*

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。
 一気に賑やかになった。
 基本的には既報のとおりだが、いくつかアップデートされている点もある。
 あらためて各製品を見てみよう。
 画像は公式HPから拝借した。



LUMIN S1
hero-s1
 
 LUMIN A1との差としては、

・フロントパネルのLUMINロゴがほんのりと豪華になっている(個人的にコレは要らない)
・DACチップがWolfson WM8741のデュアルからESS ES9018のクアッドという構成に
・DSDの対応スペックが2.8MHzから5.6MHzに(S1のみの対応と明記されている)
・外部電源ユニットがさらに改良され、大型化

 こんなところだろうか。
 筐体のクオリティは既にA1でやり尽した感があるので、それ以外の部分で順当に進化したという印象。
 どうやらWolfson WM8741はDSD5.6MHzに対応していないようなので、S1が5.6MHz対応を推すのも当然といえば当然かもしれない。
 はたして基盤交換でA1からアップグレードはされるのだろうか。S1とA1の間に瞭然たる音質差が存在するとすれば、A1ユーザーとしては非常に悩ましい。

 【インプレッション】LUMIN S1



LUMIN A1
hero-a1

 おなじみLUMINのオリジナルであり、かつてのLUMIN THE AUDIOPHILE NETWORK MUSIC PLAYER。
 おそらく日本で一番詳しいレビューを書いているので、詳細はそちらで。

 【レビュー】LUMIN A1



LUMIN T1
hero-t1

 個人的にS1より注目されるのではなかろうかと思っているT1。
 特徴はこんな感じ。発表時から微妙に強化されている。

・LUMIN A1と同等の回路構成
・Wolfson WM8741のデュアル構成
・ルンダール製アウトプットトランス
・LUMIN A1と同等の外部電源

 こんな具合に、筐体以外はほとんどA1と同じと言っていい構成のようだ。
 おそらくA1で一番コストがかかっているのは筐体そのものなので、かなり安くなるんではなかろうか。
 スフォルツァートのDSP-03辺りとぶつかるくらいの価格帯になれば面白そう。

 【インプレッション】LUMIN T1 & D1



LUMIN D1
hero-d1

 ここまでくると“廉価版”の印象が否めないが、

・Wolfson WM8741のデュアル構成
・完全バランス構成

 など、オーディオ的なこだわりはしっかりと堅持しているようだ。
 ただ、さすがに軽いか。
 MAJIK-DSや、こないだ発表になったDSP-05あたりと同価格帯になれば面白い。

 【インプレッション】LUMIN T1 & D1



LUMIN L1
hero-l1

 話には聞いていたが、企画倒れにならずに登場するようだ。たまげたなぁ……
 LUMINの外部電源の筐体は、最近話題の某超高級NASとは比べ物にならないほどオーディオマインドに溢れているので、そういう意味では面白いのかもしれない。
 ただ、中身がHDDなのかSSDなのか(印字を見る限りHDDだが)、容量、スペック、サーバーソフト、その他諸々一切情報がないのでこれ以上は判断しようがない。

 【レビュー】LUMIN L1



 今回の製品群で、LUMINがLINN以外のあらゆるメーカーが苦しんでいる“ネットワークオーディオプレーヤーの世代間断絶”を乗り越えられるのか、非常に興味深い。
 S1しかDSD5.6MHzに対応しないというのは問題と言えば問題だが、そういう好事家の領域はさておき、製品グレードが違っても共通のユーザー・エクスペリエンスが得られるのなら、LUMINというプラットフォームの価値がさらに高まることは間違いない。

スポンサーリンク


関連記事

【レビュー】LUMIN A1 半年経過して見えてきた諸々編

【レビュー】LUMIN A1  LUMIN A1を導入して半年が経過した。  上記レビュ

記事を読む

【魔境】ハブで音は変わるか?

 魔境注意。 ネットワークオーディオの魔境を往く  今回の魔境はかなり深

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第83回『機動戦士ガンダム F91』

画質:7 音質:5 映像はAVCでレートは目一杯。 音声はリニアPCMステレオ。

記事を読む

ネットワークオーディオの現状と展望

 愚痴の書き散らし。  何度同じことを書いたかわからない。  LUMIN A1を導入

記事を読む

【Dolby Atmos/DTS:X】オブジェクトベースオーディオとトップスピーカー

 Dolby AtmosにDTS:X、あと一応Auro-3D。  これらオブジェクトベースの新

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第67回『FLAG ディレクターズ・カット』

画質:8(※) 音質:5 映像はMPEG-2で基本30台のハイビットレート。 音声はリニ

記事を読む

【ホームシアターでゲームをしよう!】記事まとめ

 でかい画面とすごい音で遊べば、ゲームはもっと面白くなる。  ホームシアターでゲームを

記事を読む

【BDレビュー】第273回『GODZILLA ゴジラ』 北米盤

おかえり 画質:10 音質:13☆ 映像:AVC 音声:DTS-HD M

記事を読む

【ネットワークオーディオ】続・DSDを配信可能なサーバー

 こんなことを書くのは非常に大人げないとは思いつつも、信じ難いことが立て続けにあったために我慢できな

記事を読む

【音源管理の精髄】 理想のコントロールアプリとは? 【ネットワークオーディオTips】

 理想のコントロールアプリとは何か。  私にとって、それは以下の要素を完璧に満足するアプリであ

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【祝】『グラディエーター』がUHD BD化

アカデミー5部門受賞「グラディエーター」5月9日4K Ultra HD

【祝】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』がUHD BD化

Star Wars: Episode VIII - The Last

【レビュー】Black Ravioli BR.Pad / BR.Base 設置編→音質編

【2018/02/06初出の設置編に音質編を追加】  B

【地元探訪・神様セカンドライフ編】院内の怪猿・貞宗

 ここんとこ猿無双が続いているので。 77話「怪猿が征く」 7

HiVi 2018年3月号で記事を執筆しました【おまけつき】

 本日発売。 月刊HiVi 3月号 2/17発売 HiVi3

【BDレビュー】第356回『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』

https://www.youtube.com/watch

【BDレビュー】第355回『龍の歯医者』

 むしろコレが欲しかった。  特別版は高かった……

BenQの20万円を切る4K/HDRプロジェクター「HT2550」

20万円を切る4K/HDRプロジェクタ。ベンキュー「HT2550」は「

【UHD BDレビュー】第54回『ターミネーター2』 米国盤

【BDレビュー】第106回『ターミネーター2』

【UHD BDレビュー】第53回『ダンケルク』

画質:10 音質:限りなく15と同質な10 (評価の詳

【UHD BDレビュー】第52回『インターステラー』

【BDレビュー】第303回『インターステラー』

【UHD BDレビュー】第51回『インセプション』

【BDレビュー】第185回『インセプション』 画

【UHD BDレビュー】第50回『ダークナイト ライジング』

 祝・【UHD BDレビュー】もついに50回。

【UHD BDレビュー】第49回『ダークナイト』

【BDレビュー】第102回『ダークナイト』 【AV史

【UHD BDレビュー】第48回『バットマン ビギンズ』

【BDレビュー】第173回『バットマン ビギンズ』

JPLAYStreamerでfidata Music Appが使えるようになった

 fidata Music AppがバージョンアップしてJPLAYSt

ESOTERIC N-03T

エソテリック、初のネットワークオーディオトランスポート「N-03T」。

【ハイレゾ音源備忘録】すぎやまこういち・東京都交響楽団 / 交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて

なぜハイレゾ音源を買うのか ・アーティスト /

アイ・オー・データ Soundgenic ― ネットワークオーディオの呼び水となるか

アイ・オー、エントリー向けオーディオNAS「Soundgenic」。1

【レビュー】SOULNOTE A-2 続・音質編 ― 純正ボード「SSB-1」と純正ケーブル「SBC-1」

【レビュー】SOULNOTE A-2 導入・外観・運用編 【レビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑