*

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。


 fidata HFAS1の音。

 比較対象は例によってLUMIN A1とタッグを組んで「相性」という名のアドバンテージを存分に発揮した状態のLUMIN L1である。あと、噛ませ犬としてTwonky Serverの走るデスクトップPC。
 なお、試聴に際してfidataの設定は最も音が良かろう状態に変えてある。


 まず、HDDモデル。
 DELA N1Zのように自身の存在を透明にするというわけでもなく、LUMIN L1のようにオーディオ機器を加え入れたかのような露骨な音の変化があるわけでもない。
 全体的に「エネルギー感が増した」という印象を受ける。このエネルギー感は単に「押し出しが強い」ということではなく、音の情報量が増えたことによる「密度感」の上昇に起因している。S/N、音の広がりといった点もPCと比べれば雲泥の差であり、「サーバーによる音質の向上」は如実に感じられる。
 ただ、情報量の増大が得られる一方で音色の変化はほとんどないため、「魅力的な音になった」というような、端的な効果は感じられない。よって、fidataには「これがfidataの音です」というような主張は特にない。
 上記の所感はハブを介してLUMIN A1と繋いだ場合とHFAS1から直接繋いだ場合で共通。やはり、ハブを介するよりも直結の方が良い。
 結論としては、十分すぎるほどの基礎能力を認めつつも、「端的に魅力的な音になる」LUMIN L1に対して明確なアドバンテージは感じられなかった。
 ちなみに、HDDモデルということで駆動音その他が気になるところだが、至近距離まで耳を近づけて微かに駆動音が聴こえる程度で、視聴位置ともなればまったく心配する必要がないことも言い添えておく。


 続いて、SSDモデル。
 HDDモデルとSSDモデルは同時にではなく、別々の時期に試聴機を借りての評価である。また、なんとなくLUMIN L1にエルサウンドのアナログ電源を繋いでみたら普通に使えてしまったので、SSDモデルはLUMIN L1&アナログ電源との比較となった。
 SSDモデルはHDDモデルと比べて、微小領域での情報量の増大が著しい。ちょっと驚くレベルでの増大である。音の余韻や消え入る部分に耳を傾けると、もはや「ニュアンス」や「響きの良さ」で片付けられない明瞭なディテールの存在を聴いて取ることができる。主に微小領域のディテールが増えた結果、聴く側の意識というか感覚が変わるのか、HDDモデルに感じた「エネルギー感」はそれほど感じなくなった。
 LUMIN L1だとこの辺りを潔く整理整頓してしまっていて、それがL1らしい「魅力的な=メリハリのきいた音」に繋がっていることも確か。しかし、好きとか嫌いとか魅力的とかそういうのを抜きにして、純粋に絶対値としての「情報量」を考えると、アナログ電源で強化されたLUMIN L1と比べてなお、SSDモデルには明確なアドバンテージがある。
 情報量が多いと言っても「音がギュウギュウ詰め」的な窮屈さは感じず、程よい密度感で「音を浴びる」イメージを楽しめる。HDDモデルと同様、音色的には無色透明を地で行っているが、ここまで情報量が豊富だとシステムにおける存在感まで透明というわけにはいかない。むしろ、「このほとばしる情報量こそがfidataの音です!」という主張、もとい矜持が見え隠れする。
 HDDモデルを聴いた時は正直言って「こんなもんか」という印象だったが、SSDモデルは素直に感心した。少なくとも私のシステムにおいては、SSDモデルが大いにハマったということだろう。LUMIN S1と組み合わせるとすれば、HDDモデルがいいかもしれない。


 「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」の条件の内、「高音質」というオーディオ機器として最も基本的な要素を見事に備えたサーバーの登場を喜びたい。



【レビュー】fidata HFAS1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『foobarCon』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第127回『BLOOD THE LAST VAMPIRE』

フルデジタル製作黎明期の傑作。 デジタルという言葉から連想される機械的無機質さは全く無く、むしろ非

記事を読む

【BDレビュー】 第238回『エクスペンダブルズ』 エクステンデッド・ディレクターズ・カット

ジェット・リーの扱いが酷いのがちょっとなぁ…… 画質:8 音質:11 映像はAV

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

ふと気付けば、いい時代になっていた

 何がって、ネットワークオーディオを取り巻く状況が。  一年半前、「ただ座して待っているつ

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Houses Of The Holy (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Houses Of

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. いしい より:

    矢張りSSD仕様のfidataの音は良いみたいですね。
    私はクラシック音楽しか聴かないのでインプレの感じではクラシックに相性が良さそうです。

    今年中にスフォルツァートのDSP-03を買おうと計画しており、それまでの繋ぎでPioneerのN-50Aを購入しAirPlayで繋いで、外付けDACのbenchmark DAC-1を使って聴いてますが、思ったより音が良くて驚いています。

    iPhoneもiPadも容量は128GBであるため、あとCDを100枚も入れるとパンクする為、fidataを候補にしています。

  2. sakakihajime より:

    SFORZATOのDSPシリーズにしても、fidataにしても、国内メーカーが音質と機能の両面で気合いの入った製品を出すのは喜ばしいことです。

    今後ともネットワークオーディオでお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑