*

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixel Magic Systems社のネットワークオーディオプレーヤー、LUMINに新製品が色々と登場したようだ。


Mono and Stereo

Auditorium Ludwig Audio

avcat news


1497531_338107632993612_1922188034_n


 情報をまとめると、


・LUMIN S1
新たに登場したフラグシップ。
DACチップはESS9018を4個(!)搭載し、1チャンネルあたり2個のESS9018を使用。もともとESS9018自体8個のDACを持っているので、1チャンネルあたり16個のDACを並列で使うという前代未聞の構成。もとい攻勢。ESS9018を2個使うというのはわりとよく聞く話だけど、4個となると寡聞にして聞いたことがない。
DSDも5.6Mhzまで対応。この数字は下位機種の2.8Mhzを上回るが、果たしてS1だけの特権なのか、それとも下位機種もいずれアップデートで対応するのかは不明。
外部電源もA1から強化されている模様。
従来のLUMIN THE AUDIOPHILE NETWORK MUSIC PLAYERはどう見てもLINNのKLIMAX DSを意識しまくりのアルミ削り出し筐体に加え、泥臭い外部電源まで用意して「KLIMAX DSを越えるんだ!」という意気込みを見せていたが、その割に使用しているDACチップはWolfson WM8741のデュアルであり、KLIMAX DSと同じ構成だった。ここまでやっておいて奇妙というか、中途半端だなと思っていたが、S1の登場で一気に状況は変わりそうだ。
というか欲しい。凄く欲しい。

・LUMIN A1
従来のLUMIN THE AUDIOPHILE NETWORK MUSIC PLAYERそのもの。
長いし、A1という製品名を別途用意したのは賢明だと思う。
「Pixel Magic Systems社」の、「LUMIN」というネットワークオーディオプレーヤーのブランドの中の「A1」という位置づけなのだろう。

 上位機種のS1、従来のA1に加え、下位機種あるいは廉価版のT1、D1も発表になっている。
 価格如何によってはLINN DSの牙城を打ち崩す大波乱が予想されるが、果たしてどうなるだろうか。

・LUMIN T1
筐体はアルミ削り出しではなくなる、DACチップはWolfson WM8741を1個搭載、デュアル・トロイダルトランスの外部電源はそのまま。
……という具合で、A1の廉価版としてはなかなかいい線をいっていると思う。

・LUMIN D1
筐体はT1から一回り小さくなり、DACチップは非公開。外部電源。
最廉価機種だがバランス出力を搭載し、LUMINのユーザー・エクスペリエンスは共通。



 ちなみに、LUMINのコントロールアプリであるLUMIN Appは現状ChorusDSと並んで最も洗練された使いやすいアプリと断言できる素晴らしい出来栄え。

・『LUMIN App』
・『LUMIN App』 Version 2.0


 良心的な価格でこれらの新製品が日本市場に導入され、なおかつ「ネットワークオーディオプレーヤーとしてLINN DSと全く遜色のない機能を有する」ことをきちんと示すことができれば、LINN一強の日本のネットワークオーディオのシーンに革命を起こせそうだ。

 あるいは、私が人柱になるかな。

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第232回『バトルシップ』

お話はさておき。 映像と音響を浴びるための映画。 まさしくシアターのための映画。 「この艦

記事を読む

【OpenHome】TEAC NR-7CD

 せめて私だけでも、OpenHomeはいいぞと言い続けよう。  それはそうと、(わりと前から)

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】HDtracks 2013 Sampler

・アーティスト / アルバムタイトル Various Artists / HDtrac

記事を読む

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します OTOTEN

記事を読む

【オブジェクトベースシアターへの道】Dolby AtmosでもDTS:Xでもどっちでもいいから

 もっとソフト!  ソフト出して!  怒りのデスロードがDolby Atmos収録でテンショ

記事を読む

【Roon & RoonReady】sMS-1000SQ Windows Edition & sMS-200 【Munich HIGH END 2016】

<HIGH END>SOtM、世界に先駆けたRoonServer「sMS-1000SQ Window

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第41回『バイオハザード2 エクステンデッド・カット』

歯に衣着せぬ! 駄目なモンには容赦なく駄目出し! しかし素晴らしいモノには惜しみの無い賛

記事を読む

DELA N1Z 運用編

 とりあえずLAN端子のランプを消そう。  眩しい。 ↓  ランプを消灯することでノイ

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第164回『LE GRAND BLEU』

画質:10☆ 音質:10 映像はAVC、音声はリニアPCMステレオの16bit 画質

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. れいんぼー より:

    こんにちは。
    ネットワークオーディオに関する情報、大いに参考にさせて頂いてます。

    さて、このLUMINの新製品群ですが、LUMIN APPの使い勝手をお聞きする限り、かなり魅力的ですね。
    Soundstage global というサイトでは、
    S1 10,000ドル
    A1 7,000ドル
    T1 4,500ドル以上
    D1 3,500ドル以下
    と見込まれているようです。

    国内の代理店は「ブライトーン」?まだ新製品の情報はありませんが、長ったらしい名前のA1を、BT Network Player System AIR411というシステム(アクセサリ多数付属)で販売している模様。100万越えしそうです。

    国外ではいろいろ良い評価も得ているようですが、国内ではローエンドも含む製品群が入ってきてからLINNとの本格的な戦いに入りそうですね。

    人柱、大いに期待しております!^^

    • sakakihajime より:

      れいんぼーさん

      国内代理店? については当方も承知しております。
      Net Audio vol.13には記事も載っていますね。

      ただ、知っていながらあえて言及を避けているのは、「売られ方/プロモーションのされ方」に関する情報があまりにも少なすぎるからです。
      要は単なる様子見です。

      雑誌によればブライトーン仕様のシステムはフルセットでなんと160万円。
      バラ売りも可能とのことですが……
      HPを見ても「オープンプライス」との表記だけで、プレーヤー単体の価格も分かりません。
      しかも、LUMINはあくまで「システムの中の一要素」という位置づけで、LUMINがどのようなプレーヤーなのか、情報は一切なし。まぁ、その辺は本国のHPを見れば済みますが。
      もし、このままLUMINの「ネットワークオーディオプレーヤーとして快適な音楽再生を実現するための機能」がクローズアップされず、音質面だけが宣伝されるようなことになれば、日本国内への普及は厳しいかな、と……

  2. レガシー より:

    ネットワークオーディオ記事、大変参考になります。特にOn device playlistの話、長い間の疑問が全て解消しました。私もLINN Klimax dsをメインに使用し、サブに同じではつまらないので国産プレーヤーなど使ってきましたが、DLNAの仕様から連続再生できないのが圧倒的に不利なので現在サブはAir mac expressのAir playに単品DAC繋いてPPで鳴らすになってます。LUMIN大変興味ありますが、今後国産プレーヤーにもOn device playlist対応の可能性、あるのかどうでしょうか。やっぱり使い勝手良くないとどんなにハイエンド仕様でも…
    これからも新しい情報、期待してます!

    • sakakihajime より:

      レガシーさん

      「On device playlist」、あるいは「再生中のプレイリストを機器本体に記憶/キュー」という概念の存在に初めて気が付いたのは、MarantzのNA7004を触った時でした。
      その時点で既にMAJIK DS-Iを使っていたので、「なんでDSで当たり前に出来ることがこれだけ後発の国産機ではできないんだ?」と思いましたが、その理由や仕組みを理解するまでにはもうしばらく時間がかかりました。
      そして理解したと同時に、国産メーカーのソフトウェア開発力の低さに改めて愕然とした覚えがあります。

      今さら国産メーカーが自慢げに喧伝するようになった「ギャップレス再生」と同様、いつかは「On device playlist」も可能になることでしょう。
      ただし、それがいつになるかはまったくわかりませんし、私はそれを待つつもりもありません。
      現状の国産ネットワークオーディオプレーヤーは、「音楽を快適に聴く」という点では語るに値しません。

      メーカー各社は最近DSDのネットワーク経由での再生に御執心のようなので、「On device playlist」という“あって当然”の機能の実装はまた後回しではないでしょうか。

  3. レガシー より:

    本当ですね。
    DST-01なんか音は正直Klimaxより上だと思いますが、とてもネットワーク初級のうちの妻などは使えません。最近国産機は以前よりさらに一曲毎止まるので、ソフト会社にメールしたらiOS7のバックグラウンドアプリは1分で止まるとのことで、iOS6は8分だったので数曲再生できたとのことでした。Linn DsやAirmacでのAirplayだとうちの子供まで使えます。
    実はChordのネットワークプレーヤーが2月から値上げとのことで狙ってましたが、こちらのページみて躊躇しました。今後も情報よろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑