ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。

サーバーソフトの紹介と検証

 Twonky。トンキー。正確には「トゥオンキー」らしい。
 単に「Twonky」と書かれたり、時に「TwonkyMedia」だったり、あるいは「TwonkyMediaServer」だったり、「Twonky Server」だったり、表記が一定しない。
 ここではあくまでサーバーソフトであるという意味で、「Twonky Server」の表記で統一する。

 さて、Twonky Serverはネットワークオーディオの文脈で最も目にするサーバーソフトである。歴史も古く、ネットワークオーディオの黎明期のバージョンは4や5だったが、今では8になった。その過程でアイコンも変わった。
 ちなみに本来は画像や映像を含むマルチメディア対応のソフト。
 QNAP、BUFFALO、最近ではアイ・オー・データなど、多くのメーカー製NASに採用されている。


【基本情報】

・作っているところ
PacketVideo Corporation
→Lynx Technologyに譲渡されました

・対応OSと機器
Windows・Mac・Linux
QNAP・Buffalo・アイ・オー・データなど、多くのNASに採用されている。

・価格
19.95ドル

・検証時のバージョン
8.1.2
8.2.0
8.3
8.4
8.5


【機能】

・対応フォーマット
WAV・FLAC・AIFF・ALAC・MP3等に一通り対応している。
DSDもDSDIFF・DSFに対応。
WAVのタグは機能しない。 バージョン8.5でWAVのタグが機能するようになった。
(※採用しているメーカーの手が入っている場合はこの限りではない)

・画像配信能力
この記事を参照。
トンキー病についてはこの記事を参照。


※2016/06/25追記※

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

※追記おわり※



・「同一アルバム・複数ディスク」音源への対応
問題なし。

・各種設定とカスタマイズ性
設定画面は日本語化されておりわかりやすい。
その一方でカスタマイズ性には乏しい。


【初期状態のナビゲーションツリー】

 以下は「アドバンストメディアナビゲーション」選択時。
 タグが反映される部分は「 」にしている。
 (一部、選曲に無関係な項目は省いている)


ミュージック

 →アルバム
   →すべての「アルバム」
     →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →アーティスト
   →すべての「アーティスト」
     →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」

 →アーティスト/アルバム
   →すべての「アーティスト」
     →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」

 →アーティストインデックス
   →ABC・DEF・GHI……という具合に3文字ずつ(日本語のアルバムは[★]の中)
     →3文字に頭文字が含まれるすべての「アーティスト」
       →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
         →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」
       →-すべて-
         →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」

 →ジャンル/アルバム
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →ジャンル/アーティスト/アルバム
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アーティスト」
       →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
         →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」
       →-すべて-
         →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」

 →ジャンル/楽曲
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「タイトル」

 →フォルダー
   →監視している音源フォルダの構造の通り
    (いわゆるフォルダで見ていくという方法)

 →プレイリスト
   →よく再生された曲
     →色々
   →最近再生された曲
     →色々
   →最近追加された曲
     →色々

 →作曲者
   →すべての「作曲者」
     →選択した「作曲者」のすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内における「作曲者」の「タイトル」
     →-すべて-
       →選択した「作曲者」のすべての「タイトル」

 →全てのミュージック
   →すべての「タイトル」


【所感】

 オーディオ用途のサーバーソフトとして必要な機能を一通り備え、日本語化やナビゲーションツリーも含めてわかりやすいサーバーソフトであることは間違いない。
 採用しているNASも多く、それと意識せずTwonky Serverを使っている人も多いと思われる。

 なんだかんだ言ってシンプルで使いやすく、さらにトンキー病やWAVのタグが機能しないといった難点もバージョンアップによって着実に克服している。
 依然として、Asset UPnP、MinimServerと並ぶ有力なサーバーソフトと呼んで差し支えない。
 


【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

【レビュー】 視た・聴いた・使った・紹介した機器のまとめ 【インプレッション】

【Roon】関連記事まとめ

よくある質問と検索ワードへの回答



↓過去のTwonky Server関連記事の墓場↓

  QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する
  QNAPのTwonkyMediaが7.2.7でDSD配信に対応
  いつの間にかTwonkyが8になっていた+α