*

【レビュー】SOULNOTE D-1の「Bulk Pet」を試す

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

SOULNOTE/CSRに行ってきました&「Bulk Pet」の話



 SOULNOTE D-1をBulk Petに対応させるにはドライバを入れるだけ。

 すると、


 こうだったのが、


 こうなって、


 従来のIsochronousにくわえてBulk Petの各モードを選択可能になる。


 特定のソフトへの最適化ではなく、USBのデータ伝送技術によって音質向上を図るアプローチはいかなる効果を発揮するのか。
 あらためて自宅で試す機会があったのでこの記事を書いている。

 だいたいいっつも聴いてる曲を聴く。



・再生環境詳細

canarino Fils + Roon(アップサンプリングなし) / ASIO

SOULNOTE D-1

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



 ちなみに各モードの切り替えに際してD-1の再起動等は必要なく、すぐに切り替えて変化を確認できる。




Corrinne May / Safe in a Crazy World / Angel in Disguise
44.1kHz/16bit FLAC

・Bulk Pet mode1
 全体的に滲みが軽減されるとともに、ボーカルと演奏の奥行・前後感が深まる。空間性の表現に優れ、4つのモードの中で最もオーディオ的な性能の高さを感じる。

・mode2
 声の質感が滑らか。ついでに低音の存在感が強まり、耳当たりよくふくよかなイメージとなる。

・mode3
 ピアノの輝きの強さ、歌声の充実感は全モード中最高。押し出しの良い元気な音。

・mode4
 mode1とmode3の中間って感じ。

・そしてIsochronousに戻すと
 一気に眠い音になる。特にピアノが輝きを失う。これに比べると、最も穏やかな変化と言えるmode2でも確かな向上が得られる。




Yes / Fragile / Roundabout
96kHz/24bit FLAC

・mode1
 別物だ!!!!!!!!!(メモの原文ママ)

・mode2
 mode1をさらに磨き込んだ感じ。コリン・メイの時とはだいぶ印象が違う。

・mode3
 エネルギー感に優れ、各楽器の存在感が最も強い。

・mode4
 一番効果が穏やか。

・そしてIsochronousに戻すと
 もしかして、スペックの高い音源ほどIsochronousとBulk Petの差が出る……?




Luther Vandross / Never Too Much / She’s a Super Lady
44.1kHz/16bit FLAC

・mode1
 滲みが取れた結果パッと聴いた時の刺激が減る→穏やかな印象になる。細部の見通しはだいぶ良くなる。

・mode2
 コリン・メイ同様、低音の重みと声の滑らかさが印象的。

・mode3
 これまたコリン・メイ同様、押し出しが良くパワフル。

・mode4
 mode3以上に猛烈。



 Roundaboutで感じたもしかしてを検証すべく、「スペックの高い音源の代表」として、コレも聴いた。


TOMA & MAMI with SATOSHI / StereoSound Hi-Res Reference Check Disc / Down by the Salley Gardens
384kHz/32bit WAV・DSD 11.2MHzの二種類
どちらも異様なほど大容量だが、誤差レベルで前者の方がでかい


 今までの結果から最もバランスの良い効果が得られると踏んだmode1で聴くと、予想通り大きな効果が得られた。特にDSD256の向上が著しい。
 これらの曲以外もいろいろと聴いてみると、「スペックの高い音源ほどIsochronousとBulk Petの差が出る……?」ということについて、ある程度「その傾向を感じる」結果となった。

 曲ごとにモードを切り替えて最高の結果を求めるなんてこともできそうだが、正直そこまでするのは非常にめんどくさいので、私だったらmode1を常用するかな。

 今までのIsochronousモードが使えなくなるわけでもなしに、好みに応じて選べるモードが四つも増える。
 選択肢が増えることはいいことだ。



 なお、この辺のBulk Petの話も9/2(土)の試聴会の内容に含めるので、D-1が気になる人はぜひ遊びにきてください。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】LUMIN Appの詳細な挙動とささやかな改善案

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / SARAH

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / SARAH ・購入元 e-o

記事を読む

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事 エソテリック、ネットワークオ

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」 - 140万円 - Phil

記事を読む

【アプリ紹介】DiXiM DMC iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月20日時点のものです ●イントロダクション

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第100回『●REC』

そんなわけでこの視聴記も100回を数えました。 記念すべき?100回目のソフトがゾンビ映画って辺り

記事を読む

OPPOのUHD BDプレーヤー

OPPO Digital's 4K/UHD Blu-ray player is arriving i

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第165回『劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑