*

ネットワークオーディオの未来

公開日: : 最終更新日:2013/12/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、スマホやタブレットで再生をコントロールする」ということになる。
 とすると、狭義のPCオーディオとは、「PC内のストレージに音源を置き、USBケーブルでDACに繋ぎ、PC画面上で再生をコントロールする」ということになる。

 最近、狭義のネットワークオーディオは狭義のPCオーディオに比べると圧倒的に盛り上がりで負けている。始まった時点で既に優勢ではなかった気もするが、それはそれ。とにかく最近はパワーバランスの傾きが顕著である。

 私は馬鹿の一つ覚えのごとくネットワークオーディオネットワークオーディオと叫んでいるが、極端な話、別に狭義のネットワークオーディオが廃れたとしても一向に構わない。
 なぜなら、ネットワークオーディオの本質とは「スマホやタブレットで再生をコントロールする」こと、すなわち「再生システムのコントロールをネットワーク越しに独立させる」ことだからである。オーディオ系の雑誌や文章で「ネットワークオーディオにおける快適さ」といった言葉が使われる場合、その快適さは99%この方法論に拠るものだと言っていいだろう。
 NASとかLANとかはコントロールに無線LANが必要になる関係で付随してきたものとも言える。大事なのは役目であって、NASとかLANとかのハードウェアそのものではない。

 音楽再生における快適さを追求すると、必然的にネットワークオーディオの方法論にたどり着くというのが私の持論だ。いくらPCオーディオが隆盛するとしても、常にPCディスプレイの前に座って操作しなければならない状況が好ましいとは到底思えない。再生機器としてPCは起動していても、せめてリラックスして音楽を聴く時くらいはディスプレイから離れてくつろぎたいと思うのは私だけだろうか。その時こそ、ネットワークオーディオの方法論の出番である。事実、MediaMonkeyやらJRiverやらといった一部のソフトは、ネットワーク経由で外部端末から再生をコントロールする機能を実装している。

 狭義のPCオーディオに、「コントロールの方法論」として融合することによって、ネットワークオーディオは存続する。その場合、もはやNASとかLANとかのハードウェアは問題ではなく、「いかに操作性を洗練させ、快適さを実現するか」ということがネットワークオーディオの命題になるだろう。



 ちなみに、狭義のネットワークオーディオと狭義のPCオーディオを包括する領域をどう呼ぶかは非常に難しい。ネットオーディオとかデジタルファイルミュージックとか色々呼ばれているが、どうも私にはしっくりこない。強いて言えば、海外で言われている「file-based audio」という呼称が一番しっくりくる。
 とにかく、ディスクではなくPC上のファイルを音源とするオーディオの手法において、ネットワークオーディオとかPCオーディオとか細分化する以前に大きな問題がある。

 それが「音源」である。
 ネットワークオーディオだろうが、PCオーディオだろうが、扱う音源そのものは同じものだからだ。
 「音源をどのように管理運用するか」こそ、全ての鍵となる。逆に言えば、それさえしっかり出来ていれば、ネットワークだろうとUSBだろうと縦横無尽にシステムを構築できる。



 というわけで、これから先は

・世界一美しいネットワークオーディオ環境を構築するために必要なこと

 に続く。


 ……続かなかった。

 とはいえ、この記事を書いた時のスピリットは【音源管理の精髄】シリーズに引き継がれたので、乞う御期待。



ネットワークオーディオTips

スポンサーリンク


関連記事

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・丹沢電機

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  6月27日

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

【UHD BDレビュー】第31回『キング・コング:髑髏島の巨神』 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:HEVC 

記事を読む

DMP-UB90のキャンペーンのプレゼントが届いた

早くプレーヤー買えばUHD BD2枚あげるよキャンペーン  DMP-UB90のキャンペーンのプ

記事を読む

fidata HFAS1

fidata アイ・オー、オーディオNAS新ブランド“fidata”設立。ハイエンド機「HFA

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの天吊り方法

 Dolby Atmos/DTS:Xの最大のハードルはスピーカーの天井への設置である。  埋め込み

記事を読む

【アプリ紹介】 LUMIN App Version 2.0 検証

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ 【ネットワークオーディオTips】コントロール

記事を読む

『ネットワークオーディオ』とは何か

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】  ネットワークオーディオやそ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第190回『KICK-ASS』 北米盤

やる気無さすぎの日本版はスルー余裕でした 画質:8 音質:13 映像はAVC、音

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】foobar2000のコントロールアプリ 『foobarCon』

 音楽を聴く際にいちいちPCと向き合いたくない。  マウスをカチカチもしたくない。  要は、オー

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑