*

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。


 あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。
 10


・ADD MUSIC
 PCからUSB経由でデータを入れてね、と。
 まぁ、NASよりUSB3.0の方が速いし、そういうこともあるだろう。

 というわけで接続すると、なんてことなく外部ストレージとして認識される。
 ここに音源を突っ込む。
WS000462

Simply drag and drop your music onto LUMIN L1 like a USB disk drive




 ……あまり速くなかった。
WS000463


・SHARE MUSIC
 音源を入れたところで、今度はネットワークに接続する。
 音源のスキャンが始まる。所要時間はアルバム100枚/2分。結構待たされる感。ただし一度スキャンが終われば、電源を入れ直しても起動時間のみで再スキャンは必要ないようだ。
 ここでアプリ上にL1が現れる。挿せば繋がる。
22


 では、ネットワーク経由で音源を見てみよう。
WS000464
WS000465

 と、ここである事実に愕然とする。

 L1はネットワーク経由でファイルをやり取りできない。
 上記画像で見えているL1と中身のフォルダは、あくまで“こんな音源が入っている”と確認するためのものでしかない。
 すなわち、新しく音源を入れたり編集したりしようとするとき、L1はそのたびにいちいちPCとUSBで接続する必要がある。
 L1の背面にあるLAN端子は“音楽を再生するためだけ”にある。



 整理しよう。
 L1をミュージックサーバーとして使うためには、

1.PCとUSB接続して音源を入れる

2.ネットワークに接続する

 音源を増やしたり編集したりといった変更があるたびに、この二つを繰り返す必要がある。


 意味が分からない。
 なぜこんな仕様にしたのだろうか。

 「どうせ大多数のオーディオマニアはネットワークのことなんてさっぱり理解してないだろうから、データはUSBで入れるようにしてその都度繋ぎ変えさせればいい」とでも思っているのだろうか。

 ……実際その通りなのかもしれない。
 ネットワーク、NAS、サーバーソフト。ネットワークオーディオの快楽を享受するために把握すべきことは多岐に渡る。元々そういった分野に精通している人ならともかく、研究や追求が苦にならない人であっても、正直言って大変である。現に私も、恥ずかしながらネットワークオーディオの文脈で初めてNASという言葉を目にしたくらいで、ネットワークの諸相を理解・把握するために相当苦労した。

 ショップでネットワークオーディオプレーヤーを聴いて、「いい音だな」と思っても、ネットワークやサーバーを構築するのが導入の足枷になっているという人の話はよく聞く。
 きっとL1は、そんな人たちのための製品なのだろう。

 とにかくシンプル。
 繋ぐ。音源を入れる。繋ぎ直す。
 それ以外は何もできないくらいシンプル。

 しかし、LUMINのネットワークオーディオプレーヤーは本体に一切操作ボタンを持たず、ハードリモコンも用意せず、コントロールは全てアプリ上で行うようになっている。
 L1を使おうが使うまいが、どのみちネットワークの構築は必須である。“サーバーに音源を入れる”という一点だけネットワークを不要としたところで意味がない。

 せめてネットワーク経由でもファイルのやり取りが出来るようにしてもらいたい。
 現状の仕様ではあまりにも運用がめんどくさいし、なにより無意味。



 純然たるオーディオのためのストレージ、それがL1である。

 LUMIN L1はNASではない。

 繰り返す。

 LUMIN L1はNASではない。


 搭載しているサーバーソフトは極めてシンプルで、機能拡張の余地もない。
 PCとネットワーク経由でファイルをやり取りするという、NASとしてあまりにも当たり前の機能すら備えていない。
 “シンプル”と言えば聞こえはいいが、これではあんまりだ。


 それでは、L1の価値とはいったい、どこにあるのか?


 続く。

スポンサーリンク


関連記事

PS3十周年とXbox One Sの日本発売とPS4 ProとUHD BD

 今日でPS3の日本発売から10年。  BD対Hなんとかとの規格争いで、PS3の存在はあまりに

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne The Old Hunters

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第204回『耳をすませば』

    |                   \     |  ('A`)        カ

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

LUMIN A1、導入2周年

 色々あった一年だった。  当たり前のようにTIDALに対応したり、Qobuzにも対応したり。

記事を読む

【BDレビュー】 第248回『千年女優』

 チヨコさんこんなに可愛かったっけ…… 画質:8 音質:10 映像:AVC M

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Signe Bakke / CRYSTALLINE

・アーティスト / アルバムタイトル Signe Bakke / CRYSTALLINE

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

【BDレビュー】第321回『カリフォルニア・ダウン』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】 あると便利なもの

○スキャナ  ネットに転がっているアルバムアートを適当に貼り付けるだけでも、何もないのに比べれ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑