*

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。
 一気に賑やかになった。
 基本的には既報のとおりだが、いくつかアップデートされている点もある。
 あらためて各製品を見てみよう。
 画像は公式HPから拝借した。



LUMIN S1
hero-s1
 
 LUMIN A1との差としては、

・フロントパネルのLUMINロゴがほんのりと豪華になっている(個人的にコレは要らない)
・DACチップがWolfson WM8741のデュアルからESS ES9018のクアッドという構成に
・DSDの対応スペックが2.8MHzから5.6MHzに(S1のみの対応と明記されている)
・外部電源ユニットがさらに改良され、大型化

 こんなところだろうか。
 筐体のクオリティは既にA1でやり尽した感があるので、それ以外の部分で順当に進化したという印象。
 どうやらWolfson WM8741はDSD5.6MHzに対応していないようなので、S1が5.6MHz対応を推すのも当然といえば当然かもしれない。
 はたして基盤交換でA1からアップグレードはされるのだろうか。S1とA1の間に瞭然たる音質差が存在するとすれば、A1ユーザーとしては非常に悩ましい。

 【インプレッション】LUMIN S1



LUMIN A1
hero-a1

 おなじみLUMINのオリジナルであり、かつてのLUMIN THE AUDIOPHILE NETWORK MUSIC PLAYER。
 おそらく日本で一番詳しいレビューを書いているので、詳細はそちらで。

 【レビュー】LUMIN A1



LUMIN T1
hero-t1

 個人的にS1より注目されるのではなかろうかと思っているT1。
 特徴はこんな感じ。発表時から微妙に強化されている。

・LUMIN A1と同等の回路構成
・Wolfson WM8741のデュアル構成
・ルンダール製アウトプットトランス
・LUMIN A1と同等の外部電源

 こんな具合に、筐体以外はほとんどA1と同じと言っていい構成のようだ。
 おそらくA1で一番コストがかかっているのは筐体そのものなので、かなり安くなるんではなかろうか。
 スフォルツァートのDSP-03辺りとぶつかるくらいの価格帯になれば面白そう。

 【インプレッション】LUMIN T1 & D1



LUMIN D1
hero-d1

 ここまでくると“廉価版”の印象が否めないが、

・Wolfson WM8741のデュアル構成
・完全バランス構成

 など、オーディオ的なこだわりはしっかりと堅持しているようだ。
 ただ、さすがに軽いか。
 MAJIK-DSや、こないだ発表になったDSP-05あたりと同価格帯になれば面白い。

 【インプレッション】LUMIN T1 & D1



LUMIN L1
hero-l1

 話には聞いていたが、企画倒れにならずに登場するようだ。たまげたなぁ……
 LUMINの外部電源の筐体は、最近話題の某超高級NASとは比べ物にならないほどオーディオマインドに溢れているので、そういう意味では面白いのかもしれない。
 ただ、中身がHDDなのかSSDなのか(印字を見る限りHDDだが)、容量、スペック、サーバーソフト、その他諸々一切情報がないのでこれ以上は判断しようがない。

 【レビュー】LUMIN L1



 今回の製品群で、LUMINがLINN以外のあらゆるメーカーが苦しんでいる“ネットワークオーディオプレーヤーの世代間断絶”を乗り越えられるのか、非常に興味深い。
 S1しかDSD5.6MHzに対応しないというのは問題と言えば問題だが、そういう好事家の領域はさておき、製品グレードが違っても共通のユーザー・エクスペリエンスが得られるのなら、LUMINというプラットフォームの価値がさらに高まることは間違いない。

スポンサーリンク


関連記事

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / SARAH

・アーティスト / アルバムタイトル サラ・オレイン / SARAH ・購入元 e-o

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 Joao Gilberto / Getz/Gilberto

・アーティスト / アルバムタイトル Joao Gilberto / Getz/Gilberto

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの黄昏

 おおよそ2年半前、コントロールアプリの検証を行った。  ・『eLyric』(iPad版)

記事を読む

Asset UPnP for QNAP Test8

 Test7からTest8に更新されたようだ。  といいつつどこがどう変わったのかいまいちよく

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】サラ・オレイン / Canta Con Me~あの日の歌

 以下、光田康典公式ホームページ「Our Millenial Fair」より引用。

記事を読む

マランツ・NA-11登場記念 ネットワークオーディオの現在と未来を考える

※この記事は2013年2月5日に書かれたものです マランツ、60周年記念のUSB-DAC/

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のサーバーを考える

理想のサーバーとは?  前回の記事から約1年半が経ち、いわゆる「オーディオ用サーバー」が本

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第14回『スパイダーマン3』

怪奇蜘蛛男    VS. 頑強砂塵男&新生翠悪鬼&暗黒毒蜘蛛 ついに真打登場です。

記事を読む

【Dolby Atmos導入記】Transformers: Age of Extinction ― 世界初のアトモス収録ソフトを“普通に”聴いてみる

 ソフトがなければ何も始まらない。  世界初のDolby Atmos収録ソフト。  それ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

【レビュー】Nmode X-DP10 音質編

外観編 設定(主にJPLAY)・運用編 ・再生環境

→もっと見る

PAGE TOP ↑