*

サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

公開日: : 最終更新日:2016/01/03 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

ネットワークオーディオの三要素――『サーバー』・『プレーヤー』・『コントロール』
ネットワークオーディオの三要素
 システムの中で音源の保存と配信を担うものとして、そもそも音源の在り処として、サーバーの存在は極めて重要である。
 しかし一昔前まで、サーバーには実質的にPCか、いかにもPCの周辺機器然としたNASを使うしかなかった。その限られた選択肢の中で、例えばQNAP TS-119が安定性・音質の点で高品質といった話がされていた。
 一方で、ネットワークオーディオ用途における使い勝手や、サーバーをサーバーたらしめるサーバーソフトに関する言及はほとんどされなかった。
 サーバーは長らく「必要ではあるが、なんだかよくわからない異質なもの」として扱われ続けた。つまるところ、ハードの面でもソフトの面でも、オーディオの領域に属するものとして真剣に扱われなかったのである。

 そんな状況を良くも悪くも一変させたのがBUFFALOのDELAだった。
 「PCの周辺機器」ではなく、真っ向から「オーディオ機器」として作られ、それでいてあくまでサーバー――周辺機器――「デジタル・ミュージック・ライブラリー」としての役割に徹しようというそのいじらしさ。
 発表当初こそどうなることかと思ったが、実際に出てきた製品は音楽愛とオーディオ愛に溢れた素晴らしいものだった。高価なのも事実だが。

 DELAの登場により、長らく水面下で醸成されていた「サーバーで音が変わる」という認識は一気に拡大・表面化した。ただそれと同時に、NAS(要は単体サーバー)を導入する際の意識が、「どのNASがいいのか」から、「どのNASが音がいいのか」に変わってしまった感がある。音質が俎上に載った途端、それ以外の要素が一切無視されてしまうのは、オーディオ業界ならではの困った傾向だ。アンプやスピーカーならまだしも、サーバーにまでその姿勢で臨むのはまずい。

 もちろん、DELAは決して音がいいだけのサーバーではない。
 むしろ、「中身はTwonky Serverですよ」と自ら表明したことで、多くのオーディオユーザーにサーバーソフトの存在を意識させたとも言える。NASを買おうにも「中身が何なのかわからない」という状況ばかりが続いていたなかで、これは大きな出来事だった。
 DELAはトンキー病の克服も含め、ストレスなく運用できるように、よく考えられている。「高音質サーバー」である前に、まず「音源の保存と配信」というサーバー本来の機能を磨き上げた「良いサーバー」なのである。さらに言えば、USB出力を持つおかげで「良いプレーヤー」でもあるのだが、それはまた別の話。


 真にオーディオ機器と呼び得るサーバーについて、その条件を整理しよう。

 1、まず「良いサーバー」であること。つまり、ユーザビリティにおいて洗練されていること。問題なく音源ファイルを保存することができ、安定して動作し、音楽を聴くために必要十分な機能を持つサーバーソフトが走っていること。コレが大前提である。

 2、モノとしての魅力。筐体的にも、回路的にも、(コストの範囲で)妥協なく設計され、オーディオ機器としての作り込みが十全になされていること。仮にどれだけ音が良いとしても、冷却のためにファンが回っていたり、PCの周辺機器そのまんまの佇まいでは興醒めもいいところだ。そして何より、モノとしての作り込みが確実に音に繋がるのがオーディオの世界である。

 3、音が良いこと。そりゃオーディオなんだし、当然だ。


 最も困難な条件は2だ。
 1と3だけなら、別にオーディオ用でも何でもないNASでも達成できていた。ただ、あくまでそれは「たまたま」Twonky Serverが走っていたり、音が良かったりという類のものであって、最初からオーディオ用途を意識した製品ではなかった。
 「オーディオ用途に使うサーバーを作る」という意志をこそ重要視したいのである。本当にその意志があるのなら、間違ってもふざけた筐体にはならない。

 少々扱いに困るのは「オーディオ用NAS」を謳った、構造的に従来品とほとんど変わらない製品だ。「オーディオ用」と名乗るだけあって従来以上に条件の1と3が意識され、特にユーザビリティの進歩が著しい。新たにネットワークオーディオのためのサーバーを導入する際のハードルを大きく下げるという意味で、その価値は非常に大きい。しかし、これらは何処まで行っても「オーディオ用NAS」であり、「オーディオ機器として」作られてはいない。よって、私としては安易に「オーディオ機器」と呼ぶことはできない。ただUSB DACと繋がるというだけでその辺のPCをオーディオ機器とは決して呼べないように。



 さて、現にオーディオ機器と呼び得る単体サーバーは存在する。
 しかし、その製品数はあまりにも少ない。
 そんな状況で、「良いサーバー=DELA」という認識が固定化しつつあることに危機感を覚えている。

 DELAは確かに素晴らしいサーバーだ。それは間違いない。
 私が恐れているのは、「良いサーバーが欲しければDELAを買うしかない」というイメージの固定化だ。
 N1ZはともかくN1Aであっても、「これからネットワークオーディオを始めよう」というユーザーがおいそれと手を出せる価格ではない。DELAが手に入らないことで、そもそもネットワークオーディオをやる気が失せる、なんてことも考えられる。
 かつてプレーヤーで、「ネットワークオーディオプレーヤー=LINN DS」というイメージが支配的だった。もしかすると今でもそうかもしれない。そしてそれはイメージだけでなく、ユーザビリティにおいても実態を伴っていた。
 LINN DSもまた、おいそれと手を出せる価格ではなかった。結果として本当の意味で選択肢は増えず、単体ネットワークオーディオプレーヤーという製品ジャンルは今でもパッとしないままだ。

 私はサーバーには同じ轍を踏んでほしくない。
 良い製品があっても、良い製品が「それしかない」としたら、製品ジャンルとしては盛り上がらないし、裾野も広がらない。「やってみよう」と思っても、価格的な問題から出鼻を挫かれてしまうことだってあるだろう。
 だからこそ私は「ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体サーバーは必要ではない」と言っているわけだが、高音質を求める真剣なオーディオファンにはその声もなかなか届くまい。
 安価かつ高品質な製品が必要なのはもちろん、もっともっとオーディオ機器メーカーにもサーバーを製品化してほしいと思う。オーディオ機器メーカーが純然たるオーディオ機器としてサーバーを作る時、どんな製品になるのか非常に楽しみだ。製品ジャンルとしても俄然盛り上がるだろう。作る側としてもサーバーソフトの選択さえ間違わなければ、使い勝手は概ね保証できるはず。
 その点、テクニクスがリッピングサーバーを商品化するというのは喜ばしいニュースだった。

<IFA>テクニクスキーマンに訊く:アナログプレーヤーなど新製品詳細と今後の展開 – Phile-web

昨年色々なお店を見せていただいたところ、手持ちのCDをライブラリとして整理して、快適に良い音で楽しみたいというニーズは非常に多く、ディーラーさんがリッピングサービスを行っている例もあることが分かりました。そこでオーディオメーカーとして、本当に良いリッピングサーバーをリリースすることは我々の使命ではないかと考えて企画致しました。


 色々と気付くのが遅い気がしないでもないが、なんにせよ、オーディオメーカーがサーバーをきちんとオーディオ機器として認識するのはよいことだ。
 プレーヤーとLANで繋がるか、USB出力を持ってそれ自体がプレーヤーになるかはあまり問題ではなく、大切な音源の在り処としてのサーバーの価値を認めることに意味がある。
 出てくる製品自体は相当高くなりそうだが。


 個々のクオリティでも、製品ジャンルとしても、サーバーが本当の意味で「オーディオ機器」になる日を待ち望んでいる。
 安価な製品からハイエンド御用達まで、安心してオーディオ機器として使えるサーバーが登場することを願って止まない。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

Nmode X-PW1導入

 どれだけ新しいサラウンドフォーマットが現れようが、“アンプでスピーカーを鳴らす”という基本は変わら

記事を読む

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Twonky

記事を読む

fidata HFAS1

fidata アイ・オー、オーディオNAS新ブランド“fidata”設立。ハイエンド機「HFA

記事を読む

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

 せっかく書いたものがただ埋もれていくだけというのも勿体ないのでまとめ記事。  メーカー/ブランド

記事を読む

【BDレビュー】第330回『ブレイド / ブレイド2 / ブレイド3』

 なんだかんだ言って楽しく見ていたシリーズ。 画質:8 音質:9 (評価の詳細につ

記事を読む

LUMIN S1を聴く

 というわけで、色々と聴いてみた。  A1と比較すると、  ノイズフ

記事を読む

【BDレビュー】第286回『●REC/レック4 ワールドエンド』

 ついに完結? 画質:10 音質:13 映像:AVC 音声:ドルビーTR

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

LUMIN A1・開梱編

導入編 動作編 機能編 LINN DSとの徹底比較 DSD編 音質編①  ネッ

記事を読む

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『MinimSe

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑