*

【音源管理の精髄】 Asset UPnPをQNAPで使う 【ネットワークオーディオTips】

公開日: : 最終更新日:2015/08/22 PC・ネットワークオーディオ関連, オーディオ・ビジュアル全般

↓情報を統合・刷新した記事を作成したのでこちらを参照↓

サーバーソフトの紹介 『Asset UPnP』

Asset UPnP 導入・設定・運用編



 前回から間が空いてしまった。

 今回は実際にどのような手順を踏めばQNAPでAsset UPnPを使えるのか紹介する。



 まず、QNAPにおけるQPKGについて理解する必要がある。
 これはつまりスマホにおける「アプリ」のようなもので、QNAP製品に様々な追加機能をもたらすものだ。今回TS-119に追加するAsset UPnPもこのQPKGである。ちなみにMinimServerもQPKGとして提供されている。なおTwonkyはQNAP TS-119に標準でビルトインされている。



①QPKGファイルをダウンロード

 ダウンロード先はこちら
 
for x19 ARM (that is QNAP _12, _19, _20, _21, HS-210 where _ is 1, 2, 4, etc)
for Intel CPU (that is QNAP _69, _70 where _ is 1, 2, 4, etc)
for old ARM x09 QNAP (not sold for last 5 years)

 以上のように三種類のファイルが用意されているので、使用している製品にあわせてダウンロードする。
 もし、上記の中に自分の使っているQNAP製品が該当しなかったら? ……残念! あくまでベータバージョンであり、テスト中ということなので、涙を呑むしかない。



②QNAPの設定画面から「App Center」を開く
(以下、クリックで画像拡大)
 WS000156


③「手動でインストール」を選択
WS000157


④「参照」からダウンロードしたファイルを選択、インストール!
WS000160


④「Test6」というのがAsset UPnPのこと。起動する。
WS000162


⑤やったぜ。
1
2


 なお、初期設定は以下のようになっている。
WS000164


 ちなみにPC(Windows)にインストールするAsset UPnPの設定画面はコレ。
3


 これと比べると、QNAP向けのAsset UPnPはいかにもテスト中でございという雰囲気。
 また、現状ではナビゲーションツリーのカスタマイズもできない。
 今後の進展に期待である。


 QNAPユーザーなら今すぐ試せる。
 Twonkyと比べてみるのも面白いと思う。



【音源管理の精髄】 目次 【ネットワークオーディオTips】


スポンサーリンク


関連記事

no image

【BDレビュー】 第192回『パーフェクトブルー』

オタクの描写が的確かつ重すぎる 「これがお前らだ!!」と…… 監督…… 画質:6 音質

記事を読む

fidata HFAS1 導入編

 2014年の音展でプロトタイプを目にして以来、色々な意味で登場を心待ちにしていたサーバー。  真

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第9回『ロッキー・ザ・ファイナル』

思い出ボム 画質:7 音質8 映像コーデックはMPEG-2でビットレートは30台

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】D’Angelo / Brown Sugar

・アーティスト / アルバムタイトル D'Angelo / Brown Sugar

記事を読む

【追記あり】QNAPでTwonky Serverが使えなくなるという話

 日本のネットワークオーディオシーンで、これほどまでに「サーバーソフト」という単語が飛び交ったことが

記事を読む

【BDレビュー】第313回『007 スペクター』

画質:8 音質:10 (評価の詳細についてはこの記事を参照) 映像:AVC 音声:DTS

記事を読む

【ハイレゾ音源備忘録】Jan Gunnar Hoff / Living

・アーティスト / アルバムタイトル Jan Gunnar Hoff / Living ・購

記事を読む

no image

【BDレビュー】 第209回『コマンドー』

おまえは最後まで買わないと言ったな、あれは嘘だ 画質:6 音質:9 映像はMPE

記事を読む

リッピングソフトで音は変わるか?

【ネットワークオーディオの魔境を往く】 - いったい何が始まるんです?  いよいよ魔境

記事を読む

【ネットワークオーディオTips】続・理想のネットワークオーディオプレーヤーを考える

理想のネットワークオーディオプレーヤーとは?  前回の記事から1年以上が経った。  LU

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

【Munich HIGH END 2017】SFORZATO / fidata in Munich

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Cocktail Audio CA-X50 【Roon Ready】

  Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら

【Munich HIGH END 2017】constellation audio LEO 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【レビュー】SOULNOTE D-1 音質編

外観・運用編 ・再生環境(詳細) canarino

【Munich HIGH END 2017】Roon Labs自身による“Nucleus” Roon Server

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Playback Designs Dream DAC MPD-8 / Transport MPT-8 【Roon?】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】DELAの進化は続く

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Mark Levinson No519 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】dCS Vivaldi One 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】Ayre QX-8 / AX-8 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】MSB Technology The Reference DAC 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

【Munich HIGH END 2017】AURALiC G Series 【Roon Ready】

 Munich HIGH END 2017で気になった製品やら何やら。

言の葉の穴・四周年

 三周年記事で地元ネタ全面解禁宣言をしてから1年。  主に私のや

【Munich HIGH END 2017】Dynaudio Special Forty

Dynaudio Special Forty https://y

【レビュー】SOULNOTE D-1 外観・運用編

 SOULNOTEのDACには、対応フォーマットのスペックを偏重する流

LUMIN U1がDSD256に対応

LUMINのネットワークトランスポート「U1」、11.2MHz DSD

【菅江真澄紀行文】『菅江真澄と歩く 二百年後の勝地臨毫 出羽国雄勝郡』が完成しました

小町ゆかりの地「真澄と歩く」出版プロジェクト - FAN AKITA

【御礼】ヘッドホン祭&北陸オーディオショウ(デジ研)・OTOTEN 2017が終了しました

春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に

【おしらせ】OTOTEN 2017に参加します

 久々だと思っていたら三週続けてのイベント参加です。 O

【おしらせ】春のヘッドホン祭2017 / 第2回北陸オーディオショウの「デジ研」に参加します

 久々のイベント参加になります。 春のヘッドホン祭201

→もっと見る

PAGE TOP ↑