*

fidata HFAS1 音質編

 さて、一番難しいところにやってきた。


 fidata HFAS1の音。

 比較対象は例によってLUMIN A1とタッグを組んで「相性」という名のアドバンテージを存分に発揮した状態のLUMIN L1である。あと、噛ませ犬としてTwonky Serverの走るデスクトップPC。
 なお、試聴に際してfidataの設定は最も音が良かろう状態に変えてある。


 まず、HDDモデル。
 DELA N1Zのように自身の存在を透明にするというわけでもなく、LUMIN L1のようにオーディオ機器を加え入れたかのような露骨な音の変化があるわけでもない。
 全体的に「エネルギー感が増した」という印象を受ける。このエネルギー感は単に「押し出しが強い」ということではなく、音の情報量が増えたことによる「密度感」の上昇に起因している。S/N、音の広がりといった点もPCと比べれば雲泥の差であり、「サーバーによる音質の向上」は如実に感じられる。
 ただ、情報量の増大が得られる一方で音色の変化はほとんどないため、「魅力的な音になった」というような、端的な効果は感じられない。よって、fidataには「これがfidataの音です」というような主張は特にない。
 上記の所感はハブを介してLUMIN A1と繋いだ場合とHFAS1から直接繋いだ場合で共通。やはり、ハブを介するよりも直結の方が良い。
 結論としては、十分すぎるほどの基礎能力を認めつつも、「端的に魅力的な音になる」LUMIN L1に対して明確なアドバンテージは感じられなかった。
 ちなみに、HDDモデルということで駆動音その他が気になるところだが、至近距離まで耳を近づけて微かに駆動音が聴こえる程度で、視聴位置ともなればまったく心配する必要がないことも言い添えておく。


 続いて、SSDモデル。
 HDDモデルとSSDモデルは同時にではなく、別々の時期に試聴機を借りての評価である。また、なんとなくLUMIN L1にエルサウンドのアナログ電源を繋いでみたら普通に使えてしまったので、SSDモデルはLUMIN L1&アナログ電源との比較となった。
 SSDモデルはHDDモデルと比べて、微小領域での情報量の増大が著しい。ちょっと驚くレベルでの増大である。音の余韻や消え入る部分に耳を傾けると、もはや「ニュアンス」や「響きの良さ」で片付けられない明瞭なディテールの存在を聴いて取ることができる。主に微小領域のディテールが増えた結果、聴く側の意識というか感覚が変わるのか、HDDモデルに感じた「エネルギー感」はそれほど感じなくなった。
 LUMIN L1だとこの辺りを潔く整理整頓してしまっていて、それがL1らしい「魅力的な=メリハリのきいた音」に繋がっていることも確か。しかし、好きとか嫌いとか魅力的とかそういうのを抜きにして、純粋に絶対値としての「情報量」を考えると、アナログ電源で強化されたLUMIN L1と比べてなお、SSDモデルには明確なアドバンテージがある。
 情報量が多いと言っても「音がギュウギュウ詰め」的な窮屈さは感じず、程よい密度感で「音を浴びる」イメージを楽しめる。HDDモデルと同様、音色的には無色透明を地で行っているが、ここまで情報量が豊富だとシステムにおける存在感まで透明というわけにはいかない。むしろ、「このほとばしる情報量こそがfidataの音です!」という主張、もとい矜持が見え隠れする。
 HDDモデルを聴いた時は正直言って「こんなもんか」という印象だったが、SSDモデルは素直に感心した。少なくとも私のシステムにおいては、SSDモデルが大いにハマったということだろう。LUMIN S1と組み合わせるとすれば、HDDモデルがいいかもしれない。


 「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」の条件の内、「高音質」というオーディオ機器として最も基本的な要素を見事に備えたサーバーの登場を喜びたい。



【レビュー】fidata HFAS1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第185回『インセプション』

ベスト高画質賞にインセプション それはない。 絶対にない。 思いがけず視聴記を書く気になっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第90回『眠れる森の美女』

50年越しの奇跡 画質:15 音質:10+(7.1ch収録のため)

記事を読む

日本のアニメのUHD BDはどうなる?

 そもそも、4K解像度/HDR/BT.2020のフルスペックで製作された日本のアニメ作品は存在するの

記事を読む

【アプリ紹介】SongBook Lite iPad版

※この記事のデータ等は2012年3月8日時点のものです ●イントロダクション 『So

記事を読む

IFA2014雑感・テクニクスとパイオニアのネットワークオーディオプレーヤー

<IFA>パナソニック、Technicsブランド復活 - “R1シリーズ”と“C700シリーズ”の2

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第42回『バイオハザード』

ゾンビ映画見ながら食べるハヤシライスおいしいです^^ 1作目。リッカーのCGが凄まじく

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

【RoonReady】TOTALDAC d1 music server

 段々と高価格帯の製品にまでRoonReadyの実装が進んできた感。 TOTALDAC d

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオにおけるDSD 【ネットワークオーディオTips】

 別にDSDに限った話ではないが、「より高いスペックのハイレゾ音源への対応」という点において、ハード

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. いしい より:

    矢張りSSD仕様のfidataの音は良いみたいですね。
    私はクラシック音楽しか聴かないのでインプレの感じではクラシックに相性が良さそうです。

    今年中にスフォルツァートのDSP-03を買おうと計画しており、それまでの繋ぎでPioneerのN-50Aを購入しAirPlayで繋いで、外付けDACのbenchmark DAC-1を使って聴いてますが、思ったより音が良くて驚いています。

    iPhoneもiPadも容量は128GBであるため、あとCDを100枚も入れるとパンクする為、fidataを候補にしています。

  2. sakakihajime より:

    SFORZATOのDSPシリーズにしても、fidataにしても、国内メーカーが音質と機能の両面で気合いの入った製品を出すのは喜ばしいことです。

    今後ともネットワークオーディオでお楽しみください。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのB

デジファイ No.25で記事を執筆しました

DigiFi(デジファイ)No.25 3月2日(木)発売【特別付録】ハ

Raspberry Piとワンボードオーディオ・コンソーシアム

Raspberry Piで音楽再生、「ワンボードオーディオ」共通規格化

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 音質・サーバー編

外観編 音質・ミュージックサーバー編  まずは、純粋な

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / Continuum

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

【ハイレゾ音源備忘録】John Mayer / The Search for Everything – Wave Two

・アーティスト / アルバムタイトル John Maye

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がUHD BDでリリースされなかった……

スター・ウォーズ最新作『ローグ・ワン』4月28日にBD発売。プレミアム

「FAN AKITA」のプロジェクトが終了しました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 外観編

fidata HFAS1-XS20 - 言の葉の穴  もっと

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

→もっと見る

PAGE TOP ↑