*

【レビュー】SOULNOTE D-1の「Bulk Pet」を試す

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

SOULNOTE/CSRに行ってきました&「Bulk Pet」の話



 SOULNOTE D-1をBulk Petに対応させるにはドライバを入れるだけ。

 すると、


 こうだったのが、


 こうなって、


 従来のIsochronousにくわえてBulk Petの各モードを選択可能になる。


 特定のソフトへの最適化ではなく、USBのデータ伝送技術によって音質向上を図るアプローチはいかなる効果を発揮するのか。
 あらためて自宅で試す機会があったのでこの記事を書いている。

 だいたいいっつも聴いてる曲を聴く。



・再生環境詳細

canarino Fils + Roon(アップサンプリングなし) / ASIO

SOULNOTE D-1

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



 ちなみに各モードの切り替えに際してD-1の再起動等は必要なく、すぐに切り替えて変化を確認できる。




Corrinne May / Safe in a Crazy World / Angel in Disguise
44.1kHz/16bit FLAC

・Bulk Pet mode1
 全体的に滲みが軽減されるとともに、ボーカルと演奏の奥行・前後感が深まる。空間性の表現に優れ、4つのモードの中で最もオーディオ的な性能の高さを感じる。

・mode2
 声の質感が滑らか。ついでに低音の存在感が強まり、耳当たりよくふくよかなイメージとなる。

・mode3
 ピアノの輝きの強さ、歌声の充実感は全モード中最高。押し出しの良い元気な音。

・mode4
 mode1とmode3の中間って感じ。

・そしてIsochronousに戻すと
 一気に眠い音になる。特にピアノが輝きを失う。これに比べると、最も穏やかな変化と言えるmode2でも確かな向上が得られる。




Yes / Fragile / Roundabout
96kHz/24bit FLAC

・mode1
 別物だ!!!!!!!!!(メモの原文ママ)

・mode2
 mode1をさらに磨き込んだ感じ。コリン・メイの時とはだいぶ印象が違う。

・mode3
 エネルギー感に優れ、各楽器の存在感が最も強い。

・mode4
 一番効果が穏やか。

・そしてIsochronousに戻すと
 もしかして、スペックの高い音源ほどIsochronousとBulk Petの差が出る……?




Luther Vandross / Never Too Much / She’s a Super Lady
44.1kHz/16bit FLAC

・mode1
 滲みが取れた結果パッと聴いた時の刺激が減る→穏やかな印象になる。細部の見通しはだいぶ良くなる。

・mode2
 コリン・メイ同様、低音の重みと声の滑らかさが印象的。

・mode3
 これまたコリン・メイ同様、押し出しが良くパワフル。

・mode4
 mode3以上に猛烈。



 Roundaboutで感じたもしかしてを検証すべく、「スペックの高い音源の代表」として、コレも聴いた。


TOMA & MAMI with SATOSHI / StereoSound Hi-Res Reference Check Disc / Down by the Salley Gardens
384kHz/32bit WAV・DSD 11.2MHzの二種類
どちらも異様なほど大容量だが、誤差レベルで前者の方がでかい


 今までの結果から最もバランスの良い効果が得られると踏んだmode1で聴くと、予想通り大きな効果が得られた。特にDSD256の向上が著しい。
 これらの曲以外もいろいろと聴いてみると、「スペックの高い音源ほどIsochronousとBulk Petの差が出る……?」ということについて、ある程度「その傾向を感じる」結果となった。

 曲ごとにモードを切り替えて最高の結果を求めるなんてこともできそうだが、正直そこまでするのは非常にめんどくさいので、私だったらmode1を常用するかな。

 今までのIsochronousモードが使えなくなるわけでもなしに、好みに応じて選べるモードが四つも増える。
 選択肢が増えることはいいことだ。



 なお、この辺のBulk Petの話も9/2(土)の試聴会の内容に含めるので、D-1が気になる人はぜひ遊びにきてください。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの SOULNO

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第184回『グラディエーター』 国内盤&独盤

海外では旧版から新装版への無償交換までしたとかなんとか。 でも日本では発売元にクソほどのやる気もな

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky

記事を読む

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

 ついに完結? 画質:10 音質:13 映像:AVC 音声:ドルビーTR

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第217回『トップをねらえ!』

お前とアマノは ひとりひとりでは単なる火だが…… ふたり合わせれば炎となる! 炎となったガ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?  ……と思うとこ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Going For The One

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Going For The One ・購入

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑