*

画質を取るか、迫力を取るか

ホームシアターにおけるプロジェクターの行く末

 以前は市場動向や将来性という点から「テレビかプロジェクターか」を悩んでいた。
 ところがUHD BDの本格的な始動を受けて、以前とは別の、そして映像機器としてより根本的な問題がにわかに立ち現れた。
 「画質を取るか、迫力を取るか」ということである。


 UHD BDはその十全な再生のために、ディスプレイに以下の二点を要求する。

・ネイティブ4K解像度
・HDR表現のための強靭なコントラスト性能

 この二点を満足しようと思った時、プロジェクターは機器本体や完全暗室環境の構築などで巨大な投資が必要なのに対し、テレビであれば桁が一つ小さくて済む。
 よって現実的には、画質を取ろうと思えばテレビ、迫力を取ろうと思えばプロジェクターを選択することになる。この対立軸そのものはずっと昔から存在しただろうが、UHD BDの登場によっていよいよその存在が浮き彫りにされた格好だ。
 もっとも、BDは映像ソースとして極めて高い品質が実現されており、それを映すプロジェクターの画質が悪いわけでは決してないのだが。あくまでも比較すれば、の話である。
 無限の資金力さえあれば、ちゃっちゃと部屋の壁と天井を全部真っ黒にしてJVCのDLA-Z1あたりを導入すれば片が付くのだろうが、あいにくそんな資金力はない。


 年がら年中画質が云々と言っている身として、4K解像度とHDRのために、素直にテレビに移行出来ればどれだけ楽かと思う。しかし、そう簡単に踏ん切りがつかないのは、「迫力」が想像以上に大きな問題だからだ。

 端的に言って、テレビは小さい。
 65インチには到底手が出ない私にとって現実的な選択になるのは55インチだが、昔の写真で既存の100インチスクリーンと比べると、サイズの差は一目瞭然だ。
20160920%e7%94%bb%e8%b3%aa%e8%bf%ab%e5%8a%9b

 むしろSapphireがでかすぎる。


 きちんと吟味して選んだテレビであれば、間違いなく画質は向上するだろう。4K解像度、HDR、どちらも現在使用しているプロジェクターのDLA-X30ではどう頑張っても実現できない要素である。
 それ以前に、4KかつHDRに完全対応したディスプレイがなければ、UHD BDのきちんとしたレビューなど不可能だ。【UHD BDレビュー】だって、いつまでも暫定版というわけにもいくまい。
 ついでに、せっかくPS4 Proを買うのだから、4K/HDRゲーミングも是非体験してみたい。PS4 Proのゲームはネイティブ4Kレンダリングではないとか、UHD BDだって現状は2Kマスターの作品がほとんどなのだ、こまけえことはいいんだよ。

 ただ、画面の大きさ=迫力は、画質と同等あるいはそれ以上に、「体験の質」に直結する。冷静に考えれば55インチが小さいわけではないのだが、それでもプロジェクターとスクリーンが実現する画面サイズには遠く及ばない。
 ホームシアターという趣味において、画面サイズは基本的に「でかいは正義」である。「でかい画面とすごい音」こそが「ホームシアターならではの特別な感覚」を生み出す。でかければそれだけで楽しいのである。

 楽しくなければ意味がないのだ。プロジェクターを放逐してテレビに舞い戻った時、画面サイズと引き換えに手に入れた画質の向上は、はたして以前と同等以上の「楽しさ」をもたらしてくれるのだろうか。


 やはり2ウェイシアターか。
 UHD BDによって、シンプルとは最もかけ離れたシステムが最適解になるとは、いやはやなんとも。



【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースシアターへの道・まとめ

【UHD BDレビュー】総まとめ

【BDレビュー】総まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。 1536×153

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第159回『風の谷のナウシカ』

画質:7 音質:6 映像はAVC、音声はリニアPCMの24bitステレオ 画質につい

記事を読む

BubbleUPnPとJPLAY 6.2がQobuzに対応

 BubbleUPnPがQobuzに対応。  汎用アプリでありながらTIDALとQobuzに両対応

記事を読む

LUMIN U1を試す ハード編

 LUMINのネットワークオーディオトランスポート、U1。  データの再生機能という「プレーヤー」

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第165回『劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~』

画質:8 音質:8 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について。

記事を読む

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。 Introduci

記事を読む

【BDレビュー】第279回『猿の惑星:新世紀(ライジング)』

 色々とおまけつき。  それはそうとパッケージデザイン酷過ぎない? ポスターじゃあるまいし……

記事を読む

LUMIN L1 続・音質編

前の記事  前回の試用ではS1との組み合わせだったが、本導入の今となってはA1との組み合わ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第177回『セブン』

画質:13 音質:9 映像はVC-1、音声はDTS-HDMAの7.1ch、24bit

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】アオのふるさと:鬼越蒼前神社(岩手県滝沢市)

 既に地元ではない気もするが別に構うまい。  というわけでひ

NetAudio vol.28で記事を執筆しました

NetAudio vol.28 - Phile-web  昨

4,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年10月19日をもって、4,000,00

SFORZATO DSP-Doradoとfidata HFAS1-XS20を導入した

「純粋なネットワークオーディオ」への憧憬 続・「純粋なネットワークオ

月刊HiVi 2017年11月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 11月号 10/17発売 「ロマンポルノ」を

【ホームシアターでゲームをしよう!】第3回『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』

https://www.youtube.com/watch?v

TIAS2017の思い出

 色々あるが、最も印象に残ったのはナスペックブースでのPlayback

【イベント報告】東京インターナショナルオーディオショウ2017 於:トライオードブース

予告:東京インターナショナルオーディオショウに参加します  

【ホームシアターでゲームをしよう!】第2回『ドラゴンクエストⅪ 過ぎ去りし時を求めて』

https://www.youtube.com/watch?v

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / 蜃気楼

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【ホームシアターでゲームをしよう!】再始動

 諸事情により、第1回『The Last of Us』以来

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / Precious Morning

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

【BDレビュー】第345回『RWBY Volume 4』

画質:8 音質:6 (評価の詳細についてはこの記事を参

JPLAYの入門ガイドを作成しました

JPLAY日本語公式ページ →PCオーディオ入門者向け設定ガイド

月刊HiVi 2017年10月号に記事を執筆しました【おまけつき】

月刊HiVi 10月号 9/16発売 祝35周年・UHDブ

【ハイレゾ音源備忘録】Helge Lien Trio / Guzuguzu

おまえの新譜グズグズじゃねーか(歓喜) ・アーテ

【ハイレゾ音源備忘録】Tingvall Trio / Cirklar

・アーティスト / アルバムタイトル Tingvall

【ハイレゾ音源備忘録】Julian Lage / Arclight

・アーティスト / アルバムタイトル Julian La

【レビュー】DSP-Dorado 音質編

外観・導入編 設定・運用編 ・再生環境(詳細)

【UHD BDレビュー】第33回『ザ・コンサルタント / The Accountant』

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

→もっと見る

PAGE TOP ↑