*

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/サーバーの使い勝手を決定付けるのはサーバーソフトである。
 言い換えれば、どれだけ見た目や筐体を豪華にしたところで、サーバーソフトの出来が酷ければ使い物にならないのである。

 この記事ではネットワークオーディオにおけるサーバーとしてL1を検証する。



10
 クイックスタートガイドに従い、USB経由でPCからデータを入れた後、ネットワークに接続する。

 サーバー一覧の中に現れたL1。
 A1/S1同様、LUMIN Appの中で、サーバーの表示名変更やファームウェアアップデートも行えるようになっている。
8

 LUMIN S1 with LUMIN L1
22


 さて、本題はここから。
 昨日正式リリースされた情報によれば、L1のサーバーソフトはメーカーオリジナルとのこと。TwonkyMediaやAsset UPnPといった見慣れたソフトが入っているわけではない。個人的にL1の中身はメーカーが公式に推奨しているMinimServerでも入れてくるものだと思っていたのでちょっと意外。

 サーバーが担うユーザビリティの肝、L1のナビゲーションツリーはどうなっているのか。

 ナビゲーションツリー??? となるような人は、先にこの記事を参照のこと。

 これがL1のナビゲーションツリーである。
12

 「Artist」、「Album」、「Genre」、「Folder View」。
 以上。
 これだけ。
 なんという思い切りの良さだろうか。

 ツリーの詳細は以下の通り。


LUMIN L1 Music Server

 →Artist
   →すべての「アーティスト」
     →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」

 →Album
   →すべての「アルバム」
     →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →Genre
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →Folder View
   →監視している音源フォルダの構造の通り
    (いわゆるフォルダで見ていくという方法)


 Folder Viewを除けば、用意されているのはアルバム/アーティスト/ジャンルという三大基本要素のみ。
 これ以上の設定項目は何もない。
 とはいうものの、「Aritst」も「Genre」も、アルバム単位の表示に行き着くため、決して使い勝手は悪くない。これはTwonkyMediaの「アーティスト/アルバム」、「ジャンル/アルバム」と同等の挙動である。

 ただ、並び順はアルバムタイトルのA-Zではなく、アーティストのA-Zとなる。
 すなわち、例えばLUMIN L1における「Genre」というツリーは、実質的に「ジャンル」と「アーティスト」でもってソートが可能となっている。
 百聞は一見に如かず。
23


 あとは、当然ながらDSDにも対応。

 アルバムアートの高解像度配信も問題なし。


 以上が、UPnP/DLNA対応サーバーとして見た時のL1の挙動である。
 実にシンプル。
 一般的なコントロールアプリと組み合わせたなら、ナビゲーションツリーの選択肢の少なさに物足りなさを感じる人も多いだろう。

 しかし、LUMIN Appと組み合わせるとすれば、事情は変わってくる。

 LUMIN Appは大半のコントロールアプリとは異なり、サーバーソフトが供するナビゲーションツリーを表示するだけに留まらず、アプリ自身でもナビゲーションツリーを用意している。(むしろ、当初は後者がメインだった)
 詳細はこの記事を参照してほしいが、LUMIN Appを使用することで、L1のナビゲーションツリーは実質的に「Song」・「Album」・「Aritst」(アルバムアーティスト・ソングアーティスト切り替え可能)・「Genre」・「Composer」・「Year」・「Folder View」となる。ここまで選択肢が広がれば満足という人も多いのではないか。どのみち私は「Genre」以外ほとんど使わないだろうが……



 問題もある。
 とにかく不安定なのだ。

 エラーが出る。
 幾度となく唐突にサーバーがオフラインになる。
24

 サーバーソフトのナビゲーションツリー(LUMIN Appにおいては「UPnP Browse Mode」と呼ばれる)において、全曲スキャンが終わっているにも関わらず、「Artist」と「Album」が一部項目しか表示されない。
26
25


 もしかしたら困る人がいるかもしれないので、こまめに改善していってほしいところだ。
 ファームウェアのバージョン1.02の出来立てほやほやなので、ある程度は仕方がないのかもしれないが。

 とにかくシンプル
 この一言に尽きる。

 「サーバー」というより「ライブラリ」である。
 UPnP/DLNA対応サーバーとして他のネットワークオーディオプレーヤーでも使えることは使えるだろうが、現状では謳い文句のとおり、アプリ自身でライブラリを覗きにいくLUMIN Appとの組み合わせでもって十全に機能を発揮するという印象。
 L1のLはLibraryのL。

スポンサーリンク


関連記事

【インプレッション】LUMIN A1/S1用NVS製外部電源接続ケーブル(試作品)

一応前の記事  縁あってお借りしたNVSのケーブル。  LUMIN A1/S1と外部

記事を読む

【BDレビュー】第295回『アラジン』

 私の中でディズニーと言えば、眠れる森の美女とロビンフッドとアラジンだった。  向こうじゃとっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

【BDレビュー】第326回『RWBY Volume 3』

 Vol.4は10/22放送開始!  ところで何故にワイスだけ後ろを向いてるんですかね……

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05はどうなった?

【TIAS】エソテリック、ネットワークプレーヤー「N-05」参考出展。予価55万円で12月発売 -

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第57回『ヘアスプレー』

画質:8 音質:14+ 映像はVC-1でビットレートは精々10Mbps台。異常に低い。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第61回『V フォー・ヴェンデッタ』

画質:8 音質:8 映像はVC-1でビットレートは限りなく低め。 音声はドルビーTRUE

記事を読む

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑