*

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

公開日: : 最終更新日:2017/12/08 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,600 万曲以上、月額1,960円 – Phile-web

CDクオリティでのロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が、日本で12月8日にスタートする。月額制で、価格は1,960円(税込)。

PCでの使用時は、CDと同じクオリティの、44.1kHz/16bitのFLACでストリーミング再生することが可能。配信楽曲数は3,600万曲以上。邦楽も当初から用意し、順次拡大するとしている。

なお日本での展開は、DEEZERとオンキヨー&パイオニアマー ケティングジャパン、ヤマハとのパートナーシップで行う。キャンペーンも行われ、オンキヨー&パイオニアのDAPと、ヤマハのMusicCast対応製品を購入すると、3ヶ月の無料トライアルを提供する。


 ついにきたか。
 しかもいきなりオンキヨー&パイオニア・ヤマハと組んでくるあたり、相当に本気なのだろう。


「自分の音源ライブラリ」の未来


 個人的には、Deezer HiFiがどれだけ普及するかというよりも、「オーディオ趣味においてストリーミングは立派なソースになり得る」という認識の拡大、そして「音楽ストリーミングサービスの受け皿として単体ネットワークオーディオプレーヤーの価値が見直される」ことを期待している。


CES2015の「Streamer」に見るネットワークオーディオプレーヤーの復権


 問題があるとすれば、日本国内で流通しているネットワークオーディオプレーヤーでDeezerに対応する製品が少ないこと。ぱっと思いつくものといえばCocktail Audioくらいしかない。
 もっとも、オンキヨー&パイオニアとヤマハの製品は海外では既にDeezerに対応しているので(参考)、日本でもあっという間に対応ということになるだろう。→早速対応(ヤマハ)こっちも対応(オンキヨー&パイオニア)
 日本のネットワークオーディオプレーヤー市場では、TIDALにせよSpotifyにせよ、本格的な音楽ストリーミングサービスに対応する製品はLINNやらLUMINやら、高級機が先行した感がある。一方で今回のDeezer HiFiは、比較的安価な製品から広まっていくことになりそうだ。

 待ちに待った「ロスレス音楽ストリーミングサービス」が、「日本で」、「正式に」、「比較的安価な製品でも」利用可能になることで、ネットワークオーディオの領域に良い影響がもたらされることを願っている。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

Roon 1.3 (Build 208)とTIDAL Masters

TIDAL MASTERS with MQA  RoonのBuild 208の更新内容とし

記事を読む

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SOtM sMS-200 運用・音

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCの再生ソフトのコントロールアプリ

 とりあえずこの記事も参照。  私は、いわゆるPCオーディオといわゆるネットワークオーディ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第167回『serial experiments lain』

画質:8 音質:9 映像はAVC、音声はリニアPCM16bitステレオ 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第173回『バットマン ビギンズ』

画質:8 音質:10 映像はVC-1、音声はドルビーTRUEHDの16bit 画質に

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Michael Jackson / Bad

・アーティスト / アルバムタイトル Michael Jackson / Bad ・購入元

記事を読む

オーディオラックを替えたりいろいろ

 サブウーファーを導入した段階ではまだなんとかなった。  オーディオ用PCを導入したこ

記事を読む

Qobuzがハイレゾストリーミングを開始

 何を使ってどんな仕組みでどんな具合にハイレゾを配信するのかは分からないが、とりあえず始まっ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 PCをサーバーとして使う/foobar2000 UPnP Server

 いまさらfoobar2000のDLの仕方から設定から何から書く必要はあるのか?  ……と思うとこ

記事を読む

【BDレビュー】第263回『アナと雪の女王』

国内盤。 画質:15☆ 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑