*

【レビュー】SOULNOTE D-1の「Bulk Pet」を試す

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

SOULNOTE/CSRに行ってきました&「Bulk Pet」の話



 SOULNOTE D-1をBulk Petに対応させるにはドライバを入れるだけ。

 すると、


 こうだったのが、


 こうなって、


 従来のIsochronousにくわえてBulk Petの各モードを選択可能になる。


 特定のソフトへの最適化ではなく、USBのデータ伝送技術によって音質向上を図るアプローチはいかなる効果を発揮するのか。
 あらためて自宅で試す機会があったのでこの記事を書いている。

 だいたいいっつも聴いてる曲を聴く。



・再生環境詳細

canarino Fils + Roon(アップサンプリングなし) / ASIO

SOULNOTE D-1

Nmode X-PM7
Dynaudio Sapphire



 ちなみに各モードの切り替えに際してD-1の再起動等は必要なく、すぐに切り替えて変化を確認できる。




Corrinne May / Safe in a Crazy World / Angel in Disguise
44.1kHz/16bit FLAC

・Bulk Pet mode1
 全体的に滲みが軽減されるとともに、ボーカルと演奏の奥行・前後感が深まる。空間性の表現に優れ、4つのモードの中で最もオーディオ的な性能の高さを感じる。

・mode2
 声の質感が滑らか。ついでに低音の存在感が強まり、耳当たりよくふくよかなイメージとなる。

・mode3
 ピアノの輝きの強さ、歌声の充実感は全モード中最高。押し出しの良い元気な音。

・mode4
 mode1とmode3の中間って感じ。

・そしてIsochronousに戻すと
 一気に眠い音になる。特にピアノが輝きを失う。これに比べると、最も穏やかな変化と言えるmode2でも確かな向上が得られる。




Yes / Fragile / Roundabout
96kHz/24bit FLAC

・mode1
 別物だ!!!!!!!!!(メモの原文ママ)

・mode2
 mode1をさらに磨き込んだ感じ。コリン・メイの時とはだいぶ印象が違う。

・mode3
 エネルギー感に優れ、各楽器の存在感が最も強い。

・mode4
 一番効果が穏やか。

・そしてIsochronousに戻すと
 もしかして、スペックの高い音源ほどIsochronousとBulk Petの差が出る……?




Luther Vandross / Never Too Much / She’s a Super Lady
44.1kHz/16bit FLAC

・mode1
 滲みが取れた結果パッと聴いた時の刺激が減る→穏やかな印象になる。細部の見通しはだいぶ良くなる。

・mode2
 コリン・メイ同様、低音の重みと声の滑らかさが印象的。

・mode3
 これまたコリン・メイ同様、押し出しが良くパワフル。

・mode4
 mode3以上に猛烈。



 Roundaboutで感じたもしかしてを検証すべく、「スペックの高い音源の代表」として、コレも聴いた。


TOMA & MAMI with SATOSHI / StereoSound Hi-Res Reference Check Disc / Down by the Salley Gardens
384kHz/32bit WAV・DSD 11.2MHzの二種類
どちらも異様なほど大容量だが、誤差レベルで前者の方がでかい


 今までの結果から最もバランスの良い効果が得られると踏んだmode1で聴くと、予想通り大きな効果が得られた。特にDSD256の向上が著しい。
 これらの曲以外もいろいろと聴いてみると、「スペックの高い音源ほどIsochronousとBulk Petの差が出る……?」ということについて、ある程度「その傾向を感じる」結果となった。

 曲ごとにモードを切り替えて最高の結果を求めるなんてこともできそうだが、正直そこまでするのは非常にめんどくさいので、私だったらmode1を常用するかな。

 今までのIsochronousモードが使えなくなるわけでもなしに、好みに応じて選べるモードが四つも増える。
 選択肢が増えることはいいことだ。



 なお、この辺のBulk Petの話も9/2(土)の試聴会の内容に含めるので、D-1が気になる人はぜひ遊びにきてください。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】 Bill Evans / Waltz For Debby

・アーティスト / アルバムタイトル Bill Evans / Waltz For Debby

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック  仕様だの背面だのはリ

記事を読む

【UHD BDレビュー】第40回『猿の惑星:聖戦記』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:

記事を読む

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを、 HFAS1は、Grace

記事を読む

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。  fidata HFAS1の音。  比較対象

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。 サーバーソフトの紹介

記事を読む

Roon Readyになりました

 いつものようにRoonのボスのEnno Vandermeer氏とやり取りするなかで 「いつも

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第216回『パルプ・フィクション』

なんだこのクソくだらない映画は……たまげたなぁ……(褒め言葉 画質:9 音質:9

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑