*

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。

ホームシアターでゲームをしよう!

アイコンホームシアターでゲームをしよう!2

 真っ先に伝えたいことがある。


  音楽や映像作品からより深い感動を得たいと思い、
  ゲームを含む様々なコンテンツをもっと楽しみたいと思い、
  画質・音質にこだわって環境構築のために何かしらの投資を行ったなら、
  使っている機材や投資した金額とは関係なく、
  その環境こそが紛れもないホームシアターなのである。
  特定の機材があればホームシアター、無ければホームシアターではない、
  そんな線引きなどありはしない。

  そして、コンテンツは自由。
  オーディオだからといってクラシックやジャズを聴く必要はどこにもなく、
  ホームシアターだからといって映画だけを見る必要もどこにもない。
  高尚さなど要らない。気取る意味などない。
  何を聴こうが、何を見ようが、何をしようが、楽しむことがすべて。



 単に「古くなったから買い替えよう」ではなく、「もっと綺麗で迫力のあるテレビが欲しい」との思いでテレビを買う。
 テレビやディスプレイの内臓スピーカーをそのまま使わず、手持ちのアンプ・スピーカーやヘッドホンを繋いでみる。
 それこそがホームシアターへの入り口である。
 ほんのわずかな、ささやかなこだわりであっても、それこそがホームシアターを生む。

 まずは感動ありき

 入り口は広ければ広いほどいい。
 強烈にして麗しい「最初の感動」さえあれば、クオリティへのこだわりはきっと生じる。
 そしてこだわりがあれば、システム構築に関する諸々の知識は後から付いてくる。
 すべては感動から始まる。



 というわけで、【ホームシアターでゲームをしよう!】では、ホームシアターで楽しむコンテンツの一つとしてあまりにも見過ごされている感のある『ゲーム』を取り上げ、その面白さを様々な側面から伝えていきたい。ゲームのタイトルはもちろんのこと、必要とあらば、それこそシステム構築に関する諸々の知識も紹介していく。

 言うまでもないことだが、「ホームシアターはゲームのためにある」とか、「ゲームのためにホームシアターを作れ」とか、そんなことを言いたいわけではない。ゲームを特別扱いするつもりもない。
 あくまで、ゲームはホームシアターで楽しむコンテンツとして一段下に見られがちという悲しい現状を踏まえ、それを打破すべくゲームに焦点を当てるというだけである。
 どんなコンテンツを楽しんでもいい。それこそがホームシアターの本懐だ。

 「いい音で聴けばもっと楽しい」というオーディオ&ホームシアターの根源的な魅力が、いわゆるオーディオマニアにしか伝わっていないのではあまりにももったいない。大好きなゲームをこだわった環境で遊べばもっと面白くなる。これを伝えずにはいられない。
 ただ、いくらオーディオやホームシアターという領域が絡むとはいえ、ゲームという巨大な市場にオーディオの側から媚を売っただけでゲーム愛を感じられない……そんな記事にするつもりは毛頭ない。
 
 とにかく、「ホームシアターでゲームを楽しむひとりのゲーム好き」として、ホームシアターでゲームを遊ぶことの魅力を伝えたいのである。
 結果として、「自分とホームシアターなんて無縁だ」なんて思っていた数百数千万のゲーム好きに僅かでも興味を持ってもらえたなら、現にどちらの面白さも知る者としてこれ以上の喜びはない。



【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ

スポンサーリンク


関連記事

Roon 設定・再生編

前記事 Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか Roon 導入編 Roonの「魔法」の正体

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Creation 5』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

PS4 ProがUHD BDに対応しなかったのは残念だが、それでゲーム機としての価値が減ずるわけではない

PS4 Pro  PS2で初めてDVDを見、PS3で初めてBDを見た者として、PS4 Proが

記事を読む

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製品が「どっちでも使える」と言い

記事を読む

なぜ、オーディオなのか?

 なぜ、オーディオなのか?  ここいらで、私のオーディオ遍歴を備忘録的に書いてみようと思う。

記事を読む

LUMIN A1を試す・導入編

 DAC2 HGCは素晴らしいDACだ。  USB入力もあるし、「ネットワークオーディオはコントロ

記事を読む

Nmode X-PM100 続報!

X-PM100 進捗状況 - Nmodeの部屋  画像は公式ブログより拝借。  

記事を読む

【音源管理の精髄】 そもそもUPnP/DLNAって何だ? 【ネットワークオーディオTips】

 この記事はあくまでネットワークオーディオの基礎知識として、私が聞きかじって理解している内容をまとめ

記事を読む

【音源管理の精髄】 WAVでリッピングした音源をFLAC等に変換するとタグはどうなる? 【ネットワークオーディオTips】

 今更感漂う不毛な検証第二弾。  やっぱり情報や検証事例が多いに越したことはあるまい。

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑