*

LUMIN L1 運用編

 L1における最大のツッコミどころ。


 あらためてL1のクイックスタートガイドを見てみる。
 10


・ADD MUSIC
 PCからUSB経由でデータを入れてね、と。
 まぁ、NASよりUSB3.0の方が速いし、そういうこともあるだろう。

 というわけで接続すると、なんてことなく外部ストレージとして認識される。
 ここに音源を突っ込む。
WS000462

Simply drag and drop your music onto LUMIN L1 like a USB disk drive




 ……あまり速くなかった。
WS000463


・SHARE MUSIC
 音源を入れたところで、今度はネットワークに接続する。
 音源のスキャンが始まる。所要時間はアルバム100枚/2分。結構待たされる感。ただし一度スキャンが終われば、電源を入れ直しても起動時間のみで再スキャンは必要ないようだ。
 ここでアプリ上にL1が現れる。挿せば繋がる。
22


 では、ネットワーク経由で音源を見てみよう。
WS000464
WS000465

 と、ここである事実に愕然とする。

 L1はネットワーク経由でファイルをやり取りできない。
 上記画像で見えているL1と中身のフォルダは、あくまで“こんな音源が入っている”と確認するためのものでしかない。
 すなわち、新しく音源を入れたり編集したりしようとするとき、L1はそのたびにいちいちPCとUSBで接続する必要がある。
 L1の背面にあるLAN端子は“音楽を再生するためだけ”にある。



 整理しよう。
 L1をミュージックサーバーとして使うためには、

1.PCとUSB接続して音源を入れる

2.ネットワークに接続する

 音源を増やしたり編集したりといった変更があるたびに、この二つを繰り返す必要がある。


 意味が分からない。
 なぜこんな仕様にしたのだろうか。

 「どうせ大多数のオーディオマニアはネットワークのことなんてさっぱり理解してないだろうから、データはUSBで入れるようにしてその都度繋ぎ変えさせればいい」とでも思っているのだろうか。

 ……実際その通りなのかもしれない。
 ネットワーク、NAS、サーバーソフト。ネットワークオーディオの快楽を享受するために把握すべきことは多岐に渡る。元々そういった分野に精通している人ならともかく、研究や追求が苦にならない人であっても、正直言って大変である。現に私も、恥ずかしながらネットワークオーディオの文脈で初めてNASという言葉を目にしたくらいで、ネットワークの諸相を理解・把握するために相当苦労した。

 ショップでネットワークオーディオプレーヤーを聴いて、「いい音だな」と思っても、ネットワークやサーバーを構築するのが導入の足枷になっているという人の話はよく聞く。
 きっとL1は、そんな人たちのための製品なのだろう。

 とにかくシンプル。
 繋ぐ。音源を入れる。繋ぎ直す。
 それ以外は何もできないくらいシンプル。

 しかし、LUMINのネットワークオーディオプレーヤーは本体に一切操作ボタンを持たず、ハードリモコンも用意せず、コントロールは全てアプリ上で行うようになっている。
 L1を使おうが使うまいが、どのみちネットワークの構築は必須である。“サーバーに音源を入れる”という一点だけネットワークを不要としたところで意味がない。

 せめてネットワーク経由でもファイルのやり取りが出来るようにしてもらいたい。
 現状の仕様ではあまりにも運用がめんどくさいし、なにより無意味。



 純然たるオーディオのためのストレージ、それがL1である。

 LUMIN L1はNASではない。

 繰り返す。

 LUMIN L1はNASではない。


 搭載しているサーバーソフトは極めてシンプルで、機能拡張の余地もない。
 PCとネットワーク経由でファイルをやり取りするという、NASとしてあまりにも当たり前の機能すら備えていない。
 “シンプル”と言えば聞こえはいいが、これではあんまりだ。


 それでは、L1の価値とはいったい、どこにあるのか?


 続く。

スポンサーリンク


関連記事

【ホームシアターでゲームをしよう!】「映画的なゲーム」はもっと評価されるべき

 恐縮だが、第1回の前にちょいと昔語りに付き合ってくれないか?  ゲームと一言

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

【BDレビュー】第308回『セッション』

画質:8 音質:15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

B&W 800 D3 – new 800 diamond series

 ついに発表となった。  画像は公式HPから。  動画まである。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第125回『ヘルボーイ ゴールデン・アーミー』

画質:13 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit・7.1ch。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第49回『パフューム ある人殺しの物語』

これはえろい!!!!!!!!!!!!!!! 画質:13 音質:11 映像はAVC

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

【BDレビュー】第302回『マチェーテ キルズ』

画質:9 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

→もっと見る

PAGE TOP ↑