*

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPad版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。
 このままでは永遠に遅れ続けるので、とりあえず「検証」の前に「紹介」をしていこうと思う。今まで触れてこなかったアプリを放置したままでいるのは忍びない。

 メーカー製・サードパーティー製問わず、ある程度汎用的に使えるアプリをピックアップしていく。また、あくまで「使い物になる」(と思われる)アプリだけを紹介するようにして、あまりにもあんまりなアプリはなるべく最初から除外する。
 まずは今までの検証のように各機能の○×を書いていく。なお、プレーヤーは基本的にLUMIN A1を使用している。
 そしてコントロールアプリの基本要素である「再生画面」「プレイリスト」「ブラウズ」「機器の選択」の各インターフェースを見てもらう。
 最後には一応所感を付ける。

 これらの紹介記事はいずれ速度計測や機能確認を行ったうえで「検証記事」に進化する予定である。



 Audionet Music Manager。
 Audionet社製品のコントロールアプリである。
 UPnPアプリとして汎用的に使え、なおかつ使っている人も多そうなので取り上げる。
 iPhone版も参照。



 以下の各項目の詳細についてはこの記事を参照。


【基本情報】

製作:Audionet – Idektron GmbH & Co. KG
汎用/専用:汎用(基本的にはAudionet社製品用)
対応OS:iOS/android
スマホ/タブレット:ひとつのアプリで両対応
縦画面/横画面:両対応
価格(2015/03/05時点):無料(アプリ内課金あり・700円)/511円(android)
検証時のバージョン:1.4.0


【機能】

再生:○
一時停止:○
停止:○
曲送り(スキップ):○
シーク:?(早送り・巻き戻しボタンはあるがLUMIN A1では機能しない)
ランダム/シャッフル:○
リピート:○
音量調整:○
ミュート:○
プレイリストでの再生管理:○
プレイリストの保存:○
ブラウズ時のタイル表示:○
音源の検索:○
アルバムアートの拡大表示:○
アルバムアートの縦横比維持:×(ブラウズ時・再生画面ともにスクエアにリサイズ)
高解像度対応:○
音源のスペック表示:×
機器の入力切替:×
電源のオンオフ:×
機器の再検索:○
接続のロック:×
その他の機能/特筆事項:課金しないとプレイリストに10曲までしか登録できない……



【再生画面】
Audionet Music Manager(iPad)06
Audionet Music Manager(iPad)07


【プレイリスト】
Audionet Music Manager(iPad)01


【ブラウズ】
Audionet Music Manager(iPad)02


【機器の選択】
Audionet Music Manager(iPad)05
Audionet Music Manager(iPad)03


【所感】
 基本的にはiPhone版と同様。というより、ただiPadに合わせて画面が広くなった程度の違いしかない。
 作り込みの甘さを感じる部分はあるが、総じて良く出来たコントロールアプリだと言える。
 なお、課金しないと実質的に使い物にならない。気に入ったなら700円くらい投資しよう。
 Audionet社のネットワークオーディオプレーヤーは国内には入ってきていないが、アプリの出来映えを見る限り完成度に期待が持てる。


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

スポンサーリンク


関連記事

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

画質:9 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS-

記事を読む

【BDレビュー】第257回『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』

画質:5 音質:6 映像:AVC 音声:リニアPCMステレオ 16bit 特別版の5.1c

記事を読む

【Munich HIGH END 2016】記事まとめ

 このブログで取り上げたもの。 Dynaudio The New Contour O

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第39回『ローグ アサシン』

ジェット・リー×ヤクゥザ×NINJA×ケイン・コスギ=大威力! そうそう、馬鹿映画はこうじ

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証2014 『LUMIN App』

 このアプリがなければ、DSからLUMINに乗り換えることはなかった。  あらかじめ言っておく

記事を読む

続・Roonの「魔法」の正体と、その限界

Roonの「魔法」の正体  Roonを紹介するにあたり、その機能について、当時

記事を読む

2013年のまとめ

 実質半年で、こんな感じ。  まだまだ書きたいことは山ほどある。  来年はもっともっ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第187回『無皇刃譚』

画質:7 音質:9 映像はAVC、音声はドルビーTRUEHDの24bit 画質につい

記事を読む

言の葉の穴・三周年

 もう三年も経ったのか。  我ながらよく続いているものだと思わなくもない。  そして、結局三

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】プレーヤーがOpenHome対応か否かを確認する方法 ※要注意

【2017/02/01追記】 OpenHomeに対応したプレーヤーでも、Kazooでは操作でき

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑