*

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。

ホームシアターでゲームをしよう!

アイコンホームシアターでゲームをしよう!2

 真っ先に伝えたいことがある。


  音楽や映像作品からより深い感動を得たいと思い、
  環境構築のために何かしらの投資を行ったなら、
  使っている機材や投資した金額とは関係なく、
  その環境こそが紛れもないホームシアターなのである。
  特定の機材があればホームシアター、無ければホームシアターではない、
  そんな線引きなどありはしない。

  そして、コンテンツは自由。
  オーディオだからといってクラシックやジャズを聴く必要はどこにもなく、
  ホームシアターだからといって映画だけを見る必要もどこにもない。
  高尚さなど要らない。気取る意味などない。
  何を聴こうが、何を見ようが、何をしようが、楽しむことがすべて。



 単に「古くなったから買い替えよう」ではなく、「もっと綺麗で迫力のあるテレビが欲しい」との思いでテレビを買う。
 テレビやディスプレイの内臓スピーカーをそのまま使わず、手持ちのアンプ・スピーカーやヘッドホンを繋いでみる。
 それこそがホームシアターへの入り口である。
 ほんのわずかな、ささやかなこだわりであっても、それこそがホームシアターを生む。

 まずは感動ありき

 入り口は広ければ広いほどいい。
 強烈にして麗しい「最初の感動」さえあれば、クオリティへのこだわりはきっと生じる。
 そしてこだわりがあれば、システム構築に関する諸々の知識は後から付いてくる。
 すべては感動から始まる。



 というわけで、【ホームシアターでゲームをしよう!】では、ホームシアターで楽しむコンテンツの一つとしてあまりにも見過ごされている感のある『ゲーム』を取り上げ、その面白さを様々な側面から伝えていきたい。ゲームのタイトルはもちろんのこと、必要とあらば、それこそシステム構築に関する諸々の知識も紹介していく。

 言うまでもないことだが、「ホームシアターはゲームのためにある」とか、「ゲームのためにホームシアターを作れ」とか、そんなことを言いたいわけではない。ゲームを特別扱いするつもりもない。
 あくまで、ゲームはホームシアターで楽しむコンテンツとして一段下に見られがちという悲しい現状を踏まえ、それを打破すべくゲームに焦点を当てるというだけである。
 どんなコンテンツを楽しんでもいい。それこそがホームシアターの本懐だ。

 「いい音で聴けばもっと楽しい」というオーディオ&ホームシアターの根源的な魅力が、いわゆるオーディオマニアにしか伝わっていないのではあまりにももったいない。大好きなゲームをこだわった環境で遊べばもっと面白くなる。これを伝えずにはいられない。
 ただ、いくらオーディオやホームシアターという領域が絡むとはいえ、ゲームという巨大な市場にオーディオの側から媚を売っただけでゲーム愛を感じられない……そんな記事にするつもりは毛頭ない。
 
 とにかく、「ホームシアターでゲームを楽しむひとりのゲーム好き」として、ホームシアターでゲームを遊ぶことの魅力を伝えたいのである。
 結果として、「自分とホームシアターなんて無縁だ」なんて思っていた数百数千万のゲーム好きに僅かでも興味を持ってもらえたなら、現にどちらの面白さも知る者としてこれ以上の喜びはない。



【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ

スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】BubbleUPnP Serverとfoobar2000を組み合わせる、ついでにTIDALも使う

 そもそもBubbleUPnP Serverって何だ、使うにはどうすりゃいいんだ、使うと何がどうなる

記事を読む

Nmode X-PM100!!!

 予告されていた上位機種の名称はそのものずばりX-PM100。  Nmodeのリファレンススピーカ

記事を読む

【音源管理の精髄】 JRiver Media Centerでネットワークオーディオする! 【ネットワークオーディオTips】

 JRiver Media Center。長いから以後JRiverと呼ぶ。  高品質かつ多機能な再

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Fourplay / Fourplay

・アーティスト / アルバムタイトル Fourplay / Fourplay ・購入元 H

記事を読む

【アプリ紹介】DiXiM DMC iPad版

※この記事のデータ等は基本的に2012年3月20日時点のものです ●イントロダクション

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma

・アーティスト / アルバムタイトル Respighi: Belkis, Regina di Sa

記事を読む

【BDレビュー】 第240回『スター・トレック イントゥ・ダークネス』

ちょっとスポックさんスペック高すぎじゃないですかね…… 画質:11 音質:10

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第196回『デスペラード』

画質:7 音質:14 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの16bit 画質について

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【地元探訪・神様セカンドライフ編】元稲田神社/あぐりこ稲荷(羽後町杉宮)

神様セカンドライフ 66話「あぐりこ稲荷」  雄勝郡の稲荷オ

【UHD BDレビュー】第12回『チャッピー』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/20初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第11回『エクソダス:神と王』 米国盤

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/17初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第10回『マン・オブ・スティール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/16初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第9回『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第8回『インデペンデンス・デイ』 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/06初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第7回『アメイジング・スパイダーマン2』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第6回『クリード チャンプを継ぐ男』

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/05初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・

【ハイレゾ音源備忘録】結城アイラ / decade wind(NetAudio27付録) 【768kHz/32bit】

・アーティスト / アルバムタイトル / 曲タイトル 結

【UHD BDレビュー】第4回『パシフィック・リム』 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/10/07初出の記事を更新・

SOtM sMS-200でMinimServerとBubbleUPnP Serverが使えるようになった

【レビュー】SOtM sMS-200 外観・仕様編 【レビュー】SO

【UHD BDレビュー】第3回『キング・オブ・エジプト / GODS OF EGYPT』 米国盤 【DTS:X】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第2回『デッドプール』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/31初出の記事を更新・

【UHD BDレビュー】第1回『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/07/28初出の記事を更新・

LUMINのプレーヤーがついにMQAに対応

LUMIN is NOW Roon Ready! そしてMQAとSpo

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Respighi: Belkis, Regina di Saba, Ballata delle gnomidi & Pini di Roma 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

【ハイレゾ音源備忘録】大植英次・ミネソタ管弦楽団 / Stravinsky: The Song Of The Nightingale, The Firebird, Rite of Spring 176.4kHz/24bit

・アーティスト / アルバムタイトル 大植英次・ミネソタ

Wireworld Platinum Starlight、襲来

 時に、西暦2017年。  秋田の片田舎に、重厚な金属製

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / ANIMA

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン /

→もっと見る

PAGE TOP ↑