*

LUMIN S1、T1、D1、さらにL1

 前々から新製品の情報は出ていたが、ついにローンチを迎えたようだ。
 一気に賑やかになった。
 基本的には既報のとおりだが、いくつかアップデートされている点もある。
 あらためて各製品を見てみよう。
 画像は公式HPから拝借した。



LUMIN S1
hero-s1
 
 LUMIN A1との差としては、

・フロントパネルのLUMINロゴがほんのりと豪華になっている(個人的にコレは要らない)
・DACチップがWolfson WM8741のデュアルからESS ES9018のクアッドという構成に
・DSDの対応スペックが2.8MHzから5.6MHzに(S1のみの対応と明記されている)
・外部電源ユニットがさらに改良され、大型化

 こんなところだろうか。
 筐体のクオリティは既にA1でやり尽した感があるので、それ以外の部分で順当に進化したという印象。
 どうやらWolfson WM8741はDSD5.6MHzに対応していないようなので、S1が5.6MHz対応を推すのも当然といえば当然かもしれない。
 はたして基盤交換でA1からアップグレードはされるのだろうか。S1とA1の間に瞭然たる音質差が存在するとすれば、A1ユーザーとしては非常に悩ましい。

 【インプレッション】LUMIN S1



LUMIN A1
hero-a1

 おなじみLUMINのオリジナルであり、かつてのLUMIN THE AUDIOPHILE NETWORK MUSIC PLAYER。
 おそらく日本で一番詳しいレビューを書いているので、詳細はそちらで。

 【レビュー】LUMIN A1



LUMIN T1
hero-t1

 個人的にS1より注目されるのではなかろうかと思っているT1。
 特徴はこんな感じ。発表時から微妙に強化されている。

・LUMIN A1と同等の回路構成
・Wolfson WM8741のデュアル構成
・ルンダール製アウトプットトランス
・LUMIN A1と同等の外部電源

 こんな具合に、筐体以外はほとんどA1と同じと言っていい構成のようだ。
 おそらくA1で一番コストがかかっているのは筐体そのものなので、かなり安くなるんではなかろうか。
 スフォルツァートのDSP-03辺りとぶつかるくらいの価格帯になれば面白そう。

 【インプレッション】LUMIN T1 & D1



LUMIN D1
hero-d1

 ここまでくると“廉価版”の印象が否めないが、

・Wolfson WM8741のデュアル構成
・完全バランス構成

 など、オーディオ的なこだわりはしっかりと堅持しているようだ。
 ただ、さすがに軽いか。
 MAJIK-DSや、こないだ発表になったDSP-05あたりと同価格帯になれば面白い。

 【インプレッション】LUMIN T1 & D1



LUMIN L1
hero-l1

 話には聞いていたが、企画倒れにならずに登場するようだ。たまげたなぁ……
 LUMINの外部電源の筐体は、最近話題の某超高級NASとは比べ物にならないほどオーディオマインドに溢れているので、そういう意味では面白いのかもしれない。
 ただ、中身がHDDなのかSSDなのか(印字を見る限りHDDだが)、容量、スペック、サーバーソフト、その他諸々一切情報がないのでこれ以上は判断しようがない。

 【レビュー】LUMIN L1



 今回の製品群で、LUMINがLINN以外のあらゆるメーカーが苦しんでいる“ネットワークオーディオプレーヤーの世代間断絶”を乗り越えられるのか、非常に興味深い。
 S1しかDSD5.6MHzに対応しないというのは問題と言えば問題だが、そういう好事家の領域はさておき、製品グレードが違っても共通のユーザー・エクスペリエンスが得られるのなら、LUMINというプラットフォームの価値がさらに高まることは間違いない。

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオ】 iPad Airで超高解像度ライブラリに立ち向かう

と、いうわけでiPad Airが発売されたので、例によって速度検証を行ってみた。 1536×153

記事を読む

【音源管理の精髄】 『タグ』を編集する 【ネットワークオーディオTips】

 タグとは何か。  タグとはなぜ重要か。  タグに関するありがちな誤解とは。  三回連続で

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第158回『プライベート・ライアン』

サラウンドを組んだ時、鴉の次に見たのがこの映画だった。 映画音響の魅力に取り付かれた本当の始まりか

記事を読む

【RoonReady】Brinkmann Nyquist DAC 【Munich HIGH END 2016】

Brinkmann Nyquist DAC  PCM 384kHz/32bit、DSD12

記事を読む

【BDレビュー】第311回『ビッグ・アイズ』

画質:11 音質:11 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:ドル

記事を読む

PCが本当の意味で「オーディオ機器」になる日

 PCの側から、真剣なオーディオ用途に供し得る諸性能を備える努力は古くからなされてきた。しかし最近で

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリのインターフェース/デザインはどのようにあるべきか

 個別検証前にちょっと整理その2。  この記事の続きなので復習。  コントロールアプリの基本

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第105回『プレデター2』

個人的にはターミネーター2と並び立つ超傑作SFだと思っている。 ちなみにプレデター2も主演はシ

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第25回『オペラ座の怪人』

画質:12 音質:12 映像はAVCでビットレートは30台を維持。 音声はリニアPCMの

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑