*

【ネットワークオーディオ】 『MinimServer』を試す

公開日: : 最終更新日:2015/08/23 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓

サーバーソフトの紹介 『MinimServer』

MinimServer 導入・設定・運用編




○『MinimServer』って?
LINNがおすすめするサードパーティー製サーバーソフトのうちの一つ。
今まではずっとTwonkyServerとAsset UPnPだったが、いつの間にか追加されていた。
LUMINが組み合わせとして推奨するなど、それなりに出来のいいサーバーソフトらしい。
ネットワーク経由でDSDを配信できるという話もあるようだ。
しかし例によって情報がまったく転がっていないので、試して探って色々情報を出してみようと思った次第。


○MinimServerの基本情報
公式ページ:http://minimserver.com/index.html
英語がずらり。
Simon Nashさんという人が作って公開しているらしい。
とりあえずわかるのは、UPnP準拠のサーバーであることと、いわゆるドネーションウェアだということ。


○今回知りたいこと
・ダウンロード&インストール
・初期設定
☆ナビゲーションツリー
・アルバムアート配信の仕様
・動作速度

一番重要なのはナビゲーションツリー、すなわち「どのようにタグを仕分けてユーザーに選曲させるか」の作法である。


○ダウンロード&インストール
トップページから「Downloads」へ。
MinimServerトップページ
ダウンロード
そして各々の環境にあったものをダウンロード。
ちなみに私の環境はwin8 64bitなのでx64を。
ところで「MinimWatch」って何だ? とりあえずスルー。

ウッ!
寄付してネ!


……結論、インストールできず。
MinimServerにはJavaが必要で、ダウンロードしようと思ったらJavaのページのダウンロードリンクが死んでいるようでダウンロードすらできず。


うーむ、無様!


というわけで方向転換し、QNAPにMinimServerをインストールしてみる。
またJavaがどうのこうのJREがどうのこうのQPKGがどうのこうの、プログラム云々に疎い文系には辛く厳しい関門をどうにかくぐり抜け、やっとの思いでインストール完了。
QNAPにMinimServerをインストールした333人目。見事キリ番獲得。
インストール終了


以下、ナビゲーションツリーの確認はデスクトップ版Kinskyで行う。


○初期設定
特になし。
インストール完了とともにサーバーは勝手に走り出す。
実際にKinsky上でMinimServerが見つかることを確認。
WS000002
ちなみに参照するフォルダや諸々の設定変更をするにはMinimWatchをインストールする必要があるらしいが、PCにJavaREを入れられないのでそこまでは試せていない。
とりあえず一通りのことは初期状態でもできるようなので試行続行。


○ナビゲーションツリー(初期状態)
WS000003
・605 albums:つまり全アルバム
・8104 items:つまり全トラック
・Artist
・Date:日付(誰が使うんだこんなの……)
・Genre
・All Artists(Artistとの違いはイマイチ不明)
・Composer
・Orchestra(クラシックをメインで聴く人にとってはうれしい項目かも)

ちなみにここで「Genre」を選択すると、
WS000006
となり、例として「Celtic」を選択すると、
WS000007
となり、ここで「18 albums」を選択すると、
WS000008
やっとこうなる。

「ジャンルごとのアルバム一覧にたどり着く」まで、TwonkyServerより一手多く必要。
ちょっとめんどくさい。



○アルバムアート配信の仕様
勝手な解像度変換は認められず。
綺麗にオリジナルを配信してくれる模様。


○動作速度
TwonkyServerと遜色なし。



○総論
現時点で、ネットワーク経由でDSDを配信したいという強烈なこだわりでもない限り、別に使う必要性を感じない。
NASを使っていればたいていTwonkyServerが入っているし、わざわざ別途入れるまでもない気がする。
強いて言えばフリーなので、別途NASを用意せずPCをサーバーにしたいという人にとっては、手っ取り早い方法かもしれない。
(と言いつつ、他にも色々と選択肢はあるけど……)

今回検証できたのはあくまで初期状態のもので、MinimWatchをインストールして色々カスタマイズしてどうなるかまでは分からない。
ただし現状では、公開ページでも謳っている「Intelligent Browsing」という売り文句には同意できない。
いずれ再検証しようと思う。



ネットワークオーディオTipsまとめ

スポンサーリンク


関連記事

【RoonReady】Mytek Manhattan II 【Munich HIGH END 2016】

Mytek tease Manhattan II with MQA, streaming modul

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第216回『パルプ・フィクション』

なんだこのクソくだらない映画は……たまげたなぁ……(褒め言葉 画質:9 音質:9

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 運用編 【Roon Server】

【インプレッション】SOtM sMS-1000SQ Windows Edition 外観・仕様編

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】Dynaudio The New Contour

The New Contour - Dynaudio  そうそう、こういうのでいいんだよこ

記事を読む

【レビュー】LUMIN A1

 素材が出揃ったので、まとめ。  ちなみに本国HP、あるいは国内のHPやメディアでは「LUMI

記事を読む

JS PC Audio NH100

【魔境】ハブで音は変わるか? JS PC Audio NH100  先代のNH1

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Auro-3D……?

 実はSR8009はとっくに出ていて、日本は相変わらず無視されているだけかもしれない……なんて叶わな

記事を読む

理想のオーディオ用PCを求めて 単体サーバー編

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日 理想のオーディオ用PCを求めて ハード編 理想のオ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第94回『マトリックス・リローデッド』

昔々、高校生の頃、PS2でDVDを再生していましたとさ。 リローデッドを見ていて、101匹スミ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑