*

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

Twonky Server 導入・設定・運用編




 つい最近まで聴ける環境になかったというのもあり、個人的にDSDは別に……という感じだったのだが、LUMIN A1の導入とともにそうも言っていられなくなった。

 やる・やらないはさておき、知らないよりは知っていたほうがいいし、出来ないよりは出来るに越したことはない。



 というわけで、DSDである。
 某社の鬼のように高いNASがDSD配信に対応したオーディオ用(!?)NASとして(評論家に)大人気だが、オーディオ用とかいう部分はさておき、別に数十万も投資せずともNASからDSDを配信する方法はある。

 ひとつめが、MinimServerの存在。QNAPのNASにもインストールできるし、世に出回っているいわゆる「DSD配信対応NAS」の中身になっている場合もあるようだ。
 基本的に、MinimServerは最初からDSDの配信に対応している。

 で、ふたつめが、このQNAPのTwonkyMediaを使う方法。
 MinimServerと違い、この方法でDSDの配信を行うためには色々と小難しい設定が必要になる。

 以下、プログラムのプの字も理解していない素人が必死に調べた内容であるので、おかしい部分があるかもしれない。そういった場合はご指摘いただければ幸いである。



 QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信するためには以下の三つの条件がある。
 といいつつ、ひょっとしたら1はいらないかもしれない。

1.NASのファームウェアバージョンが4以上
2.TwonkyMediaのバージョンが7以上
3.QNAPの内部のTwonkyMediaの記述をいじる

 1についてはほっといてもどうにでもなる。
 問題は2と3だ。


 2について。
 そもそも、TS-119に関していえば、最新ファームの4.0.2でビルトインされているTwonkyのバージョンは6.0.39である。7ではない。
 よって、QPKGのTwonkyMediaをインストールする必要がある。QPKGって何だ? インストールってどうすりゃいいんだ? という人はコチラの記事を参照のこと。
 ちなみに、QPKGのTwonkyMediaに関していえば、結構前から既にバージョン7.2.5-2になっていることは気付いていた。某社のDSD配信対応NASのTwonkyMediaのバージョンが7.1らしいので、ひょっとしたらQNAPでもDSDの配信が出来るようになったかも? と思って既に試していたのだが、後述のひと手間を把握していなかったため、その時はあえなく撃沈した。

 QPKGのTwonkyMedia7.2.5-2。
 WS000358


 3について。
 面倒なのはここからだ。
 とりあえず、次のページを読んでほしい。

Twonky Server 7 でのアルバムアート高解像度表示 / オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

 読んでほしいのはアルバムアート云々ではなく、QNAPのシステム領域に接続するための部分と、設定を書き換えるにはという部分。
 さっそく潜ろう。ここから完全に未知のエリアである。
 なお、QNAPにSFTP接続(意味はさっぱりわからない)するため、私は「WinSCP」というソフトを使用した。

 「ホスト名」にQNAPのIPアドレスを入力し、「ログイン」。
WS000357

 え、なにこれは……
 正直なところ、今目にしている画面が一体何なのか、今自分が何をしているのかもよくわかっていない。
 とにかく突撃あるのみである。
 WS000348
WS000349
WS000353
WS000350
WS000351
WS000361
WS000360


 こうして辿り着いた「filescanner-extended-formats.txt」をいじる。

WS000359

 この末尾に、

dff,audio/x-dff,M,generic
dsf,audio/x-dsf,M,generic


 この二行を加えて保存。
 そしてTwonkyMediaの設定画面に戻り、サーバーを再起動。

 すると……(ツリーの構造を分かりやすく示すためDiXiM DMCを使用している)

TwonkyMediaはバージョン7になるとアイコンが変わる。
(といいつつ、同じく7以上の下の「PC」は変化なしだが……)
1

ん?
2

!?
3

やったぜ。
4


 以上!
 「オーディオ用NAS」というステータスが欲しいのならさておき、DSD配信対応のNASが欲しいという理由だけで、わざわざ高額な投資をする必要はない。

 TwonkyMediaにおいて、DSDのタグがどのように扱われるのかは今後要検証。



【音源管理の精髄】

スポンサーリンク


関連記事

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014-2015

※評価項目を整理し直したので2014/06/30公開の記事を再掲※ 始まるのがだいぶ遅くなってしま

記事を読む

【CES2014】 Dynaudio Confidence Platinum

 CES2014で気になったものその3。    Dynaudio Confidence

記事を読む

【CES2016】UHD BDは飛び立てるか ソフト編

 そりゃ勿論、飛び立ってほしいと死ぬほど願っている。  が、それはそれとして。

記事を読む

Roon Remote 1.2、そしてiPhone・androidスマホ版

 今回はiOS版のタイムラグがやけに短かった感。  これでRoon Remoteアプリも晴

記事を読む

Roon 1.3の諸々 ライブラリ機能編

 Roon 1.3! Roon 1.3 Is Live! - Roon Labs

記事を読む

Roon Serverの重要性――Roon Readyを本当に活かすために必要なもの

 音楽の海を泳ぎ回れるRoonはよい。  システム構築の柔軟性と発展性を高める意味で、Roon R

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Led Zeppelin / Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

・アーティスト / アルバムタイトル Led Zeppelin / Led Zeppe

記事を読む

「ハイレゾであること」と「音が良いこと」は別物である

日本オーディオ協会、独自の「ハイレゾ・オーディオテスト信号」開発検討 - Phile-web

記事を読む

ブビンガ・ラックの導入

 うちのSapphireには山崎創作に作ってもらったブビンガのボードを使っている。  で、コレがす

記事を読む

【AV史に残るBD勝手に10選】第5位『眠れる森の美女』 ― 50年越しの奇跡

【BDレビュー】第90回『眠れる森の美女』  奇跡。  奇跡としか言いようが

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. たーくん より:

    qnapのdsd対応の記事出ましたね!
    http://www.phileweb.com/review/article/201403/25/1105_6.html

  2. kojix より:

    こんにちは。おかげさまで我が家の QNAP も DSD を認識出来るようになりました!
    Twonky ver. 7.2.8 でしたが、素では認識して貰えず、こちらの記事の対応により DSD Ready となりました。(Dir は若干相違してますが)ありがとうございます♪♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】記事まとめ

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

→もっと見る

PAGE TOP ↑