・アーティスト / アルバムタイトル
光田康典 / Xenogears Original Soundtrack Revival Disc – the first and the last –


・購入元
e-onkyo


・スペック&コーデック
96kHz/24bit FLAC


・音源情報(ダウンロードした時点)


・アルバムアート
600×600で最初から埋め込み
345×345の存在意義の不明な画像が付属

ただしどちらも本来の縦長の画像を無理やり正方形に仕立てた画像である


・その他諸々
要ジャンル編集
あとe-onkyoはいい加減こういうファイル命名規則やめたら? 機能してないでしょ。

・音質所感
私が今まで聴いてきたおおよそ「リマスター」と名付けられたありとあらゆる音源の中で、最高クラスの音質向上が実感できた。
従来のCDがヴェルトールなら、このリマスター・ハイレゾ音源はヴェルトールセカンドって具合である。ハイパーモードである。そうだ、こういう音が聴きたかったのだ。
そしてたまげたのはANÚNAによる新規楽曲で、もはやゼノギアスって感じである。

ゼノギアスの音楽を20年間聴き続けたファンに対する、実に素晴らしい音の贈り物。


・雑感
Blu-ray Disc Musicという誰得なディスクは立派なパッケージを含めて税別5500円で売り、画像も含めて一切価値ある付属データのないハイレゾ音源は7200円で売る。

こういうことになったひとつの理由として、売る側がこういうことをしているから、というのは確実にあると思う。



なぜハイレゾ音源を買うのか

【ハイレゾ音源備忘録】 目次


Roon関連記事まとめ

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答