*

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

Asset UPnP 導入・設定・運用編


 約一年半ぶりのメジャーアップデート。
 さてどうなった。


 まずはRelease 5.1のおさらい。
 画像はクリックで拡大する。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー


 アルバムビューで、不特定多数のアルバムアートが劣化する症状(バグ?)
 参考:サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る


 フォルダ掘り、もしくはトラックのレベルでは大丈夫なんだが。




 Asset UPnPは、多機能ゆえのある種のとっつきにくさや詰めの甘い部分は見られるものの、「Dynamic Browsing」と「Advanced Search」という強力な機能により、ユーザーが音源に込めた数多の情報に万全に応える。ライブラリの活用という点では、UPnP/DLNAサーバーソフトの中で最強と言える。



 で、Release 6。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー
 色々と変わった。そして黒い。


 目に付くのは「New Album」と「Additional」。


 「New Album」はAsset UPnPに新しく追加された音源の並び。地味に便利。


 「Additional」は「Advanced Search」が名前を変えたもので、中身の項目も結構変わった。「Chorus」「Orchestra」「Soloists」「Instrument」なんかは消滅した。あまりにも使うユーザーが少なかったからだろうか。まぁ、後からナンボでも追加できるのがAsset UPnPの良いところだ。



 直ってないじゃないか(絶望)



 ツリーの構造に「root」が加わった。
 「Composer」と「Genre」では初期状態で設定されている。


 コレは「振出しに戻る」的な項目で、例えば「Genre」で「Celtic」を選択すると、「Celtic」でソートをかけたうえで「Genre」以外の項目に再び戻る、というもの。
 「root」をうまく使えば、通常の項目でも「Dynamic Browsing」的な選曲が可能になる。とはいえ煩雑すぎる気がしないでもない。




 いや、別にそんなところまでカスタマイズしなくても……




 そして今回の目玉。

Asset Collections: create add additional asset instances, each with different audio libraries


 ……つまり、Asset UPnP単独で、複数のサーバーを作成できるようになった。


 百聞は一見に如かず。






 要は、「サーバーソフトの複数同時運用」を、Asset UPnP単独で可能にする機能だと言える。強い。
 あと、得も言われぬ挙動の不安定さを感じることがあったRelease 5系列に比べると、全体的に安定&高速化した印象を受ける。

 もう全部こいつ一人でいいんじゃないかな。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 DSDについて 【ネットワークオーディオTips】

 技術詳細はwikiへ。  Direct Stream Digital / Wikipedia

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ハード編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

【音源管理の精髄・応用編】 クラシックの音源でこそタグが輝く 【ネットワークオーディオTips】

 ベートーヴェンの交響曲第5。  冒頭、運命が扉を叩く音。  その10秒程度の音だけを、指揮者を

記事を読む

【おしらせ】音展2014に参加します

 ユーザー代表? として、LUMIN製品について話すことになりました。  会場と時間帯は以

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第128回『リベリオン』

画質:8 音質:9→11 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの16bit。 画

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第129回『007 慰めの報酬』

画質:15 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit。 画質につ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】あえて単体サーバーを導入するメリットとデメリット

 この記事で言う「単体サーバー」とは、「オーディオのためだけに使うサーバー機器」を指す。  要する

記事を読む

Leema Acoustics Sirius audiophile music server

 日本未上陸のネットワークオーディオ関連機器をなんとなく紹介するシリーズ。 Leema A

記事を読む

【音源管理の精髄】 ネットワークオーディオのメリット 【ネットワークオーディオTips】

 「はじめに」で既に書いたことではあるが、  居ながらにしてすべてを見、すべてを操ることで

記事を読む

【アニソンオーディオ】 リファレンス・アニソン10選

 アニソンオーディオの中で面白いと思った記事なので便乗。  めんどくさい部分は省くが、なるべく紙面

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

DELA N1ZSの後継モデル

DELA、ミュージックライブラリーの最上位「HA-N1ZS20/2A」

NetAudio vol.29で記事を執筆しました

 本日発売。  なんとも光栄なことに、2017年のネットオー

HiVi 2018年2月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 昨日発売。 月刊HiVi 2月号 1/17発売「HiViグ

【レビュー】SOULNOTE A-2 音質編

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 愛によ

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧

【CES2018】RoonのMQA対応、そしてAudirvanaが……Windowsに……!?

MQA Expands its Reach - stereophile

SOULNOTE A-2 ― Dynaudio Sapphireへの捧げもの

【レビュー】Dynaudio Sapphire  Dynaudi

生涯最高のカレンダー

 最高すぎる。 2018 磯野宏夫カレンダー

言の葉の穴 2017-2018

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴・2017年のハイライト

 オーディオネタも地元ネタもごちゃまぜのセレクション。  年の初めか

【レビュー】SOtM tX-USBultra

 どれだけPCとのUSB接続にオーディオ的な問題があると言っても、現に

【ネットワークオーディオTips】fidata Music App

【2017/12/30 アプリの正式リリースに伴い記事を更新】

【ハイレゾ音源備忘録】大原ゆい子 / 煌めく浜辺(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【ハイレゾ音源備忘録】YURiKA / 鏡面の波(アニメ盤)

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

【BDレビュー】第354回『宝石の国』

アニメ『宝石の国』が素晴らしい  付

Roon 1.4でiOS端末をOutputとして使用可能になった

Roon 1.4 Is Live! - Roon Labs Ne

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はUHD BDでリリースされるのだろうか

 最後のジェダイを先日見てきた。  あるシーンでは「最初からそれをや

【ハイレゾ音源備忘録】Bruce Springsteen / Born to Run – 30th Anniversary Edition

・アーティスト / アルバムタイトル Bruce Spr

【ハイレゾ音源備忘録】The Beatles / Sgt. Peppers Lonely Hearts Club Band (Deluxe Anniversary Edition)

 祝・ビートルズのハイレゾ音源初配信。 ・アーティス

→もっと見る

PAGE TOP ↑