*

2Wayシアターというのも悪くない

画質を取るか、迫力を取るか
画質が迫力を凌駕する瞬間


 いわゆる2Wayシアター。
 「テレビ」と「プロジェクター&スクリーン」の両方を備え、時と場合によってそれぞれを使い分けるシステム。

 かつては、システムのシンプルさやクオリティの追求という観点から、テレビとプロジェクターであれば、迷うことなくプロジェクターを選択していた。液晶テレビもプラズマテレビもプロジェクターも「完全な黒」を実現できない以上、プロジェクター&スクリーンが実現する「大画面」が圧倒的な強みを持っていたからだ。そんなわけでVictor DLA-X30を導入して以来、私のシアタールームにテレビの居場所はなかった。

 しかし、UHD BDの登場とともにディスプレイに4Kの解像度とHDR対応が求められ、さらに有機ELが現実的な選択肢として登場したことで、テレビとプロジェクターの関係は大きく変わった。
 プロジェクターで満足のいく4K/HDRを実現しようと思えば、六桁では収まりそうもない投資が必要になる。それに対し、有機ELではその数分の一の価格で完璧な4K/HDRに対応し、しかもプロジェクターでは到底実現し得ない「完全な黒」が手に入る。大画面=迫力だけでなく、人並みに画質も求めていた手前、「どちらか選べ」と言われた時、プロジェクターを積極的に選ぶのが非常に難しくなってしまったのである。

 LG OLED55B6Pを導入するにあたって、DLA-X30を使い続けるか否かは正直なところ非常に悩んだ。一応OLED55B6Pを導入した後も使えるようにはしておいたが、出番がなくなるようならさっさと取り外すつもりでいた。

 こうして(天吊り金具から取り外すのが面倒だったこともあり)2Wayシアターの形態になったわけだが、実際のところ、DLA-X30は今でも活躍している。
 4K/HDR環境が求められるUHD BDをプロジェクターで見ることはほとんどなくなったとはいえ、そうでないBD、そしてゲームなんかだと、画質よりも大画面の方が最終的な楽しさに寄与する場面が多い。逆に視点移動の激しいゲームをスクリーンのような大画面で遊ぶと猛烈に楽しい反面猛烈に疲れるという問題もあり、難しいところだ。
 ちなみにゲームに関しては、常に画面に表示される諸々の情報が有機ELに焼き付きを起こすのではないかという懸念を捨てきれず、積極的にテレビに映せていないという別の理由もあ。


 55インチに出現したスライム


 100インチに出現したスライム

 
 どちらに迫力があるかと言われたら、そりゃもちろん、100インチだろう。
 昨今の映像が進化したゲームは、大画面の恩恵を如実に受ける。


 結局、「クオリティの追求のためにテレビとプロジェクターのどちらかに一本化しなければ」と悩むより、「両方使えるなら両方使ってしまえ」と考える方がずっと楽だし、楽しかった。システムの複雑化? 何を今さら。
 
 「2Wayシアターだと! どっちつかずでクオリティを追求できないシステムなんて!」などと、僅かでもそんな風に考えてしまった己の不明を恥じねばなるまい。


 ……とは言いつつ、「75インチくらいの有機ELテレビを入れればさすがにプロジェクターは要らないんじゃないか?」とか、「高級プロジェクターを導入して壁と天井を完全に真っ黒にすれば有機ELがなくても画質的に満足できるんじゃないか?」とか、先立つものもないくせにそんなことを考えている自分もいる。

 さて、夢を見るのも大概にして、プロジェクターでDOOMでもやるか。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

【Dolby Atmos/DTS:X】スピーカーの配置② ― 天井にスピーカーを設置できない場合

 前回の記事で、私の部屋におけるスピーカーの配置を下図のとおり決定した。  ただし、こ

記事を読む

ECLIPSE TD316SWMK2 いろんなタイトルとの組み合わせ④

0.1の壁 導入編 リファレンスBD10タイトルとの組み合わせ いろんなタイトルとの組み合わせ

記事を読む

WaversaSystems WSmartHub

WaversaSystems WSmartHub オリオスペックとzionote、超低ノイズ設

記事を読む

【レビューまとめ】fidata HFAS1-XS20 ― 専用機であるということ

外観編 音質・サーバー編 音質・ミュージックサーバー編 fidataのCDトランス

記事を読む

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

『ネットワークオーディオ』とは何か ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要

記事を読む

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。 【アプリ紹介】Plug

記事を読む

【BDレビュー】第269回『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』

画質:14 音質:12 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

みんなでRoonを翻訳しようプロジェクト

 Roonのコミュニティ的な話題なのでちょっとアレかなと思い、RoonのEnno Vandermee

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑