*

【ネットワークオーディオTips】サーバーソフトの紹介 『Twonky Server』

公開日: : 最終更新日:2016/06/25 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

 ソフトのバージョンアップに伴い、2013/12/09初出の記事を刷新。

サーバーソフトの紹介と検証

 Twonky。トンキー。正確には「トゥオンキー」らしい。
 単に「Twonky」と書かれたり、時に「TwonkyMedia」だったり、あるいは「TwonkyMediaServer」だったり、「Twonky Server」だったり、表記が一定しない。
 ここではあくまでサーバーソフトであるという意味で、「Twonky Server」の表記で統一する。

 さて、Twonky Serverはネットワークオーディオの文脈で最も目にするサーバーソフトである。歴史も古く、ネットワークオーディオの黎明期のバージョンは4や5だったが、今では8になった。その過程でアイコンも変わった。
 ちなみに本来は画像や映像を含むマルチメディア対応のソフト。
 QNAP、BUFFALO、最近ではアイ・オー・データなど、多くのメーカー製NASに採用されている。


【基本情報】

・作っているところ
PacketVideo Corporation

・対応OSと機器
Windows・Mac・Linux
QNAP・Buffalo・アイ・オー・データなど、多くのNASに採用されている。

・価格
19.95ドル

・検証時のバージョン
8.1.2


【機能】

・対応フォーマット
WAV・FLAC・AIFF・ALAC・MP3等に一通り対応している。
DSDもDSDIFF・DSFに対応。
WAVのタグは機能しない
(※採用しているメーカーの手が入っている場合はこの限りではない)

・画像配信能力
この記事を参照。
トンキー病についてはこの記事を参照。


※2016/06/25追記※

Twonky Server 8.3、さらば、トンキー病

※追記おわり※



・「同一アルバム・複数ディスク」音源への対応
問題なし。

・各種設定とカスタマイズ性
設定画面は日本語化されておりわかりやすい。
その一方でカスタマイズ性には乏しい。


【初期状態のナビゲーションツリー】

 以下は「アドバンストメディアナビゲーション」選択時。
 タグが反映される部分は「 」にしている。
 (一部、選曲に無関係な項目は省いている)


ミュージック

 →アルバム
   →すべての「アルバム」
     →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →アーティスト
   →すべての「アーティスト」
     →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」

 →アーティスト/アルバム
   →すべての「アーティスト」
     →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」

 →アーティストインデックス
   →ABC・DEF・GHI……という具合に3文字ずつ(日本語のアルバムは[★]の中)
     →3文字に頭文字が含まれるすべての「アーティスト」
       →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
         →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」
       →-すべて-
         →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」

 →ジャンル/アルバム
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内のすべての「タイトル」

 →ジャンル/アーティスト/アルバム
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「アーティスト」
       →選択した「アーティスト」のすべての「アルバム」
         →選択した「アルバム」内における「アーティスト」の「タイトル」
       →-すべて-
         →選択した「アーティスト」のすべての「タイトル」

 →ジャンル/楽曲
   →すべての「ジャンル」
     →選択した「ジャンル」に該当するすべての「タイトル」

 →フォルダー
   →監視している音源フォルダの構造の通り
    (いわゆるフォルダで見ていくという方法)

 →プレイリスト
   →よく再生された曲
     →色々
   →最近再生された曲
     →色々
   →最近追加された曲
     →色々

 →作曲者
   →すべての「作曲者」
     →選択した「作曲者」のすべての「アルバム」
       →選択した「アルバム」内における「作曲者」の「タイトル」
     →-すべて-
       →選択した「作曲者」のすべての「タイトル」

 →全てのミュージック
   →すべての「タイトル」


【所感】

 オーディオ用途のサーバーソフトとして必要な機能を一通り備え、日本語化やナビゲーションツリーも含めて使いやすいサーバーソフトであることは間違いない。
 採用しているNASも多く、それと意識せずTwonky Serverを使っている人も多いと思われる。
 ただし、細かいことを気にしなくても使えるために見過ごされがちだが、トンキー病をはじめとするクセがあることも確か。その辺りをきちんと認識したうえで使えば、より快適なネットワークオーディオライフを送れるはずだ。
 

Twonky Server 導入・設定・運用編

【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】

よくある質問と検索ワードへの回答


↓過去のTwonky Server関連記事の墓場↓

  QNAPのTwonkyMediaでDSDを配信する
  QNAPのTwonkyMediaが7.2.7でDSD配信に対応
  いつの間にかTwonkyが8になっていた+α

スポンサーリンク


関連記事

【音源管理の精髄】 理想のサーバーとは? 【ネットワークオーディオTips】

 (ネットワークオーディオにおける)理想のサーバーとは何か。  私が考えるに、それは、

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 eufonius / frasco

・アーティスト / アルバムタイトル eufonius / frasco ・購入元 OTO

記事を読む

【CES2014】 LUMINに新製品色々

 海外の複数のニュースサイトによれば、CES2014において、当ブログでも何度か登場しているPixe

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】 目次

 何を、どこで買ったのか。  買った音源のタグはどうなっていたのか。  アルバムアートはきちんと

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの検証 2014・速度計測について

コントロールアプリの検証 2014  今まで何度もアプリの速度を計測してきた。  感

記事を読む

WAVとFLACで音は変わるか?

 変わりません。     完

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第197回『レジェンド・オブ・メキシコ』

デスペラードの続編というよりはある種のリメイクのような気が…… 画質:8 音質:9

記事を読む

【BDレビュー】 第234回『パシフィック・リム』 北米盤

居ても立っても居られず 画質:15 音質:15 映像はAVC、音声はDTS-HD

記事を読む

【音源管理の精髄】フォーマットによるディスクナンバーの扱い 再生ソフト編

フォーマットによるディスクナンバーの扱い サーバーソフト編  長くなったので続き。  検証に

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】コントロールアプリの紹介 『Audionet Music Manager』(iPhone版)

 いつまで経ってもアプリの検証が進まず、気が付いたら2015年になってしまった。  このままでは永

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【菅江真澄紀行文・本編紹介】第一章「栗駒の心臓を御室に見る」

クラウドファンディングサービス「FAN AKITA」でプロジェクトを実

NetAudio vol.25で記事を執筆しました

 この手のおしらせはしばらく放置していたが、これからはマメにやっていこ

「FAN AKITA」のプロジェクトで目標金額を達成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

MQAのソフトウェアデコードって……

MQA Decoding Explained - Audio Stre

LUMINがRoonReadyになったような

 ん?  !?  常時起動の単体Roon Serv

3,000,000PVを達成しました

 言の葉の穴は2017年1月5日をもって3,000,000PV

canarino Fils × JCAT USBカードFEMTO

 canarino Filsの導入当初は、ちょいと思うところがあって、

TIDAL MASTERS with MQA

TIDAL MASTERS TIDAL is deliverin

Roon 1.3のプレビュー

Coming over the hill: the monstrous

言の葉の穴 2016-2017

 「言の葉の穴」読者の皆様、あけましておめでとうございます。  昨年

言の葉の穴 2016年のハイライト 創作・地元ネタ編

 もうすぐ終わるので振り返り。  オーディオだけではないのである。

言の葉の穴 2016年のハイライト オーディオ・ビジュアル編

「言の葉の穴」的2015年のAV関連ニュース10選  独断と

2016年の心残りその2 まだ見ぬOPPO Sonica DAC

OPPO Sonica DAC そして素晴らしいのは、この手の製

2016年の心残りその1 LUMIN、未だRoonReadyならず

RoonReady、ネットワークオーディオ第五の矢  LUM

2015年の心残りは2016年でどうなったのか

2015年の心残りその1 ESOTERIC N-05 紹介記事

【BDレビュー】第341回『帰ってきたヒトラー』

画質:8 音質:8 (評価の詳細についてはこの記事を参

シン・ゴジラのUHD BD

「シン・ゴジラ」が'17年3月22日BD/UHD BD化。初公開映像満

【BDレビュー】第340回『DOOM / ドゥーム』

画質:6.66 音質:13 (評価の詳細についてはこの

そのUHD BDは本当に4Kマスターなのか?

「4Kマスターではない」等のUHD BDについて 日本のアニメのUH

Fidelizer Nimitra Computer Audio Server その2

Fidelizer Nimitra Computer Audio Se

→もっと見る

PAGE TOP ↑