*

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。


 fidata HFAS1の音。

 比較対象は例によってLUMIN A1とタッグを組んで「相性」という名のアドバンテージを存分に発揮した状態のLUMIN L1である。あと、噛ませ犬としてTwonky Serverの走るデスクトップPC。
 なお、試聴に際してfidataの設定は最も音が良かろう状態に変えてある。


 まず、HDDモデル。
 DELA N1Zのように自身の存在を透明にするというわけでもなく、LUMIN L1のようにオーディオ機器を加え入れたかのような露骨な音の変化があるわけでもない。
 全体的に「エネルギー感が増した」という印象を受ける。このエネルギー感は単に「押し出しが強い」ということではなく、音の情報量が増えたことによる「密度感」の上昇に起因している。S/N、音の広がりといった点もPCと比べれば雲泥の差であり、「サーバーによる音質の向上」は如実に感じられる。
 ただ、情報量の増大が得られる一方で音色の変化はほとんどないため、「魅力的な音になった」というような、端的な効果は感じられない。よって、fidataには「これがfidataの音です」というような主張は特にない。
 上記の所感はハブを介してLUMIN A1と繋いだ場合とHFAS1から直接繋いだ場合で共通。やはり、ハブを介するよりも直結の方が良い。
 結論としては、十分すぎるほどの基礎能力を認めつつも、「端的に魅力的な音になる」LUMIN L1に対して明確なアドバンテージは感じられなかった。
 ちなみに、HDDモデルということで駆動音その他が気になるところだが、至近距離まで耳を近づけて微かに駆動音が聴こえる程度で、視聴位置ともなればまったく心配する必要がないことも言い添えておく。


 続いて、SSDモデル。
 HDDモデルとSSDモデルは同時にではなく、別々の時期に試聴機を借りての評価である。また、なんとなくLUMIN L1にエルサウンドのアナログ電源を繋いでみたら普通に使えてしまったので、SSDモデルはLUMIN L1&アナログ電源との比較となった。
 SSDモデルはHDDモデルと比べて、微小領域での情報量の増大が著しい。ちょっと驚くレベルでの増大である。音の余韻や消え入る部分に耳を傾けると、もはや「ニュアンス」や「響きの良さ」で片付けられない明瞭なディテールの存在を聴いて取ることができる。主に微小領域のディテールが増えた結果、聴く側の意識というか感覚が変わるのか、HDDモデルに感じた「エネルギー感」はそれほど感じなくなった。
 LUMIN L1だとこの辺りを潔く整理整頓してしまっていて、それがL1らしい「魅力的な=メリハリのきいた音」に繋がっていることも確か。しかし、好きとか嫌いとか魅力的とかそういうのを抜きにして、純粋に絶対値としての「情報量」を考えると、アナログ電源で強化されたLUMIN L1と比べてなお、SSDモデルには明確なアドバンテージがある。
 情報量が多いと言っても「音がギュウギュウ詰め」的な窮屈さは感じず、程よい密度感で「音を浴びる」イメージを楽しめる。HDDモデルと同様、音色的には無色透明を地で行っているが、ここまで情報量が豊富だとシステムにおける存在感まで透明というわけにはいかない。むしろ、「このほとばしる情報量こそがfidataの音です!」という主張、もとい矜持が見え隠れする。
 HDDモデルを聴いた時は正直言って「こんなもんか」という印象だったが、SSDモデルは素直に感心した。少なくとも私のシステムにおいては、SSDモデルが大いにハマったということだろう。LUMIN S1と組み合わせるとすれば、HDDモデルがいいかもしれない。


 「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」の条件の内、「高音質」というオーディオ機器として最も基本的な要素を見事に備えたサーバーの登場を喜びたい。



【レビュー】fidata HFAS1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『media:connect』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末  以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

ネットワークオーディオのコントロールアプリに高解像度のアルバムアートを表示する、そこに到る長い道のり

※2015/09/12追記※ この記事は私が呼ぶところの「トンキー病」との出会いについて書いた

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第72回『アイ・アム・レジェンド』

画質:7 音質:6 映像はVC-1、10台をうろつくワーナー仕様。 音声はドルビーTRU

記事を読む

【BDレビュー】第298回『ヒート』

画質:8 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Au

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVか、FLACか 【ネットワークオーディオTips】

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】 よくある質問と検索ワードへの回答

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】上原ひろみ / Move

・アーティスト / アルバムタイトル Hiromi / Move ・購入元 HDtrack

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. いしい より:

    矢張りSSD仕様のfidataの音は良いみたいですね。
    私はクラシック音楽しか聴かないのでインプレの感じではクラシックに相性が良さそうです。

    今年中にスフォルツァートのDSP-03を買おうと計画しており、それまでの繋ぎでPioneerのN-50Aを購入しAirPlayで繋いで、外付けDACのbenchmark DAC-1を使って聴いてますが、思ったより音が良くて驚いています。

    iPhoneもiPadも容量は128GBであるため、あとCDを100枚も入れるとパンクする為、fidataを候補にしています。

  2. sakakihajime より:

    SFORZATOのDSPシリーズにしても、fidataにしても、国内メーカーが音質と機能の両面で気合いの入った製品を出すのは喜ばしいことです。

    今後ともネットワークオーディオでお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第13回『ローン・サバイバー』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

→もっと見る

PAGE TOP ↑