*

Asset UPnP Release 5

公開日: : 最終更新日:2015/08/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。

 詳細は公式HPを参照。

 順当な改善とバグフィックスが行われているほか、DSDにも正式に対応した。DSFのタグもきちんと拾う。
 また、DSD対応についてはサーバーソフトの側でそのまま配信、PCMにデコードして配信、DoPにして配信が選べるようになった。

DSD handling: ‘as is’ sends untouched audio/x-dff or audio/x-dsf. ‘as Wav’ decodes the DSD to PCM. ‘as DoP’ embeds the DSD bitstream into a WAVE file, requires a DoP compatible DAC


 あとは、ナビゲーションツリーの頭に申し訳程度のアイコンが付いた。
 以前はこうだったのが、
20150821Asset UPnP501

 こうなった。特に意味はない。
20150821Asset UPnP502

 ただし久々のメジャーアップデートだからか、バグなのか何なのか、よくわからない症状が出ている。

 アルバムアート(サムネイル)の解像度が落ちたり落ちなかったりする。原因不明。
 絵的に分かり辛いが右は解像度が落ちている。
 ちなみに曲単位まで下りると問題ない。詳細はコチラ
20150821Asset UPnP503

 アルバムが分裂する。原因不明。
 分裂したアルバムは中身が同じ。さらにここでもサムネイルの解像度が落ちたり落ちなかったりというオマケ付き。
 音源スキャン時のミスかと思いサーバーを再起動してみても解決せず。
20150821Asset UPnP504

 「同一アルバム・複数ディスク番号」のアルバムの中身が崩壊する。
 クロノトリガーのサントラがわけのわからない状態になっている。
20150821Asset UPnP505
 ちなみにこの症状はR5.1で直った。
20150821Asset UPnP506


 細かい部分はさておいて、DSD対応も含めて相変わらず多機能なサーバーである。
 マイナーなままでいるのはあまりにももったいない。
 なんとかしたい。
 しよう。


↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

Asset UPnP 導入・設定・運用編



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

LUMIN A1を試す・機能編 LINN DSとの徹底比較

導入編 動作編  知りたいのはまさにコレ。違う?  LINN DSを使ってそろ

記事を読む

Nmode X-PM7 導入&外観編

 MAJIK DS-Iからのデジタル出力を受けるためにDAC2 HGCを買ったはいいが、その直後にL

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

【音源管理の精髄】 世界一美しいライブラリを目指して 【ネットワークオーディオTips】

 大きく出てみた。  私にとっての『世界一美しいライブラリ』とは、 ①自らが決めたル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第81回『紀元前1万年』

画質:8 音質:5 映像はVC-1でビットレートは20前後。頭を抑えられている感じではない

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

BUFFALOの超高級NAS(価格的な意味で)

バッファロー、70万円超のオーディオ用NAS「N1Z」などハイレゾ新ブランド「DELA」

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Lightning DS』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【UHD BDレビュー】第17回『オペラ座の怪人』

『オペラ座の怪人』のUHD BD 画質:9 (画質はHD環境・BDと同じ土俵での暫

記事を読む

LUMIN L1をSSDに換装してみた

 SanDisk X300sの512GBに。  現在の私のライブラリのサイズは約400GBなの

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑