*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの基本要素

公開日: : 最終更新日:2014/11/14 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 遅れに遅れているコントロールアプリの検証2014だが、個別の検証に入る前にちょっと整理しておきたい。
 ついでに共通理解にもなれば。


 さて、「ネットワークオーディオのコントロールアプリ」と一言で言っても、知ってのとおり多くのアプリがあり、インターフェースも個々に異なる。
 しかし、インターフェースやデザインが異なったところで、基本的な機能を突き詰めていけば、実質的には以下の四つの要素から構成されていると言える。


①再生画面
現在再生している音源の情報を表示し、再生・停止・シークなどのコントロールを行う。

②プレイリスト
ライブラリから好き勝手に登録されたプレイリストを管理する。
曲順を編集したり、個別にプレイリストから曲を削除したり、全曲クリアしたりする。

③ブラウズ
サーバー内のライブラリを閲覧し、再生する音源を選び、プレイリストに登録する。

④機器の選択
プレーヤー(DLNAで言うところのDMR)とサーバー(DLNAで言うところのDMS)に何を使うかを選択する。


 この四つをもって、コントロールアプリの基本要素と考えたい。
 あくまで基本であるので、プラスアルファの機能は当然あり得る。専用アプリになればなおのこと。
 とにかく、この四つの要素が揃っていれば、

使う機器を選ぶ

ライブラリの中から聴きたい音源を選んで好き勝手にプレイリストに登録する

再生する

曲の途中で気が変わってプレイリストの三曲先の曲を再生する

電話が鳴ったので一時停止する

 というように、ネットワークオーディオにおける音楽再生は滞りなく行える。
 逆に、上記の要素が一つでも欠けていれば、そのアプリは何かがおかしいと思ったほうがいい。

 言葉だけで説明してもアレなので、アプリの実画面を見てもらおうと思う。
 どのアプリで例示するか迷ったが、そのものずばりの単純明快さから、PlugPlayerのiPhone版を用いる。


①再生画面
20141113-1

②プレイリスト
20141113-2

③ブラウズ
20141113-3

④機器の選択
20141113-4


 iPad版も基本的に同様である。
 ここでも単純明快さからPlugPlayerで例示する。
 なお、PlugPlayerを横画面で使った場合、画面の広さを活かして再生画面が常に表示される。


①再生画面+②プレイリスト
20141113-5

①再生画面+③ブラウズ
20141113-6

①再生画面+④機器の選択
20141113-7


 この辺を理解しておけば、アプリの機能を考える上でひとつの指針が出来ると思う。
 そしてこの四つの基本要素は、そのまま今回の検証の評価項目としても用いる。
 すなわち、それぞれの要素をどれだけ洗練してユーザーに提示できるか、である。



【音源管理の精髄】 目次

スポンサーリンク


関連記事

【魔境】ハブで音は変わるか? 完結編

 魔境深淵注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く 【魔境】ハブで音は変わるか

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第16回『X-MEN3』

どうして欧米人の女の子は年取ると劣化するのかな!! ちくしょおおおーっ!! ローグがビッチに

記事を読む

さらば、SC-LX85

 Marantz PS4500 → Sony TA-DA3200ES → Marantz SR600

記事を読む

fidataのCDトランスポート機能を使ってみた

fidata公式サイト USB接続光学ドライブにセットしたCDを、 HFAS1は、Grace

記事を読む

【BDレビュー】第304回『ジュラシック・ワールド』

画質:8 音質:9 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

SFORZATO × Roon Ready + Roon Server

SFORZATO will be Roon Ready!  というわけで、記念すべき国産機初の

記事を読む

LUMINがTIDALに対応

 ん?  おッ!  「ストリーミングオーディオ」という形態が海外では常識になりつ

記事を読む

LUMIN U1を試す 接続&運用編

ハード編    DAC入りでそのまんま音が出るプレーヤーとは違い、LUMIN U1はトランス

記事を読む

【BDレビュー】第294回『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 』

画質:9 音質:6 映像:AVC 音声:DTS-HD Master Aud

記事を読む

【アプリ紹介】Kinsky iPad版

↓↓↓再検証したのでこちらをご覧ください↓↓↓ コントロールアプリの検証 2014 『Kins

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑