*

【レビュー】Telegärtner MFP8 Gold

 久々の魔境注意。


ネットワークオーディオの魔境を往く


 そのうえであえて言わせてもらえば、困ったことにLANケーブルで音は変わる
 とてもとても困ったことに、変わってしまう。
 この前提に立って、LANケーブルを聴く。
 やってきたのはテレガートナーのMFP8 Gold。
 テレガートナーは自分とこが作っているごついRJ45のプラグがaudioquestをはじめとするオーディオケーブルメーカーに次々採用されるのを見て、「いっちょ自分たちでもやってみるか」と考えたのだろう。とりあえずオーディオ業界は恐ろしいところなので、酷い目に遭わなければいいのだが。

 で、これが一時的な在庫切れを起こすほど売れているようだ。
 オーディオ用のLANケーブルというと、今までaudioquestのものしか聴いたことがない。プラグメーカーが手掛ける完成品の実力や如何に。


 それにしても、なんとまぁ立派なパッケージングである。
20160508LANケーブル05

 中身。今回送られてきたのは0.5m。
20160508LANケーブル06

 件のデータ計測シート。印刷の解像度が妙に低く詳細は判別不可能。
 ケーブルの品質に対する自信の表れなのだろうが、正直言ってこれを見せられたところで私には何が何やらさっぱりである。喜ぶ人は喜ぶのかもしれない。
20160508LANケーブル01

 プラグ。
 自社製品ならではの特別ゴールド仕様。
20160508LANケーブル02

 プラグのバリエーションもサンプルとして送られてきた。
 いまいち使う局面が想像できないのだが、結線のスペースが異様に小さい、あるいは極限まで突き詰めた機器のセッティングにおいてケーブル長を最短にしたい場合ならば出番もある……か?
20160508LANケーブル03

 おそらく最も早い段階でテレガートナーのプラグ「MFP8」をオーディオ用に使用したaudioquest、そのVodkaと並べてみる。そこはかとなくaudioquestのオリジナル仕様も入っているようだ。
 販売価格を考えればMFP8 Goldとほぼ同ランクのケーブルだと言える。
 あと、どっちもかなり硬い。
20160508LANケーブル04

 音の比較はこのVodkaと行う。
 現在のシステムはハブを介してLUMIN A1とL1の両方にVodkaを使用しており、A1側のケーブルを交換して聴く。少なくともLUMINのネットワークオーディオプレーヤーであれば、LANケーブルを抜き差ししてもプレーヤーの認識が……なんて問題は起きない。


 さて……

 ……

 …


 端的な「いい音」。
 ただし自然な音とは異なる。「意図的ないい音」とでも言うべきか。
 全体的、特に高音に硬質な質感があり、それが良い意味でアクセントになることで高域の伸びが感じられる。
 響きはやや少なく音像は引き締まる傾向で、一音一音が混濁せずに際立つ印象。そのおかげで、音数が多く音圧の大きな音源になればなるほど解像感の向上が感じられる。
 高音域の硬質な質感とあわせ、クラシックよりも、むしろ演奏に気合の入ったロックやポップスに合うのではなかろうか。

 それに比べてVodkaの穏やかなこと穏やかなこと。
 スピーカーケーブルやらラインケーブルやらで感じていたaudioquestの特質はやはりLANケーブルでも健在だったようだ。

 というわけで、MFP8 Goldは結構積極的に音を作っていく類のケーブル、というのが私の印象。
 好き嫌いやシステムによって合う合わないはあると思うが、明快に「いい音」と感じさせるだけの力はある。



 たまには魔境も楽しい。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第60回『28週後…』

画質:8 音質:10 映像はAVCで30台中心のハイビットレート。 音声はDTS-HDM

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第92回『マトリックス』

先に結論。 HDDVDの焼き増しである。 ワーナー…… ちなみに、海外版輸入ながらPS

記事を読む

Roonの恐るべき(?)機能――Roon上のメタデータを音源にタグ付けする

 内容が内容なので、ずっと書こうか書くまいか迷っていたのだが、いつかは誰かが書くだろうし、先んじて書

記事を読む

【レビュー】SFORZATO DSP-Dorado 外観・導入編

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 SF

記事を読む

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。 例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第28回『プレデター』

血が出るなら殺せる 画質:5 音質:9→13 映像はMPEG-2でビット

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Hans Zimmer, Junkie XL / Batman v Superman: Dawn Of Justice

・アーティスト / アルバムタイトル Hans Zimmer, Junkie XL

記事を読む

ネットワークオーディオと「OpenHome」

【2017/01/31更新・追記】  OpenHomeとは何か、という部分をページ冒頭にまとめ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント報告】11/18にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行いました

予告編:【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ555

【UHD BDレビュー】第44回『ドラキュラ』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

UHD BDはこの先生きのこれるか

DEGジャパン、4KのUHD BDは「4K Ultra HDブルーレイ

NASやネットワークプレーヤーの設定などを行う訪問サポート

 ……が始まるのだそうだ。 ブライトーン、NASやネットワー

Stereo 2017年12月号で記事を執筆しました

Stereo 2017年12月号 - 音楽之友社 ・20

【朗報】雪

 雪の夜。  防音や遮音の結果生じるものとは異次元の静寂

【悲報】雪

 夜行バスでセミナーから帰ってきたらこのありさま。

【UHD BDレビュー】第43回『ワイルド・スピード ICE BREAK』 【DTS:X】

画質:7 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

→もっと見る

PAGE TOP ↑