*

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

Asset UPnP 導入・設定・運用編


 約一年半ぶりのメジャーアップデート。
 さてどうなった。


 まずはRelease 5.1のおさらい。
 画像はクリックで拡大する。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー


 アルバムビューで、不特定多数のアルバムアートが劣化する症状(バグ?)
 参考:サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る


 フォルダ掘り、もしくはトラックのレベルでは大丈夫なんだが。




 Asset UPnPは、多機能ゆえのある種のとっつきにくさや詰めの甘い部分は見られるものの、「Dynamic Browsing」と「Advanced Search」という強力な機能により、ユーザーが音源に込めた数多の情報に万全に応える。ライブラリの活用という点では、UPnP/DLNAサーバーソフトの中で最強と言える。



 で、Release 6。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー
 色々と変わった。そして黒い。


 目に付くのは「New Album」と「Additional」。


 「New Album」はAsset UPnPに新しく追加された音源の並び。地味に便利。


 「Additional」は「Advanced Search」が名前を変えたもので、中身の項目も結構変わった。「Chorus」「Orchestra」「Soloists」「Instrument」なんかは消滅した。あまりにも使うユーザーが少なかったからだろうか。まぁ、後からナンボでも追加できるのがAsset UPnPの良いところだ。



 直ってないじゃないか(絶望)



 ツリーの構造に「root」が加わった。
 「Composer」と「Genre」では初期状態で設定されている。


 コレは「振出しに戻る」的な項目で、例えば「Genre」で「Celtic」を選択すると、「Celtic」でソートをかけたうえで「Genre」以外の項目に再び戻る、というもの。
 「root」をうまく使えば、通常の項目でも「Dynamic Browsing」的な選曲が可能になる。とはいえ煩雑すぎる気がしないでもない。




 いや、別にそんなところまでカスタマイズしなくても……




 そして今回の目玉。

Asset Collections: create add additional asset instances, each with different audio libraries


 ……つまり、Asset UPnP単独で、複数のサーバーを作成できるようになった。


 百聞は一見に如かず。






 要は、「サーバーソフトの複数同時運用」を、Asset UPnP単独で可能にする機能だと言える。強い。
 あと、得も言われぬ挙動の不安定さを感じることがあったRelease 5系列に比べると、全体的に安定&高速化した印象を受ける。

 もう全部こいつ一人でいいんじゃないかな。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 いざ、リッピング――機械任せにしてはいけない! 【ネットワークオーディオTips】

 PC/ネットワークオーディオが隆盛を極めたところで、CDの価値が消えてなくなるわけではない。  

記事を読む

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC

記事を読む

【システム】 Dynaudio Audience122

 思い出深い初Dynaudio、Audience122。  東日本大震災でぶっ倒れてもなお、力強く

記事を読む

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2017/03/12初出の記事を更新・追記】 『オペラ

記事を読む

【イベントレポート】ネットワークオーディオ実践セミナー・アバック大阪梅田店

【ネットワークオーディオで実現する快適な音楽鑑賞空間の構築】全国横断実践セミナー  8月1日と

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第21回『パイレーツ・オブ・カリビアン3』

画質:14 音質:8 映像はAVCの完全不定。 音声はリニアPCMの4.6. 画質

記事を読む

【音源管理の精髄】 MediaMonkeyでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 PCオーディオの文脈で、MediaMonkeyを取扱う記事はそれなりに多い。  しかし、Medi

記事を読む

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。 画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

記事を読む

【ネットワークオーディオ・実践編】必要なハードウェア

 必要不可欠なハードウェア。機器類。  各論に走ってしまうと全体像が見え辛くなるので、まずはこ

記事を読む

【BDレビュー】第297回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』

 完結がいつになるのかまったくわからなくなった記念。 画質:9 音質:9

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【UHD BDレビュー】第42回『未知との遭遇』 米国盤

画質:6 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第41回『ブレードランナー』 【Dolby Atmos】

ようやく昨日2049を見てきました 【BDレビュー】

月刊HiVi 2017年12月号に記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 12月号 11/17発売 半

【BDレビュー】第348回『この世界の片隅に』

画質:9 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を

TuneBrowserを用いたPCのネットワークオーディオプレーヤー化

 四年ほど前から、TuneBrowserというWindows用の再生ソ

【BDレビュー】第347回『夜明け告げるルーのうた』

画質:8 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

Twonky Server 8.5、WAVのタグが……!

 こないだ、Twonky Serverのバージョンが8.5になった。

【BDレビュー】第346回『BLAME!』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / UNTITLED

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan & bohemianvoodoo / color & monochrome 2

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【祝】『ダンケルク』にあわせて『バットマン ビギンズ』・『ダークナイト』・『ダークナイト ライジング』・『インセプション』・『インターステラー』がまとめてUHD BD化

 海外に続き日本でも正式に発表された。 『ダンケルク』の4K

【ハイレゾ音源備忘録】Keishi Tanaka feat. fox capture plan / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル Keishi Ta

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan feat. Keishi Tanaka / 透明色のクルージング

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

LUMIN D2

 1じゃない……2だ! http://www.luminmu

さらば、PlugPlayer

 ちょっと今更感が漂う気もするが、やはり決着をつけておかなければ。

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / FRAGILE

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】fox capture plan / COVERMIND

・アーティスト / アルバムタイトル fox captu

【ハイレゾ音源備忘録】Kygo / Kids in Love

・アーティスト / アルバムタイトル Kygo / Ki

【ハイレゾ音源備忘録】Sam Smith / The Thrill Of It All (Special Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Sam Smith

【イベント情報】11/18(土)にダイナミックオーディオ5555でファイル再生のセミナーを行います

前回 前回の報告  超盛況だった前回を受けて各方面の御理解

→もっと見る

PAGE TOP ↑