*

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

Asset UPnP 導入・設定・運用編


 約一年半ぶりのメジャーアップデート。
 さてどうなった。


 まずはRelease 5.1のおさらい。
 画像はクリックで拡大する。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー


 アルバムビューで、不特定多数のアルバムアートが劣化する症状(バグ?)
 参考:サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る


 フォルダ掘り、もしくはトラックのレベルでは大丈夫なんだが。




 Asset UPnPは、多機能ゆえのある種のとっつきにくさや詰めの甘い部分は見られるものの、「Dynamic Browsing」と「Advanced Search」という強力な機能により、ユーザーが音源に込めた数多の情報に万全に応える。ライブラリの活用という点では、UPnP/DLNAサーバーソフトの中で最強と言える。



 で、Release 6。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー
 色々と変わった。そして黒い。


 目に付くのは「New Album」と「Additional」。


 「New Album」はAsset UPnPに新しく追加された音源の並び。地味に便利。


 「Additional」は「Advanced Search」が名前を変えたもので、中身の項目も結構変わった。「Chorus」「Orchestra」「Soloists」「Instrument」なんかは消滅した。あまりにも使うユーザーが少なかったからだろうか。まぁ、後からナンボでも追加できるのがAsset UPnPの良いところだ。



 直ってないじゃないか(絶望)



 ツリーの構造に「root」が加わった。
 「Composer」と「Genre」では初期状態で設定されている。


 コレは「振出しに戻る」的な項目で、例えば「Genre」で「Celtic」を選択すると、「Celtic」でソートをかけたうえで「Genre」以外の項目に再び戻る、というもの。
 「root」をうまく使えば、通常の項目でも「Dynamic Browsing」的な選曲が可能になる。とはいえ煩雑すぎる気がしないでもない。




 いや、別にそんなところまでカスタマイズしなくても……




 そして今回の目玉。

Asset Collections: create add additional asset instances, each with different audio libraries


 ……つまり、Asset UPnP単独で、複数のサーバーを作成できるようになった。


 百聞は一見に如かず。






 要は、「サーバーソフトの複数同時運用」を、Asset UPnP単独で可能にする機能だと言える。強い。
 あと、得も言われぬ挙動の不安定さを感じることがあったRelease 5系列に比べると、全体的に安定&高速化した印象を受ける。

 もう全部こいつ一人でいいんじゃないかな。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

RoonとLUMIN A1とAirPlayでRoon Readyの雰囲気を先取る

Roon Ready、Roon Server、Roon Core、Roon Remote

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】Kazoo Server

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Linn Kazoo』

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

Roon関連記事まとめ

 音楽愛好家のための「総合音楽鑑賞ソフト」、Roon。  「聴くだけにとどまらない多面的な音楽の楽

記事を読む

別に無理して「プレーヤー」にしなくても……

 一昔前、「ネットワークオーディオプレーヤーと名乗りながらUSB DACとしても使える」ような製品に

記事を読む

画質が迫力を凌駕する瞬間

画質を取るか、迫力を取るか  ≒テレビか、プロジェクターか。  4K/HDRをあっという間に

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 設置・接続・音質編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

【BDレビュー】第289回『装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版』

画質:7 音質:9 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Audio

記事を読む

【音源管理の精髄】 普遍的なライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 『普遍的なライブラリ』とは、 ・大元となる音源(CDやダウンロードしたファイル)からの情

記事を読む

DELA N1Z 来たる

 色々と御縁があり試用する機会に恵まれた。  LUMIN L1同様、まずは開梱&外観&初回起動

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『ブレードランナー』がUHD BD化

Blu-ray.comのニュース Warner Bros. Ho

HDR考/続・「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか

「4Kマスターではない」等のUHD BDをどう捉えるべきか そのUH

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

→もっと見る

PAGE TOP ↑