*

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

アイコンホームシアターでゲームをしよう!2

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる

 ホームシアターでゲームをしよう!


・はじめに
・でかい画面とすごい音のススメ
・「映画的なゲーム」はもっと評価されるべき

・PS4 Pro
・PS4 Proが来た!

第1回『The Last of Us』



 なお実際に取り上げるゲーム作品については、一昔前のIGNを参考にして、「プレゼンテーション」・「サウンド」・「ゲームプレイ」の三項目を、「ホームシアターで遊ぶ」という視点を踏まえて語っている。
 各項目の内容はこんな感じ。


・プレゼンテーション

 ストーリーそれ自体の完成度、ストーリーテリング、それを実際に担う映像表現や演出、ゲーム世界を構築するグラフィックのクオリティなどを総合したもの。
 要するに、「目で感じるすべて」
 ストーリーと映像表現そのものは分けて考えるべきかもしれないが、ゲームは視覚メディアであり、(特に映画的なゲームにおいて)両者は不可分に結びついていることから、融合させて一つの項目とした。
 ストーリーについて多くを語るとネタバレになってしまうことと、「ホームシアターで遊ぶ」という視点から、どちらかと言えば映像表現を中心に語ることになると思われる。


・サウンド

 本来ならコレもプレゼンテーションに含まれるべきだが、「いい音でゲームをやればもっと楽しい」と言っている手前、項目として独立させる。
 プレゼンテーションが「目で感じるすべて」ならば、サウンドは「耳で感じるすべて」
 ダイアローグ、音楽、効果音、それらがもたらす体験の魅力。
 【BDレビュー】で培ってきた視点が完全に活かせる項目でもある。


・ゲームプレイ

 ゲームが単なる映像ではなく、あくまでゲームであるからには、ゲームプレイにおいてプレイヤーの意思を反映させる必要がある。
 私は映画的なゲームの価値を最大限認めているつもりだが、決してゲームプレイがおろそかになっていいとは思っていない。ストーリー重視だろうが何だろうが、どこまで行ってもゲームプレイあってのゲームである。それに、ゲームプレイそれ自体がプレゼンテーションの一翼を成し、作品の雰囲気を体現するような場合も多々存在する。
 下手くそなりに、ゲームプレイについても語ってみたい。


 あとは最後に、【ホームシアターでゲームをしよう!】における、「ホームシアターとの親和性」的な意味での総合評価を行っている。

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014 『Kinsky』(iPad版)

 KinskyはLINN純正のコントロールアプリである。  それでいて、なぜかDSのコントロールア

記事を読む

【祝】『マインド・ゲーム』BD化!

『マインド・ゲーム』Blu-rayプロジェクト - STUDIO4℃Fun  やったぜ!

記事を読む

ホームシアターでゲームをしよう!

続編:【ホームシアターでゲームをしよう!】はじめに 【ホームシアターでゲームをしよう!

記事を読む

【レビュー】逢瀬 AK4495S試作DAC 外観編

合同会社逢瀬 ブログ・AK4495S-DACのアップグレード検討中 何度もお伝えしており

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のサーバーを考える

理想のサーバーとは?  前回の記事から約1年半が経ち、いわゆる「オーディオ用サーバー」が本

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / Ordinary Days

・アーティスト / アルバムタイトル toe / Ordinary Days ・購入元 O

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編

 「複数のディスクから成るアルバム」について、「物理ディスク一枚につきフォルダ分け&アルバムタイトル

記事を読む

【レビュー】Chord DAVEをLUMIN U1で聴いた

 DAVEの試聴機が我が家にやってきた。  しかも相手はLUMIN U1というなんとも豪華

記事を読む

OpenHome公式デモ・プレーヤー

 いつの間にかOpenHomeが公式でデモ・プレーヤーを出していたようなので紹介。 Try O

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑