*

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。

ホームシアターでゲームをしよう!

アイコンホームシアターでゲームをしよう!2

 真っ先に伝えたいことがある。


  音楽や映像作品からより深い感動を得たいと思い、
  環境構築のために何かしらの投資を行ったなら、
  使っている機材や投資した金額とは関係なく、
  その環境こそが紛れもないホームシアターなのである。
  特定の機材があればホームシアター、無ければホームシアターではない、
  そんな線引きなどありはしない。

  そして、コンテンツは自由。
  オーディオだからといってクラシックやジャズを聴く必要はどこにもなく、
  ホームシアターだからといって映画だけを見る必要もどこにもない。
  高尚さなど要らない。気取る意味などない。
  何を聴こうが、何を見ようが、何をしようが、楽しむことがすべて。



 単に「古くなったから買い替えよう」ではなく、「もっと綺麗で迫力のあるテレビが欲しい」との思いでテレビを買う。
 テレビやディスプレイの内臓スピーカーをそのまま使わず、手持ちのアンプ・スピーカーやヘッドホンを繋いでみる。
 それこそがホームシアターへの入り口である。
 ほんのわずかな、ささやかなこだわりであっても、それこそがホームシアターを生む。

 まずは感動ありき

 入り口は広ければ広いほどいい。
 強烈にして麗しい「最初の感動」さえあれば、クオリティへのこだわりはきっと生じる。
 そしてこだわりがあれば、システム構築に関する諸々の知識は後から付いてくる。
 すべては感動から始まる。



 というわけで、【ホームシアターでゲームをしよう!】では、ホームシアターで楽しむコンテンツの一つとしてあまりにも見過ごされている感のある『ゲーム』を取り上げ、その面白さを様々な側面から伝えていきたい。ゲームのタイトルはもちろんのこと、必要とあらば、それこそシステム構築に関する諸々の知識も紹介していく。

 言うまでもないことだが、「ホームシアターはゲームのためにある」とか、「ゲームのためにホームシアターを作れ」とか、そんなことを言いたいわけではない。ゲームを特別扱いするつもりもない。
 あくまで、ゲームはホームシアターで楽しむコンテンツとして一段下に見られがちという悲しい現状を踏まえ、それを打破すべくゲームに焦点を当てるというだけである。
 どんなコンテンツを楽しんでもいい。それこそがホームシアターの本懐だ。

 「いい音で聴けばもっと楽しい」というオーディオ&ホームシアターの根源的な魅力が、いわゆるオーディオマニアにしか伝わっていないのではあまりにももったいない。大好きなゲームをこだわった環境で遊べばもっと面白くなる。これを伝えずにはいられない。
 ただ、いくらオーディオやホームシアターという領域が絡むとはいえ、ゲームという巨大な市場にオーディオの側から媚を売っただけでゲーム愛を感じられない……そんな記事にするつもりは毛頭ない。
 
 とにかく、「ホームシアターでゲームを楽しむひとりのゲーム好き」として、ホームシアターでゲームを遊ぶことの魅力を伝えたいのである。
 結果として、「自分とホームシアターなんて無縁だ」なんて思っていた数百数千万のゲーム好きに僅かでも興味を持ってもらえたなら、現にどちらの面白さも知る者としてこれ以上の喜びはない。



【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【BDレビュー】第256回『機動戦士ガンダムⅡ 哀・戦士編』

Iとまったく同じなら三部作をわざわざ分けることもないと思ったが、やはり微妙に違うようだ。

記事を読む

【BDレビュー】第255回『機動戦士ガンダム』

 待っていた人は多いはずだ。  「我々は3年待ったのだ」どころではない。BDの始動から7年半も待っ

記事を読む

“がっかり”BD10選

 善いものがあれば、悪いものもある。  目を逸らすわけにはいかない。  なお、この記事の各項

記事を読む

Dolby Surround/ドルビーサラウンドを試す

 今までドルビーは「さらに後ろにスピーカーを置くといいぞ!」とか「フロントの横にスピーカーを置くとい

記事を読む

【BDレビュー】第257回『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』

画質:5 音質:6 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ 16bit 特別版の5.1c

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第87回『ゴッドファーザー PART2』

画質:4、条件付7 音質:7 映像はAVC、クソ長いためビットレートは25Mbps付近で頭

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】第1回『The Last of Us』

 『The Last of Us』。  通称ラスアス。  2013年6月発売。プ

記事を読む

Asset UPnP Release 5

 長らくR5のベータ版だったのが先々月に正式版となり、先日R5.1になった。  詳細は公式HP

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第36回『フルメタル・ジャケット』

笑ったり泣いたり出来なくしてやる! フゥ~ハァ~ 次世代ディスク戦争は地獄だぜェ~

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑