*

【音展2014】個人的ハイライト① アイ・オー・データのオーディオNAS参入

<音展>アイ・オー、“ハイレゾのため究極設計”のオーディオNAS参考出展 - 20万円以下予定


 非常に重要なニュースである。
 注目したのはこんなところ。



○“高音質NAS”というジャンルにおける選択肢が増える

 なんにせよ選択肢が増えるのは良いことだ。
 特に10万円台はにわかに面白いことになってきた。
 DELA HA-N1AやQNAP HS-251はもちろん、カスタマイズPCショップでファンレスのサーバー用PCだって組める。ついでにLUMIN L1もある。アレはまだNASとは言えないが。
 “高音質”という呼び文句に我ながらいささか問題を感じなくはないが、ネットワークオーディオという領域においていかにNAS――サーバーが重要であるか、その認識が広まるに越したことはない。


○理想に忠実なハードウェア

 ネットワークオーディオにおいて、あらゆるコントロールはネットワーク経由で行う。よって、プレーヤーにも、もちろんサーバーにも、操作ボタンやディスプレイは必要ない。海外の超弩級/高級音楽サーバーにありがちなでかいカラー液晶やリッピング用ディスクドライブなどもってのほかである。そんなものはあるだけ無用の長物に過ぎない。
 無論、これは単なる理想であることも承知している。この手の理想を突き詰めると、「イマイチよくわかっていない人を完全に切り捨てる」ということに直結する。ゆえにDELAは上位機種であってもディスプレイと操作ボタンを備え、本体だけで基本的な運用を可能として間口の拡大を図っている。それはそれで立派な姿勢である。LUMIN L1は一切の操作ボタンを有しない代わりに、“実はNASではない”という斜め上の解決策を提示してわかりやすさを訴求している。
 その点、アイ・オーのオーディオNASは非常にストイックなハードウェアのようだ。正攻法で真正面から作り込んだ筐体やインシュレーターへの配慮は、まさに正統的オーディオマインドに基づくもの。この価格帯では最強に見える。そして余計なディスプレイも操作ボタンも一切なし。ステータスインジケーターのみという点ではQNAP製品も似たようなものだが、QNAP製品のモノとしての作りはあくまでPC周辺機器の域を出ないため、厳密な比較の対象にはならない。これだけ徹底的に理想に準じたサーバーはZigsowのZSS-1以来ではなかろうか。
 選択肢を増やすという意味でも、SSD搭載モデルも欲しいところだ。


○中身のサーバーソフトを明記している

 当たり前のことではあるが、それすらできていない製品のなんと多いことか。DELAは実によい先鞭をつけてくれた。
 TwonkyServerのバージョン7。DSD対応ということは要するに最新版ということだろう。ソフトのバージョンまで含めて明示したのはアイ・オーが初めてではなかろうか?
 私もなんだかんだ言ってTwonkyServerが一番使いやすいと思うので、この選択は歓迎したい。


○アイ・オー・データというメーカーの本気度

 何よりうれしいのは、ひと目見るだけでこの製品が「なんか最近流行ってるから便乗で出した」ようなものではなく、相当の意気込みでもって作られているのが分かるということだ。実際に音展会場でメーカー担当者に話を聞くことができたが、ネットワークオーディオについて実によく勉強されていた。いつも業界の不勉強ぶりに呆れるばかりなので、不覚ながら少々感動してしまった。
 オーディオ製品的な魅力とサーバーとしての要点がきちんと抑えられており、どちらかがおろそかになっているということもない。上でも書いたが、力の入った製品が登場することはとても喜ばしい。


○はじめからオーディオを向いた、しかもメーカーによる製品であるということ

 少々言い方はアレだが、つい最近まで、“高音質NAS”という領域は言い知れぬ不安に満ちていた。TS-119やRockDisk Nextといった製品は、音質的に高評価を受けていたとはいえ、そもそもオーディオ用途の製品ではなかった。あくまで、通常のNASを業界が高音質と言ってありがたがっていたに過ぎない。PCカスタマイズショップ等で一品物のサーバーを組む、あるいはRipNAS StatementやZigsow ZSS-1といった製品を購入するという方法もあるにはあったが、兎にも角にも情報が少なすぎたし、何より高すぎた。
 その意味で、BUFFALOのDELAが果たした役割は大きい。きちんとした(こう言うと色々と語弊があるが)メーカーが、はじめからオーディオを主目的として、真正面から高音質NASを作る。しかもその方法論は極めて正統的なオーディオマインドに溢れている。登場時点では大いにツッコミどころがあるなとは思いつつ、これでネットワークオーディオという領域に新風が吹き込まれるだろうとの思いも大いにあった。
 そして、今回のアイ・オー・データの製品である。これで、一年足らずで国内の二大(と勝手に思っている)PC周辺機器メーカーから、オーディオ用の高音質NASが登場したことになる。
 実に良いことだ。この領域は決して出しておしまいではないので、サポートも含め、これから大いに切磋琢磨していってほしい。


 ネットワークオーディオにも少しばかり風が吹いてきたかな?

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 ハイレゾ音源! ……でもちょっと待った 【ネットワークオーディオTips】

 12月18日にエヴァのハイレゾが出て、かつ色んな意味で期待通りだったので予定通り書くとしよう。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第79回『マクロス・ゼロ』

画質:4→8(1話→5話) 音質:6 映像はAVCで基本的にハイビットレート。 音声はド

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第205回『塔の上のラプンツェル』

画質:10 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit、7.1ch

記事を読む

4年以上前のノートPCでRoon Remoteは快適に使えるか?

 公式によるRoonの推奨環境は以下のとおり。 Recommended Hardware In

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『mconnect player HD』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

Dolby Atmosのソフトを片っ端から聴く

Pioneer SC-LX59でDolby Atmosを聴く オブジェクトベースオーディオとト

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第104回『ノーカントリー』

画質:9 音質:13 映像はAVCでビットレートは基本的に30台を推移。 音声はリニアP

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第8位『007 カジノ・ロワイアル』 ― H.264/MPEG-4 AVCの夜明け

写真は後年のBOXセットのもの 【BDレビュー】第3回『007 カジノ・ロワイアル』

記事を読む

【BDレビュー】第268回『アメイジング・スパイダーマン 2』

画質:9 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audi

記事を読む

訪問数1,000,000を達成しました

 2013年5月21日にサイトを開設し、【BDレビュー】を移植しつつ【音源管理の精髄】&【ネ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑