*

ネットワークオーディオの魔境を往く

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 【音源管理の精髄】の「はじめに」において、私はネットワークオーディオの基礎基本となるノウハウの提供や蓄積にはまるで力を入れないくせに、実体の伴わない「快適性」や、むやみやたらな「音質向上」ばかりを喧伝するオーディオ業界にひとしきり文句を言わせてもらった。
 「LANケーブルで音が変わる」「NASで音が変わる」とかなんとか言い出す前に、やらなくちゃいけないことが腐るほどあるだろ! というのが私の論だ。

 そんな現状をほんの少しでも改善できればと、【音源管理の精髄】などという仰々しいタイトルで記事を延々と書いてきた。そして、9章『クラシック音源の管理運用』をはさておき、基本的にコンテンツは完成した。ネットワークオーディオで「快適な音楽再生」を手に入れる上で、理解すべきこと・把握すべきこと・実践すべきことをある程度網羅できたと考えている。

 というわけで、「やらなくちゃいけないこと」を達成したと判断し、あえて触れてこなかった領域に足を踏み入れようと思う。
 具体的には、

・LANケーブルで音は変わるか?
・WAVとFLACで音は変わるか?
・リッピングソフトで音は変わるか?
・サーバー(ハード)で音は変わるか?
・サーバー(ソフト)で音は変わるか?
・ハブで音は変わるか?
・有線と無線で音は変わるか?

 といった「魔境」である。
 魔境と言いつつ、PCオーディオやネットワークオーディオの文脈で数限りなく登場するトピックでもある。

 【音源管理の精髄】では客観的な検証により、第三者の環境でも再現可能で、なおかつ参考にもなるノウハウの蓄積を目指した。
 ところが、上で示したような問題は、もはや主観でしか判断できない。【音源管理の精髄】の記事で書いきたような、「△△というソフトで〇〇というボタンをクリックすれば◇◇という挙動を示す」といった客観的事実は何一つとして存在しない。ただ、自分がどう感じたかというだけだ。

 それゆえの「魔境」。
 しかし、そうだからこそ、オーディオは面白い。

 私も一応オーディオマニアの端くれとして、音質を追求したいとの欲求は当然持っている。
 また、上記の領域に頭から突っ込んでいく気はないが、試しもせずに結論を出したくはない。最後に判断するのは感覚だとしても、きちんと検証することには価値があるはずだ。
 音が良くなるならそれに越したことはないし、変わらなかったら変わらなかったでそれはそれ。自分の中で明確な理解が出来上がるわけで、無駄にはならない。


 私なりに魔境を歩いてみようと思う。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

DELA N1ZのUSB DAC接続機能を試したかった

USB出力を搭載したネットワークオーディオトランスポートについて考える  色々と大騒ぎ

記事を読む

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音

記事を読む

エヴァのハイレゾ音源を買いました

 アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」最新のハイレゾ専用リマスターで遂に登場!  というわけで

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第74回『リーピング』

画質:6 音質:8 映像はVC-1ワーナー仕様。 音声はドルビーTRUEHDの16bit

記事を読む

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・追記】  記念す

記事を読む

【UHD BDレビュー】第34回『ワンダーウーマン』 米国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第16回『X-MEN3』

どうして欧米人の女の子は年取ると劣化するのかな!! ちくしょおおおーっ!! ローグがビッチに

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. platoteleusut より:

    再生時にはパソコンやケーブルを一切使わない、メモリ内蔵かUSBメモリを直接指すのが正解と思います。如何でしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑