*

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。


①アナログプリアンプがメインで、そこにデジタル入力/DAC機能を持たせている
(DAC機能はボード追加等によるオプション扱いの場合も多い)

②DACがメインで、そこにプリアンプとしての機能を持たせている

③DACがメインで、デジタルボリュームを使ってパワーアンプに直結できる


 ①は説明不要だろう。

 ②は③と近いようで、「アナログ入力を搭載する」という点で決定的に異なる。OPPO HA-1やらBENCHMARK DAC2 HGCやらMytek Digital Manhattan DACがこれに該当する。DAC2 HGCはA1導入以前に使っていた

 ③はUSB DACの多くが該当する。ごく最近のではCHORD DaveやT+A DAC 8なんかがある。


 多くの人にとっては問題ですらないのかもしれないが、私にとって問題なのは③。
 何が問題かって、製品の組み合わせ次第では、「アナログ入力を搭載しないせいでシアターと両立できない可能性がある」ということ。実際DAC2 HGCを選んだのはここも大きな理由だった。

 ここではアナログボリュームとデジタルボリュームのどちらが優位か、なんてことを論ずるつもりはない。そもそも一概に言えるはずもなし、その辺は製品によりけりだろう。
 ただ、③の製品は「デジタルボリュームを使ってパワーアンプと直結したほうが音質的に有利」として、それを推奨している場合もある。実際にどうなのかはさておいても、プリが必要ないなら機材が一つ減ることは確か。音質を担保したうえで機材が減るのなら、それに越したことはない。

 私が今使っているのはプリメインなのでアレだが、将来的に③とパワーアンプを直結しようと考えれば、システムをシアターと両立するためには複数の入力を持つパワーアンプしか選べない。困る。音楽と映画のためにその都度パワーアンプの入力をカチカチ、というのは現に今も同じことをやっているのでそれほど苦にはなるまい。音が劣化しなければいいが。
 どのみちシアターに限らずとも、他にアナログ出力をする機器と一切接続できないという問題も残る。すべてのオーディオ機器がデジタル出力を持つなら話は別だが、現実にはそうではない。

 とはいえ、昨今のオーディオ業界で③が最も熱いジャンルなのも間違いない。
 最先端のDACが「デジタルボリュームを使ってパワーアンプ直結が一番」と言った時、それを笑って聞き流せるほど私も落ち着きがあるわけではないので、うーむ。


 というわけで③にも、申し訳程度で構わないから、ただスルー出力するだけでいいから、アナログ入力も搭載してほしいのである。
 ピュアとシアターを同居させている人間なんて限りなく少数なのは重々承知だが、なんとかならないもんだろうか。
 それとも、やっぱり素直に普通のプリを導入するしかないというアレか。

 先立たない……

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

【BDレビュー】第332回『キャプテン・アメリカ』

 シビル・ウォーBD発売記念。 画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014-2015

※評価項目を整理し直したので2014/06/30公開の記事を再掲※ 始まるのがだいぶ遅くなってしま

記事を読む

順調に増えていくRoonのパートナーブランドと国内メーカーの動向

 気付けば、RoonのHPのPartnersのページで、Roon Readyプレーヤーを作っているブ

記事を読む

【BDレビュー】第316回『エクソダス:神と王』

画質:11 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DT

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 ネットワークオーディオプレーヤーを使う

 この記事で扱うのは、いわゆるオーディオ機器としてのネットワークオーディオプレーヤーである。  こ

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『MinimSe

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置

 Dolby Atmos。  残念ながら映画館で聴いたことがないし、対応AVアンプで聴いたこともな

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

→もっと見る

PAGE TOP ↑