*

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。
 真にオーディオ機器と呼び得るサーバー機器が増えるのは実に喜ばしいことだ。

 「fidata」というブランドネームを引っ提げて登場した、アイ・オー・データの純然たるオーディオサーバー。
 試用する機会に恵まれたので、アレコレと探ってみた。

 しかして、その実態は。



 開梱。
 二重の立派な箱。
20160103fidata01

 立派な電源ケーブルと説明書の類。
20160103fidata02
20160103fidata03

 中身。和風チックなパッケージング。
 正直言って少々感動した。
20160103fidata04

 正面。
20160103fidata05

 ディスプレイを廃したシンプル&ソリッドなデザイン。
20160103fidata06

 パネルの接合部。精度感高し。
20160103fidata07

 天板。和紙的な風合いのアレ。
20160103fidata08

 背面。
 背面パネルまで含めて剛性が高いのは素晴らしい。
20160103fidata09

 LANポートは二つ、1が「for Audio」、2が「for Network」になっている。
 サーバーとプレーヤーの直接接続が可能。
20160103fidata10

 恒例のひっくり返し。重さもずっしり。
 インシュレーターは三点支持にも変えられる。
20160103fidata11

 インシュレーター。
 少々ゴムが厚いのが気になるが、アルミ削り出しの気合いが入った仕上がり。
20160103fidata12

 ラックに入れてみるの図。
 側面のパネルは光沢感を残したヘアライン仕上げとなっている。
20160103fidata13



 モノとしての作り込みは素晴らしいの一言。
 40万円弱のオーディオ機器を名乗って恥ずかしくない作り込みがなされている。
 サーバーという土俵で比べるのなら、シンプルかつ問答無用に分厚いアルミを纏ったDELA(もちろんN1Zのことね)と比べると、fidataは構造へのこだわりを強く感じる。これはどちらが良いとか悪いではなく、設計思想や個性の領域だ。

 ただ、サーバーはもちろんプレーヤーにもディスプレイなんか要らんと思っているネットワークオーディオ原理主義者からすれば、ディスプレイを搭載しなかったことに賛辞を送りたい。
 「あえて付ける」、「あえて付けない」、どちらにも理由があり、それぞれ利点と難点があることを重々承知したうえで、やはり、私は「ないに越したことはない」と思うのである。


 「真にオーディオ機器と呼び得るサーバー」の条件の内、ある意味最も厳しい「モノとしての魅力」は満点である。



【レビュー】fidata HFAS1

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

サーバーで音は変わるか? ハード編

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  最近某社から

記事を読む

SOtM sMS-200にアナログ電源を使ってみる

SOtM sMS-200 運用・音質編  外付けHDDやNASといった純PC周辺機器に付属

記事を読む

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

fidata HFAS1-XS20

fidata、オーディオサーバー最上位機「HFAS1-XS20」。2TB SSDを搭載し音質強化 -

記事を読む

B&W CMシリーズ販売終了

B&W CMSeries販売終了のお知らせ  ついにCMシリーズも完了。ちょうど私がオーデ

記事を読む

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解と御支援を頂きまして、早速続き

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第78回『yes Live at Montreux 2003』

画質:5 音質:6 映像はVC-1でビットレートは20Mbps前後。 音声はDTS-HD

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi / DigiFi No.28付録音

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第214回『男たちの挽歌』

画質:5 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit、7.1ch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第97回『ダークシティ』 北米盤

※日本盤は買ってはいけない。画も音も劣化した挙句ディレクターズカット版ではない※ 画質

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

アニメ『宝石の国』が素晴らしい

 アニメから入って、原作漫画も全巻買ってしまった。フォス……

Fundamental LA10 version II / ATT10

「LA10v2」リリース文(PDF) 「ATT10」リリース文(

月刊HiVi 2018年1月号を読んで、ホームシアターでゲームをしよう!【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 1月号 12/16発売 

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

→もっと見る

PAGE TOP ↑