*

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。
 真にオーディオ機器と呼び得るサーバー機器が増えるのは実に喜ばしいことだ。

 「fidata」というブランドネームを引っ提げて登場した、アイ・オー・データの純然たるオーディオサーバー。
 試用する機会に恵まれたので、アレコレと探ってみた。

 しかして、その実態は。



 開梱。
 二重の立派な箱。
20160103fidata01

 立派な電源ケーブルと説明書の類。
20160103fidata02
20160103fidata03

 中身。和風チックなパッケージング。
 正直言って少々感動した。
20160103fidata04

 正面。
20160103fidata05

 ディスプレイを廃したシンプル&ソリッドなデザイン。
20160103fidata06

 パネルの接合部。精度感高し。
20160103fidata07

 天板。和紙的な風合いのアレ。
20160103fidata08

 背面。
 背面パネルまで含めて剛性が高いのは素晴らしい。
20160103fidata09

 LANポートは二つ、1が「for Audio」、2が「for Network」になっている。
 サーバーとプレーヤーの直接接続が可能。
20160103fidata10

 恒例のひっくり返し。重さもずっしり。
 インシュレーターは三点支持にも変えられる。
20160103fidata11

 インシュレーター。
 少々ゴムが厚いのが気になるが、アルミ削り出しの気合いが入った仕上がり。
20160103fidata12

 ラックに入れてみるの図。
 側面のパネルは光沢感を残したヘアライン仕上げとなっている。
20160103fidata13



 モノとしての作り込みは素晴らしいの一言。
 40万円弱のオーディオ機器を名乗って恥ずかしくない作り込みがなされている。
 サーバーという土俵で比べるのなら、シンプルかつ問答無用に分厚いアルミを纏ったDELA(もちろんN1Zのことね)と比べると、fidataは構造へのこだわりを強く感じる。これはどちらが良いとか悪いではなく、設計思想や個性の領域だ。

 ただ、サーバーはもちろんプレーヤーにもディスプレイなんか要らんと思っているネットワークオーディオ原理主義者からすれば、ディスプレイを搭載しなかったことに賛辞を送りたい。
 「あえて付ける」、「あえて付けない」、どちらにも理由があり、それぞれ利点と難点があることを重々承知したうえで、やはり、私は「ないに越したことはない」と思うのである。


 「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」の条件の内、ある意味最も厳しい「モノとしての魅力」は満点である。



【レビュー】fidata HFAS1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第212回『遊星からの物体X ファーストコンタクト』

画質:8 音質:8 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

【Roon Server】432 EVO music server

 Roon Serverのパートナーで気になったブランドその2。 432 EVO  

記事を読む

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4月10日(月)です。 当初は

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / bezel

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / bezel ・購入元 OTOT

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

【BDレビュー】第305回『キングスマン』

画質:10 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第66回『パプリカ』

画質:8 音質:10 映像はMPEG-2、動きのある場面では基本的に30Mbpsの大台。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第178回『天空の城ラピュタ』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAステレオの24bit 画質に

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

Roon 1.3 (Build 216)、PCM 768kHz・DSD512

Roon 1.3 (Build 216) Is Live! - Roo

【レビュー】Nmode X-DP10 設定(主にJPLAY)・運用編

Nmode X-DP10 外観編  ドライバをインストールし

【レビュー】Nmode X-DP10 外観編

Nmode X-DP10 続・Nmode- X-DP10

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃F

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

【BDレビュー】第342回『マックス・ペイン』

画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』 Asset UP

続・Nmode X-DP10

新製品発売のお知らせ - Nmodeの部屋 発売日は2017年4

LUMIN A1、導入3周年 終わらない進化とMQA対応

 LUMIN Appはバージョン3から相変わらず最強だし、  iPh

【UHD BDレビュー】第18回『シン・ゴジラ』

【考察】シン・ゴジラとヤマタノオロチ、そして現代のスサノオ神話

PS3の出荷(近日)完了に寄せて

PS3本体の出荷が近日終了 - GameSpark  私のP

【Roon Ready】CHORD Poly

 CHORD Mojoに接続して使う、Roon Readyの「ポータブ

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質は

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpotifyにも対応予定

LUMIN STREAMING SERVICES  ほんとに

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編

【レビュー】fidata HFAS1-XS20 × OPPO Sonica DAC 音質・ミュージックサーバー編

外観編 音質・サーバー編 fidataのCDトランスポート

【Roon Ready】dCSのNetwork Bridge

dCS、RoonReady対応のネットワークトランスポート「Netwo

→もっと見る

PAGE TOP ↑