*

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

※この記事はFAN AKITAプロジェクトページ「活動報告」への投稿と同内容です




菅江真澄と歩く
二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡

第五章
「雄勝の背骨に麒麟舞う」



 秋田の山といえば真っ先に鳥海山が浮かぶのは、私が県南住まいだからでしょうか。鳥海山は小学校の校歌の歌詞にも登場していたくらいです。
 でもって、実は湯沢市にも鳥海山があるということを、私は大人になるまで知りませんでした。

 その名も「東鳥海山」。通称「権現山」。
 「雄勝尊」を祀るまさしく「雄勝」地域の背骨であり、真澄も重大な関心をもって記録を残し、さらに標高777メートルという、霊験あらたかな山です。
 第五章では、真澄も訪れた東鳥海山の諸相を巡ります。


 国道13号線を湯沢市から雄勝町に向かう道中、東鳥海山の山容を一望できる場所に一の鳥居があります。鳥居の額には「雄勝宮」とあります。




 登山道は三関フルーツラインからはじまり、果樹園の中を通っていきます。






 道中には二の鳥居があります。
 そして傍らには金精様を祀る祠も。




 真澄は登山道の途中で数枚の絵を残していますが、現在の東鳥海山は鬱蒼とした杉林に覆われ、真澄が見たであろう風景とはだいぶ変わってしまいました。
 真澄が描いたような登山道からの眺望も、残念ながら木々に遮られてほとんど楽しむことはできませんでした。




 そうこうしているうちに、東鳥海神社に到着しました。
 これは地域登山に参加する形で登った際の写真です。




 東鳥海神社の境内は草木の侵食を受け、真澄の描いたかつての様相とは様変わりしています。




 真澄の足跡を伝える標柱も折れるがままです。




 東鳥海神社を越えて山頂付近になると見晴らしもよくなり、山頂では真澄が「四方の眺望のところあり」と書いたように、湯沢から稲川の一帯を見晴らすことができました。
 なぜ東鳥海山が「雄勝尊」の座所となったのか、その理由がわかる気がします。




 なお東鳥海山の麓には立派な遥拝殿があり、こちらが実質的な東鳥海神社として機能しているようです。




 真澄は『雪の出羽路 雄勝郡』の中で、東鳥海山や雄勝郡の沿革について非常に多くの考察と記述を残しています。
 文献学的な論考をすることは必ずしもこの紀行文の主旨ではありませんが、私も可能な範囲で、あくまでも真澄の記述に沿いながら種々の考察を試みています。


 真澄と巡る、雄勝郡開闢の物語。


 是非、完成した本の中でお確かめください。

スポンサーリンク


関連記事

【地元探訪・小野小町編】桐善寺(湯沢市桑崎字平城)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  小野小町は深草少将が亡くなった後、少将が仮の宿

記事を読む

【地元探訪】正一位おさんこ稲荷大明神(湯沢市関口聖ケ沢)

 生まれてこのかた何百回何千回と通っている道の脇に、この柱は立っている。  電柱との位置関係はもう

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】桐木田の井戸(湯沢市小野字桐木田)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  小野良実と大町子が出会い、比古姫(後の小野小町

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承

 生まれたとか、死んだとか、通りがかったとか、座ったとか、温泉に入ったとか、色々合わせれば小

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】小町の郷公園

 道の駅おがち「小町の郷」から道を挟んだ側、物産館「菜菜こまち」に隣接する形で、「小町の郷公園」が広

記事を読む

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA  江戸時代の紀行家・

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】姥子石(湯沢市小野字桐木田)

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承  姥子石。「ばっこいし」と読む。  小野小町の

記事を読む

【地元探訪・小野小町編】道の駅おがち「小町の郷」

道の駅おがち「小町の郷」  秋田県湯沢市雄勝町にやってきて小野小町の史跡巡りをしようと思ったら

記事を読む

【地元探訪】八幡神社(湯沢市関口) その2

 前回の続き。  長い長い石段の果てに現れた関口の村社、八幡神社。  ちょっ

記事を読む

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑