*

QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓

サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

Twonky Server 導入・設定・運用編




 つい最近まで聴ける環境になかったというのもあり、個人的にDSDは別に……という感じだったのだが、LUMIN A1の導入とともにそうも言っていられなくなった。

 やる・やらないはさておき、知らないよりは知っていたほうがいいし、出来ないよりは出来るに越したことはない。



 というわけで、DSDである。
 某社の鬼のように高いNASがDSD配信に対応したオーディオ用(!?)NASとして(評論家に)大人気だが、オーディオ用とかいう部分はさておき、別に数十万も投資せずともNASからDSDを配信する方法はある。

 ひとつめが、MinimServerの存在。QNAPのNASにもインストールできるし、世に出回っているいわゆる「DSD配信対応NAS」の中身になっている場合もあるようだ。
 基本的に、MinimServerは最初からDSDの配信に対応している。

 で、ふたつめが、このQNAPのTwonkyMediaを使う方法。
 MinimServerと違い、この方法でDSDの配信を行うためには色々と小難しい設定が必要になる。

 以下、プログラムのプの字も理解していない素人が必死に調べた内容であるので、おかしい部分があるかもしれない。そういった場合はご指摘いただければ幸いである。



 QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信するためには以下の三つの条件がある。
 といいつつ、ひょっとしたら1はいらないかもしれない。

1.NASのファームウェアバージョンが4以上
2.TwonkyMediaのバージョンが7以上
3.QNAPの内部のTwonkyMediaの記述をいじる

 1についてはほっといてもどうにでもなる。
 問題は2と3だ。


 2について。
 そもそも、TS-119に関していえば、最新ファームの4.0.2でビルトインされているTwonkyのバージョンは6.0.39である。7ではない。
 よって、QPKGのTwonkyMediaをインストールする必要がある。QPKGって何だ? インストールってどうすりゃいいんだ? という人はコチラの記事を参照のこと。
 ちなみに、QPKGのTwonkyMediaに関していえば、結構前から既にバージョン7.2.5-2になっていることは気付いていた。某社のDSD配信対応NASのTwonkyMediaのバージョンが7.1らしいので、ひょっとしたらQNAPでもDSDの配信が出来るようになったかも? と思って既に試していたのだが、後述のひと手間を把握していなかったため、その時はあえなく撃沈した。

 QPKGのTwonkyMedia7.2.5-2。
 WS000358


 3について。
 面倒なのはここからだ。
 とりあえず、次のページを読んでほしい。

Twonky Server 7 でのアルバムアート高解像度表示 / オーディオ・ビジュアルブログ youth without youth

 読んでほしいのはアルバムアート云々ではなく、QNAPのシステム領域に接続するための部分と、設定を書き換えるにはという部分。
 さっそく潜ろう。ここから完全に未知のエリアである。
 なお、QNAPにSFTP接続(意味はさっぱりわからない)するため、私は「WinSCP」というソフトを使用した。

 「ホスト名」にQNAPのIPアドレスを入力し、「ログイン」。
WS000357

 え、なにこれは……
 正直なところ、今目にしている画面が一体何なのか、今自分が何をしているのかもよくわかっていない。
 とにかく突撃あるのみである。
 WS000348
WS000349
WS000353
WS000350
WS000351
WS000361
WS000360


 こうして辿り着いた「filescanner-extended-formats.txt」をいじる。

WS000359

 この末尾に、

dff,audio/x-dff,M,generic
dsf,audio/x-dsf,M,generic


 この二行を加えて保存。
 そしてTwonkyMediaの設定画面に戻り、サーバーを再起動。

 すると……(ツリーの構造を分かりやすく示すためDiXiM DMCを使用している)

TwonkyMediaはバージョン7になるとアイコンが変わる。
(といいつつ、同じく7以上の下の「PC」は変化なしだが……)
1

ん?
2

!?
3

やったぜ。
4


 以上!
 「オーディオ用NAS」というステータスが欲しいのならさておき、DSD配信対応のNASが欲しいという理由だけで、わざわざ高額な投資をする必要はない。

 TwonkyMediaにおいて、DSDのタグがどのように扱われるのかは今後要検証。



【音源管理の精髄】

スポンサーリンク


関連記事

アイ・オー・データ RockDisk for Audioで高解像度のアルバムアートを配信する方法

 前回、ものの見事にトンキー病を発症したRockDisk for Audio。  公式

記事を読む

Roonは音楽鑑賞の未来たり得るか

 Roon。  日本じゃまるで話題に上らないが、みんな興味ないのだろうか。  唯一、今年の独HI

記事を読む

aria piccolo、日本上陸!

DAC内蔵+CDリッピング対応のオーディオサーバー「aria piccolo」 - av watch

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第98回『ショーシャンクの空に』

好い映画。 画質:7 音質:7 映像はVC-1、ビットレートは高くて25Mbps程度

記事を読む

Dolby Atmosが楽しみで仕方がない

 BD買い替え不可避。  『ゼロ・グラビティ』の宇宙遊泳のシーンとか『マン・オブ・スティー

記事を読む

【KOKIA】 『Where to go my love?』 ハイレゾ音源配信中!

 96kHz/24bit!  ここでKOKIAのアルバムが売れれば、いずれ『Where t

記事を読む

2015年の心残りその3 aria music serverはどうなった?

ハイレゾサラウンド音楽サーバー「aria」とは? - av watch aria music

記事を読む

【BDレビュー】第324回『シュガー・ラッシュ』

 続編確定記念。 画質:9 音質:12 (評価の詳細についてはこの記事を参照)

記事を読む

【BDレビュー】第274回『Hercules / ヘラクレス』 北米盤 【Dolby Atmos導入記】

GOWが映画化するならクレイトスさん役はドウェイン・ジョンソンかな? 画質:11 音

記事を読む

ネットワークオーディオとOpenHomeとRoon Ready

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  「プレーヤー」に関して言えば、今日にお

記事を読む

スポンサーリンク

Comment

  1. たーくん より:

    qnapのdsd対応の記事出ましたね!
    http://www.phileweb.com/review/article/201403/25/1105_6.html

  2. kojix より:

    こんにちは。おかげさまで我が家の QNAP も DSD を認識出来るようになりました!
    Twonky ver. 7.2.8 でしたが、素では認識して貰えず、こちらの記事の対応により DSD Ready となりました。(Dir は若干相違してますが)ありがとうございます♪♪

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

『オペラ座の怪人』のUHD BD

オペラ座の怪人 4K ULTRA HD&ブルーレイ(3枚組) 初回限定

【インプレッション】Playback Designs Merlot DAC 外観編

Playback Designs Merlot DAC - ナスペック

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoon Readyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoon Readyならず

Roon Ready、ネットワークオーディオ第五の矢  LU

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

→もっと見る

PAGE TOP ↑