*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Technics Music App』(iPhone版)

公開日: : 最終更新日:2015/08/05 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。
 このままでは永遠に遅れ続けるので、とりあえず「検証」の前に「紹介」をしていこうと思う。今まで触れてこなかったアプリを放置したままでいるのは忍びない。

 メーカー製・サードパーティー製問わず、ある程度汎用的に使えるアプリをピックアップしていく。また、あくまで「使い物になる」(と思われる)アプリだけを紹介するようにして、あまりにもあんまりなアプリはなるべく最初から除外する。
 まずは今までの検証のように各機能の○×を書いていく。なお、プレーヤーは基本的にLUMIN A1を使用している。
 そしてコントロールアプリの基本要素である「再生画面」「プレイリスト」「ブラウズ」「機器の選択」の各インターフェースを見てもらう。
 最後には一応所感を付ける。

 これらの紹介記事はいずれ速度計測や機能確認を行ったうえで「検証記事」に進化する予定である。



 Technics Music App。
 華々しく? 復活したテクニクス製品のコントロールアプリである。
 スピーカーにアンプにネットワークオーディオプレーヤー。力を入れた製品であるというのはひと目見ればわかるが、話題に上るのは新技術だの音質へのこだわりだの、そんなことばっかり。肝心の「操作性」と、それを司るコントロールアプリに関する言及は私の知る限りゼロに等しい。
 「まったく、これだから日本のメーカーは……」と思いつつTechnics Music Appを使ってみたら、汎用アプリとしても機能する。
 しかも、(失礼ながら)意外と……



 以下の各項目の詳細についてはこの記事を参照。


【基本情報】

製作:Panasonic Corporation
汎用/専用:汎用(基本的にはテクニクス製品用)
対応OS:iOS/android
スマホ/タブレット:ひとつのアプリで両対応
縦画面/横画面:縦
価格(2015/03/05時点):無料
検証時のバージョン:1.1.1


【機能】

再生:○
一時停止:○
停止:○
曲送り(スキップ):○
シーク:○
ランダム/シャッフル:○
リピート:○
音量調整:○
ミュート:×
プレイリストでの再生管理:○
プレイリストの保存:○
ブラウズ時のタイル表示:×
音源の検索:○
アルバムアートの拡大表示:○
アルバムアートの縦横比維持:○(再生画面ではぶった切られるが拡大するとフル表示)
高解像度対応:○
音源のスペック表示:△(サンプリング周波数のみ)
機器の入力切替:不明(おそらくテクニクス製品では可能)
電源のオンオフ:不明(おそらくテクニクス製品では可能)
機器の再検索:×
接続のロック:○
その他の機能/特筆事項:純正組み合わせだとイコライザーなどの機能も使えるようだ。



【再生画面】
Technics Music App(iPhone)01
 画面右上のアルバムアートをタップすると全画面で拡大表示される。
Technics Music App(iPhone)02


【プレイリスト】
Technics Music App(iPhone)03


【ブラウズ】
 プレイリスト・ブラウズともに、そもそもアルバムアートが一切表示されないというなかなか素敵な仕様。
 逆にそのおかげか、スクロールは非常にスムーズ。
Technics Music App(iPhone)04

 →2015/08/04補足・ブラウズとプレイリストについて


【機器の選択】
 サーバーは「ミュージックサーバー」から選択。
Technics Music App(iPhone)05
Technics Music App(iPhone)06


【所感】
 失礼を承知で言えば、意外とよく出来ている、というのが率直な印象。
 選曲時に一切アルバムアートが表示されなかったり、いったんアプリを終了させてから再度起動すると音源の再生が停止したり、謎仕様はあるが、聴きたい曲を選び、プレイリストに登録し、聴く、という流れ自体はスムーズに行える。
国産アプリもとうとうPlugPlayerレベルにはなったかな? という感じ。
 今まで国産アプリのあまりにも絶望的な出来を見続けた結果、この程度でも素直に感心してしまったことが悲しいというか、悔しいというか……

 →2015/08/04補足・ブラウズとプレイリストについて



コントロールアプリの紹介 『Technics Music App』(iPad版)

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:VC

記事を読む

Netflixを使ってみた

 ネットワークオーディオなんてものを実践して、TIDALやQobuzに価値を見出している以上、Net

記事を読む

【ネットワークオーディオ】続・DSDを配信可能なサーバー

 こんなことを書くのは非常に大人げないとは思いつつも、信じ難いことが立て続けにあったために我慢できな

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『BubbleUPnP』

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第126回『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』

画質:13 音質:14(改訂) 映像はAVCでビットレートはかなり高めな気がする。 音声

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクション

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / サラ-プレミアム・セレクショ

記事を読む

ESOTERIC N-05

 祝・気合いの入った国産ネットワークオーディオプレーヤー。 エソテリック、ネットワークオーディ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第161回『FLCL』

おれの夢が叶うのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日を選んで走ってきた 画質:8 音質:

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【イベント情報】7/1(土)にオリオスペックでファイル再生のセミナーを行います

 オーディオ用PC等でいつもお世話になっている秋葉原のPCショップ・オ

iPad Pro(2017) 12.9インチを導入した

ネットワークオーディオの本質 - 言の葉の穴  『コントロール』

【レビュー】JS PC Audio HFS1000

HFS1000 - JS PC Audio 【レビュー】JS P

【レビュー】Aurender N100H

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編 【レビュー】Au

【レビュー】Aurender N10 音質編

外観・導入編 運用編  Aurender Co

6/10と6/11は第50回「小町まつり」です

君は小野小町の生まれ在所を知っているか 秋田県湯沢市雄勝

iOS11と共にiPhone/iTunesがFLACに対応する……?

iOS11、無劣化圧縮のハイレゾ音源形式FLACに対応! - iPho

HDtracksによるMQAを用いたストリーミングサービス「HDmusicStream」

 TIDAL Mastersの開始を受けて、NetAudio Vol.

iPad Pro(2017)

iPad Pro - Apple  iPad Air2を発売

【地元探訪・神様セカンドライフ編】力水(湯沢市古館山)

神様セカンドライフ 61話「キツネの流儀」 - ヤマノス  

SFORZATO DSP-Dorado

DSP-Dorado - SFORZATO  ベラの次だがベ

【UHD BDレビュー】第19回『LOGAN/ローガン』 北米盤 【Dolby Atmos】

 まごうことなき大傑作。  みんな映画館に行こう! 画

【レビュー】Aurender N10 運用編

外観・導入編  前回の続き。  ……ところで、なんかア

【レビュー】Aurender N10 外観・導入編

 「ミュージックサーバー」を手掛けるブランドとして世界に名高いAure

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

→もっと見る

PAGE TOP ↑