*

LUMIN L1 サーバーソフト編

 どれだけ筐体のクオリティがオーディオ的に優れていたとしても、ネットワークオーディオにおけるNAS/サーバーの使い勝手を決定付けるのはサーバーソフトである。
 言い換えれば、どれだけ見た目や筐体を豪華にしたところで、サーバーソフトの出来が酷ければ使い物にならないのである。

 この記事ではネットワークオーディオにおけるサーバーとしてL1を検証する。



10
 クイックスタートガイドに従い、USB経由でPCからデータを入れた後、ネットワークに接続する。

 サーバー一覧の中に現れたL1。
 A1/S1同様、LUMIN Appの中で、サーバーの表示名変更やファームウェアアップデートも行えるようになっている。
8

 LUMIN S1 with LUMIN L1
22


 さて、本題はここから。
 昨日正式リリースされた情報によれば、L1のサーバーソフトはメーカーオリジナルとのこと。TwonkyMediaやAsset UPnPといった見慣れたソフトが入っているわけではない。個人的にL1の中身はメーカーが公式に推奨しているMinimServerでも入れてくるものだと思っていたのでちょっと意外。

 サーバーが担うユーザビリティの肝、L1のナビゲーションツリーはどうなっているのか。

 ナビゲーションツリー??? となるような人は、先にこの記事を参照のこと。

 これがL1のナビゲーションツリーである。
12

 「Artist」、「Album」、「Genre」、「Folder View」。
 以上。
 これだけ。
 なんという思い切りの良さだろうか。

 ツリーの詳細は以下の通り。


LUMIN L1 Music Server

 →Artist
   →すべての「アーティスト」
     →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」

 →Album
   →すべての「アルバム」
     →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →Genre
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →Folder View
   →監視している音源フォルダの構造の通り
    (いわゆるフォルダで見ていくという方法)


 Folder Viewを除けば、用意されているのはアルバム/アーティスト/ジャンルという三大基本要素のみ。
 これ以上の設定項目は何もない。
 とはいうものの、「Aritst」も「Genre」も、アルバム単位の表示に行き着くため、決して使い勝手は悪くない。これはTwonkyMediaの「アーティスト/アルバム」、「ジャンル/アルバム」と同等の挙動である。

 ただ、並び順はアルバムタイトルのA-Zではなく、アーティストのA-Zとなる。
 すなわち、例えばLUMIN L1における「Genre」というツリーは、実質的に「ジャンル」と「アーティスト」でもってソートが可能となっている。
 百聞は一見に如かず。
23


 あとは、当然ながらDSDにも対応。

 アルバムアートの高解像度配信も問題なし。


 以上が、UPnP/DLNA対応サーバーとして見た時のL1の挙動である。
 実にシンプル。
 一般的なコントロールアプリと組み合わせたなら、ナビゲーションツリーの選択肢の少なさに物足りなさを感じる人も多いだろう。

 しかし、LUMIN Appと組み合わせるとすれば、事情は変わってくる。

 LUMIN Appは大半のコントロールアプリとは異なり、サーバーソフトが供するナビゲーションツリーを表示するだけに留まらず、アプリ自身でもナビゲーションツリーを用意している。(むしろ、当初は後者がメインだった)
 詳細はこの記事を参照してほしいが、LUMIN Appを使用することで、L1のナビゲーションツリーは実質的に「Song」・「Album」・「Aritst」(アルバムアーティスト・ソングアーティスト切り替え可能)・「Genre」・「Composer」・「Year」・「Folder View」となる。ここまで選択肢が広がれば満足という人も多いのではないか。どのみち私は「Genre」以外ほとんど使わないだろうが……



 問題もある。
 とにかく不安定なのだ。

 エラーが出る。
 幾度となく唐突にサーバーがオフラインになる。
24

 サーバーソフトのナビゲーションツリー(LUMIN Appにおいては「UPnP Browse Mode」と呼ばれる)において、全曲スキャンが終わっているにも関わらず、「Artist」と「Album」が一部項目しか表示されない。
26
25


 もしかしたら困る人がいるかもしれないので、こまめに改善していってほしいところだ。
 ファームウェアのバージョン1.02の出来立てほやほやなので、ある程度は仕方がないのかもしれないが。

 とにかくシンプル
 この一言に尽きる。

 「サーバー」というより「ライブラリ」である。
 UPnP/DLNA対応サーバーとして他のネットワークオーディオプレーヤーでも使えることは使えるだろうが、現状では謳い文句のとおり、アプリ自身でライブラリを覗きにいくLUMIN Appとの組み合わせでもって十全に機能を発揮するという印象。
 L1のLはLibraryのL。

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第288回『アメリカン・スナイパー』 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:12 映像:AVC 音声:Dolby Atmos ○

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第27回『人狼 JIN-ROH』

押井の趣味丸出しの世界を最高のアニメーターの一人である沖浦啓之がこだわりを持って映像化した作品。

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第9位『イノセンス』 ― リニアPCM7.1chの衝撃

写真はアブソリュート・エディションのもの。 【BDレビュー】第8回『イノセンス』 【

記事を読む

【BDレビュー】第314回『コードネーム U.N.C.L.E.』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:Dolb

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体プレーヤー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。  あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 iPadに最も美しいアルバムアートを表示するコントロールアプリは?

※この記事は2012年5月15日と17日に書かれたものを統合、修正を加えたものです 手

記事を読む

Cocktail Audio CA-X50

<ヘッドホン祭>Cocktail Audio、デジタル出力特化の新ミュージックサーバー/Rogers

記事を読む

LUMIN T1 & D1 ハード編

○参考 【レビュー】LUMIN A1 LUMIN T1(公式HP) LUMIN D

記事を読む

【アプリ紹介】eLyric iPhone/iPod Touch版

※この記事のデータ等は基本的に2012年2月29日時点のものです 基本的にはかなりiP

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑