*

【地元探訪・小野小町編】磯前神社・小町泉(湯沢市桑崎字堂ノ前)

201610280103小野小町史跡

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承


 深草少将に百夜通いという条件を吹っ掛けた小野小町。
 その真の理由については想像をめぐらすほかないが、今に伝わっている理由のひとつとして、「小町はその時疱瘡(皮膚病)を患っており、文字通り少将に合わす顔がなかった」というものがある。

 そして少将の手によって芍薬が増えていく間、小町が疱瘡が治るようにと通ったのが「磯前神社」(いそざきじんじゃ)であり、その時に顔を洗ったと伝えられている清水が「小町泉」である。「いそまえ」ではなく、「いそざき」。


 磯前神社全景。
201611200107
201611200101

 村社だけあり、社殿はなかなかに立派。
201611200106

 境内の石碑群とお堂。
201611200109
201611200102
201611200103

 案内看板。
201611200108

 ちょうどその頃、小町は疱瘡を患っていたため磯前神社の傍にあった寺田山薬師如来の社(深草少将の持仏の薬師如来が祀ってあり薬師堂とも呼ばれていました。)を訪れ、清水で顔を洗い(当時この泉で顔を洗うと放送が治るといわれていました。)一日も早く治るようにお祈りをしました。
 この泉は小町泉あるいは小町姿見の池と呼ばれていました。


 というわけで、厳密には小町は磯前神社のお隣の薬師堂に通ったということになる。
 残念ながら、小町が顔を洗ったという泉は既になく、それがどこにあったのかさえ判然としない。


 さて、そうこうしているうちに時は過ぎ、とうとう百日目の夜となった。
 小町の疱瘡が治ったのか否かという話は聞かないが、まぁきっと快復していたに違いない。


 しかし、いつしか百日目の夜が訪れるのを心待ちにするようになっていた小町のもとに、深草少将はついに現れることはなかった。

 折からの大雨で増水した川に、橋ごと流されてしまったのである。

 その報せを聴いた小町の胸中はどれほどのものだっただろうか。


 小町は己の我儘が少々を殺したのだと嘆き悲しみ、少将の死は、小町のその後の人生に決定的な影響を与えることになった。


 とっぴんぱらりのぷう。



【おまけ】

 境内のお堂を拡大してみると……


 コレは「蛇」だな。
201611200104

 そして……

 ……

 !?
201611200105



【地元探訪】記事まとめ

言の葉の穴は「神様セカンドライフ」を応援しています

【創作・地元ネタ】まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【地元探訪・小野小町編】岩屋堂(湯沢市小野字別水林) その2

秋田県湯沢市雄勝町の小野小町伝承 岩屋堂 その1  前回の続き。

記事を読む

【菅江真澄紀行文】試作品が出来上がりました

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

【地元探訪】泉光院稲荷(湯沢市古館山)

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた  上の記

記事を読む

【地元探訪】記事まとめ

 様々なテーマに沿って地元の諸相を巡るシリーズのまとめ。  秋田の県南を中心に、興味関心の

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第九章「馨る女神の御膝元」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

雪国、冬、静寂

 今年は暖冬で例年と比べて随分と遅くなったが、いよいよオーディオにとって最高の季節がやってき

記事を読む

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第十章「羽後に群立つ神杉の座所」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です ※この記事はF

記事を読む

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実施中です

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA  江戸時代の紀行家・

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

「神様セカンドライフ」に地元が登場したので居ても立ってもいられず現地に行ってきた

 県南……もとい雄勝郡の存在感が薄すぎるとか言ってほんとごめんなさい。 神様セカンドライフ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑