*

【レビュー】Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。


ネットワークオーディオの魔境を往く


 そのうえであえて言わせてもらえば、困ったことにLANケーブルで音は変わる
 とてもとても困ったことに、変わってしまう。
 この前提に立って、LANケーブルを聴く。
 やってきたのはテレガートナーのMFP8 Gold。
 テレガートナーは自分とこが作っているごついRJ45のプラグがaudioquestをはじめとするオーディオケーブルメーカーに次々採用されるのを見て、「いっちょ自分たちでもやってみるか」と考えたのだろう。とりあえずオーディオ業界は恐ろしいところなので、酷い目に遭わなければいいのだが。

 で、これが一時的な在庫切れを起こすほど売れているようだ。
 オーディオ用のLANケーブルというと、今までaudioquestのものしか聴いたことがない。プラグメーカーが手掛ける完成品の実力や如何に。


 それにしても、なんとまぁ立派なパッケージングである。
20160508LANケーブル05

 中身。今回送られてきたのは0.5m。
20160508LANケーブル06

 件のデータ計測シート。印刷の解像度が妙に低く詳細は判別不可能。
 ケーブルの品質に対する自信の表れなのだろうが、正直言ってこれを見せられたところで私には何が何やらさっぱりである。喜ぶ人は喜ぶのかもしれない。
20160508LANケーブル01

 プラグ。
 自社製品ならではの特別ゴールド仕様。
20160508LANケーブル02

 プラグのバリエーションもサンプルとして送られてきた。
 いまいち使う局面が想像できないのだが、結線のスペースが異様に小さい、あるいは極限まで突き詰めた機器のセッティングにおいてケーブル長を最短にしたい場合ならば出番もある……か?
20160508LANケーブル03

 おそらく最も早い段階でテレガートナーのプラグ「MFP8」をオーディオ用に使用したaudioquest、そのVodkaと並べてみる。そこはかとなくaudioquestのオリジナル仕様も入っているようだ。
 販売価格を考えればMFP8 Goldとほぼ同ランクのケーブルだと言える。
 あと、どっちもかなり硬い。
20160508LANケーブル04

 音の比較はこのVodkaと行う。
 現在のシステムはハブを介してLUMIN A1とL1の両方にVodkaを使用しており、A1側のケーブルを交換して聴く。少なくともLUMINのネットワークオーディオプレーヤーであれば、LANケーブルを抜き差ししてもプレーヤーの認識が……なんて問題は起きない。


 さて……

 ……

 …


 端的な「いい音」。
 ただし自然な音とは異なる。「意図的ないい音」とでも言うべきか。
 全体的、特に高音に硬質な質感があり、それが良い意味でアクセントになることで高域の伸びが感じられる。
 響きはやや少なく音像は引き締まる傾向で、一音一音が混濁せずに際立つ印象。そのおかげで、音数が多く音圧の大きな音源になればなるほど解像感の向上が感じられる。
 高音域の硬質な質感とあわせ、クラシックよりも、むしろ演奏に気合の入ったロックやポップスに合うのではなかろうか。

 それに比べてVodkaの穏やかなこと穏やかなこと。
 スピーカーケーブルやらラインケーブルやらで感じていたaudioquestの特質はやはりLANケーブルでも健在だったようだ。

 というわけで、MFP8 Goldは結構積極的に音を作っていく類のケーブル、というのが私の印象。
 好き嫌いやシステムによって合う合わないはあると思うが、明快に「いい音」と感じさせるだけの力はある。



 たまには魔境も楽しい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第4回『パイレーツ・オブ・カリビアン』・『パイレーツ・オブ・カリビアン2』

第四回はこれまた説明不要のビックタイトル、ディズニーの実写映画史上最高にヒットしているらしい海賊映画

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

CES2015雑感

・DTS:X  やっぱりな。 ・テレビ  明部が激烈に輝くかわりに黒が浮くハイコントラ

記事を読む

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。 画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Yes / Close To The Edge

・アーティスト / アルバムタイトル Yes / Close To The Edge ・購入

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第89回『シューテム・アップ』

画質:14 音質:12+(7.1ch収録のため) 映像はVC-1でビットレートはストレスな

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第157回『第9地区』 北米盤

画質:9 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第58回『ロボコップ』

画質:3 音質:8 映像はMPEG-2でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

Roonの「Core」・「Control」・「Output」

Roon Labs  Roonの公式HPが刷新され、とっちらかっていた諸々の要素がまとめられて

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】DSP-Dorado 設定・運用編

外観・導入編  DSP-Doradoは意外と(?)多機能

【イベント情報】東京インターナショナルオーディオショウに参加します

 既にオーディオ誌で見たという人もいるかもしれませんが、 2

【UHD BDレビュー】第32回『メッセージ / Arrival』 米国盤

画質:7 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

激突! OpenHome/UPnP vs Roon Ready/RAAT

 今回は音質面の話。  「Roon ReadyはUPnPベースのシス

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

【UHD BDレビュー】第30回『ハクソー・リッジ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:9 音質:15☆ (評価の詳細についてはこの記事

【UHD BDレビュー】第29回『許されざる者』 米国盤

【BDレビュー】第112回『許されざる者』 画質

→もっと見る

PAGE TOP ↑