*

LUMIN L1 続・運用&サーバーソフト編

○前の記事○
運用編
サーバーソフト編


 はじめに。
 以前全力でツッコミを入れた、


 L1はネットワーク経由でファイルをやり取りできない。
 上記画像で見えているL1と中身のフォルダは、あくまで“こんな音源が入っている”と確認するためのものでしかない。
 すなわち、新しく音源を入れたり編集したりしようとするとき、L1はそのたびにいちいちPCとUSBで接続する必要がある。
 L1の背面にあるLAN端子は“音楽を再生するためだけ”にある。



 という点は今も変わらず。
 ネットワーク経由で音源を保存できるようにしてもらいたい。今すぐにでも!
 試聴するだけならいざ知らず、普段使いにおいて新しい音源を手に入れるたびに、何かしら情報を更新するたびに、いちいちPCを持っていく、あるいはL1をシステムから切り離してPCまで持ってくる必要があるというのは苦痛すぎる。シンプルという言葉を売りにするのは別に構わないが、これは純粋に不便。納得できない。


 では本題に入ろう。

 まず、L1の現状。
20141204-5

 理由は分からないが保存の際の速度は2~3倍になった。
 USB3.0接続のHDDとして妥当なところか。
20141204-4

 運用面としては、最初のツッコミとコレ以外で触れることは特にない。
 音源を入れたらネットワークに接続して、あとはアルバム100枚につき2分程度待てばスキャンが終わってサーバーとして機能するようになる。
 ちなみに、LUMINのプレーヤー背面のUSB端子と繋いでも一応サーバーとして機能するが、よほどのことがない限りそんな使い方はしないで、ということのようだ。と、そういった内容を何処かで読んだ覚えがあるのだが場所を失念してしまった。


 続いてサーバーソフトについて。

 まず、ファームアップによりブラウズの作法が変わっている。
 以前はUPnP→Genreではアーティストでソートされてアルバムが並んでいたが、
23

 アルバムタイトルでソートされるようになった。
20141204-8

 終わり。
 めぼしい変化はこの程度。
 シンプル極まるナビゲーションツリーも変化なし。

 ただ、バグの類は明らかに減った。
 以前のように頻繁にサーバーがオフラインになるようなことはなくなったし、スキャンが終わっているにもかかわらず「Artst」「Album」の一部しか表示されないということもなくなった。

 一方で、再現率100%のバグがある。

 「Genre」から「Celtic」のアルバムをタイル表示している。
20141204-13

 何でもいいのでアルバムを選ぶ。
 アルバム内の曲が表示される最終的なこの画面を「ソングリスト」と呼称する。
20141204-10

 この状態で、ホームに戻る。あるいは、別のアプリを起動する。この時LUMIN Appは終了させていない。
20141204-11

 そして再びLUMIN Appを表示すると……
 曲が消えている。
20141204-6

 [←]を押してひとつ上の階層、すなわち「Celtic」のアルバム一覧に戻ると、アルバムは表示されるが、今度は勝手にリスト表示になっている。
20141204-12

 また、「Genre」からのアルバム一覧の状態で一旦アプリを落として再表示しても同様の状態となる。
20141204-14

 「ソングリスト」を表示させた状態でアプリを落として再表示させると曲が消え、ひとつ上の階層が勝手にリスト表示になるというのは「Artist」でも「Album」でも同様。
 実用上大した問題ではないものの、何とも言えないむず痒さが残るので何とかしてもらいたいところである。


 もう何点か。


 LUMIN L1は汎用UPnPサーバーとして機能する。
 LUMIN以外のプレーヤーであっても、純粋に高音質(以外に何の取り柄もない)サーバーとして使用可能である。
20141204-16


 HDDモデルのLUMIN L1の動作音は僅かながらある。
 音源のスキャンが終わり、通常の動作状態になってからは派手なシーク音を発するようなことはないものの、耳を近づければ確かに音がする。無音ではない。
 視聴位置から判別できる音量ではないが、気になるとすればSSDモデルを選ぶしかあるまい。
 アップグレードサービス的な形になるとは思うが、将来的により大容量のSSDに換装することは可能なのだろうか?


 あと、これはLUMINのプレーヤーにも言えることだが、背面のLAN端子のランプを消灯できるようにしてほしい。
 LINNの真似というわけでも、音質的に効果があると言いたいわけでもなく、シアター仕様の真っ暗な部屋には純粋に光が邪魔なだけ。ま、プレーヤー同様暗幕の切れ端で覆うとしますか……



LUMIN L1 まとめ

スポンサーリンク


関連記事

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリにおける「プレイリスト」あるいは「キュー」について

 今更だが、なんとなく共通理解になっていない気がして。  ネットワークオーディオの究極

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第76回『イノセンス』 アブソリュート・エディション

画質:14 音質:12   ※旧版は12の9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。

記事を読む

ネットワークオーディオプレーヤーにおける世代間断絶と、本当に求められるもの

 ネットワークオーディオプレーヤーとは、物凄く端的に言ってしまえばあらゆる要素をオーディオに特化させ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『SongBook HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気付けば2015年になってしまった。  このままでは永遠に

記事を読む

【音響の火花】・序・そもそも“音響”って?

 いわゆるオーディオの考え方を映像にも取り入れると、「オーディオビジュアル」という趣味の領域が出来上

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第93回『アニマトリックス』

画質:9 音質:8 映像はVC-1でビットレートは超変動型、30台後半にも乗る。 音声は

記事を読む

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

【BDレビュー】第304回『ジュラシック・ワールド』

画質:8 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑