完成したことになる。まさかD1より先にL1が登場することになるとは思わなかったが。
 日本ではT1はいつ出るのかなーと思っていたら、結局のところD1と同時の導入を予定していたようだ。
 というわけで、T1とD1も国内に導入される。
 となると、真っ先に問題になるのは価格だ。

 書いていいとのことなので書いてしまおう。


T1:750,000円(税抜)

D1:350,000円(税抜)



 だそうだ。

 これを高いと見るか安いか見るかは個々人の判断に委ねられるが、LINN MAJIK DSが税別320,000円、SFORZATO DSP-05が税別388,000円ということを考えると、D1の立ち位置は俄然面白いことになりそうだ。
 “まともな”ネットワークオーディオプレーヤーがリーズナブルな価格帯で増えることはこのジャンルの活性化にとって極めて重要だろう。もっとも、30万そこそこの価格をリーズナブルと言ってしまっていいかは甚だ疑問ではあるが……



【インプレッション】LUMIN T1 & D1


スポンサーリンク


関連記事

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『MonkeyMote 4 foobar2000』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第7位『グラディエーター』 ― BD化における落胆と救済

左が最初のリリース。右が後にリリースされたドイツ盤。 【BDレビュー】第184回『グラ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPhone版)

コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)  今度はiPhone版。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第4位『ダークナイト』 ― IMAXが見せ付けたフィルムの神髄

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』  正直に言うと、BDの黎明期からH

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。  こ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGELION

・アーティスト / アルバムタイトル 鷺巣詩郎 / THE END OF EVANGE

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの黄昏

 おおよそ2年半前、コントロールアプリの検証を行った。  ・『eLyric』(iPad版)

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第86回『ゴッドファーザー』

画質:3、条件付6 音質:7 映像はAVC、ビットレートはわりと高めに推移。 音声はドル

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. れいんぼー より:

    やっと来ましたか!

    ハード面、運用面の記事も拝見しました。

    特に運用面でモデル間の差異がないのは大きいですね。
    当然といえば当然ですが…。

    T1 が音質面で MAJIK や DSP-5 に対抗できるレベルまで行ってるとかなり面白くなってきますね!

    現在試聴中だと思いますが、音質面の記事も楽しみにしています^^

    • sakakihajime より:

      れいんぼーさん

      “まともな”ネットワークオーディオプレーヤーが増えて嬉しいですね。

      同一価格帯の他社製品比較は……それこそ個人の力では不可能なのでメディアの皆様に頑張っていただきたいところです。
      もっとも、音質面だけの比較というのは、私個人としてはいささかどうかとも思いますが……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑