*

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

アイコンホームシアターでゲームをしよう!2

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる

 ホームシアターでゲームをしよう!


・はじめに
・でかい画面とすごい音のススメ
・「映画的なゲーム」はもっと評価されるべき

・PS4 Pro
・PS4 Proが来た!

第1回『The Last of Us』



 なお実際に取り上げるゲーム作品については、一昔前のIGNを参考にして、「プレゼンテーション」・「サウンド」・「ゲームプレイ」の三項目を、「ホームシアターで遊ぶ」という視点を踏まえて語っている。
 各項目の内容はこんな感じ。


・プレゼンテーション

 ストーリーそれ自体の完成度、ストーリーテリング、それを実際に担う映像表現や演出、ゲーム世界を構築するグラフィックのクオリティなどを総合したもの。
 要するに、「目で感じるすべて」
 ストーリーと映像表現そのものは分けて考えるべきかもしれないが、ゲームは視覚メディアであり、(特に映画的なゲームにおいて)両者は不可分に結びついていることから、融合させて一つの項目とした。
 ストーリーについて多くを語るとネタバレになってしまうことと、「ホームシアターで遊ぶ」という視点から、どちらかと言えば映像表現を中心に語ることになると思われる。


・サウンド

 本来ならコレもプレゼンテーションに含まれるべきだが、「いい音でゲームをやればもっと楽しい」と言っている手前、項目として独立させる。
 プレゼンテーションが「目で感じるすべて」ならば、サウンドは「耳で感じるすべて」
 ダイアローグ、音楽、効果音、それらがもたらす体験の魅力。
 【BDレビュー】で培ってきた視点が完全に活かせる項目でもある。


・ゲームプレイ

 ゲームが単なる映像ではなく、あくまでゲームであるからには、ゲームプレイにおいてプレイヤーの意思を反映させる必要がある。
 私は映画的なゲームの価値を最大限認めているつもりだが、決してゲームプレイがおろそかになっていいとは思っていない。ストーリー重視だろうが何だろうが、どこまで行ってもゲームプレイあってのゲームである。それに、ゲームプレイそれ自体がプレゼンテーションの一翼を成し、作品の雰囲気を体現するような場合も多々存在する。
 下手くそなりに、ゲームプレイについても語ってみたい。


 あとは最後に、【ホームシアターでゲームをしよう!】における、「ホームシアターとの親和性」的な意味での総合評価を行っている。

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第287回『Chappie / チャッピー』 北米盤

画質:11 音質:13 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】トップスピーカーの選択②―― ECLIPSE TD307MK2A

トップスピーカーの選択  天井への埋め込みは困難。  悲しいけれどDynaudioは極めて困

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第24回『劇場版 機動警察パトレイバー2』

パトレイバーその2です。 1が89年で、2は93年。この二つを見ることで、日本のアニメーションの8

記事を読む

【TIAS2015】Cocktail Audio X40 Music Server

 おッと思った製品。 【TIAS】トライオード、自社新製品に加えてCocktail Audio

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第120回『トップガン』

画質:9 音質:11 映像はAVCでビットレートは30Mbps前後で推移。 音声はDTS

記事を読む

fidata HFAS1 運用編

 どれだけ音の良さを謳おうが、まともに使えないサーバーに用はない。  「信頼」の名を背負ったf

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第35回『沈黙の戦艦』

画質:7 音質:7 映像はVC-1でビットレートは20台前半。 音声はドルビーデジタルの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 toe / Ordinary Days

・アーティスト / アルバムタイトル toe / Ordinary Days ・購入元 O

記事を読む

LANケーブルで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  ネットワーク

記事を読む

【ネットワークオーディオTips・実践編】 『プレーヤー』を選ぶ

 そもそもネットワークオーディオにおける「プレーヤー」とは何か、ということについては、以下の記事で確

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑