*

「DACプリ」に対するささやかな希望

 「DACプリ」と一言で言っても、実際の製品はいくつかの種類に分かれるようだ。


①アナログプリアンプがメインで、そこにデジタル入力/DAC機能を持たせている
(DAC機能はボード追加等によるオプション扱いの場合も多い)

②DACがメインで、そこにプリアンプとしての機能を持たせている

③DACがメインで、デジタルボリュームを使ってパワーアンプに直結できる


 ①は説明不要だろう。

 ②は③と近いようで、「アナログ入力を搭載する」という点で決定的に異なる。OPPO HA-1やらBENCHMARK DAC2 HGCやらMytek Digital Manhattan DACがこれに該当する。DAC2 HGCはA1導入以前に使っていた

 ③はUSB DACの多くが該当する。ごく最近のではCHORD DaveやT+A DAC 8なんかがある。


 多くの人にとっては問題ですらないのかもしれないが、私にとって問題なのは③。
 何が問題かって、製品の組み合わせ次第では、「アナログ入力を搭載しないせいでシアターと両立できない可能性がある」ということ。実際DAC2 HGCを選んだのはここも大きな理由だった。

 ここではアナログボリュームとデジタルボリュームのどちらが優位か、なんてことを論ずるつもりはない。そもそも一概に言えるはずもなし、その辺は製品によりけりだろう。
 ただ、③の製品は「デジタルボリュームを使ってパワーアンプと直結したほうが音質的に有利」として、それを推奨している場合もある。実際にどうなのかはさておいても、プリが必要ないなら機材が一つ減ることは確か。音質を担保したうえで機材が減るのなら、それに越したことはない。

 私が今使っているのはプリメインなのでアレだが、将来的に③とパワーアンプを直結しようと考えれば、システムをシアターと両立するためには複数の入力を持つパワーアンプしか選べない。困る。音楽と映画のためにその都度パワーアンプの入力をカチカチ、というのは現に今も同じことをやっているのでそれほど苦にはなるまい。音が劣化しなければいいが。
 どのみちシアターに限らずとも、他にアナログ出力をする機器と一切接続できないという問題も残る。すべてのオーディオ機器がデジタル出力を持つなら話は別だが、現実にはそうではない。

 とはいえ、昨今のオーディオ業界で③が最も熱いジャンルなのも間違いない。
 最先端のDACが「デジタルボリュームを使ってパワーアンプ直結が一番」と言った時、それを笑って聞き流せるほど私も落ち着きがあるわけではないので、うーむ。


 というわけで③にも、申し訳程度で構わないから、ただスルー出力するだけでいいから、アナログ入力も搭載してほしいのである。
 ピュアとシアターを同居させている人間なんて限りなく少数なのは重々承知だが、なんとかならないもんだろうか。
 それとも、やっぱり素直に普通のプリを導入するしかないというアレか。

 先立たない……

スポンサーリンク


関連記事

LUMIN L1のSSDを1TBに換装した

 急激に増えていくライブラリのサイズに耐えきれず、SanDisk X300sの512GBから、同じく

記事を読む

「真のハイレゾ対応」爆誕!

音茶楽、40kHz以上再生できるイヤフォンをハイレゾ対応と定義。“真のハイレゾ”ラベルも

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】QNAP TS-119でKazoo Serverを使う

LINN - SOFTWARE Available for Windows and Mac ope

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ハード編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第168回『プレデター 特別篇』

画質:7 音質:13 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【音源管理の精髄】 「アルバムの曲順がおかしい」という問題について 【ネットワークオーディオTips】

 ディスクベースの時代、アルバムの曲順が狂う余地などなかった。  アルバムの曲順はCDというメディ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP ServerとJRiver Media Centerを組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

サーバーで音は変わるか? ソフト編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ハード編の続

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突!OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

→もっと見る

PAGE TOP ↑