*

2Wayシアターというのも悪くない

画質を取るか、迫力を取るか
画質が迫力を凌駕する瞬間


 いわゆる2Wayシアター。
 「テレビ」と「プロジェクター&スクリーン」の両方を備え、時と場合によってそれぞれを使い分けるシステム。

 かつては、システムのシンプルさやクオリティの追求という観点から、テレビとプロジェクターであれば、迷うことなくプロジェクターを選択していた。液晶テレビもプラズマテレビもプロジェクターも「完全な黒」を実現できない以上、プロジェクター&スクリーンが実現する「大画面」が圧倒的な強みを持っていたからだ。そんなわけでVictor DLA-X30を導入して以来、私のシアタールームにテレビの居場所はなかった。

 しかし、UHD BDの登場とともにディスプレイに4Kの解像度とHDR対応が求められ、さらに有機ELが現実的な選択肢として登場したことで、テレビとプロジェクターの関係は大きく変わった。
 プロジェクターで満足のいく4K/HDRを実現しようと思えば、六桁では収まりそうもない投資が必要になる。それに対し、有機ELではその数分の一の価格で完璧な4K/HDRに対応し、しかもプロジェクターでは到底実現し得ない「完全な黒」が手に入る。大画面=迫力だけでなく、人並みに画質も求めていた手前、「どちらか選べ」と言われた時、プロジェクターを積極的に選ぶのが非常に難しくなってしまったのである。

 LG OLED55B6Pを導入するにあたって、DLA-X30を使い続けるか否かは正直なところ非常に悩んだ。一応OLED55B6Pを導入した後も使えるようにはしておいたが、出番がなくなるようならさっさと取り外すつもりでいた。

 こうして(天吊り金具から取り外すのが面倒だったこともあり)2Wayシアターの形態になったわけだが、実際のところ、DLA-X30は今でも活躍している。
 4K/HDR環境が求められるUHD BDをプロジェクターで見ることはほとんどなくなったとはいえ、そうでないBD、そしてゲームなんかだと、画質よりも大画面の方が最終的な楽しさに寄与する場面が多い。逆に視点移動の激しいゲームをスクリーンのような大画面で遊ぶと猛烈に楽しい反面猛烈に疲れるという問題もあり、難しいところだ。
 ちなみにゲームに関しては、常に画面に表示される諸々の情報が有機ELに焼き付きを起こすのではないかという懸念を捨てきれず、積極的にテレビに映せていないという別の理由もあ。


 55インチに出現したスライム


 100インチに出現したスライム

 
 どちらに迫力があるかと言われたら、そりゃもちろん、100インチだろう。
 昨今の映像が進化したゲームは、大画面の恩恵を如実に受ける。


 結局、「クオリティの追求のためにテレビとプロジェクターのどちらかに一本化しなければ」と悩むより、「両方使えるなら両方使ってしまえ」と考える方がずっと楽だし、楽しかった。システムの複雑化? 何を今さら。
 
 「2Wayシアターだと! どっちつかずでクオリティを追求できないシステムなんて!」などと、僅かでもそんな風に考えてしまった己の不明を恥じねばなるまい。


 ……とは言いつつ、「75インチくらいの有機ELテレビを入れればさすがにプロジェクターは要らないんじゃないか?」とか、「高級プロジェクターを導入して壁と天井を完全に真っ黒にすれば有機ELがなくても画質的に満足できるんじゃないか?」とか、先立つものもないくせにそんなことを考えている自分もいる。

 さて、夢を見るのも大概にして、プロジェクターでDOOMでもやるか。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

スポンサーリンク


関連記事

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Nimitra C

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v=dz6-Igq9_KY

記事を読む

【BDレビュー】第265回『THE RAID 2 / ザ・レイド GOKUDO』 北米盤

突撃死亡塔 黒金任務 2購入記念。 画質:8 音質:8 映像:AV

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第153回『THIS IS IT』

画質:無評価 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質につ

記事を読む

BENCHMARK DAC2 HGC を買った

 やってきましたBENCHMARK DAC2 HGC。  きっかけは、MAJIK DS-IのDSと

記事を読む

【祝】『ターミネーター2』がUHD BD化

StudioCanal: Remastered Terminator 2 Prepped for 4

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第134回『X-MEN』

画質:9 音質:9 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。この仕様は今回のBO

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第97回『ダークシティ』 北米盤

※日本盤は買ってはいけない。画も音も劣化した挙句ディレクターズカット版ではない※ 画質

記事を読む

【音源管理の精髄】DSDIFFからDSFへの変換

 DSDのファイルには大きくDSDIFFとDSFがある。WSDというのもあるが、一般ユーザーにとって

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第224回『獣兵衛忍風帖』

BD化されていたという事実を三か月も見過ごしていたとは……不覚! 画質:9 音質:6

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑