*

ネットワークオーディオの未来

公開日: : 最終更新日:2013/12/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 狭義のネットワークオーディオとは、「NASに音源を置き、LAN経由でプレーヤーにストリーミングし、スマホやタブレットで再生をコントロールする」ということになる。
 とすると、狭義のPCオーディオとは、「PC内のストレージに音源を置き、USBケーブルでDACに繋ぎ、PC画面上で再生をコントロールする」ということになる。

 最近、狭義のネットワークオーディオは狭義のPCオーディオに比べると圧倒的に盛り上がりで負けている。始まった時点で既に優勢ではなかった気もするが、それはそれ。とにかく最近はパワーバランスの傾きが顕著である。

 私は馬鹿の一つ覚えのごとくネットワークオーディオネットワークオーディオと叫んでいるが、極端な話、別に狭義のネットワークオーディオが廃れたとしても一向に構わない。
 なぜなら、ネットワークオーディオの本質とは「スマホやタブレットで再生をコントロールする」こと、すなわち「再生システムのコントロールをネットワーク越しに独立させる」ことだからである。オーディオ系の雑誌や文章で「ネットワークオーディオにおける快適さ」といった言葉が使われる場合、その快適さは99%この方法論に拠るものだと言っていいだろう。
 NASとかLANとかはコントロールに無線LANが必要になる関係で付随してきたものとも言える。大事なのは役目であって、NASとかLANとかのハードウェアそのものではない。

 音楽再生における快適さを追求すると、必然的にネットワークオーディオの方法論にたどり着くというのが私の持論だ。いくらPCオーディオが隆盛するとしても、常にPCディスプレイの前に座って操作しなければならない状況が好ましいとは到底思えない。再生機器としてPCは起動していても、せめてリラックスして音楽を聴く時くらいはディスプレイから離れてくつろぎたいと思うのは私だけだろうか。その時こそ、ネットワークオーディオの方法論の出番である。事実、MediaMonkeyやらJRiverやらといった一部のソフトは、ネットワーク経由で外部端末から再生をコントロールする機能を実装している。

 狭義のPCオーディオに、「コントロールの方法論」として融合することによって、ネットワークオーディオは存続する。その場合、もはやNASとかLANとかのハードウェアは問題ではなく、「いかに操作性を洗練させ、快適さを実現するか」ということがネットワークオーディオの命題になるだろう。



 ちなみに、狭義のネットワークオーディオと狭義のPCオーディオを包括する領域をどう呼ぶかは非常に難しい。ネットオーディオとかデジタルファイルミュージックとか色々呼ばれているが、どうも私にはしっくりこない。強いて言えば、海外で言われている「file-based audio」という呼称が一番しっくりくる。
 とにかく、ディスクではなくPC上のファイルを音源とするオーディオの手法において、ネットワークオーディオとかPCオーディオとか細分化する以前に大きな問題がある。

 それが「音源」である。
 ネットワークオーディオだろうが、PCオーディオだろうが、扱う音源そのものは同じものだからだ。
 「音源をどのように管理運用するか」こそ、全ての鍵となる。逆に言えば、それさえしっかり出来ていれば、ネットワークだろうとUSBだろうと縦横無尽にシステムを構築できる。



 というわけで、これから先は

・世界一美しいネットワークオーディオ環境を構築するために必要なこと

 に続く。


 ……続かなかった。

 とはいえ、この記事を書いた時のスピリットは【音源管理の精髄】シリーズに引き継がれたので、乞う御期待。



ネットワークオーディオTips

スポンサーリンク


関連記事

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

【BDレビュー】第325回『BORUTO -NARUTO THE MOVIE-』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

「プラットフォーム」としてのJRiver Media Center

 そろそろバージョン22になる記念。  まず、JRiver Media Center(以下

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第201回『借りぐらしのアリエッティ』

画質:15 音質:10 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につい

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第56回『アイ、ロボット』

画質:15 音質:12 映像はAVCでビットレートは20台から40台まで動的に変化。 音声は

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第11回『エイリアン VS. プレデター』

11回目に突入です。 こないだテレビでプレデターの一作目がやってました。 AVP2も12月公開だ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server 運用編

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化・実践編

JPLAYを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化  かねてから言っている通り、私

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 <HIGH END

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第20回・特別篇『君の名は。』

思ひつつ 寝ればや人の 見えつらむ 夢と知りせば 覚めざらましを

ESOTERIC N-01

エソテリック、最上位ネットワークプレーヤー/USB-DAC「N-01」

OPPO Sonica DACに贈り物をしよう

 というわけで企画記事を書きました。 話題のOPPO「Son

NetAudio vol.27で記事を執筆しました

 本日発売。  今回は、ありそうでなかった「やりたいこと

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator

HiVi 2017年8月号で『君の名は。』を含む新海誠監督作品の記事を執筆しました

 本日発売。 月刊HiVi 8月号 7/15発売 家で観

LG OLED55B6P ― ブラウン管の呪縛からの解放

レーザー光源プロジェクターと有機ELテレビとブラウン管の呪縛 画質を

エイサーの4K/HDR対応液晶ディスプレイ「ET430Kwmiiqppx」

エイサー、実売7万円でHDR/4K対応の43型液晶ディスプレイ - a

【祝】ついにディズニーからUHD BDがリリース――第一弾は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

James Gunn Confirms Guardians of th

パケットビデオ・ジャパンが……解散

パケットビデオ・ジャパンが解散。Twonky Beamやbonoboな

【イベント報告】7/1にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行いました

予告編:7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

【祝】『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

→もっと見る

PAGE TOP ↑