*

Asset UPnP Release 6

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

Asset UPnP 導入・設定・運用編


 約一年半ぶりのメジャーアップデート。
 さてどうなった。


 まずはRelease 5.1のおさらい。
 画像はクリックで拡大する。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー


 アルバムビューで、不特定多数のアルバムアートが劣化する症状(バグ?)
 参考:サーバーソフトの画像配信能力をぶった斬る


 フォルダ掘り、もしくはトラックのレベルでは大丈夫なんだが。




 Asset UPnPは、多機能ゆえのある種のとっつきにくさや詰めの甘い部分は見られるものの、「Dynamic Browsing」と「Advanced Search」という強力な機能により、ユーザーが音源に込めた数多の情報に万全に応える。ライブラリの活用という点では、UPnP/DLNAサーバーソフトの中で最強と言える。



 で、Release 6。


 設定画面




 初期状態のナビゲーションツリー
 色々と変わった。そして黒い。


 目に付くのは「New Album」と「Additional」。


 「New Album」はAsset UPnPに新しく追加された音源の並び。地味に便利。


 「Additional」は「Advanced Search」が名前を変えたもので、中身の項目も結構変わった。「Chorus」「Orchestra」「Soloists」「Instrument」なんかは消滅した。あまりにも使うユーザーが少なかったからだろうか。まぁ、後からナンボでも追加できるのがAsset UPnPの良いところだ。



 直ってないじゃないか(絶望)



 ツリーの構造に「root」が加わった。
 「Composer」と「Genre」では初期状態で設定されている。


 コレは「振出しに戻る」的な項目で、例えば「Genre」で「Celtic」を選択すると、「Celtic」でソートをかけたうえで「Genre」以外の項目に再び戻る、というもの。
 「root」をうまく使えば、通常の項目でも「Dynamic Browsing」的な選曲が可能になる。とはいえ煩雑すぎる気がしないでもない。




 いや、別にそんなところまでカスタマイズしなくても……




 そして今回の目玉。

Asset Collections: create add additional asset instances, each with different audio libraries


 ……つまり、Asset UPnP単独で、複数のサーバーを作成できるようになった。


 百聞は一見に如かず。






 要は、「サーバーソフトの複数同時運用」を、Asset UPnP単独で可能にする機能だと言える。強い。
 あと、得も言われぬ挙動の不安定さを感じることがあったRelease 5系列に比べると、全体的に安定&高速化した印象を受ける。

 もう全部こいつ一人でいいんじゃないかな。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

よくある質問と検索ワードへの回答

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第310回『ターミネーター:新起動/ジェニシス』 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14→15 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声

記事を読む

Nmode X-PM7 音質編

 電源入れっ放し三日目の音質所感速報。 ○システム LUMIN A1 LU

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Stille lys (Quiet Light)

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Stille

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第31回『U-571』

潜水艦映画です。 知り合いの軍ヲタの紹介で知りました。実に面白い映画です。 とてつもない音響のソ

記事を読む

LUMIN A1のファームアップに初遭遇

 なにぶん初遭遇だったので、備忘録として。  いつものようにLUMIN Appを使って

記事を読む

【BDレビュー】第299回『007 スカイフォール』

画質:15 音質:15 映像:AVC 音声:DTS-HD Master A

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第215回『男たちの挽歌 II』

ビバップの元ネタ 画質:6 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの1

記事を読む

LFEとサブウーファーの意義を考える

 LFE。  Low-Frequency Effect。  映像音声にディスクリート収録(.1c

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Houses Of The Holy (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Houses Of

記事を読む

Roonが示すネットワークオーディオの到達点と新たな地平

『ネットワークオーディオ』とは何か ネットワークオーディオの実践に必ずしも単体プレーヤーは必要

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑