*

【CES2016】ネットワークオーディオ色々

公開日: : 最終更新日:2016/01/15 PC・ネットワークオーディオ関連, Roon, オーディオ・ビジュアル全般, 雑記

 去年に比べるとジャンルとしてだいぶ出展が少ない印象。
 みんな「別に無理して“プレーヤー”を作る必要なんてない」と気付いたとすればそれはそれでいいのだが、単体DACの出展も決して多くないというのは……


LUMIN U1
 単独記事で取り上げている。


ELAC DS-S101
 まさかのELACから登場、単体で機能する「Roon内臓プレーヤー」。RoonReadyにおけるRoon Serverとプレーヤーの組み合わせより先に出てくるとは……
 単独記事も参照。


Esoteric N-05
 気付けば今年の夏予定に。絶賛開発難航中?


Mark Levinson № 519 Audio Player
 とにかく問答無用で全部突っ込んだ感。ちなみに中身はLinuxだそうだ。


McIntosh MB50 Streaming Audio Player
 フルサイズの機器でもないし、DTS Play-Fiなんてのが前面に出されているし、どちらかといえばカジュアル寄りの製品に思える。はたしてMcIntoshはカジュアルなのかという疑問は残るが、こんなのも出しているくらいだし……


Aurender demo A10 server, streamer + DAC
 今まで真面目にミュージックサーバーを作ってきたAurenderのDAC一体型。リンク先の記事によれば、「金はあるが、システムをいじくり回す気もそんな時間もない人向け」だそうだ。


LH Labs Geek Source

 この手のでかいディスプレイを積んだ製品は機能的本質よりも見た目の派手さを追求しているようで、正直言ってあんまり好きではない。
 個人的な好き嫌いは別にして、製品が増えることはいいことだ。しかもRoonReadyである。


 今回のCESで(厳密にはCESに少し先んじて)RoonReadyが発表され、錚々たる面子がパートナーとして顔を揃えた。
 結果的に、今後ネットワークオーディオプレーヤーやミュージックサーバーを名乗る製品に求められるユーザビリティのハードルがまた一つ上がったことになる。優れたシステムが多々ある中で、ただ単に「便利に使えます」「操作性が良いです」なんて言っても、実態が伴わなければますます見向きもされなくなるだろう。既に世界はOpenHomeを知っており、そしてRoonを知ったのである。
 いやはや、「プレーヤー」を作るのは大変だ。



【CES2016】続・ネットワークオーディオ色々

【CES2016】記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】Musica Pristina A Cappella II

 Roonの1.2へのアップデートに伴い突如として現れた感。 Musica Pristin

記事を読む

aria piccolo、日本上陸!

DAC内蔵+CDリッピング対応のオーディオサーバー「aria piccolo」 - av watch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第10回『ミッション・インポッシブル3』

なんだかんだ言ってこのヤケクソ視聴記も10回目を数えました。 色々思うことはありますが、それはおま

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】ようやく映画館でアトモスを聴く

 田舎は辛いよ……  というわけで、ようやくようやく念願だった映画館でDolby Atmosを

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第182回『ムーラン・ルージュ』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMA bit数は失念 画質につい

記事を読む

Roon 1.2の色々とRoon Bridge

 Roonが1.2になって色んな部分が変わり、色んな機能が追加されたが、普通に使うだけなら大して気に

記事を読む

AURALiC ARIES MINI

 日本に上陸していないネットワークオーディオ関連機器を何となく紹介するシリーズ。 AURALi

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith / The Thrill O

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox capture plan / FRAGI

記事を読む

【UHD BDレビュー】第14回『Sicario / ボーダーライン』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/21初出の記事を更新・追記】

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑