*

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。


①アナログプリアンプがメインで、そこにデジタル入力/DAC機能を持たせている
(DAC機能はボード追加等によるオプション扱いの場合も多い)

②DACがメインで、そこにプリアンプとしての機能を持たせている

③DACがメインで、デジタルボリュームを使ってパワーアンプに直結できる


 ①は説明不要だろう。

 ②は③と近いようで、「アナログ入力を搭載する」という点で決定的に異なる。OPPO HA-1やらBENCHMARK DAC2 HGCやらMytek Digital Manhattan DACがこれに該当する。DAC2 HGCはA1導入以前に使っていた

 ③はUSB DACの多くが該当する。ごく最近のではCHORD DaveやT+A DAC 8なんかがある。


 多くの人にとっては問題ですらないのかもしれないが、私にとって問題なのは③。
 何が問題かって、製品の組み合わせ次第では、「アナログ入力を搭載しないせいでシアターと両立できない可能性がある」ということ。実際DAC2 HGCを選んだのはここも大きな理由だった。

 ここではアナログボリュームとデジタルボリュームのどちらが優位か、なんてことを論ずるつもりはない。そもそも一概に言えるはずもなし、その辺は製品によりけりだろう。
 ただ、③の製品は「デジタルボリュームを使ってパワーアンプと直結したほうが音質的に有利」として、それを推奨している場合もある。実際にどうなのかはさておいても、プリが必要ないなら機材が一つ減ることは確か。音質を担保したうえで機材が減るのなら、それに越したことはない。

 私が今使っているのはプリメインなのでアレだが、将来的に③とパワーアンプを直結しようと考えれば、システムをシアターと両立するためには複数の入力を持つパワーアンプしか選べない。困る。音楽と映画のためにその都度パワーアンプの入力をカチカチ、というのは現に今も同じことをやっているのでそれほど苦にはなるまい。音が劣化しなければいいが。
 どのみちシアターに限らずとも、他にアナログ出力をする機器と一切接続できないという問題も残る。すべてのオーディオ機器がデジタル出力を持つなら話は別だが、現実にはそうではない。

 とはいえ、昨今のオーディオ業界で③が最も熱いジャンルなのも間違いない。
 最先端のDACが「デジタルボリュームを使ってパワーアンプ直結が一番」と言った時、それを笑って聞き流せるほど私も落ち着きがあるわけではないので、うーむ。


 というわけで③にも、申し訳程度で構わないから、ただスルー出力するだけでいいから、アナログ入力も搭載してほしいのである。
 ピュアとシアターを同居させている人間なんて限りなく少数なのは重々承知だが、なんとかならないもんだろうか。
 それとも、やっぱり素直に普通のプリを導入するしかないというアレか。

 先立たない……

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】あえて単体サーバーを導入するメリットとデメリット

 この記事で言う「単体サーバー」とは、「オーディオのためだけに使うサーバー機器」を指す。  要する

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・クリアーサウンドイマイ

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月30日

記事を読む

DigiFi No.27で記事を執筆しました

 本日発売。  表紙にもある チャンピオンモデルを探せ! 30万円以下DSD

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Bloodborne

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / Bloodb

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第144回『白雪姫』

画質:15 音質:6 映像はAVC、音声は英語日本語共にDTS-HDMA、7.1ch

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです ●イントロダクション 『So

記事を読む

「ネットワークオーディオプラットフォーム」としてのJRiver Media Center

 そろそろバージョン22になる記念。  まず、JRiver Media Center(以下

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第124回『トランスフォーマー』

マイケル・ベイ大勝利! 画質:14 音質:10 映像はAVCでビットレートは25

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第32回『エネミー・ライン』

また火薬爆薬が過剰な映画です。 私が買った中で初のAVCエンコードの作品だったような。 画質的に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑