*

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。


 fidata HFAS1の音。

 比較対象は例によってLUMIN A1とタッグを組んで「相性」という名のアドバンテージを存分に発揮した状態のLUMIN L1である。あと、噛ませ犬としてTwonky Serverの走るデスクトップPC。
 なお、試聴に際してfidataの設定は最も音が良かろう状態に変えてある。


 まず、HDDモデル。
 DELA N1Zのように自身の存在を透明にするというわけでもなく、LUMIN L1のようにオーディオ機器を加え入れたかのような露骨な音の変化があるわけでもない。
 全体的に「エネルギー感が増した」という印象を受ける。このエネルギー感は単に「押し出しが強い」ということではなく、音の情報量が増えたことによる「密度感」の上昇に起因している。S/N、音の広がりといった点もPCと比べれば雲泥の差であり、「サーバーによる音質の向上」は如実に感じられる。
 ただ、情報量の増大が得られる一方で音色の変化はほとんどないため、「魅力的な音になった」というような、端的な効果は感じられない。よって、fidataには「これがfidataの音です」というような主張は特にない。
 上記の所感はハブを介してLUMIN A1と繋いだ場合とHFAS1から直接繋いだ場合で共通。やはり、ハブを介するよりも直結の方が良い。
 結論としては、十分すぎるほどの基礎能力を認めつつも、「端的に魅力的な音になる」LUMIN L1に対して明確なアドバンテージは感じられなかった。
 ちなみに、HDDモデルということで駆動音その他が気になるところだが、至近距離まで耳を近づけて微かに駆動音が聴こえる程度で、視聴位置ともなればまったく心配する必要がないことも言い添えておく。


 続いて、SSDモデル。
 HDDモデルとSSDモデルは同時にではなく、別々の時期に試聴機を借りての評価である。また、なんとなくLUMIN L1にエルサウンドのアナログ電源を繋いでみたら普通に使えてしまったので、SSDモデルはLUMIN L1&アナログ電源との比較となった。
 SSDモデルはHDDモデルと比べて、微小領域での情報量の増大が著しい。ちょっと驚くレベルでの増大である。音の余韻や消え入る部分に耳を傾けると、もはや「ニュアンス」や「響きの良さ」で片付けられない明瞭なディテールの存在を聴いて取ることができる。主に微小領域のディテールが増えた結果、聴く側の意識というか感覚が変わるのか、HDDモデルに感じた「エネルギー感」はそれほど感じなくなった。
 LUMIN L1だとこの辺りを潔く整理整頓してしまっていて、それがL1らしい「魅力的な=メリハリのきいた音」に繋がっていることも確か。しかし、好きとか嫌いとか魅力的とかそういうのを抜きにして、純粋に絶対値としての「情報量」を考えると、アナログ電源で強化されたLUMIN L1と比べてなお、SSDモデルには明確なアドバンテージがある。
 情報量が多いと言っても「音がギュウギュウ詰め」的な窮屈さは感じず、程よい密度感で「音を浴びる」イメージを楽しめる。HDDモデルと同様、音色的には無色透明を地で行っているが、ここまで情報量が豊富だとシステムにおける存在感まで透明というわけにはいかない。むしろ、「このほとばしる情報量こそがfidataの音です!」という主張、もとい矜持が見え隠れする。
 HDDモデルを聴いた時は正直言って「こんなもんか」という印象だったが、SSDモデルは素直に感心した。少なくとも私のシステムにおいては、SSDモデルが大いにハマったということだろう。LUMIN S1と組み合わせるとすれば、HDDモデルがいいかもしれない。


 「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」の条件の内、「高音質」というオーディオ機器として最も基本的な要素を見事に備えたサーバーの登場を喜びたい。



【レビュー】fidata HFAS1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

【音源管理の精髄】 Tag&Renameを使ったDSDのタグ編集 【ネットワークオーディオTips】

 本題である。  前々から言っているとおり、正直なところ私はDSD音源にあまり興味がない。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第142回『七人の侍』 東宝盤

画質:5 音質:無評価 映像はAVC、音声はモノラルで見たのでそれ以外は不明。5.1chド

記事を読む

【Roon & RoonReady】sMS-1000SQ Windows Edition & sMS-200 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>SOtM、世界に先駆けたRoonServer「sMS-1000SQ Window

記事を読む

Linn Kazooがまた使いやすくなった

以前の大規模更新の際の記事: Linn KazooがiPhoneでもandroidでも使えるように

記事を読む

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第109回『ドリームガールズ』

Hなんとかと付き合ったパラマウントの業が最も色濃く顕れた不運なソフト。 Hなんとかとの兼ね合い

記事を読む

Nmode X-PM7 導入&外観編

 MAJIK DS-Iからのデジタル出力を受けるためにDAC2 HGCを買ったはいいが、その直後にL

記事を読む

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にす

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. いしい より:

    矢張りSSD仕様のfidataの音は良いみたいですね。
    私はクラシック音楽しか聴かないのでインプレの感じではクラシックに相性が良さそうです。

    今年中にスフォルツァートのDSP-03を買おうと計画しており、それまでの繋ぎでPioneerのN-50Aを購入しAirPlayで繋いで、外付けDACのbenchmark DAC-1を使って聴いてますが、思ったより音が良くて驚いています。

    iPhoneもiPadも容量は128GBであるため、あとCDを100枚も入れるとパンクする為、fidataを候補にしています。

  2. sakakihajime より:

    SFORZATOのDSPシリーズにしても、fidataにしても、国内メーカーが音質と機能の両面で気合いの入った製品を出すのは喜ばしいことです。

    今後ともネットワークオーディオでお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

DLNA解散

DLNA解散。13年で40億台の音・映像のホームネットワーク相互接続を

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第八章「光ことなる錦秋の宮」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

Twonky Server 8.4にアップデートするのは待った方がいいかもしれない

 QNAPへの今後の対応が取り沙汰されたTwonky Serverだが

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第七章「風渡る山姫の幽谷」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第六章「恵み色濃き深碧の淵」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

ポタ研の中のデジ研

ポータブルしないオーディオイベント「デジ研」、ポタ研と同時開催 - P

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第五章「雄勝の背骨に麒麟舞う」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】OPPO Sonica DAC 音質編

導入・外観編 ネットワーク編 ・再生環境(詳細)

【ハイレゾ音源備忘録】Marcus Miller / Afrodeezia

・アーティスト / アルバムタイトル Marcus Mi

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / BUTTERFLY

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【レビュー】OPPO Sonica DAC ネットワーク編

導入・外観編 音質編  USB入力と比べて対応フォ

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO S

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNDERGROUND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第四章「湯澤の山の上と下」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave One

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

Roon 1.3の諸々 再生機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live!

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第三章「彼岸の真白なる静寂」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第二章「妙産の湯、深山に湧く」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑