*

ネットワークオーディオの未来

公開日: : 最終更新日:2013/12/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、スマホやタブレットで再生をコントロールする」ということになる。
 とすると、狭義のPCオーディオとは、「PC内のストレージに音源を置き、USBケーブルでDACに繋ぎ、PC画面上で再生をコントロールする」ということになる。

 最近、狭義のネットワークオーディオは狭義のPCオーディオに比べると圧倒的に盛り上がりで負けている。始まった時点で既に優勢ではなかった気もするが、それはそれ。とにかく最近はパワーバランスの傾きが顕著である。

 私は馬鹿の一つ覚えのごとくネットワークオーディオネットワークオーディオと叫んでいるが、極端な話、別に狭義のネットワークオーディオが廃れたとしても一向に構わない。
 なぜなら、ネットワークオーディオの本質とは「スマホやタブレットで再生をコントロールする」こと、すなわち「再生システムのコントロールをネットワーク越しに独立させる」ことだからである。オーディオ系の雑誌や文章で「ネットワークオーディオにおける快適さ」といった言葉が使われる場合、その快適さは99%この方法論に拠るものだと言っていいだろう。
 NASとかLANとかはコントロールに無線LANが必要になる関係で付随してきたものとも言える。大事なのは役目であって、NASとかLANとかのハードウェアそのものではない。

 音楽再生における快適さを追求すると、必然的にネットワークオーディオの方法論にたどり着くというのが私の持論だ。いくらPCオーディオが隆盛するとしても、常にPCディスプレイの前に座って操作しなければならない状況が好ましいとは到底思えない。再生機器としてPCは起動していても、せめてリラックスして音楽を聴く時くらいはディスプレイから離れてくつろぎたいと思うのは私だけだろうか。その時こそ、ネットワークオーディオの方法論の出番である。事実、MediaMonkeyやらJRiverやらといった一部のソフトは、ネットワーク経由で外部端末から再生をコントロールする機能を実装している。

 狭義のPCオーディオに、「コントロールの方法論」として融合することによって、ネットワークオーディオは存続する。その場合、もはやNASとかLANとかのハードウェアは問題ではなく、「いかに操作性を洗練させ、快適さを実現するか」ということがネットワークオーディオの命題になるだろう。



 ちなみに、狭義のネットワークオーディオと狭義のPCオーディオを包括する領域をどう呼ぶかは非常に難しい。ネットオーディオとかデジタルファイルミュージックとか色々呼ばれているが、どうも私にはしっくりこない。強いて言えば、海外で言われている「file-based audio」という呼称が一番しっくりくる。
 とにかく、ディスクではなくPC上のファイルを音源とするオーディオの手法において、ネットワークオーディオとかPCオーディオとか細分化する以前に大きな問題がある。

 それが「音源」である。
 ネットワークオーディオだろうが、PCオーディオだろうが、扱う音源そのものは同じものだからだ。
 「音源をどのように管理運用するか」こそ、全ての鍵となる。逆に言えば、それさえしっかり出来ていれば、ネットワークだろうとUSBだろうと縦横無尽にシステムを構築できる。



 というわけで、これから先は

・世界一美しいネットワークオーディオ環境を構築するために必要なこと

 に続く。


 ……続かなかった。

 とはいえ、この記事を書いた時のスピリットは【音源管理の精髄】シリーズに引き継がれたので、乞う御期待。



ネットワークオーディオTips

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos導入記】アトモス時代のAVプリ

マランツ、旗艦AVプリ「AV8802」。ドルビーアトモス対応/フルディスクリート電流帰還型プリ採用

記事を読む

DELA N1Z 音質編

 さて…… ○再生環境 LUMIN A1 BENCHMARK DAC2 HGC

記事を読む

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製品が「どっちでも使える」と言い

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第59回『28日後…』

画質:無評価 音質:9 映像はAVCで基本30台のハイビットレート。 音声はDTS-HD

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】 Asset UPnP for QNAP Testバージョンを追う

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓ サーバーソフトの紹介 『Asset U

記事を読む

【BDレビュー】第262回『千と千尋の神隠し』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

iPhoneでもLUMIN Appが使えるようになったよ

 バージョン6.0で、ついに。  こないだandroidでも使えるようになったし、何や

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】The Corrs / White Light

・アーティスト / アルバムタイトル The Corrs / White Light

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第221回『トップをねらえ2!』

画質:9 音質:8 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質につい

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・オーディオユニオン お茶の水アクセサリー館

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月8日に

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑