*

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。


11 Years of US CD Sales – stereophile


 数字が示す冷酷な現実に対し、記事のコメント欄でも激論が交わされている。

 CDはもう終わりだァ! と嘆く声。
 こんなもん今に始まったことじゃねーべ今更騒いでどうする、という冷静な声。
 リッピングしてから聴いたほうがCD直で聴くより音がいいぞ、という声。
 どう頑張っても物理メディアで聴いたほうが音がいいぞ、という声。
 流行り廃りなんて知ったこっちゃねーおれはCDを買い続けるぞ、という声。
 音源のデータが全部吹っ飛んだらどうすんだふざけんな、という声。
 バックアップをきちんとすれば全滅する可能性なんてまずないでしょ、という声。
 ダウンロードでもストリーミングでも何でもいいからMP3だけは勘弁してくれ、という声。
 それはそうといったいいつまでCDのリッピングをしなけりゃならないんだ、という声。

 この辺のユーザー事情はあちらもこちらも同じのようだ。
 ただ、ひとりひとりが「こうあるべき」とか「こうあってほしい」とか、あれこれと願望を持ったところで、最後は市場の動向次第だろう。
 売れないものが作られることはない。

 ひとつの兆候がある。


stereophile CES 2015


 上のリンクはstereophileによるCES2015の記事をまとめたもの。
 一通り見てもらえればわかると思うが、CES2015においてCDプレーヤーの存在感は皆無に等しい。レコードプレーヤーにすら明らかに劣っている。たまにディスクドライブを備えた機器を見つけたかと思えば、「リッピング機能搭載のメディアサーバー」がほとんどという有様だ。
 これがいいことなのか悪いことなのかはもはや問題ではない。
 あるのは、「既にこうなっている」という事実だけ。


 もうひとつ、CES2015で注目すべき点がある。むしろここからが本題。
 「Streamer」という製品ジャンル。例えばLUMIN S1も記事ではStreamerとして紹介されている
 ストリーマー。日本のオーディオ業界ではあまり馴染のない言葉だ。
 もっとも、内容を見てみれば要は「いわゆるネットワークオーディオプレーヤー」を指しているようで、決して異質な製品ジャンルというわけではない。
 「ストリーム」という言葉は、従来であれば「LANでデータを伝送する」という技術的な意味合いで使われていたと思うが、「ストリーマー」という言葉は明らかに「音楽ストリーミングサービスに対応した(する予定の)ネットワークオーディオプレーヤー」という意味合いで使われているように見受けられる。あれ、LUMINってラジオ以外に何かあったっけ……?
 ただ、普通に「Network Player」、あるいはストレージ一体型の製品の場合は「Music Server」という呼称が既にあるにも関わらず、なぜ「Streamer」という呼称が多くの製品で使われているのだろうか。
 もしや、音楽を聴く環境がクラウドからのストリーミングに移行した・しつつある昨今、ローカルに保存されたライブラリが前提というイメージを引きずる「Network Player」あるいは「Music Server」という呼称が敬遠されているのだろうか。たとえ「Streamer」の実態がストリーミングサービスに対応したネットワークオーディオプレーヤーそのものだったとしても。


TIDALがもたらすもの


 CES2015に並んだ製品を見ていると、「Streamer」をはじめとするネットワーク界隈と「DAC」単体では、ネットワーク界隈の方が勢いがあるように思える。二つの機能が同居する場合も多いとは言え、Dan D’Agostinoのアンプにさえネットワーク機能とストリーミングサービスがビルトインされる勢いである。完全にUSB DAC一強の日本とは大違いだ。
 そして製品ジャンルとしてのネットワークオーディオプレーヤーも、既に諸々のストリーミングサービスに対応していることが前提になりつつあるようだ。従来のローカルライブラリだけではなく、SpotifyやTIDALといったサービスに対応していなければ、そもそも「これからの音楽を楽しむ機会を失ってしまう」という危機感がオーディオ業界の側からも感じられる。
 結局のところ、「音源」をローカル・クラウド問わず「サービス」という領域にまで広げて捉えれば、あまりにも多くの要素が絡むPCとUSB DACの組み合わせではなく、一体型としてのネットワークオーディオプレーヤー/ストリーマーの方が、メーカー的にも作り込みやすいのだろうか。

 クラウド・音楽ストリーミングサービスの爆発的な普及により、奇しくも、製品ジャンルとしてのネットワークオーディオプレーヤーに再び脚光が当たることになったようだ。
 海外のメーカーが「ネットワークオーディオ」という領域をどのように定義しているのかは定かではないが。


 ちなみに何度も言っている通り、私は製品ジャンルとしてのPCオーディオ/USB DAC、ネットワークオーディオ/ネットワークオーディオプレーヤーを無闇に区別して対立を煽る意図は全くない。
 いわゆるPCオーディオでも、再生ソフト側にTIDALやら何やらのサービスが組み込まれれば結局は同じこと。
 私は単に個人的に嬉しいという理由で、CES2015を見るとネットワークオーディオプレーヤーの新製品が色々あるよ、ということを伝えているだけである。


 いっそのこと、ローカルの音源だけでなくTIDALやSpotifyといったストリーミングサービスにも対応するという意味で、従来いわゆる「ネットワークオーディオ」と呼ばれていた製品ジャンルを「ストリーミングオーディオ」とでも呼ぶようにすればいいんじゃないか。

 そうすれば、「PCオーディオ」と「ストリーミングオーディオ」の大部分に共通する「コントロール」という領域が存在すること、そして「音楽再生におけるネットワークを活用したコントロールの方法論」を指して「ネットワークオーディオ」と呼ぶことに俄然説得力が出る。

 駄目かな?
 


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第227回『ダークナイト ライジング』

画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第156回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

画質:13 音質:13 映像はAVC、ビットレートは非常に高め 音声はDTS-HDMAの

記事を読む

ガルパン劇場版をDTS HEADPHONE:Xで聴く

【BDレビュー】第318回『ガールズ&パンツァー 劇場版』  ガルパン劇場版の音声はステレオ・

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第217回『トップをねらえ!』

お前とアマノは ひとりひとりでは単なる火だが…… ふたり合わせれば炎となる! 炎となったガ

記事を読む

LUMIN T1 & D1 運用編

 T1/D1はA1とまったく同じように使える。  以上。

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

【BDレビュー】 第249回『英国王のスピーチ』

画質:8 音質:14 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio 5.

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第64回『NIGHT WATCH』

画質:8 音質:10 映像はAVCで基本ハイビットレート収録。 音声はドルビーTRUEH

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

DTS Neural:Xを試す

 SC-LX59のアップデートの結果、DTS:Xが再生可能になったのはいいが、ドルビー系の音声にはD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑