*

CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権

 とある刺激的な記事。


11 Years of US CD Sales – stereophile


 数字が示す冷酷な現実に対し、記事のコメント欄でも激論が交わされている。

 CDはもう終わりだァ! と嘆く声。
 こんなもん今に始まったことじゃねーべ今更騒いでどうする、という冷静な声。
 リッピングしてから聴いたほうがCD直で聴くより音がいいぞ、という声。
 どう頑張っても物理メディアで聴いたほうが音がいいぞ、という声。
 流行り廃りなんて知ったこっちゃねーおれはCDを買い続けるぞ、という声。
 音源のデータが全部吹っ飛んだらどうすんだふざけんな、という声。
 バックアップをきちんとすれば全滅する可能性なんてまずないでしょ、という声。
 ダウンロードでもストリーミングでも何でもいいからMP3だけは勘弁してくれ、という声。
 それはそうといったいいつまでCDのリッピングをしなけりゃならないんだ、という声。

 この辺のユーザー事情はあちらもこちらも同じのようだ。
 ただ、ひとりひとりが「こうあるべき」とか「こうあってほしい」とか、あれこれと願望を持ったところで、最後は市場の動向次第だろう。
 売れないものが作られることはない。

 ひとつの兆候がある。


stereophile CES 2015


 上のリンクはstereophileによるCES2015の記事をまとめたもの。
 一通り見てもらえればわかると思うが、CES2015においてCDプレーヤーの存在感は皆無に等しい。レコードプレーヤーにすら明らかに劣っている。たまにディスクドライブを備えた機器を見つけたかと思えば、「リッピング機能搭載のメディアサーバー」がほとんどという有様だ。
 これがいいことなのか悪いことなのかはもはや問題ではない。
 あるのは、「既にこうなっている」という事実だけ。


 もうひとつ、CES2015で注目すべき点がある。むしろここからが本題。
 「Streamer」という製品ジャンル。例えばLUMIN S1も記事ではStreamerとして紹介されている
 ストリーマー。日本のオーディオ業界ではあまり馴染のない言葉だ。
 もっとも、内容を見てみれば要は「いわゆるネットワークオーディオプレーヤー」を指しているようで、決して異質な製品ジャンルというわけではない。
 「ストリーム」という言葉は、従来であれば「LANでデータを伝送する」という技術的な意味合いで使われていたと思うが、「ストリーマー」という言葉は明らかに「音楽ストリーミングサービスに対応した(する予定の)ネットワークオーディオプレーヤー」という意味合いで使われているように見受けられる。あれ、LUMINってラジオ以外に何かあったっけ……?
 ただ、普通に「Network Player」、あるいはストレージ一体型の製品の場合は「Music Server」という呼称が既にあるにも関わらず、なぜ「Streamer」という呼称が多くの製品で使われているのだろうか。
 もしや、音楽を聴く環境がクラウドからのストリーミングに移行した・しつつある昨今、ローカルに保存されたライブラリが前提というイメージを引きずる「Network Player」あるいは「Music Server」という呼称が敬遠されているのだろうか。たとえ「Streamer」の実態がストリーミングサービスに対応したネットワークオーディオプレーヤーそのものだったとしても。


TIDALがもたらすもの


 CES2015に並んだ製品を見ていると、「Streamer」をはじめとするネットワーク界隈と「DAC」単体では、ネットワーク界隈の方が勢いがあるように思える。二つの機能が同居する場合も多いとは言え、Dan D’Agostinoのアンプにさえネットワーク機能とストリーミングサービスがビルトインされる勢いである。完全にUSB DAC一強の日本とは大違いだ。
 そして製品ジャンルとしてのネットワークオーディオプレーヤーも、既に諸々のストリーミングサービスに対応していることが前提になりつつあるようだ。従来のローカルライブラリだけではなく、SpotifyやTIDALといったサービスに対応していなければ、そもそも「これからの音楽を楽しむ機会を失ってしまう」という危機感がオーディオ業界の側からも感じられる。
 結局のところ、「音源」をローカル・クラウド問わず「サービス」という領域にまで広げて捉えれば、あまりにも多くの要素が絡むPCとUSB DACの組み合わせではなく、一体型としてのネットワークオーディオプレーヤー/ストリーマーの方が、メーカー的にも作り込みやすいのだろうか。

 クラウド・音楽ストリーミングサービスの爆発的な普及により、奇しくも、製品ジャンルとしてのネットワークオーディオプレーヤーに再び脚光が当たることになったようだ。
 海外のメーカーが「ネットワークオーディオ」という領域をどのように定義しているのかは定かではないが。


 ちなみに何度も言っている通り、私は製品ジャンルとしてのPCオーディオ/USB DAC、ネットワークオーディオ/ネットワークオーディオプレーヤーを無闇に区別して対立を煽る意図は全くない。
 いわゆるPCオーディオでも、再生ソフト側にTIDALやら何やらのサービスが組み込まれれば結局は同じこと。
 私は単に個人的に嬉しいという理由で、CES2015を見るとネットワークオーディオプレーヤーの新製品が色々あるよ、ということを伝えているだけである。


 いっそのこと、ローカルの音源だけでなくTIDALやSpotifyといったストリーミングサービスにも対応するという意味で、従来いわゆる「ネットワークオーディオ」と呼ばれていた製品ジャンルを「ストリーミングオーディオ」とでも呼ぶようにすればいいんじゃないか。

 そうすれば、「PCオーディオ」と「ストリーミングオーディオ」の大部分に共通する「コントロール」という領域が存在すること、そして「音楽再生におけるネットワークを活用したコントロールの方法論」を指して「ネットワークオーディオ」と呼ぶことに俄然説得力が出る。

 駄目かな?
 


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編 【Roon Server】

 RoonReady立ち上げの最初期から、Antipodes Audio DX Music Serv

記事を読む

【TIAS2016】るんるん気分には程遠い

 たまには都会に出てこないと世の中の流れから取り残されるというわけで、久しぶりに東京インターナショナ

記事を読む

「ハイレゾだから高音質」という幻想

 愚痴。  最近、オーディオ業界のありとあらゆる場所で、「ハイレゾは高音質」「ハイレゾ

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD その2

その1 ティアック、フルサイズの “Reference 7” 。第1弾はネットワークCDレシー

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【レビュー】OPPO Sonica DAC 導入・外観編

ネットワーク編 音質編  待ちに待ったOPPO Sonica DACが届いた。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第186回『ハート・ロッカー』

画質:7 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第10位『キングダム・オブ・ヘブン』 ― 最初期に示されたBDの理想像

【BDレビュー】第2回『キングダム・オブ・ヘブン』  敬愛するリドリー・スコット監

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー 音や

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  10月10

記事を読む

さらば、ChorusDS

コントロールアプリの検証 2014 『ChorusDS』 コントロールアプリの検証 2014 『C

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

DigiFi No.28で記事を執筆しました

 本日発売。 DigiFi No.28 特別付録ハイレゾ

→もっと見る

PAGE TOP ↑