*

【レビュー】日本テレガートナー MFP8 Gold

 久々の魔境注意。


ネットワークオーディオの魔境を往く


 そのうえであえて言わせてもらえば、困ったことにLANケーブルで音は変わる
 とてもとても困ったことに、変わってしまう。
 この前提に立って、LANケーブルを聴く。
 やってきたのはテレガートナーのMFP8 Gold。
 テレガートナーは自分とこが作っているごついRJ45のプラグがaudioquestをはじめとするオーディオケーブルメーカーに次々採用されるのを見て、「いっちょ自分たちでもやってみるか」と考えたのだろう。とりあえずオーディオ業界は恐ろしいところなので、酷い目に遭わなければいいのだが。

 で、これが一時的な在庫切れを起こすほど売れているようだ。
 オーディオ用のLANケーブルというと、今までaudioquestのものしか聴いたことがない。プラグメーカーが手掛ける完成品の実力や如何に。


 それにしても、なんとまぁ立派なパッケージングである。
20160508LANケーブル05

 中身。今回送られてきたのは0.5m。
20160508LANケーブル06

 件のデータ計測シート。印刷の解像度が妙に低く詳細は判別不可能。
 ケーブルの品質に対する自信の表れなのだろうが、正直言ってこれを見せられたところで私には何が何やらさっぱりである。喜ぶ人は喜ぶのかもしれない。
20160508LANケーブル01

 プラグ。
 自社製品ならではの特別ゴールド仕様。
20160508LANケーブル02

 プラグのバリエーションもサンプルとして送られてきた。
 いまいち使う局面が想像できないのだが、結線のスペースが異様に小さい、あるいは極限まで突き詰めた機器のセッティングにおいてケーブル長を最短にしたい場合ならば出番もある……か?
20160508LANケーブル03

 おそらく最も早い段階でテレガートナーのプラグ「MFP8」をオーディオ用に使用したaudioquest、そのVodkaと並べてみる。そこはかとなくaudioquestのオリジナル仕様も入っているようだ。
 販売価格を考えればMFP8 Goldとほぼ同ランクのケーブルだと言える。
 あと、どっちもかなり硬い。
20160508LANケーブル04

 音の比較はこのVodkaと行う。
 現在のシステムはハブを介してLUMIN A1とL1の両方にVodkaを使用しており、A1側のケーブルを交換して聴く。少なくともLUMINのネットワークオーディオプレーヤーであれば、LANケーブルを抜き差ししてもプレーヤーの認識が……なんて問題は起きない。


 さて……

 ……

 …


 端的な「いい音」。
 ただし自然な音とは異なる。「意図的ないい音」とでも言うべきか。
 全体的、特に高音に硬質な質感があり、それが良い意味でアクセントになることで高域の伸びが感じられる。
 響きはやや少なく音像は引き締まる傾向で、一音一音が混濁せずに際立つ印象。そのおかげで、音数が多く音圧の大きな音源になればなるほど解像感の向上が感じられる。
 高音域の硬質な質感とあわせ、クラシックよりも、むしろ演奏に気合の入ったロックやポップスに合うのではなかろうか。

 それに比べてVodkaの穏やかなこと穏やかなこと。
 スピーカーケーブルやらラインケーブルやらで感じていたaudioquestの特質はやはりLANケーブルでも健在だったようだ。

 というわけで、MFP8 Goldは結構積極的に音を作っていく類のケーブル、というのが私の印象。
 好き嫌いやシステムによって合う合わないはあると思うが、明快に「いい音」と感じさせるだけの力はある。



 たまには魔境も楽しい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【システム】 Nmode X-PW10

 オーディオマニアとは業が深いもので、何か機材を買って「なんていい音なんだ!」と感動しても、同時に「

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

再生ソフトを用いたPCのサーバー化――最も簡単なネットワークオーディオの形 foobar200

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravins

記事を読む

PS Audio DirectStream Junior

PS Audio launch DirectStream Junior FPGA DAC w/ st

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Alive

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Alive ・購入元 HDtrac

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS HD』  今度はiPhone版。  

記事を読む

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のPS3に対する感情は、普通のゲー

記事を読む

【音源管理の精髄】『音源』の重要性――『快適な音楽再生』を実現するために 【ネットワークオーディオTips】

 最初に、一般的な定義を確認しておこう。今後の話を分かりやすくするために。  (狭義の)PCオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第46回『プレステージ』

ミュータントの人とガン=カタの人が火花を散らす映画です。 ガン=カタの人はターミネーターの新シ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第80回『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』

画質:9 音質:8 映像はVC-1、ビットレートは20台中心で推移。30台にも乗る。 音

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑