*

【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに

 今後【ホームシアターでゲームをしよう!】のタイトルで連載予定。

ホームシアターでゲームをしよう!

アイコンホームシアターでゲームをしよう!2

 真っ先に伝えたいことがある。


  音楽や映像作品からより深い感動を得たいと思い、
  ゲームを含む様々なコンテンツをもっと楽しみたいと思い、
  画質・音質にこだわって環境構築のために何かしらの投資を行ったなら、
  使っている機材や投資した金額とは関係なく、
  その環境こそが紛れもないホームシアターなのである。
  特定の機材があればホームシアター、無ければホームシアターではない、
  そんな線引きなどありはしない。

  そして、コンテンツは自由。
  オーディオだからといってクラシックやジャズを聴く必要はどこにもなく、
  ホームシアターだからといって映画だけを見る必要もどこにもない。
  高尚さなど要らない。気取る意味などない。
  何を聴こうが、何を見ようが、何をしようが、楽しむことがすべて。



 単に「古くなったから買い替えよう」ではなく、「もっと綺麗で迫力のあるテレビが欲しい」との思いでテレビを買う。
 テレビやディスプレイの内臓スピーカーをそのまま使わず、手持ちのアンプ・スピーカーやヘッドホンを繋いでみる。
 それこそがホームシアターへの入り口である。
 ほんのわずかな、ささやかなこだわりであっても、それこそがホームシアターを生む。

 まずは感動ありき

 入り口は広ければ広いほどいい。
 強烈にして麗しい「最初の感動」さえあれば、クオリティへのこだわりはきっと生じる。
 そしてこだわりがあれば、システム構築に関する諸々の知識は後から付いてくる。
 すべては感動から始まる。



 というわけで、【ホームシアターでゲームをしよう!】では、ホームシアターで楽しむコンテンツの一つとしてあまりにも見過ごされている感のある『ゲーム』を取り上げ、その面白さを様々な側面から伝えていきたい。ゲームのタイトルはもちろんのこと、必要とあらば、それこそシステム構築に関する諸々の知識も紹介していく。

 言うまでもないことだが、「ホームシアターはゲームのためにある」とか、「ゲームのためにホームシアターを作れ」とか、そんなことを言いたいわけではない。ゲームを特別扱いするつもりもない。
 あくまで、ゲームはホームシアターで楽しむコンテンツとして一段下に見られがちという悲しい現状を踏まえ、それを打破すべくゲームに焦点を当てるというだけである。
 どんなコンテンツを楽しんでもいい。それこそがホームシアターの本懐だ。

 「いい音で聴けばもっと楽しい」というオーディオ&ホームシアターの根源的な魅力が、いわゆるオーディオマニアにしか伝わっていないのではあまりにももったいない。大好きなゲームをこだわった環境で遊べばもっと面白くなる。これを伝えずにはいられない。
 ただ、いくらオーディオやホームシアターという領域が絡むとはいえ、ゲームという巨大な市場にオーディオの側から媚を売っただけでゲーム愛を感じられない……そんな記事にするつもりは毛頭ない。
 
 とにかく、「ホームシアターでゲームを楽しむひとりのゲーム好き」として、ホームシアターでゲームを遊ぶことの魅力を伝えたいのである。
 結果として、「自分とホームシアターなんて無縁だ」なんて思っていた数百数千万のゲーム好きに僅かでも興味を持ってもらえたなら、現にどちらの面白さも知る者としてこれ以上の喜びはない。



【ホームシアターでゲームをしよう!】 記事まとめ

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第51回『アルティメット』

画質:11 音質:8 映像はAVCでビットレートは30Mbps台を中心に推移。しょっちゅう

記事を読む

コンテンツに貴賎なし

 画質が良かろうが悪かろうが、音質が良かろうが悪かろうが、どんな機材や環境で再生・鑑賞しようが、作品

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第199回『マスク・オブ・ゾロ』

画質:8 音質:12 映像はAVC、音声はDTS-HDMAの24bit 画質について

記事を読む

【システム】 LINN MAJIK DS-I

 2010年の春だったか。  快適な音楽再生を求め、ネットワークオーディオなるものに手を出そうと考

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

【音源管理の精髄】 同一アルバムにおける複数のアルバムアートの扱い 【ネットワークオーディオTips】

 質問をもらったので。 例えば、全10トラックのアルバムと、2つのアルバムアート「A」と「B」

記事を読む

「PCオーディオ対ネットワークオーディオ」という悲劇

 「PCオーディオとネットワークオーディオはどちらが優れているのか」という議論をことあるごとに目にす

記事を読む

SFORZATO DSP-01への並々ならぬ期待

【ヘッドホン祭】スフォルツァート、11.2MHz DSD対応ネットワークプレーヤー「DSP-01」/

記事を読む

【UHD BDレビュー】第5回『X-MEN: アポカリプス』 米国盤 【Dolby Atmos】

【4K/HDR環境の導入に伴い、2016/11/04初出の記事を更新・追記】

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

なぜハイレゾ音源を買うのか

 音がいいから、ではない。  私が「ハイレゾ」と言う時は

【UHD BDレビュー】第47回『トランスフォーマー/最後の騎士王』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:10 音質:14 (評価の詳細についてはこの記事

SFORZATO流「ネットワークプレーヤーの使いこなし」が掲載されたので

 我が身を振り返ってみた。 Netwok Audioについて

Bricasti Design M12 / M1 SE mk2のLAN入力がPCM 384kHz/24bit・DSD 5.6MHzに対応

M12およびM1 Special Edition mk2仕様変更のご案

ついに日本でロスレス音楽ストリーミングサービス「Deezer HiFi」が開始

日本初、ロスレス音楽ストリーミング「Deezer HiFi」開始。3,

【レビュー】日本テレガートナー M12 GOLD SWITCH

 魔境深淵注意。  みんなおこらずに楽しく読んでね。

【ハイレゾ音源備忘録】Nicogi / DigiFi No.28付録音源

・アーティスト / アルバムタイトル Nicogi /

「自分の音源ライブラリ」の未来

 言の葉の穴を本格的に始めてまだ間もない頃、こんな記事を書いた。

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトオーディオの威力を実感できるタイトル10選・2017年版

 せっかく、「さらなるサラウンド体験のために天井にスピーカーを付ける」

【BDレビュー】第353回『パトリオット・デイ』

 日本ではUHD BDが発売されないという悲劇。 https

LUMIN AppがiPad Pro 12.9インチにネイティブ対応

コントロールアプリのiPad Pro 12.9インチへの対応状況

【BDレビュー】第352回『バーニング・オーシャン』 【Dolby Atmos】

 日本ではUHD BDが出ないという悲劇。 https://

LINN KLIMAX DS/3・DSM/2(Katalyst DAC搭載モデル)がDSDの再生に対応

LINN FORUMS  LINN DSのファームウェア、Dav

WaversaSystems WCORE(Roon Server)

WCORE開発完了 - WaversaSystems  要は

【BDレビュー】第351回『ハードコア』

 一人称視点のアレ。 https://www.youtube.c

UHD BD化を待ち望む作品10選・2017年末版

BD化を待ち望む作品10選  未だBD化されていない作品も多いと

【UHD BDレビュー】第46回『スパイダーマン:ホームカミング』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:6 音質:7 (評価の詳細についてはこの記事を参

【UHD BDレビュー】第45回『ベイビー・ドライバー』 英国盤 【Dolby Atmos】

画質:7 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を

【BDレビュー】第350回『グレートウォール』 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

【BDレビュー】第349回『キング・アーサー』(ガイ・リッチー監督/2017年) 【Dolby Atmos】

同時にUHD BDが出ている作品のBDを評価するのはいささか心苦しいの

→もっと見る

PAGE TOP ↑